『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 マーク・トウェインの警句が沁みる

 リーマン・ショックと呼ばれる世界的金融危機を察知した人たちの実話に基づく物語。
 監督は『俺たちニュースキャスター』などのアダム・マッケイ
 アカデミー賞では作品賞、監督賞、助演男優賞(クリスチャン・ベール)、編集賞、脚色賞にノミネートされ、脚色賞(チャールズ・ランドルフとアダム・マッケイ)を獲得した。
 原作はマイケル・ルイスのノンフィクション『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』で、映画の原題は「The Big Short」

 公式ホームページによれば、「株や債券が将来値上がりすると予測し、値上がりする前に買うことをロング。所有している株や債券の価値が下がると予測したら、価格が高いうちに売ってしまうことをショート」と言うらしい(だから邦題はちょっと変)。そのほかにも金融用語が頻出するから、「モーゲージ債」「CDO」「CDS」などのキーワードは知っていたほうがいいかもしれない。私はまったく知らなかったけれど、門外漢でも何となくわかるような解説もあって物語がわからないということはないとは思う。
アダム・マッケイ 『マネー・ショート』 ブラッド・ピットはプロデューサーも兼ねる。そのためか最後のカッコいい台詞は持っていく。

 『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』ではリーマン・ショック後の世界が描かれていたが、この『マネー・ショート 華麗なる大逆転』はそのバブル経済崩壊を予測していたごく一部の人たちの物語だ。なぜか邦題では「華麗なる大逆転」と謳っていて、ダン・エイクロイドとエディ・マーフィーが共演した『大逆転』みたいな爽快な結末を想像してしまうのだが、これはミスリード。そう言えばダン・エイクロイドとエディ・マーフィーはサタデー・ナイト・ライブ出身だったが、この作品の監督アダム・マッケイも同じくサタデー・ナイト・ライブ出身で笑える部分も多いのだけれど、躁病的な騒ぎのあとに鬱になる感じなのがミソかと思う。アカデミー賞でもそのあたりが評価されたのかもしれない。
 ちなみに登場人物たちは結託してウォール街を騙すわけではない。それぞれが独自に平行して動いているだけだ。マイケル(クリスチャン・ベール)が最初にバブル経済崩壊の兆しに気づいて動き出し、ハイエナのように聡い銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)がその情報をヘッジファンドのマーク(スティーヴ・カレル)に調べさせ、これも偶然にジャレドの情報を知った若者ふたりが伝説の銀行家ベン(ブラッド・ピット)を助け舟にして絡んでくる。それぞれが主役と言える群像劇となっている。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『マネー・ショート』 マイケル(クリスチャン・ベール)はメタル好きでTシャツで仕事をしているが数字を読む目だけは間違いない。

『マネー・ショート』 マーク(スティーヴ・カレル)はいつでも何かに怒っている。というか間違いがあれば糺さなければ気が済まないらしい。この人物が一番主役っぽく感じられた。

 住宅ローン市場は誰もが安全で問題ないと考えているなかで、その崩壊を予測した4人はそれをチャンスに変える。アメリカ経済崩壊に賭けた彼らは、あとはそれがやってくるのを待つだけになる。前半はバブル経済の浮かれ具合を示すように細かいカットをあわただしくつなぎ、流れてくる音楽もテンションが上がるようなものが多い(Led Zeppelin、Guns N' Roses、Nirvanaなど、ちょっと毛色は違うけど徳永英明も)。いよいよ崩壊の序曲が始まり、これから大逆転となるべきところではNeil Youngの「Rockin' In The Free World」のイントロが軽快に流れてくるのだが、Neil Youngが歌い出すとすぐに中断されてしまう。(*1)大逆転のつもりが予想通りにはいかないからだ。
 怒れるマークが金融業界のお偉いさんと対談したあたりでは、すでにバブル崩壊は見えていたわけで、それが予想通りにならないのはシステムを守ろうと誰かが弥縫策を講じていたということなのだろう。そもそもの始まりにおいて、アメリカ経済そのものをぶち壊して稼ごうと考えていた誰かがいるわけではないはずだ。「誰もが心の奥底では世の終末の到来を待ち受けている」というのは村上春樹の文学世界ではあるのかもしれないが、現実の一般大衆やウォール街も当然崩壊を望んではいない。
 「やっかいなのは何も知らないことではない。実際は知らないのに知っていると思いこむことだ」というマーク・トウェインの警句のように、経済を知ったつもりになって住宅ローン市場は安全という神話を疑うこともなかったような連中がバブルを生み出してしまったのだろうとも思うのだけれど、映画内の金融用語の解説を見ただけでわかったようなつもりになってしまうわれわれ観客も似たようなものなのかもしれない。
 マーゴット・ロビーセレーナ・ゴメスがゲストで登場して、サブプライムローンはクソであり、CDOは腐った食材と新鮮な食材と合わせてシチューにしたものであると言われると、煙に巻かれたように感じつつも笑いながらわかったつもりになってしまうのだから。

 もともとシステムを信用していなかったジャレドだけは素直に巨額のボーナスを喜んでいるわけだけれど、マイケルにしてもマークにしても儲けてもむなしさばかりが残る。というのもベンが指摘するように、彼らの勝ちの裏にはアメリカの負けがあるということだからだ。
 ウォール街の連中は失敗したのかもしれないし、その痛手は一般大衆に回されるわけで怒りも感じなくはないのだけれど、かといって金融業界に悪意があったというわけでもないのだろうし、勝ち負けと言っても敵の姿がよく見えないだけに釈然としないし憂鬱な気分にもなる。とはいえシステムの信用せずにハイエナのように生きるのは誰にでもできることではないわけで、ジャレドはそんな稀な人物だから事態を客観的に分析し、この映画の語り部らしく観客に語りかけてきたりしていたのだろう。

(*1) この曲は「低所得者層がまともに生きていけなくなってきているという80年代末のアメリカの社会状況を歌った曲」だそうで、経済崩壊への兆しが見えたところでこの曲が流れるのは意味的にも合っているのだが、その曲が出鼻を挫かれて中断するのは4人の予想が外れた感じもうまく出していたと思う。

マネー・ショート 華麗なる大逆転 ブルーレイ DVD セット [Blu-ray]


世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)


俺たちニュースキャスター [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.03.08 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (8)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>マネー・ショート 華麗なる大逆転 from 象のロケット
2005年、金融トレーダーのマイケルは、サブプライム・ローン(信用度の低い顧客層への住宅ローン等の貸付)のデフォルト(債務不履行)に備え、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS:損失補填契約)を投資銀行と結んだ。 彼の動きを察知した若き銀行家ジャレドも、ヘッジファンド・マネージャーのマークにCDSを勧める。 一方、若き投資家ジェイミーとチャーリーは、この住宅バブルを好機と捉え、伝説の銀行家... >READ

2016.03.09

>>マネー・ショート 華麗なる大逆転 from とりあえず、コメントです
今年のアカデミー賞で脚色賞を受賞したリーマンショックの裏側を3つの視点を中心に描いた群像劇です。 予告編を観て、このキャストでどんな経済ドラマを見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 時々、キャラクターが映画を観ている観客に語り掛けてくる独特の演出をはさみつつ、 難しくなりがちな問題をエンターテイメントとしてしっかりと伝えてくれるような作品でした。 >READ

2016.03.20

>>マネー・ショート 華麗なる大逆転 from 映画的・絵画的・音楽的
 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のアカデミー賞脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、まず「実話に基づく(based on a true story)」との字幕が出て、さらに「どんなに... >READ

2016.03.29

>>映画:マネー・ショート The Big Short 乾いた笑いが止まらない、究極のブラックコメディ
! from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
昨年の本ベスト5に入れた「ガイトナー回顧録 ―金融危機の真相」 リーマンショックの再体験ジェット・コースター本 として、必死に読み倒し、そういう結論に至った。 とはいえ、相当疲れたので しばらく間を空け、ちょうど今 バーナンキの「危機と決断」(上)(下)に... >READ

2016.03.31

>>[映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「マネー・ショート 華麗なる大逆転」感想 from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
 「俺たちニュースキャスター」のアダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベール、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット他出演。マイケル・ルイス著「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に、サブプライム住宅ローン危機による経済破 >READ

2016.04.01

>>マネー・ショート 華麗なる大逆転 ★★★ from パピとママ映画のblog
リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出... >READ

2016.04.04

>>「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 from ここなつ映画レビュー
アメリカが、国民のみならず政府までその経済的な成長を疑う事なく経済発展の春を謳歌していた2005年、最も安定性が高いと言われていた不動産市場の崩壊を予測し、不動産債権で空売りを仕掛けて莫大な利益を得たアナリスト、金融マンの物語。確かに、誰も疑うことのなかった不動産債権の格付けのカラクリを見抜き、他から嘲笑われ罵られても自論を曲げずに成功したのは「大逆転」と言っていいし、痛快である。しかししか... >READ

2016.04.08

>>破綻という賭けは・・・ from 笑う社会人の生活
19日のことですが、映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞しました。 金融トレーダーのマイケルはサブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑、クレジット・デフォルト・スワップという 金融取引で出し抜こうと考える 銀行家ジャレドもマイケルの... >READ

2016.05.04

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR