『キャロル』 テレーズのまだ見ぬ世界は……

 『ベルベット・ゴールドマイン』『エデンより彼方に』などのトッド・ヘインズの最新作。
 原作は『リプリー』『殺意の迷宮』(映画版は『ギリシャに消えた嘘』)などのパトリシア・ハイスミス

トッド・ヘインズ 『キャロル』 テレーズとキャロルはクリスマス前の高級百貨店で出会う。


 舞台は50年代のニューヨーク。高級百貨店でアルバイトとして働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、お客として現れたキャロル(ケイト・ブランシェット)に目を奪われる。キャロルもその視線に気づき、ふたりは売り子と客としてクリスマス・プレゼントを介して接する。たまたまキャロルが手袋を忘れ、それをテレーズが自宅へ郵送したことからふたりは親しくなっていく。

 トッド・ヘインズあるいは脚本家のフィリス・ナジーは、この映画を同性愛を描いたものというよりも純粋な恋愛物として意識しているようだ。時代は50年代である。たとえば同じトッド・ヘインズの『エデンより彼方に』では、同性愛は病気として治療の対象となり差別的扱いを受けていたのだが、『キャロル』ではそんな他者からの目線は極力排除されている。
 レストランにしても、旅先のモーテルの部屋にしても、ほとんどキャロルとテレーズだけで話は進んでいく。ふたりだけの世界なのだ。旅先で車のフロントガラスのなかにふたりが並んで映る姿によく表れているように、閉ざされた空間にいるために外部からの視線は感じられないのだ。
 ふたりだけの世界だから純粋なふたりの恋愛がある。ただそうなると障害によって燃え上がったりすることもないわけなので、ふたりの間に交わされる感情はあまり熱を帯びたものには感じられなかった。キャロルは夫の家族との気取ったやりとりを嫌悪するけれど、テレーズとの関係がその反対側へと乱れていくということもなかったようだ。ふたりの関係はとても上品で、ベッド・シーンのルーニー・マーラの裸もあくまで美しいものとして描かれていて妙に淡白だった。

『キャロル』 テレーズ(ルーニー・マーラ)はお人形さんのようにも見える。50年代の映画を意識しているのだとか……。

『キャロル』 キャロル(ケイト・ブランシェット)は夫と離婚訴訟中。魅力的な大人の女性をケイト・ブランシェットが見事に演じる。

 ここまでは原作のことに関しては触れなかったのだが、原作を読んでから映画版を観ると、原作にあった大事なものが抜け落ちているようにも感じられる。「映画は原作とは別物なのだから」とは以前にどこかでも書いたのだけれど、やはり気になるところもあるので……。
 まず映画版ではキャロルのウェイトが大きいけれど、原作ではあくまでテレーズが主人公である。タイトルに“キャロル”の名前が付けられているのは、テレーズの羨望の対象としてキャロルがいるからだ。

 映画版ではキャロルの周囲の人物には顔の見える登場人物(夫ハージや娘リンディ、元カノであるアビーなど)がいるが、テレーズの周囲の男たちは彼氏のリチャードも含めてほとんど個性がなくて印象に残らない。だからキャロルの抱えた問題ばかりに注意が向き、テレーズはキャロルに振り回される受身ばかりの人物に見えてしまう。
 また、原作ではテレーズの憧れであるキャロルの反対側に、ミセス・ロビチェクという人物が配置されている。ミセス・ロビチェクは百貨店で働く老婦人だが、テレーズは彼女の醜さに嫌悪感を抱く。うら若きテレーズは自分が遠い将来ミセス・ロビチェクのような女になるかもしれないということを恐れているのだ。ここで描かれるのはまだ何も知らない若い女性の将来に対する不安だ。
 そして一方では完璧な美と優雅さを兼ね備えたキャロルがいる。キャロルは憧れであり、恋の対象であり、テレーズが望むすべてなのだ。テレーズは自分の性的指向もわかっていないわけで、キャロルとの関係は大きな不安と淡い希望のなかにある。
 さらにキャロルとの関係が先に進めば、夫の指示を受けた探偵の姿が現れ、ふたりの未来に不安の影を落とすようになる。こんなふうに原作では若きテレーズのまだ見ぬ世界への不安というものが丁寧に描かれているのだ。原作『キャロル』の解説では、原作者パトリシア・ハイスミスのことを「不安の詩人」(グレアム・グリーン)と評しているが、まさにその言葉通りの小説だったと思う。
 そんな原作小説と比べると、映画版のテレーズは写真家としての将来をさほど心配していない様子だし、テレーズを演じたルーニー・マーラがあまりにかわいいからか、自分が醜い存在になるかもしれないなどとはゆめゆめ感じていないようなのだ。そんなわけでテレーズの関心はすべてがキャロルだけに向けられていて、純粋に恋愛だけにテーマを絞っているのかもしれないけれど、そうして描かれる恋愛は妙に淡白なわけで、ちょっともの足りないような印象ばかりが残った。

キャロル スペシャル・エディション [Blu-ray]


キャロル [Blu-ray]



キャロル (河出文庫)



関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.02.18 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (9)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>『キャロル』('16初鑑賞15・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。 >READ

2016.02.19

>>「キャロル」 from Noinuの云いたい放題、やりたい放題
少しまえのことになりますが、 「キャロル」を観てきました。 公式サイトは、⇒ ★ 小説、ドラマ、映画などについて 「何を云いたいのか、わからない」 って云うのは、 「それを云っちゃあ、お終いだよ」 って云う禁句だとは分かっていますが、 う~ん、この映画で何が云いたかったの? …と云うのが、 率直なわたしの感想…でした... >READ

2016.02.21

>>キャロル from 象のロケット
1952年、ニューヨーク。 高級百貨店の女性アルバイト店員テレーズは、密かに写真家に憧れているが、恋人からは結婚を迫られていた。 ある日、売り場にキャロルというエレガントな女性が、6歳の娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れる。 ひょんなことから、テレーズはキャロルの屋敷に招待され、心を通わせていくが…。 ラブ・ストーリー。 ≪このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。 あな... >READ

2016.02.22

>>キャロル from 映画好きパパの鑑賞日記
 1950年代のアメリカを舞台に、当時は市民権を得られていなかった女性の同性愛を描いた作品。美術、ファッション、撮影などは満点に近く、主演の2人も本当に美しかったのだけど、これ、男女の話だったら、普通のメロドラマだよな、と見ていて醒めた部分もありました… >READ

2016.02.27

>>キャロル from 映画的・絵画的・音楽的
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ... >READ

2016.03.01

>>私の天使~『キャロル』 from 真紅のthinkingdays
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブランシェットと、ルーニー・マーラが恋に落ちる。原作はパ トリシア・ハイスミス、監督は 『アイム・ノット・ゼア』 ... >READ

2016.03.07

>>『キャロル』 1950年代と今日性と from Days of Books, Films
Carol(viewing film) 1950年代のニューヨークを舞台に二人の >READ

2016.03.08

>>運命の恋、それは from 笑う社会人の生活
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな... >READ

2016.03.23

>>「キャロル」 from 或る日の出来事
ビューティフル! >READ

2017.06.13

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR