『ディーパンの闘い』 内に秘めた暴力が爆発するとき

 『真夜中のピアニスト』『預言者』『君と歩く世界』などのジャック・オーディアール監督の最新作。
 カンヌ国際映画祭では、グランプリを受賞した『サウルの息子』や評判の高かった『キャロル』などを抑えてパルム・ドール(最高賞)を受賞した。

ジャック・オーディアール 『ディーパンの闘い』 ディーパンと娘となった少女イラヤル。集合住宅の管理人としての生活が始まる。


 内戦にあったスリランカから逃れるため、元兵士ディーパン(アントニーターサン・ジェスターサン)は赤の他人と家族を装ってフランスに入国する。パリ郊外の集合団地に管理人として住み込みで働くことになったディーパンたちは、次第に本当の家族らしい関係となっていくのだが……。

 “ディーパン”という名前はすでに死んだ人のものだ。本名は違う。移民として受け入れてもらうには家族であることが有利なため、“ディーパン”という新しい名前を名乗り、ヤリニという女と彼女が拾ってきた少女とともに偽装家族を形成する。彼らはタミル人でスリランカでは少数派。ディーパンはタミル・イーラム解放のトラという反政府勢力の兵士であったのだが、暴力で守ろうとした妻や子供は亡くなり、平穏無事な生活を求めてスリランカを捨てることを決意する。
 集合団地でディーパンたちは次第に家族らしい営みを見出していく。ディーパンがフランス語を話す住民たちのユーモアがわからないとヤリニ(カレアスワリ・スリニバサン)にこぼすのだが、ヤリニは「あなたは堅物だからタミル語でもおもしろくない」と冗談交じりに返される。内戦のなかで常に殺し合いと接しているような日々ではユーモアが入り込む隙すらないわけで、ディーパンも集合住宅での生活で少しずつユーモアを取り戻していく。
 ただ一方で集合住宅には麻薬を売買する連中が抗争を繰り返しているし、かつての反政府勢力の上官が現れディーパンに武器のための金銭を要求するなど不穏な側面も。酔ったディーパンがぼんやりと夢見るのはスリランカの森のなかに生息する象の姿で、その姿はディーパンが抑制している暴力の化身のようにも見える。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『ディーパンの闘い』 ディーパンは守るべきもののために再び武器をとることに。

 ヨーロッパ映画で移民というものが題材として目立つようになったのはいつのころからなのだろうか。この作品もそうした問題を描いているのだが、入口は移民問題でも出口は妙な方向へと進んでいく。カンヌでこの作品がパルム・ドールを獲得したとき、賛否両論あったのはその唐突な変化が予想外だったからかもしれない。
 オーディアールの作品はいくつかしか観ていないのだが、『君と歩く世界』では両足を失った女性が登場するが、障がい者の恋愛物として安心して観られる類いの代物ではなかった。『真夜中のピアニスト』では、不動産ブローカーというヤバい仕事をしている男がピアニストとして成功することを夢見るという奇妙な味わいの作品だった(この作品はリメイクらしい)。
 オーディアールという人が分裂気味な何かを抱えているのか否かは知らないけれど、『ディーパンの闘い』でも「偽装家族での平穏な生活を願う部分」と「内に秘めた暴力的な部分」が交じり合わずに同居しているようで、最後には暴力的な部分が爆発する。
 ラストの展開は、まるで任侠映画で敵地に乗り込むヤクザのようでもあった。チンピラたちと死線を越えてきた元兵士との闘いだけにその強さは圧倒的だったのだが……。その後の場面ではイギリスらしき風景のなかで、ディーパンたち偽装家族が本当の家族となって暮らしている。もちろんこれは幻想だろう(レクイエムっぽい音楽が流れるし)。エンディングロールではディーパンの髪をなでるヤリニの手が映されるのだが、それはディーパンの頭から流れている血を押しとどめている仕草のようにも見えた。

追記:パルム・ドールを争った『キャロル』も観てきたのだけれど、ラストの展開なども含めて驚きがあったのは『ディーパンの闘い』のほうで、何となくパルム・ドールも納得しないでもない。どうやらオーディアール作品のなかで『ディーパンの闘い』は最も出来がいいとは必ずしも言えないようだけれど、そういったことはよくあること。前回のパルム・ドール作品『雪の轍』ヌリ・ビルゲ・ジェイラン)だって、その前にグランプリを獲得した『昔々、アナトリアで』のほうが素晴らしかったと思うし……。

ディーパンの闘い [Blu-ray]


ディーパンの闘い [DVD]



真夜中のピアニスト DTSスペシャル・エディション [DVD]


預言者 [DVD]


君と歩く世界 スペシャル・プライス [Blu-ray]


君と歩く世界 スペシャル・プライス [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.02.14 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (8)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ディーパンの闘い from 象のロケット
内戦が続くスリランカの難民キャンプ。 単身よりも海外への移住許可が下りやすいため、元兵士のディーパン、若い女ヤリニ、両親を亡くした少女イラヤルの3人は、偽装家族となって出国した。 何とか難民審査をパスした彼らは、フランス・パリ郊外の集合住宅に住むことに。 しかし、そこは何をやっているのかわからない若者たちがたむろする、荒れた団地だった…。 社会派ヒューマンドラマ。 >READ

2016.02.17

>>『ディーパンの闘い』 from こねたみっくす
戦場を知る者は平和に憧れ、戦場を知らぬ者は戦争に憧れる。 第68回カンヌ国際映画祭にてパルムドールに輝いたジャック・オディアール監督の最新作は、スリランカから逃れてきた偽 ... >READ

2016.02.18

>>『ディーパンの闘い』 郊外の戦争 from Days of Books, Films
Dheepan(viewing film) 『ディーパンの闘い(原題:Dheep >READ

2016.02.24

>>ディーパンの闘い from 映画的・絵画的・音楽的
 フランス映画『ディーパンの闘い』を日比谷のTOHOシネマズ・シャンテで見ました。 (1)本年度カンヌ国際映画祭(注1)でパルムドール(最高賞)を受賞した作品(注2)だというので映画館に行ってきました。  本作(注3)の冒頭の舞台は、スリランカのジャングルの中。... >READ

2016.03.08

>>ディーパンの闘い from とりあえず、コメントです
昨年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したヒューマンドラマです。 予告編を観て、主人公にどんな闘いが待っているのだろうと、ずっと気になっていました。 ようやく観ることが出来た作品には、無残な内戦と一筋縄では行かない生活の様子が描かれていました。 >READ

2016.03.19

>>「ディーパンの闘い」 from ここなつ映画レビュー
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。内戦により国を追われたスリランカ人が移民先の地で暮らしていく様を描いた力作。スリランカでの内戦の爪跡、フランスでの移民問題だけでなく、「家族」の在り方も描いている。そしてそう、闘いはどこの地でも起こり得る、ということも。闘いはどこの地でも起こり得るんだ。それはラストに至るクライマックスのことだけを指しているのではない。自己との闘い、Yes、もちろんそうだ... >READ

2016.04.11

>>ディーパンは家族のために・・・ from 笑う社会人の生活
23日のことですが、映画「ディーパンの闘い」を鑑賞しました。 ディーパンは兵士としてスリランカ内戦で戦うが妻子を失い失意の底にいた ヤリニは移住許可を取るべく孤児の少女を探し当てる 3人は偽装家族としてパリ郊外の集合団地で暮らし始め、徐々にささやかな幸せ... >READ

2016.04.21

>>「ディーパンの闘い」(2015年、フランス) from 楽天売れ筋お買い物ランキング
「ディーパンの闘い」は2015年公開のフランスのクライム・サスペンス&ドラマ映画です。ジャック・オーディアール監督・共同脚本、アントニーターサン・ジェスターサン、カレアスワ... >READ

2016.09.28

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR