『ブリッジ・オブ・スパイ』 冷戦時代の知られざるヒーロー

 スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作。前作『リンカーン』と同じように歴史的な出来事を題材としている。また、脚本にはコーエン兄弟も名前を連ねている。

スティーヴン・スピルバーグ 『ブリッジ・オブ・スパイ』 ルドルフ・アベル(マーク・ライアンス)とジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)。ソ連のスパイを演じたマーク・ライアンスがとてもよい。


 冷戦時代、アメリカとソ連は互いに核兵器で威嚇し合って身動きがとれない状態。そんなときに暗躍していたのがそれぞれのスパイたちだった。優秀な弁護士であるジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は保険分野を専門に扱っていたが、彼に持ちかけられたのがソ連側のスパイを弁護するという仕事だった。

 アメリカの弁護士がソ連のスパイを弁護するのは、アメリカという国の素晴らしさを世界へ向けてアピールするためだ。スパイとして捕えられた者であっても、アメリカであるならば正当な権利が得られる。ソ連のような共産主義よりも、自分たちの資本主義のほうが優れている。そんなアピールによって勢力争いを優位に進めようと画策していたわけだ。
 ただ、国というものが常に一枚岩の結束があるわけではない。ほかの考えの人も当然存在する。というよりも大半は「スパイなど殺してしまえ」という立場だ。ドノバンは弁護士事務所の上司に請われてその仕事を受けることになるが、家族は反対する。敵国ソ連の弁護をするということは、アメリカ人からすれば裏切り者に見えるわけで、家族の心配は的中しドノバンは国中の嫌われ者になる。
 実際に仕事を始めたものの、敵国のスパイを弁護するのは大変なこと。陪審員によって有罪は決定し、あとは裁判官の決定による量刑だが、ドノバンはそこで策を弄する。スパイを殺してしまうよりも、アメリカ人が敵国につかまったときの切り札として生かしておいたほうが国益になると裁判官を誘導する。その勘は当たり、スパイはソ連の捕虜とされていた男との交換に使われることになる。さらに東ドイツに捕われている学生の問題も持ち上がり、アメリカを代表した形になるドノバンはソ連と東ドイツの2カ国を相手に交渉をすることになる。

『ブリッジ・オブ・スパイ』 築かれたばかりのベルリンの壁。ドノバンはたったひとりでソ連と東ドイツとの交渉に。

 50年代のブルックリンとか、東ドイツがベルリンに壁を建設する場面など、限りなくリアルに撮られている(撮影はヤヌス・カミンスキー)。CGではあそこまでリアルな質感にはならないはずで、実際に街を作り上げているものと思われ、そのあたりはとても丁寧でほかの追随を許さないほどの出来栄えだった。
 そんなリアルな映画のなかで嘘くさいものと言えば、主人公ドノバンの存在そのものであって、彼がなぜあそこまで“不屈の男”であり得るのかは信じられないくらいだった。でもドノバンは実在の人物であり、彼が成した功績に嘘偽りはないはず。ドノバンは普通の人には信じられないくらいの信念の持ち主だったということなのだろう。
 ドノバンはなぜ弁護士としての職業倫理に忠実なのだろうか。CIAとのやりとりのなかで移民の集まりであるアメリカでは、憲法を守ることこそがアメリカ人をアメリカ人たらしめるものだと演説をぶっている。しかし、それを言葉通り守ることはなかなかできることではない。家族を危険に曝しても、あるいは国や会社の利益よりも、もっと大事なものがあるということなのだろう。それは職業倫理といったものを超えた何かであり、それが憲法の示す理念なのかもしれない。
 この『ブリッジ・オブ・スパイ』にはほかにも強固な信念を持つ人間がいて、それはソ連側のスパイとしてアメリカに捕えられるルドルフ・アベル(マーク・ライアンス)だ。アベルもソ連を売ることはしない。スパイは捕まったら殺されるのが当然というあきらめなのか、職業倫理によるものなのかはわからないけれど、どんな状況に置かれてもうろたえることがない。ドノバンに繰り返し「不安に感じないのか」と訊ねられても、アベルの答えは毎度「何かの役に立つか?」というもので、強がっているわけでもなく飄々としているのだ。そんな意味ではふたりはほとんど超人的な存在に見えた。
 2時間半ほどを一気に見せてしまう作品はさすがスピルバーグというところなのかもしれないが、ドノバンにしてもアデルにしてもヒーロー然としているようにも見え、アベルがプレゼントしたドノバンの肖像画のように美化された部分があるんじゃないかとも思ってしまう。

(*1) 町山智浩はこの作品と『リンカーン』『アミスタッド』を合わせてスピルバーグの弁護士三部作だと指摘している。リンカーンにしても『アミスタッド』のジョン・アダムズにしても弁護士出身の大統領だからその仕事ぶりを理解できなくもないのだが……。

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


リンカーン [Blu-ray]



リンカーン [DVD]



アミスタッド [Blu-ray]



アミスタッド [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.01.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (14)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が集結した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」(20世紀フォックス)。米ソ冷戦下に於ける世界戦争の危機回避を担ったごく普通の、しかし強い正義感を持った男の実話を基にした物語です。 ... >READ

2016.01.12

>>ブリッジ・オブ・スパイ from 象のロケット
米ソ冷戦時代の1957年。 アメリカ・ニューヨークでソ連のスパイと目されるルドルフ・アベルが、FBIに逮捕された。 アベルの国選弁護人として選ばれたのは、保険法のエキスパートである弁護士ジェームズ・ドノヴァン。 敵国の人間を弁護することは、家族にまで危険が及ぶ恐れがあったが、「どんな人間にも公平な裁判を受ける権利がある」として引き受けることに。 裁判から5年後、ドノヴァンに思わぬ任務が言い渡... >READ

2016.01.14

>>ブリッジ・オブ・スパイ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
トム・ハンクス演じた普通の弁護士がイギリスに観光旅行に行くと家族に言って、スパイ交換という歴史的なことをやっていた凄さがわかってきた。テレビの報道で初めて父親の偉業を知るシーンが素晴らしいのだ。ベッドに倒れこむ主人公の緊張が痛いほどだった。 >READ

2016.01.17

>>ブリッジ・オブ・スパイ from 1964大阪生まれのネタバレ全開映画駄話
2016/01/16 布施ラインシネマ 8/10 わかりやすく例えるなら日本映画だとせいぜい高そうな一戸建て住宅ハリウッド大作なら どデカいビルディング この比較にならないレベルの中にも同じくする役割分担があるわけで現場監督を筆頭に彼を支えるパートナー 設計者 監督助… >READ

2016.01.18

>>「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統 from 大江戸時夫の東京温度
映画『ブリッジ・オブ・スパイ』は、ヒューマニスト・スピルバーグらしい信念と正義の >READ

2016.01.25

>>ブリッジ・オブ・スパイ from 映画的・絵画的・音楽的
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、... >READ

2016.01.26

>>映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 感想と採点 ※ネタバレなし from ディレクターの目線blog@FC2
映画 『ブリッジ・オブ・スパイ(日本語字幕版)』 (公式)を公開初日の本日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー アメリカとソ連が冷戦下の1950~60年代。保険の分野で敏腕弁護士のジェームズ・ドノバンは、真面目に務めキャリアを重ねてきたベテラン弁護士だ。ある... >READ

2016.01.27

>>映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市... >READ

2016.01.28

>>ブリッジ・オブ・スパイ from C’est joli ここちいい毎日を♪
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マーク... >READ

2016.01.28

>>「ブリッジ・オブ・スパイ」 from ここなつ映画レビュー
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴する考え方が披露される。すなわち、2件の案件をそれぞれ独立した案件として処理するのではなく、まとめて1件とする考え方だ。これが後の「スパイ交換」... >READ

2016.02.05

>>ブリッジ・オブ・スパイ(ネタバレあり!) from 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年3本目です。 【あらすじ】 アメリカとソ連が冷戦下だった1950~60年代。 ソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の弁護人になったジェームズ・ド… >READ

2016.02.06

>>『ブリッジ・オブ・スパイ』 The Standing Man from Days of Books, Films
Bridge of Spies(viewing film) 『ブリッジ・オブ・ス >READ

2016.02.06

>>スパイ交換劇 from 笑う社会人の生活
9日のことですが、映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。 弁護士ドノヴァンはソ連のスパイ アベルの弁護を引き受ける 敵国の人間の弁護に周囲から非難もあったが死刑を免れ懲役刑となる 5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲さ... >READ

2016.03.10

>>ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) from Subterranean サブタレイニアン
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ… >READ

2016.05.17

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR