『クリード チャンプを継ぐ男』 今年一番泣いた「ロッキー」新章

 『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりにロッキー・バルボアが帰ってきた。さすがに今回は主役というわけではないけれど、かつてのライバル・アポロの息子のトレーナーとなって新たな物語に魂を注入する。
 監督・脚本は『フルートベール駅で』ライアン・クーグラー

ライアン・クーグラー 『クリード チャンプを継ぐ男』 アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)とロッキー(シルベスター・スタローン)。

 ロッキーと言えば、シルベスター・スタローンの代名詞である。ファンにとっては周知のことだけれど改めて振り返ると、スタローンは『ロッキー』(1976年)の脚本を自分で書き上げ、自ら主役を張ることにこだわった。当時はほとんど無名のスタローンは何とかを低予算で作品を完成させ、最終的には観客の大評判を呼び、アカデミー賞作品賞までも獲得することになった(監督はジョン・G・アヴィルドセン)。
 無名だったボクサー・ロッキーが一夜にしてアメリカン・ドリームをつかんだように、スタローン自身も映画界でのアメリカン・ドリームの体現者となったわけで、スタローンにとっては『ランボー』シリーズや『エクスペンダブルズ』シリーズ以上に『ロッキー』は重要なシリーズと言えるだろう。

 『ロッキー』シリーズは1976年に始まって、2006年の第6作『ロッキー・ザ・ファイナル』まで続いた。その間30年の時間が経過しているわけで、作品のなかの登場人物も作品を追うごとに退場していくことになる。まずはトレーナーのミッキーが逝き、ライバルのアポロがリング上で死に、『ロッキー・ザ・ファイナル』では妻のエイドリアンもすでに亡き人となっていた。今回の『クリード』では、『ロッキー』シリーズで最後まで生き延びていた愛すべき厄介者ポーリーもすでに妹エイドリアンの隣の墓に納まっている。
 退場していったキャラに代わり『クリード』の主役となるのは、『ロッキー』『ロッキー2』でロッキーと死闘を演じたアポロ・クリードの息子アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)だ。アドニスはアポロの遺した愛人の息子という設定。こうして古き者は去り、新しき者が登場する。作品中のミッキーのジムがリニューアルを果たしていたように、『クリード』は『ロッキー』シリーズのフォーマットを借りつつも、一部をリニューアルして物語を受け継いでいる。
 有名なビル・コンティの『ロッキー』のテーマ曲やフランク・スタローン(シルベスターの弟)が歌った「Take You Back」は登場しない(あのテーマ曲は後半ちょっとだけ聴くことができる)。代わりに使用されるのはヒップホップ系の音楽だ。フィラデルフィア美術館のシーンはトレーニングのときではなくて、最後の最後に登場する。すでにロッキーはその階段を駆け上がるほどの足腰ではないからで、ロッキーは病という新たな敵とも闘うことにもなる。

『クリード チャンプを継ぐ男』 アドニスとビアンカ(テッサ・トンプソン)のふたり。

『ロッキー』 ロッキーとエイドリアンのふたり。エイドリアンは最初こんな感じ。メガネを外しても劇的にかわいいというわけでは……。

 個人的に『ロッキー』シリーズには思い入れがあるので、どの作品も観ても泣けてしまう。もちろんシリーズ原点である『ロッキー』が最も出来がいいのだけれど、リアルタイムで観た『ロッキー4/炎の友情』が冷戦時代の影響を受けたひどい代物だとしても、その頃はやはり夢中になってロッキーを応援したわけで、この新作『クリード』も何だかんだと興奮していたし散々泣かされることになった。
 『ロッキー』が一番よかったのは、その物語がアメリカン・ドリームそのものだからだとも思うわけで、一度登りつめた男が堕ちてゆくとは言わないまでも、かつての栄光のなかで苦しみながら踏ん張るのは辛い部分もある(打ちのめされても前のめりに闘うのがロッキーらしいのかもしれないけれど)。『クリード』もアポロが遺した汚点(愛人の息子だから)を、アドニスが自らの力で払拭して夢をつかむという点でアメリカン・ドリームの物語となっているところが魅力的だった。
 もちろんロッキーとは違う点もある。ロッキーとエイドリアンが野暮ったいけれど微笑ましいふたりだったのに対し、アドニスの相手ビアンカ(テッサ・トンプソン)はミュージシャンの卵だったりして結構シャレている。ロッキーがさして面白くないジョークで人見知りのエイドリアンを何とか口説いたのに対し、アドニスはほとんど一目惚れであっという間にいい関係になってしまう。野暮ったい観客としては、ロッキーとエイドリアンのふたりに比べて、アドニスとビアンカはスマートすぎて共感には欠けるかもしれない。

 『クリード』のボクシングシーンは、格闘技「K-1」のときのレフェリーカメラのようにかなり接近した位置から対戦相手を捉えていて臨場感があった。ただアドニスの相手役チャンピオンの“プリティ”・リッキー・コンランはあまり強そうに見えなかった(ボクサーが演じているようなのだけれど)。“プリティ”と呼び名が付くくらいで、タトゥーを背負っていても結構かわいらしいのだ。『ロッキー』『ロッキー2』のアポロが本当に強そうだったのと比べると惜しいところだろうか。アポロの華麗なステップはボクシング映画の表現としてはとても映えるものだったと思う。
 ちなみに『クリード』では、1勝1敗の対戦成績だったロッキーとアポロの三度目の対戦に関しても触れられている。これは『ロッキー3』の最後のふたりだけのスパーリングのことだ。ふたりのグラブが交わる瞬間で『ロッキー3』は終わっていた。そんな最後の対決の結果が、アポロとロッキーだけの秘密だったというのもふたりの友情を思わせてくすぐられるものがある。ロッキーが大好きな人にとっては必見の作品。

クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]


ロッキー DVDコレクション(6枚組)


シルベスター・スタローンの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.12.29 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (9)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>クリード チャンプを継ぐ男 from だらだら無気力ブログ!
前日に観た『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も良かったけれど、こっちも良かった。 >READ

2015.12.31

>>クリード チャンプを継ぐ男 from 象のロケット
ボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードと愛人の間に生まれた息子アドニス・ジョンソン。 彼は義母メアリー・アンに引き取られ何不自由なく育ったが、ボクシングへの情熱を抑えきれずにいた。 義母の猛反対を押し切って家を飛び出したアドニスは、かつて父親と死闘を繰り広げたロッキーをフィラデルフィアに訪ね、自分のコーチになって欲しいと頼み込む…。 ヒューマンドラマ。 >READ

2015.12.31

>>「クリード チャンプを継ぐ男」 from ここなつ映画レビュー
これはヤバイ。何の捻りもないのにここまで魅せるなんて。全て大体の予想はつくのに。それもあっさりと、と言ってもいいほどに。サクサクとした物語の進行具合。だがお約束の12ラウンドの死闘に至るまでの静かなる、ある種大人な盛り上げ方…!「どこで出るのか?もしかしたら出ないのか?」と思わせた「ロッキーのテーマ」の曲の使い方。ちょっと尋常ではないよ。こうなるって…リングのシーンが凄いことになるとは判って... >READ

2016.01.06

>>ロッキーの続編、新章として from 笑う社会人の生活
17日のことですが、映画「クリード チャンプを継ぐ男」を鑑賞しました。 試写会にて アドニス・ジョンソンは亡きボクサー アポロ・クリードと愛人の間に生まれた子であり、現在は大手企業の社員として働いていた しかし いつしか父を追うように自己流でボクシングに打ち... >READ

2016.01.16

>>クリード チャンプを継ぐ男 from とりあえず、コメントです
ロッキー・シリーズから生まれた、ボクシングに賭ける男たちを描いたドラマです。 正直なところボクシングのように痛そうなスポーツは苦手でロッキーは第1作しか覚えていないのですけど、 今作のとても評判がいいので気になっていました。 厳しいボクシングの世界と共に、家族や仲間たちの支えの中で成長する若者のドラマが描かれていました。 >READ

2016.01.21

>>映画「クリード チャンプを継ぐ男 」この手があったか!見ごたえあり from soramove
映画「クリード チャンプを継ぐ男 」★★★★☆ アドニス・ジョンソン: マイケル・B・ジョーダン ロッキー・バルボア: シルヴェスター・スタローン ビアンカ: テッサ・トンプソン メアリー・アン・クリード: フィリシア・ラシャド リッキー・コンラン: アンソニー・ベリュー ミー・ホリデイ: グレアム・マクタヴィッシュ ライアン・クーグラー監督、 133分、2015年12月23日公... >READ

2016.01.24

>>クリード チャンプを継ぐ男 from 銀幕大帝α
CREED 2015年 アメリカ 133分 ドラマ 劇場公開(2015/12/23) 監督: ライアン・クーグラー 製作: シルヴェスター・スタローン 原案: ライアン・クーグラー 脚本: ライアン・クーグラー 出演: シルヴェスター・スタローン:ロッキー・バルボア マイケル・... >READ

2016.04.22

>>「クリードチャンプを継ぐ男」(2015年、アメ... from 楽天売れ筋お買い物ランキング
「クリードチャンプを継ぐ男」(原題:Creed)は、2015年公開のアメリカのドラマ映画です。シルヴェスター・スタローンの代表作「ロッキー」シリーズ初のスピンオフ作品で、ライアン・... >READ

2016.04.27

>>クリード チャンプを継ぐ男 (Creed) from Subterranean サブタレイニアン
監督 ライアン・クーグラー 主演 マイケル・B・ジョーダン 2015年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★ 『ランボー』をこよなく愛する私ですけど、じゃぁランボー関連で『ティーズル保安官の大冒険』とか『トラウトマン/最後の戦場』とか作られたら観たいかと… >READ

2016.05.02

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR