『ダークナイト ライジング』 ノーラン版バットマン 最終章

 クリストファー・ノーラン監督のバットマン3部作の最終章。
クリストファー・ノーラン 『ダークナイト ライジング』
 バットマンは前作『ダークナイト』で、光の騎士(ハービー・デント=トゥーフェイス)の汚名を被って闇の騎士ダークナイトとして消えざるを得なかった。それによりゴッサム・シティにはしばしの平安が訪れる。この『ダークナイト ライジング』では、汚名を被ったままのバットマン=ブルース・ウェインの復活が描かれ、最後には光の騎士に成り代わる。
 前作のハービー・デントも死して初めて光の騎士という“正義”になり得たわけで、“正義”というのはあり得ないものとして描かれている(アメリカの“正義”がとてもあやしいのと同様に)。だからバットマンが光の騎士になるためにはどうしても死んだと思わせる必要があったわけで、シリーズを締めくくるにはこの展開にならざるを得ないのかもしれない。①『バットマン ビギンズ』誕生から②『ダークナイト』闇の騎士を経て③『ダークナイト ライジング』光の騎士へ、そしてラストではバットマンの遺志を継ぐ存在もほのめかされ、3部作としてよくまとまっている。
 そう、悪くはないのだ。とても見応えがあるとすら言えるかもしれない。ただ評判が高かった『ダークナイト』が、悪VS必要悪というドラマを見事に構築していたのに対し、今回の悪であるベインは、結局のところ単に「世界を壊したい」というアホに見えてしまうところが惜しい。悪役の持つ思想が弱かったと言えるかもしれない。バットマンへの復讐とか、ラーズ・アル・グールの計画を引き継ぐとか色々な理由付けはあるのだが、結局悪党ベインを支えていたのが“愛”だったなんて言われても……。

 今回のバットマンは闇に紛れて敵を脅かしたりもしないし、マントを靡かせて滑空したりもしない。バットマン(超人的な存在)よりもブルース・ウェイン(大富豪だが、ただの人間)としての存在がクローズアップされているのだ。ベインとの一騎打ちも策略もなく殴りあうだけ。そして闇夜に隠れた存在のバットマンが、光の騎士に成るべく陽の光の下で闘いを挑むことになる。白雪の舞うゴッサム・シティでの死闘は、今までになかったバットマンの姿だ。過去作の闇に対しての差異化もあるにせよ、光の騎士になるためにはどうしても必要な舞台設定というべきだろう。
 ベインの登場のエピソードや、ラストの追いかけっこは今までになく派手なアクションでまさに見応えがある。実写にこだわりデジタル技術を極力使わないというノーラン監督の姿勢には断然賛成だし、その効果は暗闇ではなく陽の光の下のほうが凄みを増すだろう。ちなみにノーランは007にも関心を抱いているようで、CGに頼らないという007シリーズだけにノーランは適役だろうし、どんな007が登場するかとちょっと楽しみだ。

バートン版とノーラン版のジョーカーの造形

 『アメイジング・スパイダーマン』が現在公開中だが、リブート作品が昨今流行りのようだ。リブートとは「シリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すこと」で、この『ダークナイト ライジング』を含むノーラン版3部作は、1989年から始まった『バットマン』シリーズのリブート作品だ。バートン版やシュマッカー版と、ノーラン版には明確な差異がある。「リアリティの追求」というのがそれだろう(上の写真、バートン版とノーラン版のジョーカーの造形を見てもそれは明らかだろう)。
 漫画が原作でリアリティというのも奇妙だが、実際にあんな“コウモリ男”や“白塗り口裂け男”がいてもおかしくはないんじゃないかと思わせるような演出をしている。ノーラン版はバットマン=ブルース・ウェインは様々に悩む。『ダークナイト ライジング』でも冒頭は闇の騎士として隠れる必要があったにせよ、自宅にひきこもり暗い生活を送っているのだ。正義感から黒いスーツに身を包んで悪党に私刑リンチを加えるのは一種の狂気だが、絶望して豪奢な邸宅にひきこもるのは病的だけれど人間味がある。あくまでもファンタジックなバートン版では、ペンギンの姿に象徴される異形のものの哀しみはあったが、バットマンは自分の存在に悩んだりはしなかった。ノーラン版はそんなリアルな人物像がそのテーマ性にも合って、新たなファンをつかんだ。その意味でもリブート作品としてまれに見る成功を収めたと言える。まったく同じ内容をキャストと監督を代え、ちょっと技術革新として3Dにしてみたというのでは製作する意味がないのだから。人気シリーズだけにノーラン版はこれで終わりでも、必ず次の作品が出てくると思われるが、後を引き継ぐのは至難の業だと今から心配にもなる。

 今ではクリストファー・ノーラン監督と言えば誰もが『ダークナイト』といった印象だけれど、私にとっては『メメント』の監督だ。あの作品はアイディア勝負だから同じような作品は二度とできないとは思いはしても、ノーラン作品のなかで未だに一番『メメント』が好きだ。同時代の監督で、ほとんど何も知らぬまま映画館に足を運んで、たまたますごい作品に出会うとその作品は忘れられないものだ。好きな監督の作品のなかでも、最初にその監督を発見した作品は特別なものに思えるのだ(処女作ではなく、あくまで自分にとっての最初の作品)。例えばキム・ギドクなら『魚と寝る女』、ウォン・カーワァイなら『欲望の翼』、ダルデンヌ兄弟なら『ロゼッタ』、橋口亮輔なら『渚のシンドバッド』となる。そんな作品のひとつとして『メメント』はあるわけだけれど、これがアイディアだけの作品でないことは、今のノーラン監督の活躍ぶりが証明しているだろう。

ダークナイト ライジング [DVD]



ダークナイト トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) [Blu-ray]



バットマン作品
クリストファー・ノーラン作品

関連記事
スポンサーサイト
Date: 2012.08.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR