『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 巨人の謎、世界の謎

 前篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を受けての後篇。
 前篇からの期間が短いのはいいのだけれど、前篇が色々な意味で評判が悪かったので、その印象が薄れないうちに公開がかえって逆効果だったのか、公開初日にも関わらず空席が目立つあり様だった。

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』

 前篇のほうは突っ込みどころも満載だったけれど圧倒される部分もあった。しかし、この後篇は謎解きと物語を終わらせるのに精一杯で、狭い世界になってしまったように思えた。後篇では人間に見えてしまう通常サイズ巨人がほとんど登場せず、主要キャラ以外のエキストラの姿もなく、ごく限られた範囲の話になっているからだ。そして、エレン(三浦春馬)たちの目的が壁の穴を塞ぐことばかりで、巨人の強大な力を獲得してもやってる仕事に妙にこじんまりとした感があったのは否めない。
 原作はまだ終了していないということで、後篇は前篇以上に原作とは別のものとなっている。映画では脚本を担当した町山智浩が巨人の謎を解き明かす独自な展開を考えたようだ(今月の『映画秘宝』にはそのあたりが詳しく書かれている)。特にエレンの兄の存在は映画のオリジナルだ。ただ、それが誰のことなのかはうやむやになってしまう(大体の察しはつくのだがすっきりするわけでもない)。『2001年宇宙の旅』を思わせる白い部屋の場面で明らかにされる過去では、誰が巨人化するのかわからないなどという説明もあったのだが、どのようにしてそれが拡散したのだろうか(巨人化するのはウィルス性の病みたいなものなのだろうか)。

※ 以下、ネタバレもあり!

樋口真嗣 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 巨人の姿は迫力があるのだけれど……。

 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』では、巨人誕生の謎は意外にもすぐに明らかにされる。巨人は人間が人間を薬で改造して作り上げた兵器のようなものだったのだ。しかし脚本の眼目は、それよりも巨人を利用した新たな世界の構築のほうにあるのだろう。
 かつては自由で日々進歩していく世界があった。そこでは人間は驕り高ぶって人と争い、他国と戦争を始めたりもする。だから進歩を生み出す科学技術を捨て、昔ながらの生活を取り戻すのをどこかの誰かが選択した。
 そのために必要とされたのが巨人の恐怖だ。人間を喰らう巨人という敵を避けるため、人間たちは自分たちを壁の内側へと閉じ込めることになる。そこでは貧しくても皆が平等な世界がある。これは例えれば、焼夷弾を避けて防空壕に逃げ込んだ人間たちが、狭くて不便な防空壕のなかで一時の平安を得ているようなものだ。
 しかし巨人の恐怖も長くは続かない。人間は人類の敵のことすら忘れてしまうからだ。恐怖を忘れた人間が外部に興味を抱き、調査兵団が壁の外側へ出ていくことになったとき、壁が壊され再び巨人たちが姿を現すのは、巨人の恐怖を改めて人間に思い知らせるためだ。そして子々孫々にまで恐怖を伝え、壁の外側へ出ようと考えることすらしないように人間を矯正するのだ。

 そんなわけで一部の人間が世界をコントロールして、家畜のように人類を飼育しているということが明らかになる。シキシマ(長谷川博己)はそうしたすべてをぶち壊して革命を起こそうと考える(前篇の反乱分子はシキシマの手下だったようだ)。クバル(國村隼)は世界の残酷さには人類は耐えられないからと、壁の内側の世界を保守することを選ぶ。
 脚本の町山智弘によれば、これは右と左の対立であり、この映画ではその両翼がぶつかってどちらもつぶれていくことになる。そしてエレンたち若者が未来を担うというのだが、映画ではエレンたちはどっちつかずで壁の穴はふさがれたけれど元の状態に戻っただけのようにも見える。もちろんエレンは壁の外の世界を見ることになったわけで、そこは違うわけだけれどエンドロール後のオチでも明らかなように、世の中を牛耳っているごく一部の人間がいなくなったわけではないのだから。

 “特定秘密違反”という言葉が作品のなかに登場するのは、「特定秘密保護法案」を意識しているのだろう。この作品の登場人物は日本人という設定なのだし、壁のなかの世界も日本を意識しているはず。特定の秘密は大衆には知らせずに、ときおり恐怖を煽って大衆をコントロールするというのはまさに日本の現状なのかも。
 そんな意味では巨人というのは戦争のメタファーなのかもしれない。それが忘れられてしまったから隣の国が攻めてくるかもしれないという空気を何となく醸成し、安保法案までもなし崩しに変えてしまおうする(あるいは外に出ることで戦争の恐怖を呼び込むつもりなのかもしれない)。壁の内側へ閉じこもるか、世界へ出て行こうとするかでは正反対なのだけれど、恐怖を煽り一部の人間が大衆を支配するという点では似ている。
 このあたりにこの作品の社会批判がほの見えなくもないのだけれど、出来上がった作品はあちこちで人間から巨人へと変身する者が現れて、登場人物たちはやたらに叫びまくるばかりといった感じで、つい冷めた目でスクリーンを見つめていたというのが正直なところだろうか。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド Blu-ray 豪華版(2枚組)


進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 豪華版(2枚組)



進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド Blu-ray 通常版


進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.09.21 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (7)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド from Akira's VOICE
『長谷川博己ショー』 ・特別ゲスト:國村隼 ・賑やかし:石原さとみ   >READ

2015.09.22

>>[映画][☆☆☆★★]「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」「進撃の巨人エンドオブザワールド」感想 from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
 諫山創原作の人気コミックを、「のぼうの城」の樋口真嗣監督、「君に届け」の三浦春馬主演で実写映画化。 例によって前後編合わせての感想。とりあえず、原作との差異やオリジナル要素を考慮せずに評価すると、怪獣モノとしてはまあまあ、アクションものとしては中の下、 >READ

2015.09.22

>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD from 象のロケット
超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく外壁修復作戦に出発したエレン達は、巨人の急襲で窮地に陥る。 手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまった。 誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始める。 この巨人は果たして敵なのか、味方なのか…? 大ヒットコミック実写劇場版第2弾。 >READ

2015.09.24

>>進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド from 映画好きパパの鑑賞日記
 各所でたたかれていますが、前編はそれほど悪くなかったので、ハードルを下げつつも、楽しみにしていたのですが、一言で言うと「なんじゃこりゃ」。場外乱闘も含めて、非常に残念な作品になってしまいました。  作品情報 2015年日本映画 監督:樋口真嗣 出演:三浦… >READ

2015.09.27

>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド from 映画的・絵画的・音楽的
 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前編で謎だった事柄が後編でどのように解決されるのかということに興味を抱きながら映画館に足を運びました。  本作の冒頭では、前編の概要が提示されます。  後編の最... >READ

2015.09.29

>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 監督/樋口 真嗣 from 西京極 紫の館
【出演】  三浦 春馬  水原 希子  本郷 奏多  長谷川 博己  石原 さとみ 【ストーリー】 巨人化したエレンは元の姿に戻るが、仲間であるはずの調査兵団に囚われてしまう。射殺される寸前で、突如現れた鎧状の皮膚をまとった謎の巨人に連れ去られたエレンの生存を信... >READ

2015.09.30

>>進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド from 銀幕大帝α
ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD 2015年 日本 88分 アクション/アドベンチャー/ホラー PG12 劇場公開(2015/09/19) 監督: 樋口真嗣 原作: 諫山創 主題歌: SEKAI NO OWARI『SOS』 特殊造型プロデューサー: 西村喜廣 出演: 三浦春馬:エレン 長谷川博... >READ

2016.03.23

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR