『自由が丘で』 加瀬亮主演のホン・サンス映画

 ホン・サンス監督の最新作。
 昨年12月に劇場公開され、先月末ごろDVDがリリースされた。
 昨年は3本のホン・サンス作品が劇場公開された。以前に取り上げた『ソニはご機嫌ななめ』と、劇場には行きそびれた『ヘウォンの恋愛日記』、そしてこの『自由が丘で』だ。
 ちなみに『ヘウォンの恋愛日記』もすでにDVDがリリースされている。『ヘウォン』も相変わらずのホン・サンス節なのだが、同時期に公開された『ソニはご機嫌ななめ』よりも、より自由で楽しそうでもある。『ソニはご機嫌ななめ』の主演チョン・ユミよりも、『ヘウォンの恋愛日記』の主演チョン・ウンチェのほうがお気に入りだからなのかもしれない(撮り方にそんな感じが表れているような)。チョン・ウンチェは『自由が丘で』にもちょっとだけ顔を出している。

ホン・サンス 『自由が丘で』 加瀬亮主演の韓国映画。


 主人公の日本人モリ(加瀬亮)は年上の韓国人女性クォン(ソ・ヨンファ)に会いにソウルへやってくる。しかしクォンはそれを知らない。玄関にメモを残したり、家の前で待ち伏せをしたりするものの彼女は一向に現れない。クォンが好きだった「自由が丘8丁目」という喫茶店でゆっくり読書などをして時間を潰しているうちに、そこの女主人のヨンソン(ムン・ソリ)と懇意になってしまう。

 冒頭、クォンの勤める語学学校に手紙が届いている。それはモリからの手紙だった。突然の愛の告白みたいな文章にクォンはよろめいて手紙を階段に落としてしまい、その順番はデタラメになってしまう。そんな手紙を読み進めると共に物語は進んでいく。
 この作品は手紙の順番と同様に、時間も前後しつつ進行していく。たとえば、喫茶店の女主人ヨンソンと酒を飲み交わすエピソードのあとに、ふたりが仲良くなるきっかけである迷い犬のエピソードへと時間を遡ったりするわけで、観客としてはちょっと混乱する。
 ちなみにモリが読んでいるのは吉田健一『時間』というエッセイ。この本は難解で途中まで読んではみたものの理解にはほど遠いのだが、ごく簡単に要約すれば時間には現在しかないということになるらしい。未来は存在しないし、過去というものがあったと考えるのも人間の妄想に過ぎない。過去があって、現在があり、未来がやってくる。そんな直線的な時間というものは否定されているわけだ。
 そんなわけでここでは因果関係を無視して、唐突にエピソードだけが示される。エピソードには夢や妄想らしきものが交じっていたりもする。人間が夢を見ているときはそれを夢とは思わないし、妄想のなかに浸っているときも同じで、それを体験している現在においては、それは現実と変わらない質感を持つものとされているのだろう。

 ※ 以下、ネタバレあり。 ラストにも触れていますのでご注意を!

『自由が丘で』 主人公のモリ(加瀬亮)は常に『時間』の文庫本を持ち歩いている。

 この作品を観終わったときには、モリがクォンに再会するハッピーエンドかと一瞬は考えた。ラストにヨンソンとのエピソードが加えられているのは、クォンが拾い忘れた手紙に書かれた内容なのかもしれないと推測した(こっちの解釈も決して間違いではないだろう)。
 しかしDVDを観直してみるとちょっと違うように思えてくる。というのは、手紙はクォンがそれを受け取る一週間前の消印になっているからだ。一週間以上前に書かれた手紙にモリがソウルで過ごした日々が記されているわけだから、クォンが手紙を読んでいるのはモリのソウル滞在のすべてが終わったあとのことのはずなのだ。多分、モリはすでに日本に帰ってから手紙を出しているのではないだろうか。
 ホン・サンスはクォンが手紙を読む場面の間に挟み込むようにモリのエピソードをつないでいる。その流れで手紙を読んでいたクォンがモリに会いにきたと観客に思わせてしまうのだが、ソウル滞在中にモリが手紙を書くシーンもないし、愛しい人に出す手紙にほかの女(ヨンソン)と寝たという話をわざわざ書くというのもいかにも奇妙なのだ。
 クォンとモリの再会の場面は、モリの夢に過ぎないのだろう。再会したふたりがあっという間に日本に去っていき、ふたりの子供に恵まれたという結末はいかにも空々しい。しかも、そのシーンはモリが宿で目覚めるシーンへと引き継がれるわけで、ここでも再会は夢だと示されている。
 結局、この映画はクォンには会えなかったモリの別れの手紙みたいなものだったのかもしれない。だとするとモリのキャラもかなり嫌なやつにも思えてくるし、妙に明るい終わり方なのは観客を煙に巻くためなのかもしれない。やはりホン・サンスの映画は油断ならないところがあるなあと思う。

 ホン・サンス作品に特徴的な「ホン・サンス・ズーム」だが、この作品ではズームアップ(ズームイン)だけでなくズームバック(ズームアウト)も多用していて、より自由度を増している。67分の小品だけれど色々なアイディアが詰まっているし、主役は日本の加瀬亮ということもあって、ホン・サンスが初めてな人にも取っ付きやすい作品ではないだろうか。

自由が丘で [DVD]


ヘウォンの恋愛日記 [DVD]


時間 (講談社文芸文庫)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.08.25 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR