『彼は秘密の女ともだち』 普通の男ではもう物足りない?

 『まぼろし』『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督の最新作。

フランソワ・オゾン 『彼は秘密の女ともだち』 赤毛のクレール(アナイス・ドゥムースティエ)とその向こうにはダヴィッド=ヴィルジニアが。


 主人公クレール(アナイス・ドゥムースティエ)には運命的なものさえ感じたローラという女ともだちがいた。しかし、ローラは病に倒れ、若くして亡くなってしまう。クレールは残された夫ダヴィッド(ロマン・デュリス)と子供を守ることをローラに約束する。しばらくして訪ねたローラの家で、クレールは女装してミルクを飲ませているダヴィッドの姿を見てしまう。

 「彼は女ともだち」という奇妙な題名は、ダヴィッドが実は女装趣味を持つ男だったということからで、この作品はトランスジェンダーを題材としている。監督のフランソワ・オゾンはゲイであることを公表していて、作品にも同性愛がテーマとして取り上げられることも多いが、今回は女装である。ダヴィッドは女装をしていても性的対象としては女性を好むというあたりは、グザヴィエ・ドラン『わたしはロランス』を思わせる。
 同性愛とトランスジェンダーはまったく違うものなのだろうが、「LGBT」といった言い方もあるし、性的マイノリティという意味で近しい位置にあるものなのかもしれない。ただ、この作品でも「女装よりもゲイのほうがマシ」という台詞もあって、同性愛よりも女装のほうがより困難な立場なのかもしれない。
 ちなみに女装趣味に関しては、オゾンの処女短編である『サマードレス』でもすでに描かれている(『海を見る』のDVDに所収で今回初鑑賞)。『サマードレス』では、ゲイカップルの片割れがたまたまサマードレスを着る破目に陥ると、ゲイのふたりがなぜか急に燃え上がってしまうという話だった。『サマードレス』では「Bang Bang」という曲が印象的に使われている。この曲はドランの『胸騒ぎの恋人』でも使われていたわけで、ドランは先輩であるオゾンに対するオマージュとしてこの曲を使っていたのだろうか。

 ※ 以下、ネタバレあり。ラストにも言及しています。

『彼は秘密の女ともだち』 ダヴィッド=ヴィルジニアを演じたロマン・デュリス。

 『彼は秘密の女ともだち』は女装趣味の男が描かれているけれど、それよりもクレールが新しい女ともだちを得ることで変わっていくところがキモだろう。ローラとクレールの関係は、ありがちな金髪と赤毛の関係を踏襲していて、赤毛のクレールは金髪のローラに憧れている(子供時代のふたりの姿はフランス人形みたいだった)。それがローラの死をきっかけに変わらざるを得なくなる。
 クレールは自らの憧れの存在を喪ったけれど、ローラの旦那ダヴィッドが新しい女ともだちになると、クレールのほうが憧れられる存在になっていく。女装趣味のダヴィッドにとって女性は常に先生のようなものだからだ。クレールはヴィルジニア(女装したダヴィッドの名前)という女ともだちを得たことで、クレール自身が女性として輝きを増していくのだ。
 クレールには素敵な旦那ジル(演じるラファエル・ペルソナはいかにも二枚目)もいる。それでもジルはごく普通の異性愛者で、会社で昇進することが喜びというまっとうな社会適合者だ。妻が赤いドレスを着てハイヒールを履いたからって、その姿を女ともだちみたいに関心を持って見てくれるわけではない。クレールにとっては他愛のないおしゃべりができる女ともだちが必要だったということだろう。

 ここまでは女同士は素晴らしいといったことでもあり、それは男なんかいらないという話でもあるのかもしれない(前作『17歳』でも主人公の少女が憧れるのは女性だった)。逆に言えばゲイにとっては、女なんていらないということでもある。ただ、クレールとダヴィッドは女ともだちだけの関係ではない。ダヴィッドは女装好きでも性的対象は女性で、クレールを性的対象としても愛しているからだ。
 クレールとしてはダヴィッドをそのまま受け入れるのは簡単ではない。事故に遭ったダヴィッドがヴィルジニアとして復活するというアクシデントを経て、ラストでその後のふたりの関係が示される。旦那のジルがどうなったのかはわからないのだけれど、ヴィルジニアは女装というかほとんど中性的な印象で、寄り添うクレールと共に自然に地域社会に溶け込んでいる。ふたりの間に入るフランス人形のような子供も、そんな関係をごく当たり前なものとして受け入れているようだった。

 フランスでは同性愛者の結婚が法律で認められたときには、反対する保守的な人々の声も強かったようだ。『キネマ旬報』のインタビューでは、オゾン監督はこの作品はそうしたことに対する政治的なメッセージとしてもあると語っている。ただ闘争的なメッセージというよりは、おとぎ話として楽しめるような作品になっていると思う。
 ダヴィッド=ヴィルジニアを演じたロマン・デュリスは、男くさい感じを完全には消しきれてないのがいい。仕草は女性的なのだけれど、アゴあたりの隠しきれない感じが妙にリアル。

彼は秘密の女ともだち [Blu-ray]


彼は秘密の女ともだち [DVD]


フランソワ・オゾン DVD-BOX


海を見る [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.08.15 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR