荒井晴彦 『この国の空』 わたしが一番きれいだったとき

 『さよなら歌舞伎町』『海を感じる時』の脚本家・荒井晴彦の監督作品。荒井晴彦が監督業をするのは、『身も心も』以来18年ぶりとのこと。
 原作は高井有一が1984年に谷崎潤一郎賞を受賞した同名小説。

 この作品は昭和20年3月から始まり、同年8月14日(つまり終戦の前日)で終わる。今年の夏は戦後70年ということで、戦争を扱った映画がいくつも公開されているが、『この国の空』もそんな1本である。ただこの作品は戦争を直接扱っているわけではなく、銃後の生活が描かれていく。
 舞台は東京都杉並区で、戦時下で防空壕が掘られたりもしているが、かろうじて普通の生活が営まれている。3月10日の東京大空襲では下町で10万人が亡くなったということだが、西の杉並までは被害は及ばなかったようだ。杉並の中央線沿線にはバラックみたいな建物が並んだ飲み屋街が未だにあるが、それは戦災を逃れたからということだろう。

荒井晴彦 『この国の空』 里子を演じる二階堂ふみと、市毛役の長谷川博己。

 そんなわけでこの作品では母とふたりで暮らす里子(二階堂ふみ)と、その隣で妻子を疎開にやってひとりで暮らしている銀行員・市毛(長谷川博己)との関係が追われていく。銃後の生活を描いた映画はあったかもしれないけれど、ほとんどが兵隊に取られた人を待っている側であったりして、銃後にあっても戦地に想い馳せている場合がほとんどだったように思える。そんな意味でもこの作品で里子が戦況に無関心に見えるのは珍しい。
 また、この作品は食べ物に関してのエピソードが多い。食べることが生きることだからだ。横浜の空襲から逃れて里子の家に転がり込んだ叔母(富田靖子)は、里子の母親とけんかをやらかす。そこで問題となるのは常に食糧に関してのことだ。里子が市毛の家で一夜を過ごすときも、トマトが敷居を跨がせるきっかけになる。
 そんな里子の心を占めているのは、空襲警報で眠れぬ夜を過ごす怖さでもなければ、ひもじい思いでもなければ、国に尽くそうといった愛国心でもない。母とふたりで暮らす日々の侘しさなのだ。死の恐怖が差し迫っていない場合、生の味気なさのほうが際立つのだ。
 里子は19歳だ。誰かの結婚の話を聞かされて、「里子もそろそろだね」なんてことを言われるものの、実際にはそんな相手はいない。若い男は戦地に取られ、子供たちは疎開させられる。残ったのは女たちと老人と、徴兵検査で丙種とされた男ばかりなのだから(市毛も丙種のひとり)。里子はもどかしさを感じながら、畳の上をゴロゴロと転げ回る。満たされない何かが身をよじらせるわけで、周囲で唯一の壮年男性である市毛に里子が興味を抱くのも当然のこと。夏になればセミが鳴き出すのと同じように、生物として自然な成り行きということだろう。

『この国の空』 里子はもどかしさを抱えて転がる(これは2度目の転がり)。

 里子は戦況に無関心のようにも見える。叔母が空襲の惨劇を語っているときも、缶詰のパイナップルを丁寧に味わっているし、市毛が極秘情報として終戦が迫っていると告げるときも、食卓を片付けていて話を聞いていない。終戦になれば市毛の妻と子供が戻ってくるということもあって、単純に終戦を喜べないということはもちろんだろう。だがそれだけではなく、里子の態度には誰かが勝手に始めた戦争に対する“怒り”もあるのだと思う。
 市毛と里子が始めて唇と重ね合わせる場所には神社が選ばれていて、“天皇”という言葉がわざわざ第三者から持ち出されている。(*1)ここにはこの作品の製作陣の戦争に対する批判が見て取れるだろう(公式ホームページには、戦後批判」という言葉が示されていて、戦争責任の問題とも絡めている)。荒井晴彦が脚本を担当した『共喰い』では、原作にはなかった“あの人”という存在について登場人物に語らせている。“あの人”とは“昭和天皇”のことである。
 また、8月14日の夜に戦争が終わるらしいという情報が告げられても、それすらも誰かが勝手に終わらせたように里子には感じられているのだと思う。荒井晴彦脚本の『戦争と一人の女』では、終戦が決まったあとに、「日本中がやられるまでやめちゃダメだ」と泣き叫ぶ登場人物がいた。やめるんだったら何故もっと早くやめないのかというほうが本心であり、誰かが勝手に戦争を始めたり終わらせたりしているという感覚があるのだ(このことはもちろん戦争責任の問題につながっていく)。
 だからこそ里子の表情に迫っていくラストでは、その表情に強い意志と共に“怒り”が感じられた。エンドロールで朗読される茨木のり子の詩「わたしが一番きれいだったとき」も同様だ。「わたしが一番きれいだったとき」を蹂躙する権利なんか誰にもない。そんな里子の“怒り”がその詩にはたしかに表現されている。『共喰い』『戦争と一人の女』のような直接的な批判よりも、里子のごく個人的な感情のほうが私には滲みるものとして感じられた。

(*1) 市毛が里子に迫る場面の演出が笑いを誘うようなものだったのは、揶揄が交じったものなのか、単に失敗だったのかは私には測りかねた。

 里子を演じた二階堂ふみは後姿のヌードまで披露しているのだが、そんな娘を後押しする形になる母親(工藤夕貴)が夏の日差しを浴びる川辺で諸肌を脱ぐ場面では、腋の黒々とした様子が背中からでも窺えて、こちらも鮮烈な印象だった。
 加えて言えば、二階堂ふみは昭和の女に見えるのだが、いかんせん長谷川博己はコスプレのように見えてしまった。『進撃の巨人』のイカれた戦士シキシマとか、『ラブ&ピース』ではダメ男からロックスターまで違和感なくこなしていた長谷川博己だけれど、この作品の市毛には無理があったような……。

この国の空 [Blu-ray]


この国の空 [DVD]



この国の空 (新潮文庫)


おんなのことば (童話屋の詩文庫)



共喰い [DVD]


戦争と一人の女 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.08.09 Category: 日本映画 Comments (2) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:

-

Date2015.08.09 (日) 21:37:43

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Nick

Date2015.08.09 (日) 23:49:33

名前を間違えるなんて失礼なことをいたしました。
すみません。修正いたしました。

二階堂美穂(二階堂ミホ)さんは『トパーズ』とかに出ていた女優さんで、
『シンプル・メン』『トラスト・ミー』などを撮ったハル・ハートリー監督の奥さんでした。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>この国の空 from 象のロケット
1945(昭和20)年、東京・杉並区。 19歳の里子は、結核で父を亡くし母・蔦枝と2人暮らし。 ある日、庭に掘った防空壕が、雨で水浸しになってしまう。 すると、隣家の男・市毛が、うちの壕に入ればいいと声をかける。 38歳の市毛は銀行支店長で、妻子は田舎へ疎開し一人暮らしだった。 隣家として互いに助け合い、話をしたりするうちに、里子と市毛は想いを通じ合わせていく…。 戦争ヒューマンドラマ。 >READ

2015.08.13

>>『この国の空』 戦争中も女は女でなぜ悪い from サイの角のように 独りよがり映画論
 原作は高井有一の同名小説。監督・脚本には荒井晴彦。  出演は二階堂ふみ、長谷川博己など。ふたりは『地獄でなぜ悪い』でも共演している。    今日は首相の戦後70年の談話 ... >READ

2015.08.14

>>「この国の空」:戦時下の市井の人々と暮らし from 大江戸時夫の東京温度
映画『この国の空』は、昭和20年夏の杉並区の市井の人々と生活の丹念な描写で描き出 >READ

2015.08.18

>>この国の空 from 映画的・絵画的・音楽的
 『この国の空』をテアトル新宿で見ました。 (1)脚本家の荒井晴彦氏の監督作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和20年の東京・杉並(注2)。  雨が激しく降る音がし、またヴァイオリンの音が流れています。  次いで、雨が降ってい... >READ

2015.08.21

>>この国の空 from 映画好きパパの鑑賞日記
 「野火」で前線の兵隊、「日本のいちばん長い日」で国家の上層部を描いていますが、本作は銃後の名もない市民の物語。単に戦争の苦労を市民目線で描いた作品はこれまでもいっぱいありましたが、男女の情念を二階堂ふみの怪演でみせてくれ、十分堪能できました。  作品… >READ

2015.08.25

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR