『サンドラの週末』 とてもシンプルだけれど静かな感動が

 『ロゼッタ』『少年と自転車』などのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作。原題は「DEUX JOURS, UNE NUIT(2日と1夜)」
 タイトルロールのサンドラにはマリオン・コティヤール。サンドラの夫マニュにはダルデンヌ兄弟作品の常連ファブリツィオ・ロンジョーネ『息子のまなざし』などのオリヴィエ・グルメも顔を出す。

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督 『サンドラの週末』 マリオン・コティヤールはすっぴんでサンドラを演じる。


 体調不良で休職していたサンドラ(マリオン・コティヤール)は、週明けの月曜からの復職が決まっていた。しかし会社側は不況を理由に、サンドラが復職するとなると従業員のボーナスが払えなくなると言い出す。ボーナスを選ぶか、仲間の復職を選ぶか。会社側は従業員に対して二者択一の投票を求める。サンドラは週末に同僚たちに会い、「ボーナスをあきらめ、自分に投票してくれるように」と説得に回ることになる。

 『サンドラの週末』はとてもシンプルな物語だ。サンドラは月曜の投票までの「2日と1夜」の間に、16人の同僚のひとりひとりと接触を試みる。そして、ダルデンヌ兄弟の過去作品と同様に、カメラは主人公サンドラの姿を追い続けることになる。
 カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作『ロゼッタ』では、主人公ロゼッタはもっと図太いところがあったが、サンドラはとてもか弱い。突然の電話で投票のことを知らされると、「泣いちゃダメ」と自分に言い聞かせたりもする。ただサンドラには支えてくれる家族がいる(ロゼッタにはアル中の母親だけだった)。夫マニュはいつもサンドラを励まし、前を向かせ、一歩足を踏み出すための後押しをしている。加えてまだ幼いふたりの子供もいるわけで、いつまでも休職しているわけいかない理由もある。もちろん自分のためにボーナス断念を要求するのは気が引ける行動だが、サンドラにとってはこの戦いは前に進むために必要なものなのだ。

 サンドラは同僚のひとりひとりに会いに行くが、その対応は様々。事情を理解し同情はするものの、それぞれの事情もあって簡単にはボーナス1000ユーロ(約13万円)を放棄することはできない。なかには居留守を使う者もいるし、如実に嫌悪感を表す者もいる。それでも一部はサンドラに投票することを約束してくれる者も現れる。
 こうした同僚との接触というエピソードは、その後、何度も反復される。ダルデンヌ兄弟はそれぞれの交渉をワンカットで描いていく。同僚と顔を合わせ、なぜ会いに来たかを説明し、サンドラが自らの窮状を訴え、相手からの反応を得る。ときにそれは乱闘にも発展するのだけれど、ダルデンヌ兄弟のカメラはカットを割ることなく追い続けていく。
 観客はサンドラ訪問の理由を知っている。それでも、この作品ではサンドラが同僚にそれを説明する部分も省略することはない。状況が微妙に変化し、サンドラに味方する人も少しずつ増えてはいくものの、サンドラは繰り返し繰り返し「ボーナスをあきらめ、自分に投票してくれるように」と訴えていく。(*1)このあたりはシンプルで、単調さ厭わないその方法論に監督の強い意志を感じる。

(*1) 参考にさせていただいたこちらのブログによれば、サンドラと同僚との間で背景を変えるという細かい演出をしているようだ。下のスチールを参照するとよくわかる。

『サンドラの週末』 サンドラは同僚に会いにいき交渉する。

『サンドラの週末』 どちらの背景もサンドラと同僚とでは異なっている。なるほど!

 サンドラは鬱病だ。その病状はよくなっても、まだ薬を手放すことはできない。頻繁に仮眠をとるのも、喉が渇くために常にペットボトルの水を携帯しているのも、薬の副作用だろう。また、サンドラのベッドメイクを見ていると、とても几帳面な様子が窺える。自殺を図ったときも、大量に服用した薬のゴミを丁寧に箱に戻してからキャビネットにしまっている。そんな細部にもリアリティがあったと思う(几帳面な人は鬱病になりやすいらしい)。だから同僚の反応に激しく浮き沈みするのも、サンドラの病気のせいだと思えば理解しやすいし、唐突な自殺もわからなくはない(そのあと急に回復するのはどうかと思うけれど)。

 結局、サンドラは投票で過半数を取ることができない。しかし従業員内での不和を心配した社長は、サンドラに妥協案を提示する。サンドラを復帰させ、ボーナスも支給するが、代わりに短期契約の同僚を解雇するというのだ。サンドラとしては誰かを押しのけてまで復職するつもりはないわけで、その社長からの提案を断ってしまう。それでもサンドラは善戦したことを夫に伝えるとしっかりとした足取りで歩き出す。そんなラストには静かな感動があった。
 『ロゼッタ』では、ロゼッタは葛藤の末に友人リケ(『サンドラ』の夫マニュ役のファブリツィオ・ロンジョーネが演じている)を押しのけてその職を奪うわけだが、サンドラはそれをしない。前作『少年と自転車』でも希望に満ちたところがあったわけで、ダルデンヌ兄弟が厳しさを失ったように思えなくもないけれど、戦っているものが違うからだろうとも思う。
 ロゼッタはキャンピングカーでギリギリの生活をしていた。仕事を持つことがロゼッタの目標だった。一方、サンドラはそばには助けてくれる夫がいる。家賃は高いけれど、かつての公営住宅に戻ることはしたくないとも考えている。サンドラが戦っているのは鬱病という病のほうであり、復職へ向けての交渉は前に進むための試金石に過ぎないのだ。その戦いで善戦したサンドラは自信を取り戻しただろうし、鬱病が完治して元気を取り戻せば、ほかの仕事だってできる。まさに「元気があれば、何でもできる!(by アントニオ猪木)」わけだから……。

サンドラの週末 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.05.25 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (9)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>サンドラの週末 from 象のロケット
体調不良のためソーラーパネル工場を休職していた女性サンドラは、ようやく復職できることになった矢先の金曜日に、電話で解雇を言い渡されてしまう。 社長と交渉し、週明けの月曜日に16人の同僚たちによる投票を行い、1000ユーロ(約15万円)のボーナスを諦めてサンドラの復職を望む者が過半数を超えれば、仕事を続けられることになった。 まだ可能性はあると夫マニュに励まされ、サンドラは土日に同僚の家を訪ね... >READ

2015.05.26

>>「サンドラの週末」:今回は甘口のダルデンヌ兄弟 from 大江戸時夫の東京温度
映画『サンドラの週末』は、「辛く厳しい人生」がトレードマークと言えるダルデンヌ兄 >READ

2015.05.27

>>仲間かボーナスか、サンドラの運命 from 笑う社会人の生活
23日のことですが、映画「サンドラの週末」を鑑賞しました。 体調不良で休職していたサンドラは復帰のめどが立った矢先の金曜 ボーナス支給のため解雇通告される。 同僚の計らいで週明けに投票を行い、サンドラのためボーナス返上が半分以上ならクビは回避。週末 サンド... >READ

2015.05.30

>>『サンドラの週末』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「サンドラの週末」□監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ□脚本 ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ□キャスト マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジョーネ、        オリビエ・グルメ、モルガン・マリ... >READ

2015.06.12

>>サンドラの週末 from 映画好きパパの鑑賞日記
 社会の底辺の人々を描くダルデンヌ兄弟の監督作品に、トップスターの マリオン・コティヤールでは華やかすぎるのではと思いきや、オーラを完全に消し去って、サンドラになりきっていたのは見事。オスカー候補になるだけのことはあります。ただ、フランス映画特有の淡々と… >READ

2015.06.13

>>『Two Days, One Night』サンドラの週末 from キマグレなヒトリゴト
考えてみればエグい設定である。どっちを選択しても心残りは残る。まずはこんな選択を強いた会社側に大きな問題があり、そしてそれでもそんな会社で働き続けなければならないとい ... >READ

2015.07.13

>>『サンドラの週末』 世界がここに from 映画のブログ
 【ネタバレ注意】  私はできるだけ白紙の状態で映画を観たいので、紹介記事の類はあまり読まない。  だが、少しは情報がないと観るかどうかも決められないから、深入りしない程度に紹介記事を眺めることがある。  『サンドラの週末』は、主人公の置かれたシチュエーションを知るだけで衝撃を受けた作品だ。いったいどのように展開するのか、どんな結末が待ち受けるのか、是非とも確かめたいと思った。 ... >READ

2015.07.22

>>「サンドラの週末」 from ここなつ映画レビュー
ダルデンヌ兄弟監督作品。いつも思うのだが、彼らの作品は、社会の下層で生きる人々の事を描いている事が多いけれども、彼らを決して単なる弱者とは捉えていない。そして等しく善人ばかりが出てくる訳でもない。だがしかし、したたか一方かというとそうでもない。上昇、下降、一筋の希望。狡猾さ、躓き、諦観。無垢な魂、その場凌ぎの人生。純粋の仮面を被った愚かさの滲出、間違った方向へのファイト…。そして、常に息が詰... >READ

2015.08.04

>>サンドラの週末 from C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜
サンドラの週末 '14:ベルギー フランス イタリア ◆原題:DEUX JOURS, UNE NUIT ◆監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、 リュック・ダルデンヌ「少年と自転車」「ロルナの祈り」 ◆出演:マリオン・コティヤール、ファプリツィオ・ロンジョーネ、オリヴィエ・グル... >READ

2015.11.09

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR