『インヒアレント・ヴァイス』 監督PTA×原作ピンチョンのアメリカ史

 『マグノリア』『ブギーナイツ』ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作。
 原作はトマス・ピンチョン『LAヴァイス』で、ピンチョン作品の映画化は初めてとのこと。私自身は昔『スロー・ラーナー』という短編集だけは読んだが、“エントロピー”という言葉を知った以外はまったく記憶にない(そのくらいよくわからなかった)。

ポール・トーマス・アンダーソン 『インヒアレント・ヴァイス』 ホアキン・フェニックス演じるドックの風貌も70年代風。


 主人公の私立探偵ドック(ホアキン・フェニックス)の元にかつての女シャスタ(キャサリン・ウォーターストン)が訪ねてくる。シャスタはドックに助けを乞う。シャスタは愛人ミッキー・ウルフマンを誘拐するという陰謀に巻き込まれようとしているのだという。ドックは調査に乗り出すのだが……。

 一応は探偵ものの映画として進んでいくのだが、事件の全貌はまったくわからない。あやしい人物が登場しては去っていくのだが、謎は深まるばかりだし事件の解決もあやふやなままなのだ。
 同じく探偵ものの『ロング・グッバイ』(レイモンド・チャンドラー原作/ロバート・アルトマン監督)の物語の構造を、村上春樹「seek and find」だと要約していた。そして、「見つかったものは変質している」とも。
 一方で『インヒアレント・ヴァイス』では、ドックは何も見つけることができなかったし、世界自体も何も変わらない。すべてはマリファナで朦朧とした頭が生み出した幻覚だったように見えなくもない。シャスタはドックを事件に誘い込んだあとは失踪し、結局、何食わぬ顔で戻ってくる。ドックのしたことと言えば、事件の全貌のなかではごく小さなことだけなのだ(オーウェン・ウィルソン演じるコーイ・ハーリンゲンの家族を救っただけ)。

 音楽を担当しているのはジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)だが、不協和音を響かせていた『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ザ・マスター』の重厚な印象とは変わり、“グルービー”な70年代のポップスを選曲している(坂本九の「スキヤキ」なんかも登場する)。凍ったチョコバナナをしゃぶるビッグフット警部補(ジョシュ・ブローリン)とか、歯科医(マーティン・ショート)などコメディ的な要素も多いが、それが爆笑というよりもグダグダした感に終始するのはマリファナがダウナー系のドラッグだからなのだろう。



 時代は1970年代。この作品のエピローグでは「舗道の敷石の下はビーチ! (一九六八年五月、パリの落書きより)」という言葉が示されている。“革命”を目指した学生たちは権力に対して敷石をはがして投げつけたらしい。その下には“自由”な砂浜が広がっていると信じて。
 マリファナとかヒッピーみたいなカウンターカルチャーと呼ばれるものも、それまでの文化に代わる何かとして位置づけられていたということなのだろう(ドラッグによって「知覚の扉」が開かれるみたいなこと)。その後に生まれた者としては、政治的な状況を抜きにしたものとしてそれらの文化を受け取っているわけだけれど……。
 そんな意味でもこの作品は『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ザ・マスター』とは別のアメリカ史を描いているとも言える。不動産屋であるミッキー・ウルフマンが土地を買い占めると、その度にその土地を追われるネイティブ・アメリカンが存在する。麻薬組織を牛耳っていると思われる「黄金の牙」は、アメリカ近くの海に停泊する船として存在していて虎視眈々と何かを狙っている(『ザ・マスター』でも船は重要な要素だったと思う)。その一方でシャスタが“インヒアレント・ヴァイス”つまり「内在する欠陥」とされるのは、アメリカ内部にそうした欠陥が含まれているということなのだろう。
 ラストではドックとシャスタが車でどこかへと向かっている。ふたりの顔には時折やさしい光が射しこんでくるのだが、周囲の様子はまったく見えず彼らがどこに向かおうとしているのかは判然としない。ここにはその後のアメリカの姿を見て取ることができるのだろうと思う。

インヒアレント・ヴァイス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


インヒアレント・ヴァイス(字幕版)



LAヴァイス (Thomas Pynchon Complete Collection)


Ost: Inherent Vice


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2015.05.06 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>インヒアレント・ヴァイス from 象のロケット
アメリカ・ロサンゼルス。 私立探偵ドックのボロアパートに、元恋人のシャスタが現れた。 今は不動産王ウルフマンの愛人である彼女は、ウルフマンの妻とその愛人の悪だくみを暴いて欲しいとドックに懇願する。 ところが、調査に乗り出したドックは、いきなり殺人の疑いをかけられ、旧知の警部補ビッグフットの取り調べを受けるはめに。 そしてウルフマンとシャスタが失踪したことを知らされる…。 クライム・コメディ。 >READ

2015.05.11

>>PTAの確信的なヘンさ from 笑う社会人の生活
6日のことですが、映画「インヒアレント・ヴァイス」を鑑賞しました。 1970年代初頭のロサンゼルス マリファナ中毒のヒッピー探偵ドックの元に以前付き合っていたシャスタが訪ねてくる。 彼女が愛人をしている不動産王の悪だくみを暴いてほしいと依頼されたドックだっ... >READ

2015.05.19

>>映画:インヒアレント・ヴァイス Inherent Vice P.T.アンダーソンの新作は、徹底的に「感性系」「脱力糸」 from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
ポール・トーマス・アンダーソン監督の傑作、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 その年(2007年)の極私的映画ベスト10に入れた。 それまでの「マグノリア」「パンチドランク・ラブ」も良かったが、出来が頭抜けて良かったのだ! キリキリ迫ってくる演出の冴えに唸り... >READ

2015.05.20

>>インヒアレント・ヴァイス/INHERENT VICE from 我想一個人映画美的女人blog
INHERENT VICE=内在する欠陥。 アメリカの探偵小説作家トマス・ピンチョンの同名の小説(「LAヴァイス」)を映画化。 「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ザ・マスター」などの、ポール・トーマス・アンダーソン監督作。 全作品観てるけど相変わ... >READ

2015.08.28

>>インヒアレント・ヴァイス (Inherent Vice) from Subterranean サブタレイニアン
監督 ポール・トーマス・アンダーソン 主演 ホアキン・フェニックス 2014年 アメリカ映画 148分 サスペンス 採点★★★ 時代を象徴するもの、若しくは思い起こさせるものって人それぞれですよねぇ。音楽であったり映画であったり、その当時のTV番組や文化と様々。… >READ

2015.09.30

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR