『ファーナス/訣別の朝』 地味だがアメリカを感じさせる作品

 監督は『クレイジー・ハート』のスコット・クーパー
 出演陣はクリスチャン・ベイル、ケイシー・アフレック、ウディ・ハレルソン、ウィレム・デフォー、フォレスト・ウィテカー、ゾーイ・サルダナ、サム・シェパードとなかなか豪華である。
 製作にはレオナルド・ディカプリオや、リドリー・スコットも名前を連ねている。

スコット・クーパー監督作 『ファーナス/訣別の朝』 主演のクリスチャン・ベイル。今回は素の感じで出ている。


 舞台は溶鉱炉(ファーナス)が立ち並ぶ田舎町。そこで働くラッセル(クリスチャン・ベイル)は、イラク戦争から帰ってきた弟ロドニー(ケイシー・アフレック)のことを心配していた。ロドニーは戦争の傷が癒えず、地元のヤクザ者(ウィレム・デフォー)と付き合い借金を負い、賭けボクシングにのめりこんでいた。

 戦争帰りの兵士が社会に融けこめないといったテーマは、これまでにも多くの映画で描かれていて、私は『ディア・ハンター』を思い出した。『ディア・ハンター』ではクリストファー・ウォーケン演じるニックが戦争の傷により破滅していくことになるわけで、『ファーナス/訣別の朝』のロドニーもそうした位置にある。
 ラッセルはファーナスでの仕事を「生きるための仕事」だと語るのだが、ロドニーにはそれが受け入れられない(彼らの父親はその仕事で身体を壊したようだ)。ロドニーは国のためと思ってイラクで身を呈して戦ってきたのだろうが、戦場で見たのは若者たちが無残に死んでいく姿ばかりで、「何のための戦いなのか」という疑問は、社会に戻ってきてもロドニーを箍が外れたような存在にしてしまうのだ。

 ※ 以下、ネタバレもあり。

『ファーナス/訣別の朝』デグロートを演じたウディ・ハレルソン

 ラッセルたちの鹿狩りのシーンと、ロドニーたちがデグロート(ウディ・ハレルソン)のもとで賭けボクシングをするシーンは、交互に編集されている。ここで重ね合わせられているのは、鹿とロドニーだろう。獲物の鹿は肉となって吊るされ、ロドニーはデグロートに始末される。同じころ、鹿を射程圏内に捉えていたラッセルはなぜか撃つのをやめてしまう。これは鹿と重ね合わせられるラッセルに対する後ろめたさからだろうと思う(後ろめたさはラッセルが戦争の犠牲者だから)。
 この映画の時代背景はオバマ政権の前で、ブッシュ政権が起こしたイラク戦争の裏には石油利権が絡んでいるという噂は『ボーリング・フォー・コロンバイン』などにもあった。戦争で傷を負った兵士を食い物にするデクロートのような人物と、それを許せない人物。そんな対立の構図が見えるのだ。
 デグロートは「金と麻薬のためなら何でもやる」ような危険人物とされていて、これはもしかするとアメリカのある側面を象徴しているのかもしれない。戦争に若者を送り込んで、銃後で肥え太っているデグロートのような存在。ラッセルはデグロートを否定するわけだが、結局はロドニーのような犠牲のもとにアメリカは成り立っているのかもしれない(そういえばイエス・キリストの犠牲の話が教会で語られている)。ラッセルはデグロートを殺し復讐を果たすものの、そこにカタルシスなどあるわけもなく、疲弊感ばかりが募る。こんなラッセルの姿もまたアメリカの一側面なのかもしれない。

 交通事故のエピソードなど腑に落ちない部分も多いが、ウディ・ハレルソンとウィレム・デフォーの絡むあたりの危険な雰囲気はよかった(ウディ・ハレルソンが薬をきめてハイになっている場面は、「これからどんな大暴れが」と期待させたけれど意外に呆気なかった)。曇天ばかりの町の風景を捉えたカメラもよかったと思う(撮影はマサノブ・タカヤナギというから日本人なのだろう)。ただ、全体的にはとても地味な映画で、思い入れたっぷりに描かれるラストも予想通りに展開するばかりで驚きがあるわけではなかった。
 ラストのパール・ジャムの曲「Release」は、ヴォーカル・パートを新しく録音し直したということで、聴き応えがあった(冒頭で使われたアルバム・ヴァージョンとの違いは、正直わからなかったけれど)。アメリカを代表するバンドがラストを飾るという意味でもアメリカを感じさせる作品である。

ファーナス/訣別の朝 [Blu-ray]


ファーナス/訣別の朝 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2014.10.05 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ファーナス 訣別の朝 from 象のロケット
アメリカ・ペンシルベニア州ブラドック。 製鉄所で働く男ラッセル・ベイズは、恋人リナとの間も順調で、平穏な毎日を送っていた。 彼は、イラク戦争から帰還したばかりの弟ロドニーが、競馬で大きな借金をしていることを知る。 何とかしてやろうと思っていた矢先、ラッセルは交通事故を起こし刑務所に入ることになってしまう。 出所したラッセルを待っていたのは過酷な現実だった…。 クライム・ドラマ。 PG-12 >READ

2014.10.08

>>映画「ファーナス 決別の朝」抜け出せるか、決断の時 from soramove
映画「ファーナス 決別の朝)」★★★☆ クリスチャン・ベール、ウッディ・ハレルソン、 ケイシー・アフレック、フォレスト・ウィテカー、 ウィレム・デフォー出演 スコット・クーパー 監督、 116分 2014年9月27日日本公開 2013,日本,ポニーキャニオン (原題/原作:Out of the Furnace ) >READ

2014.10.09

>>ファーナス/訣別の朝 from とりあえず、コメントです
アメリカの厳しい現実の中で生きる人々の姿をクリスチャン・ベール主演で描いたクライムドラマです。 クリスチャン・ベールの出演だから重そうだなあと思いつつも、豪華キャストに惹かれて観てみました。 予想以上にずっしりと心に来る物語に、さすがは役者が集まってるものねと感じるような作品でした。 >READ

2014.10.15

>>「ファーナス〜訣別の朝〜」 from ここなつ映画レビュー
最近こういう作品ばかり観ているような気がするが…。リベンジ物。「アメリカン・サイコ」の頃から役柄へのアプローチに定評があるクリスチャン・ベールが久々に「普通の男」を演じるらしいというので鑑賞。だがしかし、本作ではケイシー・アフレックがすごくいい。すごく切ない。いつか何者かになりたくて、何者かになる術を知らず、何者にもなれずにその日暮らしをする青年。もっと違う環境で違う生活を送っていたら、こん... >READ

2014.12.02

>>映画『ファーナス/訣別の朝』を観て from kintyre's Diary 新館
14-77.ファーナス/訣別の朝■原題:Out Of The Furnace■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:116分■料金:1,000円■鑑賞日:10月1日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・脚本:スコット・クーパー□脚本:ブラッド・インゲルスビー◆クリスチャン・ベール◆... >READ

2014.12.21

>>その町で、 from 笑う社会人の生活
29日のことですが、映画「ファーナス 訣別の朝」を鑑賞しました。 溶鉱炉から絶えず白い煙がのぼる寂れた鉄鋼業の町ブラドックで育ったラッセルは製鉄所で勤務しながら高齢の父の世話をしている 一方、彼の弟ロドニーはイラク戦争のトラウマを抱えて鬱屈した日々を送って... >READ

2015.02.28

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR