FC2ブログ

『リグレッション』 なぜ、今、公開したんだろうか?

 『アザーズ』などのアレハンドロ・アメナーバル監督の2015年の作品。
 タイトルの「Regression」とは、「退行」などを意味する。

 事の発端は少女のレイプ事件。被害者のアンジェラ・グレイ(エマ・ワトソン)は父親ジョンのことを告発する。ジョンはそれを認めるものの、その記憶はないという。捜査に当たることになったブルース・ケナー(イーサン・ホーク)は心理学者(デヴィッド・シューリス)の助けを借り催眠療法によってジョンのことを調べる。そうした捜査の結果、浮かび上がってきたのが悪魔崇拝者たちによる恐ろしい儀式の存在。アンジェラはそうした儀式の一環で被害に遭い、その儀式によってはほかにも被害者が出ているのだという。そして、その儀式では子供の食べられたりもしているのだという……。
 そんな禍々しい展開をしていくのだが、実際に証拠として挙がってくるものは何もない。一体どういうことなのか?

 ※ 以下、ネタバレあり!!

アレハンドロ・アメナーバル 『リグレッション』 イーサン・ホークとエマ・ワトソンの共演作で話題になりそうなのだが……。


 最初の告発ではレイプされただけだったはずなのに、それがいつの間にか悪魔崇拝者の話になっていくのも不自然だったし、何より捜査官のブルースがなぜそれを信じてしまうのかがよくわからない。ブルースはアンジェラの声を聞きながら実際に悪魔崇拝者の儀式を目撃したかのような錯覚に陥ってしまい、自分も彼らに襲われるんじゃないかという妄想を抱くまでになってしまう。しかし、そのブルースの背景はいっさい描かれないものだから、なぜそんな過ちを犯すのかがよくわからないのだ。もしブルースが真相にたどり着くのであれば、彼の背景など描かなくてもよかったのかもしれないけれど……。
 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」と言うけれど、枯れ尾花(枯れたススキ)が幽霊に見えてしまうのは、見ている人が怖がっているからで、怖がってなければ幽霊など見えるわけもない。だとしたらブルースが怖がる理由があるはずと思うのだけれど、それが描かれないから最初から観客にとっても疑わしい話になってしまっていたと思う。オチがオチだけに、そこは失敗だったんじゃないだろうか。エマ・ワトソンみたいな少女が困っていたら心配にもなるだろうとは思うけど、それにしても……。
 イーサン・ホークエマ・ワトソンの共演というそれなりに話題になりそうな作品なのに、今まで公開されていなかったのも肯けるという気もする。
スポンサーサイト
Date: 2018.09.24 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『プーと大人になった僕』 「何もしない」ことの効用

 「くまのプーさん」とは、A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気アニメキャラクターのことだが、今回は初めての実写映画化。
 監督は『ワールド・ウォー Z』『主人公は僕だった』などのマーク・フォースター
 原題は「Christopher Robin」

マーク・フォースター 『プーと大人になった僕』 クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)とプー。赤い風船はプーが大切にしているもの。

 ディズニーのキャラの「くまのプーさん」は何となく知っていたけれど、そのほかはほとんど何も知らない状態での鑑賞。なぜプーさんの造形がぬいぐるみがそのまま動いているような映像となっているのかと疑問に思っていたのだけれど、もともとのA・A・ミルンの原作が、子供がぬいぐるみで遊んでいる様子から着想を得ているかららしい。ほかのキャラも同じようにぬいぐるみで、トラのティガーなんかは特に色褪せてしまっているのも実際のぬいぐるみに寄せているからなのだろうと思われる。
 今回の実写版『プーと大人になった僕』は、ぬいぐるみで遊んでいた子供だったクリストファー・ロビンが大人になってからの話。中間管理職として働いているクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、養うべき妻(ヘイリー・アトウェル)と娘(ブロンテ・カーマイケル)もおり、子供時代のころなどすっかり忘れてしまっている。会社では上司から仕事の改善案の提出をせっつかれ、娘と約束していた休日の予定もキャンセルするしかない忙しさで、ノスタルジックな想いに浸る余裕などまったくないからだ。

『プーと大人になった僕』 皺が多くなったなんて言われているユアン・マクレガーだが、笑顔を見せると『シャロウ・グレイブ』のころとあまり変わってないようにも感じられる。

 プーが大人になったクリストファー・ロビンのところへやってきて何をしてくれたかと言えば、はちみつをなめてあちこち家を破壊していっただけのようにも思えるのだけれど、その素朴な質問は大人となったクリストファー・ロビンには深く刺さるものがある。
 プーにとって大切なものは赤い風船だったけれど、クリストファー・ロビンにとっては仕事が大切。プーに「それは風船よりも大切?」と素直に訊かれると、クリストファー・ロビンは答えに窮してしまう。というのも、本来ならば家族を養うための仕事であったはずが、いつの間にか仕事のために家族が我慢するような状態になってしまっているから。
 のんびりしたプーは、かつて「100エーカーの森」で子供だったクリストファー・ロビンと一緒に遊んでいたときのまま。クリストファー・ロビンはそこを離れ、寄宿学校に行き、戦争に行き、会社で働くというように、歳を重ね成長していった。しかし、そのうちに大切なことを忘れてしまってもいたのだ。この作品でプーが教えてくれる大切なこととは、「何もしない」ことがいいことにつながるということ。
 でも改めて振り返ってみれば、これは子供時代のクリストファー・ロビンがプーに教えていたことでもあったのだ。クリストファー・ロビンはいつの間にかにそれを忘れ、再会したプーによって改めてそれを学ぶことになる。
 職場の上司は「何もしないこと」は座して死を待つことにつながると言っていたわけだけれど、この作品ではちょっと立ち止まることで価値の転倒をも生み出すことになっている。たまにはのんびりしてみることもいいことなのかもしれない。プーと仲間のぬいぐるみたちとの世界にほんわかとさせられると、そんな気持ちにもなってくる。
Date: 2018.09.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『判決、ふたつの希望』 外面は地味だが中身はエンタメ?

 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたレバノン映画。
 監督・脚本はジアド・ドゥエイリ。この人はタランティーノ監督作品のアシスタントとして参加していたこともあるとのことで、この作品は長編第4作。
 原題は「The Insult」で、「侮辱」という意味。

ジアド・ドゥエイリ 『判決、ふたつの希望』 左側がパレスチナ人のヤーセル(カメル・エル・バシャ)、右側がレバノン人のトニー(アデル・カラム)。

 ささいな口論が裁判に発展し、周囲の人々を巻き込みつつ、宗教や民族間の対立まで煽るような事態となっていくという法廷劇。舞台となるのはレバノンの首都ベイルートで、そこに住むトニー(アデル・カラム)はアパートの改修工事にやってきたパレスチナ人のヤーセル(カメル・エル・バシャ)に対してひどい態度を示し、それがヤーセルの暴言を引き出すことに……。

 整理しておくと、トニーはレバノン人でキリスト教徒。しかも愛国的な政党を支持する右寄りの男。そして暴言を吐いてしまったパレスチナ人のヤーセルはイスラム教徒で、レバノンでは難民として不法就労している。
 トラブルを迅速に収めようという上司の申し出で、ヤーセルはトニーに対して謝罪に出向くのだけれど、ヤーセルはトニーの発したある言葉に怒り出し、謝罪に来たのも忘れてトニーを殴ってケガを負わせてしまう。
 その言葉は「シャロンに抹殺されてればな」というもの。中東の政治状況について不案内な私のような観客にとってはわかりにくいのだけれど、シャロンというのはレバノンの隣国イスラエルの首相だった人。パレスチナ難民にとってシャロンは、自分たちが難民となる原因をつくった憎き相手ということになる。だからトニーの言葉は、「お前らなんか、あの時、殺されてればよかったのに」という願望であって、すべてを失って難民となって隣国レバノンへと逃げなければならなかったパレスチナ人にとっては傷口に塩を塗られるようなもので、侮辱以外の何ものでもないということになる。

『判決、ふたつの希望』 ふたりが外野の取り巻きを離れて顔を合わせる印象的な場面。

 裁判が始まると事はどんどん大きくなっていく。控訴審となり互いに弁護人がつくようになると、もはやトニーとヤーセルだけの話ではなくなっていく。互いの弁護士はなぜか親子で、その親子対立まで持ち込んでいるし、周囲はふたりの裁判を民族や宗教の対立の表れとして見ることになる。そうなるとメディアも動き出し、政治的な問題も絡んできて、もともとのふたりのいざこざはほとんど蚊帳の外のような状態にもなってくる。きっかけはトニーがヤーセルから謝罪を求めただけだったのに……。
 最初の印象ではトニーの態度は不遜なものにも感じられる。ヤーセルは仕事としてトニーの家を修繕しようとしただけだからだ。確かに謝罪するのを嫌がるヤーセルも頑固ではあるけれど、トニーの態度がそもそもの原因だったんじゃないか。そんな気持ちにもなるのだけれど、裁判の過程で明らかになるのはトニーのほうにも言い分があるということなのだ。
 レバノンは1975年から1990年まで内戦が続いていたとのことで、トニーは1976年の「ダムールの虐殺」により故郷を追われてベイルートに移り住んできたのだ。そうした内戦のきっかけとなっているのがパレスチナ難民だという意識からか、トニーは難民に対してはじめから快く思ってなかったのだ。だからこそヤーセルが改修工事でトニーの家に現れたとき、ヤーセルに対してつっかかるような態度をしてしまうことになったわけだ。

 ジアド・ドゥエイリ監督は、レバノンで今も弁護士をしている母親の影響もあってこの作品の脚本を書いたとのこと。そして「正義(ジャスティス)というのは人それぞれにあるが、公正(フェア)は揺るがし難い。不公平を正したいというのが弁護士としての母の信念だった」とインタビューで語っている(こちらのサイトを参照)。
 トニーにとっての正義もあるし、ヤーセルにとっての正義もある。というか、どちらも悪い人間ではない。劇中、ふたりが外部の人のいない場所で顔を合わせる場面がある。ここではヤーセルの車の調子が悪くなったのを見て、自動車修理業を営むトニーが手を貸してやる。個々の人間同士では対立することもないのだ。ただ、レバノンという国の歴史には個人を飲み込む様々な対立が存在し、それから自由になることも難しい個々人も対立してしまう場合もあるということだろう。
 ヤーセルもまた正義漢であるのは、トニー殴打のきっかけとなった言葉に関しては第一審では語ろうとしなかったことでも明らかだし、最後の彼の謝罪の仕方にも表れている。ヤーセルは自分がトニーを殴ってしまったことは悪いことだと認めている。単に謝罪するだけでは、トニーの殴られ損ということになってしまう。それを見越して、悪態を吐いてトニーに自分を殴らせてから謝罪するという念の入ったやり方も、ヤーセルなりの落とし前のつけ方で、ここには彼なりのフェアというものが表れているのだろう。

 判決は一応最後に出ることになるけれど、すでにふたりのなかでの決着はついている。ただ、その過程で忘れ去っていたことが明らかになり、互いにそれぞれの抱える傷を多少なりとも理解したということはケガの功名というものだろう。
 役者たちの演技は抑制されているけれど、裁判の矢継ぎ早の展開とか劇伴の盛り上げ方なんかはハリウッド的なエンターテインメントのようにすら思える。最後のトニーとヤーセルの表情にも希望を感じさせるものがあり、カタルシスすら感じさせる作品となっていたと思う。
Date: 2018.09.02 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『若い女』 “野生の小猿”を飼い馴らすのは難しそう

 レオノール・セライユ監督の長編デビュー作。
 カンヌ国際映画祭ではカメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した。

レオノール・セライユ 『若い女』 レティシア・ドッシュ演じるポーラ。この場面はバイトの面接であり、これはよそ行きの表情である。
 
 冒頭、ものすごい勢いでドアを叩く女性の姿に驚かされるのだけれど、これが本作の主人公である。家から閉め出されたポーラ(レティシア・ドッシュ)は、近所迷惑もなんのそのとばかりにデカイ声を張り上げ、ドアに頭を打ちつけてケガまでし、挙句の果てに疲れ果ててドアの前で寝てしまう。
 31歳になるというポーラは、恋人のジョアキム(グレゴワール・モンサンジョン)が評するには“野生の小猿”みたいな女性。作品のタイトルでは“若い女”を謳っているけれど、これはもちろんアイロニーである。そんなポーラは10年も付き合ったジョアキムから突然棄てられ、パリの街を彷徨うことになる。
 行くあてもなく友人のマンションに転がりこんだものの連れていたネコのせいで拒絶され、眠る場所すらなく仮装パーティーに忍び込んで夜を明かす。その後もポーラの行動は行き当たりばったりだ。地下鉄で幼なじみと勘違いして声をかけてきた女性に対しては、幼なじみのフリをして泊めてもらったりして何とか日々を過ごしていく。

『若い女』 ポーラは家を追い出され、ネコと共にパリを彷徨う。頭には傷があるし、ニンジン色のコートは病院で拾ったものである。

 この作品がちょっと変わっているのはパリという街が特別なものではないところだろうか。パリでの生活は特に女性にとっては憧れの的だったんじゃないかと思うのだけれど、本作ではパリを謳歌しているような登場人物が出てこないのだ。
 ポーラは「パリが人間を嫌いなのよ」とまで言うし、バイト先の同僚の黒人男性ウスマン(スレマン・セイ・ンジャイェ)はパリのいいところを「隠れられるところ」だと言っている(不法移民として働いているわけではないと思うのだけれど)。この作品のパリはおしゃれで夢や希望にあふれた街という感覚ではないのだ。それでもポーラはそんな状況に暗くなるわけでもなく、何となく無軌道で能天気に生きていく。

 ポーラが“野生の小猿”と呼ばれ予測不能で扱いに困る女だったのと同様に、この作品自体も何とも評価に困るような気もする。エピソードの連なりがとっちらかっていて、どこへ向かうのかつかめないのだ。個人的には疎遠な母親とのエピソードなんかは、作品内のどこに位置付けるべきなのかよくわからなかった。ただ、予定調和とは違うところが新鮮とも言えるかもしれない。
 とりあえず言えるのは、ポーラを演じたレティシア・ドッシュがおもしろい女優さんだったということだろうか。ほとんどの場面で病気すれすれといった感じのイタい女を演じているのだけれど、急に麗しい女性に見える瞬間もある(一応は恋人のカメラマンの被写体ともなっているという設定)。それでも次の瞬間にはコメディエンヌに戻ってしまうのだけれど、表情がくるくる変わって捉えどころがないのだ。
 本作はレオノール・セライユ監督以下スタッフのほとんどが女性だったとのこと。だからかどうかわからないけれど、ポーラの行動や振舞いは男に媚びようといった意識がまったくない。ポーラの最後の決断もそれを明確に示していたし、観客の期待するモラルなんかからも自由だったという気もする。その点では潔さを感じた。
Date: 2018.08.31 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『追想』 甘美な後悔?

 原作はイアン・マキューアンの小説「On Chesil Beach」で、脚本もイアン・マキューアン自身が担当している。
 監督はテレビなどで活躍しているというドミニク・クック
 主役はイアン・マキューアンの『つぐない』でアカデミー助演女優賞にノミネートされて有名になったシアーシャ・ローナン

ドミニク・クック 『追想』 新婦フローレンス(シアーシャ・ローナン)は初夜にも関わらずどこか浮かない表情を浮かべている。

 この作品の原題は「On Chesil Beach」だが、日本で翻訳された小説のタイトルは『初夜』となっている。チェジル・ビーチという風光明媚な場所で初夜を迎える新婚夫婦の物語ということになる。
 大方の新婚夫婦にとっては初夜というのは幸福の絶頂のようなものなんじゃなかろうかと推測するのだけれど、この作品の主人公である新婦フローレンス(シアーシャ・ローナン)にとってはそうではないらしい。新郎のエドワード(ビリー・ハウル)がそわそわしている風なのは、その夜のことに期待をしながらもそれをどのように進めていったらいいかわからないといった他愛ない心配だが、フローレンスのほうはもっと深刻なようで、新郎に見せる笑顔の合間に眉にしわを寄せて考え込んしまう瞬間がある。
 そして、この映画のタイトルが『追想』となっているのは、初夜を迎えたふたりの過去が回想シーンとして挟み込まれていくからだろう。回想シーンは観客に対して「ふたりのなれそめ」や「人となり」を示すために必要なものだけれど、それ以上にふたりの初夜はぐずぐずしていて遅々として進まない。というのもフローレンスのほうはベッドに行くことを先延ばしにしようとしているようでもあるのだ。それは一体なぜなのか?

 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末にも触れているので要注意!!

『追想』 フローレンス(シアーシャ・ローナン)とエドワード(ビリー・ハウル)のふたり。回想シーンで描かれるふたりは幸福感に満ちている。エドワードの母親とフローレンスのエピソードは、フローレンスが得難い女性だということを示していたのだが……。

◆ふたりの初夜の顛末とその後
 結末から言ってしまえば、ふたりの初めてのセックスは大失敗に終わり、ふたりは結婚してわずか半日も経たずに別れることになってしまう。フローレンスには幼少期に父親との間で何らかの性的虐待めいたことがあったことを仄めかす描写もあり、彼女はセックスというものに対して嫌悪感を抱いていたのだ。だから初夜の営みにおいてそれを隠し通すことが出来ず、エドワードを置いたままベッドから逃げ出してしまったのだ。エドワードはそのことを許すことができず、チェジル・ビーチでの長い長い対話(というか言い争い)を経て、ふたりは決裂することになる。
 多分、公平に見れば、どちらにも非があるということになる。フローレンスは自分の性に対する嫌悪感をあらかじめ相手に知らせておくべきだっただろうし、エドワードはたった1回の失敗で相手を拒否するのではなく、もっと時間をかけて相手と向き合うべきだっただろう。
 しかしエドワードがそのことを理解するのは後になってからで、『追想』はその後の話へと移っていく(ここからはエドワードだけの視点となる)。エドワードはフローレンスと別れて別の人生を歩むことになるけれど、折に触れてフローレンスのことを知る機会がある。エドワードはその後のフローレンスを知ることで、自分のあの時の行動が間違っていたことを痛感することになる。セックスに対する嫌悪感を示したフローレンスだが、その後には子宝にも恵まれ、夢だったバイオリニストとしての成功も勝ち取っているのだ。
 そして、最後には老境にあるエドワードはフローレンスの最後のステージへと駆けつけ、かつて約束していたように観客席の真ん中に陣取って「ブラボー」という声をあげることになる。

◆甘美な後悔?
 このときのエドワードの表情にはどこか甘美なものがある。さらに、映画のラストでは初夜の日のふたりの別れのシーンが追想されることになる。ここではチェジル・ビーチでのふたりの別れがロングショットで捉えられていくのだけれど、ゆっくりと歩き去ろうとするフローレンスに対して、エドワードはただじっとしたまま動かない。そしてフローレンスはスクリーンの外へと消えていく。あの時、エドワードはフローレンスを止めるべきだった。それによってすべてが変わったのかもしれないのだ。
 このラストシーンはエドワードにとって後悔以外の何ものでもないはずだ。それでもその別れのシーンがエドワードの甘美な表情と共に追想されるのはなぜなのか?
 エドワードの心のなかを慮れば、こんなことが言えるかもしれない。もしあの時フローレンスを呼び止めてさえいれば、成功を手にしたフローレンスの傍にいるのはエドワードであり、フローレンスに支えられることで彼自身もさらに充実した人生を歩んでいたかもしれない。
 これはもちろん夢想にすぎないのだけれど、エドワードはフローレンスに向かって拍手を贈りながら、そんな夢想すら抱いているようにも感じられるのだ。だからこそ後悔そのものの瞬間であると同時に甘美なものでもあるラストとなったのだ。
 たとえフローレンスを呼び止めたとしても、フローレンスのセックスに対する嫌悪感はすぐに消えるわけではなく、短気なところのあるエドワードは再び同じ失敗を繰り返すことになるだけだったのかもしれないのに……。ただ、現実ではエドワードはフローレンスを呼び止めることはなかった。しかし、そのやらなかったことに別の可能性が残っていたかのように錯覚することで、エドワードは自己憐憫と共に甘美な思いに浸ることもできるのだ。

 ちなみに映画を観た後に原作『初夜』のほうも読んでみたのだけれど、原作のほうにはエドワードがフローレンスの最後のステージへ駆けつける場面はない。老境のエドワードは過去を追想するなかで、「なにもしないことによって、人生の流れがすっかり変わってしまうことがあるということである」と幾分冷静に分析している。ここにあるのはほとんど後悔ばかりということになるわけだけれど、原作者で映画版の脚本も書いたイアン・マーキュアンは、映画には別のラストを用意していたということになる。それが映画で描かれたような“甘美な後悔”とでもいうようなラストだったんじゃないだろうか。

 最後に付け足しておくと、初夜の日の時代設定は1962年となっていて、その後に物語は一気に10年後まで飛ぶ。62年のChuck Berryに対して、10年後のT. Rexで一気に時代が変わった印象を演出している。
 エドワードの服装も62年ではツイードのジャケットなんかを着ていたのに、10年後には髪も伸びてヒッピー風になっている。「性の解放」なんかが叫ばれたのは60年代末だったということらしく、それ以前はイギリスでも保守的な若者が多かったということらしい。フローレンスが何も言い出せずに初夜を迎えてしまったのには、性に関する話題もあまり氾濫していなかったような時代背景もあったということなのだ。

初夜 (新潮クレスト・ブックス)


つぐない [Blu-ray]


Date: 2018.08.26 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR