『ダンケルク』 陸海空のすべての戦いを体験する

 『ダークナイト』『インターステラー』などのクリストファー・ノーランの最新作。
 イギリスでは誰もが知っているという「ダンケルクの戦い」という実話の映画化。「ダンケルクの戦い」というのは実は撤退戦で、第二次大戦中の1940年にフランスのダンケルクに追い込まれたイギリス兵たちの負け戦を描いている。

クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』 主役のひとりトミーを演じたフィン・ホワイトヘッドは新人だとか。

 『ダンケルク』は3つのパートに分かれている。ダンケルクの浜辺で救出を待つ40万人のイギリス兵たちのパート。ここでは船に乗るために四苦八苦するトミー(フィン・ホワイトヘッド)が視点となって描かれていく。次にそれを救出に向かう民間人である小型船所有者のドーソン(マーク・ライランス)とその同行者たちのパート。そして、空でドイツ軍を迎え撃つ空軍パイロット・ファリア(トム・ハーディ)のパート。
 陸海空のすべての戦いが同時に進行していくのだが、実はタイムスパンはまったく異なる。陸では1カ月が経過するのだが、海では1週間、そして空は1時間という短い時間となる。だから場面が変わると昼の場面から夜の場面へと一気に時空を越えたりもするし、それぞれのパートの視点で同じ場面が繰り返されるために時間が遡ったりするように感じられる部分もある。たとえばファリアが空から見ていた沈没船の場面は、その後に海のパートでなぜ沈没するに到ったかという点が詳しく描写されることになり、最終的にはそれぞれのパートが交じり合って撤退戦の成功を導くことになる。

『ダンケルク』 船を待つイギリス兵たち。固まっているところを空から狙い撃ちされる場面が恐ろしい。

 冒頭で閑散とした街を逃げ回っていたトミーがドイツ軍の攻撃を受ける場面でも、ドイツ軍の姿は一切見えない。カメラは徹底的にイギリス軍の側に留まり、観客もイギリス軍の立場からこの戦いを体験していくことになる。散発的な銃撃も、不気味な音と共に出現する空から攻撃も唐突で、追いつめられたままダンケルクの浜辺に篭城する形になったイギリス側は為す術もない。
 この作品ではほとんど物語の起承転結といったものは放棄されている。浜辺に足止めされたイギリス兵たちは生き延びることだけが目標となっていて、そのためか説明的な台詞も排除されている。トミーは生き延びるために負傷兵を運んで救助船に乗り込もうとし、フランス兵なのにイギリス兵の軍服を着て紛れ込もうとするギブソン(アナイリン・バーナード)についても、その行動についての説明などない。ただ誰もが生き延びるためだけに行動しているから説明など不要なのだ。だから観客もそうした兵士と一緒になって地獄のような世界を連れまわされることになる。冒頭からハンス・ジマーの時計の音をモチーフにした音楽が響き不安感を煽り続けることになるのだが、その音が止まった瞬間の静けさが安堵を誘う。

 蓮實重彦クリストファー・ノーランのことをどこかで「アイディアの人」と言っていた。確かに『メメント』の時間軸の操作は革新的なアイディアだったと思う。それと比較すればこの作品の時間軸の操作は目新しいとは言えないだろう。ただ、イギリス以外ではあまり知られていない「ダンケルクの戦い」を効率よく世界中の観客に体験させるための工夫としてははまっていたかもしれない。
 アイディアの面では特出していなくても、リアル志向のほうでは特出している。スピットファイアーという戦闘機も本物を使用しているらしく、ミリタリーマニアなんかが見れば垂涎ものらしい。スピットファイアーだろうが零戦だろうか飛行機としか判別できない私のようなミリタリーオンチには猫に小判みたいなものなのかもしれないけれど、それでも何かしらのリアリティは伝わっているはず。CGで塗りこめたような映像を見たいとは思わないので、リアル志向は今後も維持していってもらいたい。というかリアル志向はほとんどノーランの意地みたいなものすら感じるほどの徹底ぶりなので、こちらが心配することもないと思うけれど……。

メメント [Blu-ray]


メメント [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2017.09.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (12)

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 韓国発ゾンビ映画に震撼せん

 監督のヨン・サンホはアニメ畑の人らしいのだが、今回が初の実写作品。
 9月30日からはこの作品の前日譚となるアニメ作品『ソウル・ステーション パンデミック』も公開されるとのこと。
 評判の悪い邦題はダジャレだが、原題は「Train to Busan(釜山行き)」というもの。
 主演には『トガニ』『男と女』などのコン・ユ。共演にはやはり『トガニ』に出ていたチョン・ユミ。そのほかでは身体を張った闘いを見せることになるマ・ドンソク『殺されたミンジュ』など)がいい味を出している。前にもプロレスラーの川田利明に似ていると書いたけれど、マ・ドンソク自身もボディビルをやっていた人らしく、道理でガタイがいいわけである。

ヨン・サンホ 『新感染 ファイナル・エクスプレス』 列車を舞台にしたゾンビ映画!

 釜山へと向かう超特急列車のなかにゾンビが入り込み、密室となる列車のなかでゾンビが増殖していくというパニックムービー。たった一人の感染者からゾンビがゾンビを生むという事態となり、密室空間である列車のなかは壮絶な様相を呈することになる。この作品のゾンビたちはスピードがあり、ほとんど人間と変わらぬ全速力で襲ってくる。人間たちも必死になって逃げようとはするものの、ほとんど逃げ場がないのが恐ろしいところ。
 ただ、列車は車両ごとに区切ることができるからゾンビと人間はつかの間住み分けることができるし、トンネルに入って暗闇が支配すると、ゾンビは見えないものの存在をすっかり忘れてしまうらしく、しばらくは安全地帯となる。
 同じ韓国映画の『スノーピアサー』はゾンビは出てこないけれど列車という空間を階級社会に見立てた作品となっていて、生きるために敵のなかを突き進まなければならないところが似ている。『新感染 ファイナル・エクスプレス』は列車という密室をうまく使ってハラハラドキドキを最後まで持続させていく。
 しかもこの作品では銃が活躍する場面がない。昨年評判のよかった日本のゾンビ映画『アイアムアヒーロー』では、趣味が射撃という無理な設定をしてまで主人公に銃を持たせていた。というのも銃がなければゾンビを止める手段がないからだろう。『新感染』では野球部の青年はバットを使ったりもするけれど、ほとんど徒手空拳でゾンビたちを相手にしなければならないわけで絶望的な状況が続いていくことになる。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 身重の妻のために身体を張るサンファ(マ・ドンソク)。その後ろには主人公ソグ(コン・ユ)も。

 監督のヨン・サンホ「『ザ・ロード』のような、滅亡していく世界での中での親子の関係を描きたい」と語っているように、この作品はゾンビ映画でありながら父と娘の関係を描く感動作ともなっている。
 主人公のファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)は生き馬の目を抜くような業界で生きているからか、自分のことだけしか考えない。密室でのゾンビ発生という極限状態のなかでも他人に気づかいを見せる娘スアン(キム・スアン)には、人を蹴落としてでも生き延びることを教えようとするソグだったのだが、ゾンビと闘ううちにソグ自身が娘のため人のために生きることを学んでいくことになる。
 ラストでスアンが父のために覚えた歌を披露することになるのは、この壮絶な旅路で父親の存在をしっかりと確認することができたからだろう。まさかゾンビ映画で泣けるとは思っていなかったけれど感動的なラストだった。

 町山智浩によれば、ソウルを制圧したゾンビ軍が釜山へと押し寄せていく本作は「朝鮮戦争勃発時の北朝鮮軍の侵略の悪夢をベースにして」いるとのこと。また、車両のドアひとつで人間とゾンビとに分断され、反対側に生き別れた家族の姿を見つけるという場面あたりにも、韓国の政治状況なんかが垣間見えるのかもしれない。
 とはいえそんなことは考えなくても抜群のエンターテインメント作となっているのは間違いない。走り出した列車に上に架かる駅舎からゾンビたちがボロボロと落下して襲いかかってくるとか、笑ってしまうほどのゾンビの大群とか、ひたすらに憎たらしいバス会社の重役とか、描写も極端なほどに徹底している。追われる側の人間たちの絶望的状況たるも凄まじいもので、韓国映画のエネルギッシュなところがいい方に作用して見どころ満載の作品となっていたと思う。

アイアムアヒーロー


Date: 2017.09.07 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『エル ELLE』 一筋縄ではいかない感じ

 『ロボ・コップ』などのポール・ヴァーホーヴェン監督の最新作。
 原作は『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の原作者でもあるフィリップ・ディジャンの小説『oh...』。
 第74回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞と最優秀外国語映画賞を受賞した作品。

ポール・ヴァーホーヴェン 『エル ELLE』 ミシェルを演じるイザベル・ユペールはアカデミー賞の主演女優賞にもノミネートされた。

 冒頭、ミシェル(イザベル・ユペール)が侵入してきたマスク姿の男に自宅でレイプされたことが示される。驚くのはその後のミシェルの行動で、彼女はレイプされた女性がするであろうと思われるごく普通の反応を見せることがない。泣きながらシャワーと浴びたりもしないし、助けを呼んだり警察に訴えたりもしない。それどころか出前で寿司を注文し、息子と一緒に何事もなかったような顔をして食べているのだ(しかもハマチを追加注文している)。
 ミシェルは子供のころに父親が大量殺人を犯して逮捕されたこともあり、犯罪者の娘として世間から冷たい目で見られてきたようだ。街の喫茶店では見知らぬ女性から残飯をぶちまけられるというひどい目に遭ったりもするのだが、ミシェルは泣き喚いたり怒りを露わにしたりはしない。
 もちろんレイプに関してはミシェルにとって好ましくない事態であるわけで、その後防犯対策を練ったり、病気に関して調べたりもする。ただ、それがトラウマになっているのかどうかはよくわからない。レイプの場面がフラッシュバックとして蘇るシーンが二度あるのだけれど、二度目ではレイプ犯に逆襲することを夢想してにんまりと微笑んだりもするのだ。トラウマの回帰というよりは、復讐を楽しみにしているかのようにすら見えるのだ。

『エル ELLE』 親切な隣人の男性と暴風対策をするミシェル。

 今までも色々と物議を醸し出す映画を撮ってきたポール・ヴァーホーヴェン。この作品のミシェルの行動原理も常人の観客としてはわかりかねるところもあった。人間は誰しも類型的なキャラとして描けるようなものではないのだろうけれど、それにしても……。
 たとえばレイプされる女主人公はヴァーホーヴェンの1985年の作品『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』にも登場する(この作品は昨年のベスト10にも入れたかったくらい)。ここでは女主人公はレイプの張本人である無法者の男に色目を使うことで生きていく。彼女の行動原理は無法地帯で生き延びていくということだから、その行動は理解できないものではないのだが、それに対して『エル ELLE』の主人公ミシェルの行動原理は複雑すぎてよくわからないのだ。
 ミシェルはゲーム会社の社長であり、そこで製作しているゲームは、女主人公がモンスターと闘いながらも最後は光の戦士として復活を遂げるという物語となっていた。多分、この作品自体もそうした展開をしていくことになるのだけれど、ヴァーホーヴェンの描き方はどこまでも曖昧で様々な解釈の仕方がされそうだ。
 この作品の感想なりレビューなりを読んでいると、人によって見方がかなり違う。ミシェルは「強い女性である」と語る人もいれば、ミシェルは「強い女性というわけではなく……」と論を進める人もいる。ラストも「復讐が成し遂げられた」とする人もいれば、普通のレイプものとは違って「復讐を目指したものではない」と語る人もいる。私はと言えば、たまたま偶然にそうなってしまったとしか思えなかった。ミッシェルはそこまで策を弄してラストの出来事を導いたということなのだろうか?
 ミシェルは嘘をやめると宣言していた。最後にミッシェルと会話を交わすことになるレイプ犯の妻は、レイプでしか感じない旦那の性的嗜好を知っていながらも、それを許していたらしい。レイプ犯の妻は敬虔なキリスト教徒であり、熱心に巡礼の旅に向かったりもする人物である。こんなふうに世の中が嘘だらけなわけで、そのなかで闘うためには正当な方法では無理だろう。だからこそあんな方法が選択されたということなのかもしれないのだが、なかなか一筋縄ではいかない作品だったと思う。

 この作品は最初アメリカで製作しようとしていたものの、題材が題材だけに軒並み女優陣に断られて企画倒れになったらしい。オファーを受けてくれる可能性がある女優としてヴァーホーヴェンが名前を挙げていたのが『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』の主演女優であるジェニファー・ジェイソン・リーだったのだが、「知名度の不足から起用に至らなかった」のだとか(ウィキペディア調べ)。ジェニファー・ジェイソン・リーがやったとすればもっと勝ち気な主人公になって複雑さは感じられなかったかもしれない。イザベル・ユペールのミシュルは超然とした態度がかえっておかしみを感じさせるものとなっていて絶妙だった。

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣[Blu-ray]


グレート・ウォリアーズ/欲望の剣 [DVD]


Date: 2017.09.02 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『パターソン』 a-ha?

 監督・脚本は『ストレンジャー・ザン・パラダイス』などのジム・ジャームッシュ
 ゲスト的な出演だけれど「a-ha?」というよくわからない相槌でおいしいところを持っていくのは、『ミステリー・トレイン』以来のジャームッシュ作品出演となる永瀬正敏

ジム・ ジャームッシュ 『パターソン』 変わらぬ朝の風景から1日が始まる。主人公には話題作に引っ張りだこのアダム・ドライバー。奥さん役は『彼女が消えた浜辺』のゴルシフテ・ファラハニ。

 舞台はニュージャージー州パターソン。その町と同じ名前の主人公パターソン(アダム・ドライバー)はバスのドライバーをしている。この作品は彼のなんてことのない一週間を描いていく。
 妻のローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)がまだ寝ているうちに仕事へと出かけていくパターソン。バスのなかで出発を待つ合間にはノートに詩をしたためる。同僚がいつものように出発時間を知らせると、それを合図に町へとバスを走らせ、仕事が終われば妻の待つ家へ歩いて帰る。夕食後は愛犬と共に散歩へと出かけ、バーでビールを一杯だけ傾ける。そうした平凡な日々の繰り返しだ。なぜか双子が何組も出てきたり、あちこちに詩人が登場したりもするけれど、他愛ないエピソードばかりなのだ。
 ただ、そうした単調な日々も決して退屈なものではない。彼はバス・ドライバーであると同時に詩人であり、日常のなかの何気ない物事を詩に謳い上げる。お気に入りのマッチ箱ですら、彼にとっては詩の題材になってしまうのだ。
 日々を楽しむ点では妻のローラも負けていない。ローラは専業主婦なのかもしれないのだけれど、毎日部屋の模様替えやらファッションやら何かしらアーティスティックな活動をしている。突然の思い付きでギターを旦那にねだったりするのは調子がいいのだけれど、パターソンはそんな奥さんのことが愛おしいらしい。

『パターソン』 主人公パターソン(アダム・ドライバー)と愛犬マーヴィン。背景には滝が見える。

 パターソンという町は名所と言えば滝があるくらいで、どちらかと言えば寂れた町に見える。この町のどこに詩情を誘うものがあるのかはよくわからないのだけれど、ウィリアム・カーロス・ウィリアムズというアメリカを代表する詩人や、ビートニクの詩人ギンズバーグなんかも輩出しているとのこと。詩人の目には日常の風景すらも詩的なものとなるのかもしれない。
 この作品では事件らしいことは何も起こらない。主人公のごく普通の生活が描かれていくだけなのだが、そこに詩情が感じられる。バスが走り出すとその窓に映り込む町の風景も流れていく。それがいつの間にかにパターソンの横顔と町の風景とのオーバーラップへと移行していくうちに、彼の構想する詩がかぶさってくる。そうした映像と音の推移がとても心地よいのだ。
 語るべきテーマなんか何もなくても映画はいくらでもおもしろくなるということを改めて感じさせる作品だったと思う。そして、パターソンに手酷い仕打ちを喰らわせることになるバカ犬マーヴィンが何ともかわいらしく、その演技はカンヌ映画祭のパルム・ドッグ賞受賞も納得のうまさだった。

ジム・ジャームッシュの作品
Date: 2017.08.30 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『ベイビー・ドライバー』 現実逃避のススメ

 『ショーン・オブ・ザ・デッド』などのエドガー・ライト監督作品。
エドガー・ライト 『ベイビー・ドライバー』 脇役のケビン・スペイシーとジェイミー・フォックスとなかなか豪華。


 幼いころの交通事故で耳鳴りが続き、それを消すために常にiPodで音楽を聴き続けている青年ベイビー(アンセル・エルゴート)。ベイビーは天才的なドライビング・テクニックで犯罪組織の「ゲッタウェイ・ドライバー(逃がし屋)」として活躍中だが、ある日、デボラ(リリー・ジェームズ)という女の子と出会い……。

 カー・チェイスを売りにした映画はたくさんあると思うのだけれど、この作品はそれを見事に音楽にシンクロさせているところがすごいところ。カー・チェイスを撮影してからそれに音楽をかぶせるという方法ではなく、初めに音楽ありきで、音楽に合わせてすべての振り付けまでが練られていたものらしい。
 この楽しさは公開されている冒頭6分の本編映像を見てもらうのが一番手っ取り早い。とにかく見れば一目瞭然なのだ。登場人物の一挙手一投足が音楽のリズムに乗っているし、銃撃戦が始まればそれがドラムの音と一緒になって響いてくる。歌い踊り出したりはしないけれど、感覚的にはミュージカルと変わらないノリだから、大音量で音楽を響かせる劇場でこそ楽しめる作品となっているんじゃないだろうか。



 エドガー・ライトという監督はいつもジャンル映画のパロディ作品を撮っている人。『ショーン・オブ・ザ・デッド』ではゾンビ映画を、『ホット・ファズ ‐俺たちスーパーポリスメン!‐』では刑事ものを、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』ではボディ・スナッチものを下敷きにした作品を仕上げている。
 『ベイビー・ドライバー』は、『ザ・ドライバー』『ドライヴ』のような「ゲッタウェイ・ドライバー」を主人公とした作品となっているわけだけれど、それ以上に音楽にウェイトがあるとも言える。ジャンル映画にもそれなりに引き出しは多いかもしれないけれど、音楽はそれ以上に膨大なリストを持っているわけで、この作品は様々なジャンルの音楽を聴かせてくれる。

 iPodとサングラスで現実逃避していたベイビーが、デボラと恋に落ちることで現実と向き合いオトナとしての一歩を踏み出すことになる。結末を見れば、一応はそんな「ビルドゥングスロマン」とも「恋愛もの」とも言えるのかもしれないけれど、これは据わりのいい感じにまとめただけで、エドガー・ライト自身は過去の映画と多くのお気に入りの音楽でこの作品を彩っていくこと自体を楽しんでいる(そう言えば現実逃避を指摘した登場人物は最初に死ぬことになった)。
 この作品では登場人物の台詞が過去の映画(たとえば『モンスターズ・インク』とか)から採られていたり、流れている曲の歌詞が物語ともリンクしていたりする。主人公の“ベイビー”という名前だって、彼が未熟者だということもあるだろうけれどそれだけではない。“デボラ”という名前を冠する曲はほとんどないけれど、“ベイビー”というニックネームを持つことで多くの曲が彼の曲となり、ネタとして使えることになるからだ。ちなみにタイトルはサイモン&ガーファンクルの同名曲から採られている。
 この作品はエドガー・ライトがオタク的に過去の映画や音楽を吸収することで生まれたものであり、現実に向き合うことで生まれたものではないはずだ。パロディをやること自体が好きなのだろう。ただ、作品には一応の結末がなければならないという現実もあり、後半やや失速ぎみだったようにも……。エドガー・ライトにはあまり現実なんかに目覚めずに、性懲りもなくベイビーであり続けてほしいという気もする。

Baby Driver (Music From The Motion Picture)


【Amazon.co.jp限定】ザ・ドライバー 制作35周年HDニューマスター版(ポストカード付) [Blu-ray]


ザ・ドライバー [DVD]


ドライヴ [Blu-ray]


『ドライヴ』DVD廉価版【期間限定】


Date: 2017.08.26 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR