FC2ブログ

『来る』 上のほうの人って誰?

 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などの中島哲也監督の最新作。
 原作は澤村伊智『ぼぎわんが、来る』

中島哲也 『来る』 なかなか豪華な出演陣。小松菜奈はピンクの髪というイメチェンを。

 この作品は3部構成となっていて、主人公は次々と交代していく。
 田原秀樹(妻夫木聡)は調子が良すぎる男でイクメンを自称しているものの、子育ては妻に任せきりで、ブログのなかでは嘘くさいほどの幸せな家族の姿を演じてばかりいる。その妻・香奈(黒木華)は夫の外面のよさと実際とのギャップに苛立ち、娘の知紗にも当り散らすほど追いつめられていく。そして、もうひとりの主人公はオカルトライターの野崎(岡田准一)で、彼は人を愛することができず恋人に堕胎させた過去がある。どの主人公もクズな人間で、中島哲也作品にはよく出てくる種類の人物と言える。
 そんな彼らが苦しめられることになるのが、“ぼぎわん”とも呼ばれる霊的な存在で、それは秀樹と香奈の娘・知紗をどこかへ連れ去ろうとする。秀樹は野崎のツテでキャバ嬢の霊媒師・真琴(小松菜奈)にも助けを借りて“ぼぎわん”と闘うことに……。

 “ぼぎわん”とは何か? なぜ知紗を狙っているのか? そこに具体的な説明はない。真琴も言うように、理由なんかはわからないけれど、何とかそれに対処することだけはできるということらしい。
 3人の主人公たちは子供に対する接し方で間違ってきた部分があることは確かで、最近は児童虐待のことが盛んに話題になったりもしたけれど、そんなのは昔からの話だよというのが民俗学の見解らしい。というか、虐待どころか昔は子供を間引きしてしまうことも度々行われていたとのことで、そうしたものが霊となって姿を現したのが“ぼぎわん”なのかもしれない。
 『渇き。』でデビューした小松菜奈は黒髪に制服というイメージがだったが今回はかなりイメチェンしているし、黒木華のどす黒い感じも初めて。そのあたりでは楽しめたとも言える。ただ、ラストのお祭り騒ぎはなかなか壮観だったけれど、騒がしいだけだったという気もする。

『来る』 比嘉琴子(松たか子)は日本最強の霊媒師。ラストの闘いでは白装束を。

 気になったのは松たか子が演じる琴子の台詞(以下、私の思い込みである可能性も)。琴子は“ぼぎわん”を秀樹のマンションに呼び込み、祓いの儀式を行うことになる。琴子は警察のお偉いさんまで駆り出し、マンションから住人すべてを人払いしてまで盛大な儀式が行われる。その際の琴子の台詞が、「私がつながっているのはもっと上のほうの人だから」といった内容だった。作品内ではそれ以上その話題が触れられることもなかったし、その人物が登場することもないのだが、“上のほうの人”とは誰のことなのだろうか?
 琴子は日本最強の霊媒師という触れ込み(真琴の姉でもある)。儀式にかき集められているのは、神主や沖縄のユタとか、韓国の祈祷師なんかも混じっている。そうした業界のなかで一番上のほうに居るのは誰かと考えると、それは天皇ということになるんじゃないだろうか。
 天皇は憲法で定められた国事行為というものをすることになっているが、仕事はそれだけではないわけで、本来(?)の仕事は祭祀ということになるのだろうと思う。ウィキペディアによれば、宮中祭祀と言われるものがそれで、天皇は「国家と国民の安寧と繁栄を祈る」ことが仕事ということになる。
 琴子にわざわざ天皇とのつながりを仄めかせたのは、来年で終わる予定の「平成」という時代が意識されていたからだろうか。前作の『渇き。』でも、わざわざ原作とは名前を変更してまで「昭和」風の男を登場させてもいた(役所広司演じる藤島昭和)。
 天皇と近い位置にいるという琴子は、ラストの闘いを最後に姿を消すが、死んでしまったか否かは明らかにはされない。これは生前退位することになる今上天皇と同様の去り方を意識しているのかもしれない。
 本作が「平成」を仄めかすという意図があるとするならば、琴子は“ぼぎわん”を退散させて知紗を取り戻したものの、「こんなみっともない祓いは初めて」だとも語っていたわけで、これが「平成」に対する中島監督の総括ということになるのだろうか。

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)



スポンサーサイト
Date: 2018.12.11 Category: 日本映画 Comments (2) Trackbacks (3)

『鈴木家の嘘』 重苦しい出来事を笑いに包んで

 『まほろ駅前』シリーズや『舟を編む』などの助監督だった野尻克己の監督デビュー作。
 脚本も野尻監督のオリジナル。

野尻克己 『鈴木家の嘘』 引きこもりの息子・浩一(加瀬亮)が自死したあとの鈴木家の物語。

 引きこもりの息子・浩一(加瀬亮)が首を吊って自死し、それを発見した母親(原日出子)も後追い自殺を図る。妹・富美(木竜麻生)がふたりを発見し、母親だけは命を救われることに……。
 こんな鈴木家において嘘が必要だったのは、母親のことを守るため。母親は意識を取り戻したものの、逆行性健忘によって浩一が自殺した日のことをすっかり忘れている。再び浩一の死に直面することになれば大変なことになると考えた鈴木家の面々は、浩一は叔父(大森南朋)の仕事を手伝うためにアルゼンチンに行ったと嘘をつくことになる。

『鈴木家の嘘』 アルゼンチンに行ったという嘘のために様々な努力をして……。

 『鈴木家の嘘』はかなり重苦しい題材を扱っている。しかも兄の自死は野尻監督の実体験に基づいたものだという。人に言うことすら憚られるくらいの出来事だけに、本作では実体験をフィクションという嘘でコーティングして観客がすんなりと物語に入れるように配慮されている。
 これは母親を息子の自死という衝撃から守るための嘘と同じで、苦々しい出来事を観客に何とか飲み込んでもらうための糖衣みたいなものだろう。実際、この作品はコメディであり、とっさの嘘を取り繕うために必死になる家族たちの姿がちょっと微笑ましいのだ。
 一方で、フィクション=嘘でコーティングされた作品のなかにも、監督自身や自死遺族たちの本音らしきものが染み出して迫ってくる場面もある。多分、妹・富美の長台詞に託された感情が野尻克己監督自身の一番の本音なのだろう。家族を喪って悲しいというだけではなく、長年引きこもった末に自殺した兄・浩一のことを恥ずかしく思ってしまう気持ち。これを吐露するのは勇気がいることだろうと思う。
 自殺した者は家族に様々な傷跡を残す。浩一が自殺したことで、家族は浩一に対する自分の態度や行動を反省せざるを得ず、それぞれが自責の念に駆られることになる。このあたりにも監督の実体験が反映されていると思われ、自死遺族のリアルな感覚が表れていて力作であることは間違いない。
 とはいえ鈴木家の嘘が次第に綻びを増していき最後までそれを貫き通すことはできなかったように、作品の衝撃を和らげるためのフィクション=嘘も、それ自体に綻びが出てきて急に白々しくなってしまう部分もあったようにも感じられた。
 浩一がソープ嬢に死亡保険金を残しているというエピソードはそうした嘘のひとつなんじゃないだろうか。このエピソードは岸部一徳演じる父親がソープ嬢をストーカーするというなかなか笑える内容になっているのだけれど、嘘だけにうまく着地点を見つけられなかったようにも見えた。やはり嘘をつくのは難しいという教訓ではないとは思うけれど……。
Date: 2018.11.21 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『生きてるだけで、愛』 逃げるに逃げられないもの

 原作は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『乱暴と待機』など原作者でもある本谷有希子の同名小説。
 CMディレクターなどで活躍している関根光才の劇場長編映画デビュー作。

『生きてるだけで、愛』 寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)のふたり。

 同棲生活3年目の寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)。寧子はうつ病のダルさからかいつも寝てばかりいて、仕事はもちろんのこと家事もしていない。ただ、津奈木が買ってきたコンビニ弁当で生き永らえ、姉とだけは連絡を取っているものの、日がな一日引きこもった生活をしている。
 寧子はかなりエキセントリックな女性。それは躁うつ病の症状でもあるだろうし、停電すると裸で踊っていたという母親から受け継いだものでもあるのだろう。同棲相手の津奈木に対しての態度もかなり酷い。何から何まで世話になっているにも関わらず、彼を罵倒してほとんど嫌がらせをしているようにしか見えないのだ。それに対して津奈木のほうは、反論することもなく大人しく謝ってやり過ごそうとする。

 海外でこの作品が上映されたとき、津奈木は日本男性の代表というか、とても日本人らしいと思われたらしい。「和をもって尊しとなす」ではないけれど、どちらかと言えばケンカを避け「事なかれ主義」で行こうとするあたりが日本らしいと思われたのだろう。
 そういえば同じように精神的に病んでいる女性が登場する日本映画『死の棘』の男は、津奈木と同じように無抵抗主義を貫くような態度だった。一方でアメリカ映画の『こわれゆく女』の男は、情緒不安定な妻に対して本気でぶつかっていくためにかえって騒ぎは大きくなっていっていたようにも見える。
 寧子のような女性と一緒にいるのは大変だ。寧子は全力で津奈木にぶつかってくるし、津奈木にもそれに全力で対応することを求めている。それにはエネルギーが必要だけれど、下衆なゴシップ雑誌の仕事で精神的にも疲れ切っている津奈木にそんな余裕はない。だからこそすべての感覚を遮断したような無味乾燥したやりとりに終始するほかなくなる。

『生きてるだけで、愛』 ラストの屋上のシーン。赤いネオンが反映した夜の風景は、極端に言えば『ブレードランナー』ような異国の風景にも見えた。

 本作の前半はかなりきつい。というのは、津奈木の立場からすれば、寧子との同棲生活は地獄のようなものだからだ。しかし、本作は途中で転調する。寧子すら呆気に取られるほどのゴリ押しで、ふたりの同棲する部屋に乗り込んでくる安堂(仲里依紗)が登場するからだ。
 安堂は津奈木の元カノで、あなたは何もしてないクズなんだから津奈木と別れてと迫る。その言い分も強引さもかなりの非常識だが、安堂のおかげで寧子は社会復帰せざるを得なくなる。
 そうすると見えてくるのが、寧子の津奈木に対する態度は、家族同然の同棲相手としての“甘え”であったということだ。さすがの寧子も部外者である他人には遠慮もあって意外と普通に振舞うのだ。姉からも何度も指摘されていたように社会的にはほとんど終わっている寧子は、そのことを不安にも感じていて「生きてるだけで疲れる」のだ。その不安を間違った形で津奈木にぶつけるのは救いを求めてのことだったのだろう。
 ラストで寧子は着ているものをすべて脱ぎ捨てる。津奈木とも別れることになるのかもしれない。ただ、裸になり独りになったとしても、寧子自身は寧子から逃げ出すことはできない(これは『ロゼッタ』のラストにも通じる)。誰かが「恋愛は所詮物語に過ぎない」と言っていたけれど、自分という因果な存在から逃げられないという認識は誰にでも当てはまる。寧子はもちろんのこと、津奈木にとっても、安堂にとってもそうだ。厄介な自分から逃げられないからこそ「生きてるだけで疲れる」わけだ。原作者がこの物語のタイトルを『生きてるだけで、愛』としたのは“世間受け”だけのもので、本当は「生きてるだけで疲れる」というのが正直なところだったんじゃないかと個人的には思えた。

 本作の見どころは何と言っても趣里の熱演に尽きる。菅田将暉はエネルギーを内に秘めたままの受けの演技に徹しているし、石橋静河の役柄も脇役に収まっている。そんな演技派たちを押しのけ、趣里は観客すらどんよりとした気分になるほどの寧子という主人公を見事に体現していた。同時に、寧子以上にエキセントリックな安堂が登場すると、それに振り回されるかわいらしいところも垣間見させていた。そんな趣里演じる寧子というキャラには目を見張るものがあって、一時たりとも目が離せないほど圧倒された。今後の賞レースに趣里が絡んでくることは確実なんじゃないだろうか。

生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)


死の棘


こわれゆく女 2014年HDリマスター版 [DVD]


Date: 2018.11.11 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『十年 Ten Years Japan』 オチはないけど問題提起はある

 きっかけは2015年の香港版の成功から(私は未見だが)。国際共同製作プロジェクトとして日本版のほかに、タイ版と台湾版も製作されるとのこと。
 日本版のプロデューサーは是枝裕和で、5本のオムニバス作品を若手の監督が担当する。

『十年 Ten Years Japan』 プロデューサーは是枝裕和が担当したオムニバス作品。

 「PLAN75」 早川千絵監督
 「いたずら同盟」 木下雄介監督
 「DATA」 津野愛監督
 「その空気は見えない」 藤村明世監督
 「美しい国」 石川慶監督

 若手監督がそれぞれ十年後の日本を思い描いた作品。
 未来の日本は、今よりもさらに管理された社会になることが予想され、「PLAN75」では高齢者に安楽死が奨励され、「いたずら同盟」では子供たちは頭に付けられた機器によってすべての行動を規制されることになる。「DATA」では亡くなった人の過去のデータが“デジタル遺産”として管理され、「その空気は見えない」では汚染された地上を避けて地下シェルターのなかだけで生きていくことになる。
 ちょっとだけファンタジックな「その空気は見えない」や、子供たちが自分たちと同じように管理された馬を逃がすことになる「いたずら同盟」などは、管理された社会の外側があるかもしれないという夢想に希望を抱かせなくもないけれど、全体的には明るい未来という感じはしない。
 「DATA」の杉咲花が語るように「女は嘘をつく」から、故人のデータとして残っている映像や文書があったとしても、それは保存されることを意識している記録だけにあまりあてにはならない。故人のデータが管理されたとしても、それがかつて生きていたその人の代わりになるわけではなさそう(リテラシーが問われるということ)。
 「美しい国」では、木野花が徴兵制度を復活させてしまったという後悔を若者(太賀)に示すことになるのだが、現実には「普通の国になった」と歓喜する大人だっていそうな気もする。

『十年 Ten Years Japan』 1本目の「PLAN75」(早川千絵監督) 主人公の川口覚とその妻役の山田キヌヲ。

 一番に印象に残ったのは「PLAN75」。今後はこうしたテーマに取り組む作品が多く現れるであろうことは想像に難くない。
 「高齢者の数を減らさなければこの国の未来はありません」と語る「PLAN75」では、政府が邪魔になった高齢者を体よく処分するために安楽死制度を奨励する。希望者はわずかばかりの準備金をもらい、決められた日に苦痛もなく死を迎えることになる。
 この制度を利用する人にはそれぞれ事情があるのだろうと推測されるが、短編だけにそこを丹念に追うまでには至っていない。それでもこの制度は願ったり叶ったりだと語っていた老人も登場するのだが、やはり死の間際には恐怖におののくことになる。
 主人公(川口覚)は制度を推し進める側の人間だが、実際に自分の家族の問題となると話は別となり、制度そのものに疑問を感じることになるのだが……。

 「2025年問題」というものがあるらしく、団塊世代が後期高齢者になろうというこれからの時代、この作品もそれほど絵空事とは思えない。介護に疲れた人が起こす事件は後を絶たないし、老人ホームなどの施設でも暴力事件があったりする。政治家の一部は「生産性がない」人を切り捨てようとしているわけで、明るい未来など描きようもないのかもしれない。かと言って、妙案があるわけでもなく、どうすればいいのかも考えたってわからない。
 「PLAN75」は、カーテンで仕切られた安楽死した人たちが眠る病室のカットで終わる。病室に備えられた空気清浄機の回る音だけが響いている。観客としてもカーテンの向こう側の様子を想像しながら無機質な空間を見続けるしかないのだが、とにかく厳しい問題提起を感じさせるラストだった。

十年 [DVD]


Date: 2018.11.10 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『ここは退屈迎えに来て』 ゆるい失望ばかり

 原作は『アズミ・ハルコは行方不明』の原作者でもある山内マリコの同名小説。
 監督は『さよなら歌舞伎町』などの廣木隆一

廣木隆一 『ここは退屈迎えに来て』 椎名(成田凌)を中心としたエピソードが連なる群像劇。

 この群像劇のそれぞれのエピソードは無関係に進んでいくのだが、共通しているのは椎名(成田凌)という男。橋本愛が演じる“私”にとってはかつての憧れの人であり、門脇麦が演じる“あたし”にとっては元カレとなる。禿げたオヤジの皆川(マキタスポーツ)と援助交際するなっちゃん(片山友希)が醒めた目で分析するには、高校時代の椎名は彼を中心とする「太陽系」を構成するほど輝いている存在だったのだ。
 “私”は10年間東京で過ごした出戻り組で、「何者かになりたい」という漠然とした夢だけでやってきたものの、それをあきらめて田舎に戻ってきたところ。一方の“あたし”は、椎名が田舎を出て行ったあとは、遠藤(亀田侑樹)という男と体だけの関係を続けている。というのも“あたし”は運転免許すら持っていないから、移動手段の確保のために男が必要なのだ。

『ここは退屈迎えに来て』 橋本愛演じる“私”の高校時代。輝いていたあの頃?

『ここは退屈迎えに来て』 門脇麦が演じる“あたし”は車がなくて誰かに助けを求めるのだが……。

 「ここは退屈」というのは端的に言えば、田舎が退屈だということ。本作の舞台は富山市らしいのだが、“私”が友達のサツキ(柳ゆり菜)と一緒に久しぶりの椎名に会いに行く街道は、いかにも画一的なロードサイドの風景を見せてくれる(例外は「ますの寿司」の看板か)。
 田舎に留まったサツキは東京への憧れを語るけれど、一度は東京で過ごした“私”や須賀(村上淳)からすれば過剰な思い込みのように聞こえるだろう。どこでもさほど変わらないと判断したからこそ、“私”も須賀も戻ってきたのだろうし……。だから退屈なのは田舎でもそうだし、東京だって同じだろう。
 ただ、かつて輝いていた頃はあったのかもしれない。須賀が高円寺に思い馳せたり、“私”や“あたし”やサツキが高校時代を懐かしがったりするのは、今はともかくとして“あの頃”だけはよかったと感じているからだ。実際に“私”や新保(渡辺大知)やなっちゃんがプールで無邪気に戯れる場面にはそんな感覚も抱く。
 それでも、本作で“私”が最後に椎名から投げかけられた言葉や、“あたし”が遠藤とのやり取りのなかで悟ってしまったことからすれば、輝いていたと思っていたはずの“あの頃”も実は単なる勘違いだったかもしれないのだ。
 とすれば「ここは退屈」だし、それに劣らず東京だって退屈だし、今はもちろん退屈だし、“あの頃”は輝いていたというノスタルジーに逃げ込むこともできないということなのだろう。多分、退屈だと嘆いてみても迎えに来てくれる王子様なんていないし、かつての王子様もすでに「退屈な男」(岸井ゆきのが演じる南の評によれば)に成り下がっているわけで、どこにも行き場はなさそうなのだ。スカイツリーを目の前にして御満悦の椎名の妹・朝子(木崎絹子)の気持ちも長くは続かないのだろう。
 かと言って、登場人物が絶望的な気分になっているというわけではなさそう。ゆるい失望ばかりが支配しつつも、それを解消する方法すらよくわからないようでもある。「何者かになりたい」という点では本作の“私”と同じでも、性急に答えを求めてしまった『止められるか、俺たちを』は、今とは時代が異なるからだろうか。
 車中で“私”とサツキの他愛のない会話が延々と続くだけでまったく緊張感のないゆるい長回しも、この作品のテーマには合っているような気もする。ただ、空間ばかりか時間まで越えてみんなが同じ歌を口ずさむのはちょっとやりすぎにも思えた。

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)


Date: 2018.11.03 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR