FC2ブログ

『二十六夜待ち』 月に願いを

 監督は『アレノ』『海辺の生と死』越川道夫
 原作は佐伯一麦の同名短編(『光の闇』所収)。

越川道夫 『二十六夜待ち』 杉谷(井浦新)と由美(黒川芽以)のふたり。


 震災ですべてを失った由美(黒川芽以)は叔母(天衣織女)のもとに身を寄せる。まだ若いのに引きこもりがちな由美のことを気にかける叔母の言葉もあり、外で働くことにした由美は小料理屋での仕事を見つける。物静かな店主の杉谷(井浦新)はかつて記憶を失い、身体が覚えていた料理の腕でその店を営んでいた。

 過去を失い自らの存在をつかみかねている孤独な男と、震災の忌まわしい記憶を忘れたいと考えている女。心に傷を負っているふたりが出会い惹かれていく。というよりも共に傷を負っているからこそ寄り添うことができるということだろうか。
 タイトルの「二十六夜待ち」は、江戸時代の風習。今でも十五夜とか十三夜を愛でる風習は有名だが、かつては二十六夜にも月見が行われていたのだとか。そして、二十六夜の際には阿弥陀、観音、勢至菩薩の三尊が現れると言われていたのだという。三尊にすがるように、男は女に、女は男に、すがるような関係性が描かれていく。
 『アレノ』でも濃密な濡れ場が印象的だったのだが、この作品も何度も繰り返される濡れ場を長回しで描いていく(黒川芽以の脱ぎっぷりは控え目)。最初の唐突とも思える絡みから始まり、次第に関係性が深まっていくということになる。ただ、その繰り返しにそれほどのバリエーションがあるということもないところが惜しい気がする。ほとんど会話らしい会話もないのに、ふたりが小料理屋のカウンターのなかに並ぶととても雰囲気がよかったので、そこまで濡れ場に拘らなくてもよかったんじゃないかという気もするのだが……。

二十六夜待ち [DVD]


光の闇 (扶桑社BOOKS)


スポンサーサイト



Date: 2018.01.12 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『アレノ』 夫と、妻その愛人 さまよう3人

 エミール・ゾラの小説『テレーズ・ラカン』をもとにした作品。
 監督・脚本は『かぞくのくに』『夏の終り』などのプロデュースをしていた越川道夫
 脚本には越川監督の奥様だという佐藤有記(『ヘヴンズ ストーリー』など)も名を連ねている。

越川道夫 『アレノ』 冒頭のシーンの夫(川口覚)と妻(山田真歩)。雨のシーンなのだが、雨の音だけで実際に雨が降っているように見えないのがちょっと気になった。


 病弱な夫(川口覚)とその看護のために結婚させられたような妻(山田真歩)。ふたりには幼なじみで今でも仲のいい男(渋川清彦)いて、実は妻はその男と不倫の関係にあった。愛人の男と妻は邪魔になる夫のことを殺してしまうのだが……。

 雨の降る寒々しい湖の雰囲気がとても印象的だった(ギドク『魚と寝る女』を思い出させる)。夫を殺した妻と愛人は、湖近くのホテルで死体が上がるのを待つことになる。日常生活とは切り離された場所で、登場人物の過去に関してもほとんど語られない。そんななかで濃厚な濡れ場が展開されるあたりはロマンポルノっぽい。
 邪魔者を消したふたりはホテルのベッドで愛し合うことになるが、なぜか最初はうまくいかない。ところが幽霊となった夫がふたりのそばに現れると突然燃え上がることになる。ふたりは水から上がって濡れたままの幽霊に見守られながら愛し合う。それまで隠れて愛し合っていたふたりなのに、邪魔者を消した途端、その邪魔者がふたりにとって必要とされるというのが奇妙なところ。
 この作品では夫の幽霊は意外にすんなりふたりに受け入れられ、それぞれと会話を交わしたりもする。後半では生き残ったふたりは毒を飲んで心中を図ることになるものの、結局死ぬこともない。というより、ふたりとも死んでしまい、いつの間にかに夫と同じ幽霊となっているということなのだろう。
 生きているのか死んでいるのかわからない女が慣れない車に乗ってどこかに行こうとしたところで映画は終わる。“生きているのか死んでいるのかわからない”状態というのは、夫の看護に明け暮れる日々だった女の過去のことだが、夫を殺してからも似たような境遇にあるのが皮肉なところ。題名の“アレノ”とは、3人がさまようことになる“この世”という“荒野”のことなのだろう。
 思えば、愛人の登場の仕方も亡霊のようだった。冒頭の夫と妻の心中を思わせる場面に続くのが、突如として湖から生まれ出たような愛人の出現だったからだ。湖から女が助け出されると、女は愛人のことを化け物か何かのようにびっくりした顔で見つめている。ここでは語り落とされていることがあるから愛人が突然出現したように見えるわけだけれど、初めに愛人も亡霊のように登場していたからこそ、ホテルの部屋に夫の幽霊が出現するのもごく自然に感じられたのだと思う。

『アレノ』 湖から助け出された妻役の山田真歩。本当に寒かったらしい。

 主演の山田真歩はテレビドラマ『花子とアン』でも知られているようだが、『自分の事ばかりで情けなくなるよ』(松居大悟監督)のOL役がとてもよかった。今回は初の濡れ場ということだが、かなり大胆なベッドシーンを演じている(レーティングも18禁だし)。
 同じ原作をもとにした『渇き』(パク・チャヌク監督)のキム・オクビンはエネルギッシュだった。『渇き』では夫がいなくなった女は抑圧から解き放たれたようにセックスを楽しむわけだが、『アレノ』の山田真歩はどこか背徳感みたいなものがあって淫靡なところがよかったと思う。

 今回は映画の日に『アレノ』を観たのだが、その日は越川道夫監督と殺された夫の母親役を演じた内田淳子さんの舞台挨拶があった。
 息子を亡くした母親(内田淳子)は嫁(山田真歩)に対して怒りをぶつけようとするのだが、車イスの世話になっている身体で自由が利かない。母親は嫁の手を取るとそれを噛むことでどうしようもない思いを表現する。
 舞台挨拶で語られていたのは即興演出について。上記の場面でも監督からの具体的な指示はなかったようだが、母親役は車イスという設定であり、蹴り飛ばしたくてもそんなことはできないわけで、その制限から手を噛むという行動になったようだ。即興演出もあまり自由度がありすぎるよりも、何かしら制限があったほうがやりやすいとのこと。
 冒頭の湖のシーンは本当に寒かったらしく、実際にその水に浸かった山田真歩は寒さで震えて考えていた演技ができなかったとのこと(越川監督談)。でも、そんな演じる人の自然な反応をカメラが捉えてしまうというのも映画のおもしろいところなのだろうと思う。

アレノ [DVD]



自分の事ばかりで情けなくなるよ(初回限定版) [DVD]


渇き [DVD]


Date: 2015.12.06 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR