『クリーピー 偽りの隣人』 境界に危ないものが棲みつく

 黒沢清監督の最新作。
 原作は日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説『クリーピー』だが、かなり改変されている模様。
 「クリーピー」とは「ぞっとする」とか「身の毛がよだつ」という意味。

黒沢清 『クリーピー 偽りの隣人』 西野家の玄関前。高倉(西島秀俊)が妻と一緒に挨拶に伺うと妖しげな風が……。


 犯罪心理学を学んでいた刑事・高倉(西島秀俊)は、犯人の気持ちを理解しているつもりになって大きな失敗をしてしまう。その後、高倉は犯罪心理学者として大学で教鞭をとることになり、妻・康子(竹内結子)と共に新居に移り新しい生活を始める。しかし、隣の西野家には奇妙な男(香川照之)がいて……。

 この作品でも黒沢演出はいかにも何かが起こりそうという雰囲気を醸し出している。隣家に挨拶に出かけると急に風が吹き荒れたり、ある事件の生存者・早紀(川口春奈)のインタビューでは、光あふれるガラスばりの大学の部屋が次第に真っ暗になったりもする。ラストあたりではいつものように異空間を飛んで行くようなドライブ・シーンもあったりして、いかにも黒沢映画らしい演出が楽しめる作品になっていると思う。さらにいつもながら何かしらやってくれる香川照之は今回も健在で、いかにも安定した薄気味悪さを見せてくれる。

 黒沢作品は境界というものを意識させるものが多い。前作の『岸辺の旅』では境界とはこの世とあの世の境界であったし、『リアル~完全なる首長竜の日~』では夢と現実の境界だった。今回の作品に関しても『キネマ旬報』のインタビューを読むと、黒沢監督は「境界に危ないものが棲みつく」ということを語っている。
 また『黒沢清、21世紀の映画を語る』という本では、『宇宙戦争』『グエムル』など川が描かれる映画を参照しつつ、川というものが「三途の川を例に挙げるまでもなく、河岸と彼岸を表現するのに、監督や脚本家が、自然と選び取る場所なのでしょう。」と記している。川というものが境界に位置することが明確に意識されている。
 そして『クリーピー 偽りの隣人』では、川を類推させるようなものが登場する。それは住宅街のなかを切り裂くように走る線路だ。早紀だけが残された一家失踪事件現場ではすぐ近くに電車が走っていくし、主人公・高倉が引っ越した家の近くにも高架線が通っている。加えて言えば、崩壊寸前の危うい状態にある家族を描いた『トウキョウソナタ』の主人公の家も線路沿いにあったわけで、線路というものも何かしらの境界線として意識されているのかもしれない。

 この作品には幽霊や超自然現象が登場するわけではない。あくまでも人間しか出てこないのだが、その人間のなかにはちょっと常人とはかけ離れた人物もいる。高倉が研究する犯罪心理学においては、犯人の類型として「秩序型」「無秩序型」があり、さらにそのふたつの「混合型」があるという。「秩序型」「無秩序型」に関してはこれまでの研究により詳細な分析が可能だが、未だに「混合型」に関してはお手上げの状態。そして高倉の隣人・西野もその「混合型」の人間だ。常人のはかり知れない行動をする彼は、まさしく境界にいる存在なのだろう。そして西野の家の奥には外側から窺い知ることができない妖しい部屋が潜んでいる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!



『クリーピー 偽りの隣人』 高倉(西島秀俊)と隣人の西野(香川照之)。後ろには高架線が走っているのが見える。

 この映画ではかつての未解決事件と隣人・西野が結びついてくる。西野の娘(藤野涼子)が言うところによれば、西野は「全然知らない人」。なぜ知らない人が父親のフリをしているのかと言えば、隣家はすでにその男に乗っ取られているからだ(この原作自体が北九州一家監禁殺人事件をモデルにしている)。
 劇中では父親はすでに殺され、母親は薬を打たれ、娘は心理的に西野のコントロール下にある。なぜ隣家が乗っ取られたのかはわからないのだけれど、ひとりで家を守る高倉の妻・康子が次第にいかにも妖しい西野に近づいていくことからも、ごく普通の家族には何かしら付け入る隙があるものなのだろうとも思う。

 かつての共同体では隣近所の人となりくらいはわかっていたはずだが、今では隣に誰が住んでいるのかも知らない。高倉のもうひとつの隣家・田中家も愛想がよくないし近所付き合いも遠慮がちで、家のなかでは要介護の誰かの叫び声が聞こえる。昔ならば共同体のなかで処理されていたかもしれないそうした物事は、今では家庭のなかに閉じ込められる。内に閉じ込められた家族は問題を抱えていても、外に助けを乞うわけにもいかない状況にある。そんななかでその閉じ込められた内側に潜り込むことができた西野のような男は、秘密を共有した新しい家族として受け入れられることもある。ちょっと通常では想像できないような状況なのだけれど、人の心理をうまくコントロールする術に長けた人物によればそうしたことが可能になるらしい。そんな意味では幽霊なんかよりも怖いかもしれない。

 ただ、家族のなかに付け込む隙があるとすれば、康子が西野に引き込まれたのも家族の問題があったはずなのだけれど、この映画では西野が康子を陥れる描写がほとんど抜けているので、康子が勝手に罠にはまってしまったようにも見えた。
 夫である高倉は早紀には「あなたには心がない」と指摘され、康子からもあきらめられているのだが、それは単純に元刑事の悪癖であり、夫婦喧嘩によくある売り言葉に買い言葉にも感じられる。しかし最後の康子の絶叫から鑑みるに、高倉の心には康子をあれほどまで追い込むような異様な部分があったのかもしれないのだが、そのあたりがあまり感じられないためラストは唐突だったようにも思えた。野暮な説明などしないほうがいいということなのだろうとは思うのだけれど……。

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]


クリーピー 偽りの隣人[DVD]



トウキョウソナタ [DVD]


黒沢清、21世紀の映画を語る


キネマ旬報 2016年6月下旬号 No.1718


クリーピー (光文社文庫)


スポンサーサイト
Date: 2016.06.20 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (6)

『女が眠る時』 生きているときの最期の姿

 『スモーク』ウェイン・ワン監督作品。
 原作はスペイン人作家ハヴィア・マリアスによる短編小説「WHILE THE WOMAN ARE SLEEPING」。原作は日本が舞台ではないのだろうと思うのだが、映画版では日本が舞台となっており、出演陣も日本人(ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里など)である。川端康成『眠れる美女』のことが念頭にあってのことなのかもしれない。

ウェイン・ワン 『女が眠る時』 佐原(ビートたけし)は美樹(忽那汐里)の眠る姿を見守る。


 作家の健二(西島秀俊)は処女小説で有名な文学賞を受賞して以来、次の作品が書けないでいる。編集者の妻(小山田サユリ)の仕事を兼ねた旅に付き合い、健二も伊豆のホテルに滞在していると、プールサイドで若い女と初老の男という不思議なふたりを目撃する。健二はその関係に興味を抱くようになる。

 小説家だから世の中の出来事を観察するのは仕事の一環のようなもので、健二はふたりの様子を遠目に見るだけでは飽き足らなくなり、部屋の様子をこっそり覗き見るようになる。すると男はいつくしむように女に接し、ベッドに眠る女の姿をビデオカメラに収めている。
 ウェイン・ワン監督の『スモーク』では、街角の様子を毎日撮影している男が登場する。同じ街角の風景も日々少しずつ変わっていく。その記録として写真はあったわけだが、『女が眠る時』の佐原という男(ビートたけし)の撮影もそれと似ているがちょっと違う。佐原は撮影した美樹(忽那汐里)の映像を上書きしてしまうからだ(実は気に入ったものだけは保存している)。
 佐原が撮りたいと望むのは、美樹の日々の成長よりも美樹が生きているときの最期の姿なのだ。亡くなったときの姿を写真に残すというのは『アンジェリカの微笑み』にもあったからめずらしいわけでもないのだろうが、生きているときの最期の姿を記録に残すのは死期がわかっている人でもない限り難しい。
 美樹は病で死を待つ身ではない。佐原は大人になりつつある美樹がいつ裏切るのかという不安で、愛が死ぬくらいならば自分が美樹を殺すほうがいいとまで考えるようになる。最期の姿を望むのは佐原の独占欲からで、佐原のビデオ撮影は性的なもの以上に死の匂いを感じさせる。

『女が眠る時』 佐原たちの関係に興味を抱いた作家の健二(西島秀俊)は……。

 自分の子供ほどの年齢の女の眠る姿を撮影し続けるという佐原という男は、いかにもあやしい雰囲気を醸し出している。ただ佐原の姿はすべて健二が覗き見したものであり、どこまでが現実の佐原なのかは曖昧模糊としている。小説家の創造力(想像力)はプールサイドでのふたりの仲睦まじい様子を発展させ、途中からは健二の小説の登場人物としてのふたりの妄想が膨らんでいくからだ。
 健二の妄想が現実と乖離すればするほど、カメラは健二の姿を斜めに捉えていく。スクリーンの垂直線に対して平行だったホテル室内の線が、次第に角度を増していくのは健二の歪んだ妄想を示しているようだ。ときに妻の登場が正常な位置関係を取り戻させたりもする。
 ただそんなふうに浸っていく妄想が魅力的だったかと言えば疑問だ。佐原は死の匂いを感じさせつつも、結局はプールサイドで足だけ水に浸けてバチャバチャともがくだけだし、美樹は健二を振り回すものの崖の上で雨に打たれるだけだった。妄想の飛躍のなさが健二という作家の創造力の欠如を表してしまっているようだった。

 加えて言えば、英語で書かれた脚本を日本語に翻訳しているからか、「愛が死んだとき」とか「どれだけ愛しているか」とか、日本人が到底言いそうにない言葉ばかりでそれだけで興醒めだった。そんな台詞を発する佐原を演じるビートたけしはさぞかしやりづらかったんじゃないだろうか。
 悪口ばかりでは気が滅入る感じもするので、最後に逆のことをしておけば、『スモーク』がよかったのはポール・オースターの創造力に溢れた脚本がとても魅力的だったからだろうと思う。

女が眠る時 (特装限定版) (メーカー特典なし) [Blu-ray]


女が眠る時 (特装限定版) (メーカー特典なし) [DVD]



SMOKE [DVD]


Date: 2016.03.05 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR