『彼女がその名を知らない鳥たち』 谷崎的マゾヒズムの世界?

 原作は『ユリゴコロ』などの沼田まほかるの同名小説。
 監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌

白石和彌 『彼女がその名を知らない鳥たち』 十和子(蒼井優)と陣治(阿部サダヲ)の関係は愛なのか?


 十和子(蒼井優)は陣治(阿部サダヲ)の家に居候している。働きもせずに陣治がくれるわずかばかりのお小遣いで自堕落な生活をしているのだ。彼女は8年前に別れた男・黒崎のことを未だに引きずっているようで、ある日、彼とよく似た水島という男と出会い、彼との情事に溺れていく。

 十和子と陣治の関係はちょっと不思議なものにすら感じられる。十和子からすれば陣治はかなり歳の離れたおじさんだし、何と言っても陣治は薄汚いからだ。食事の際には差し歯をはずしてテーブルの上に置いてみたり、臭ってきそうな靴下を脱いでみたりと、女性が嫌がりそうなことばかりしているのだ。
 十和子はそんな陣治に依存して生きている。家事などは何もせず水島(松坂桃李)との不倫関係に夢中になる十和子は、陣治のことを利用しているようにしか見えない。それでも陣治は「十和子のためだったら何でもできる」と言い切ってはばからない。
 陣治はなぜそこまで十和子に尽くすことができるのか。そこには過去の男・黒崎(竹野内豊)のことが関わってくるらしい。実は黒崎は失踪してしまったというのだが、その失踪事件には陣治が関わっているのかもしれない。陣治はいったい何をしたのか?

 ※ 以下、ネタバレもあり!
 

『彼女がその名を知らない鳥たち』 十和子は黒崎(竹野内豊)との再会を妄想するのだが……。

『彼女がその名を知らない鳥たち』 水島(松坂桃李)との情事に溺れていく十和子だが、結局都合のいい女なのかもしれない。

 それまでのふたりの関係が一変するしたようにも感じられるところは感動的でもあったのだけれど、陣治の最後の行動が予想外にも感じられて戸惑ってしまった。というのも、ふたりの関係を見ながら私が勝手に思い浮かべていたのは、『春琴抄』とか『痴人の愛』なんかの谷崎潤一郎の世界だからだ(谷崎の影響下にある映画『月光の囁き』なんかも)。
 『春琴抄』『痴人の愛』には谷崎潤一郎という男性作家による女性崇拝の色合いも濃く、どんなに酷い目に遭っても崇拝する女性によって恍惚とさせられる瞬間があったはずだ。しかし『彼女がその名を知らない鳥たち』の陣治にはそんな瞬間があっただろうか。ただひたすらに十和子に尽くすばかりで報われることが皆無だったようにも思うのだ。十和子の笑顔が見られればなどとは言うものの、陣治はちょっといい人過ぎないだろうか。
 もっともこの作品に谷崎的なマゾヒズムを読み込んだのは私の勝手な思い込みであって、単にそれは間違いだったのかもしれない。というのはこの作品の原作は沼田まほかるという女性作家によるものだから。ちなみに白石監督も原作を最初に読んだとき、ラストには疑問を持っていたようだ(この記事を参照)。白石監督は男性目線で原作を読んでいたのだろう。
 この作品の主人公はもちろん十和子であり、十和子の視点ですべてが描かれている。十和子はすでに死んでいる黒崎と幻想のなかで海辺に遊んだり、水島との情事の後ではタッキリマカン砂漠の妄想を抱いたりもする。そんな十和子の妄想のひとつとして陣治という男も存在しているのかもしれない。
 十和子は男にだらしなく、自制心にも欠けるどうしようもない女だ。それでも、そんなダメな十和子のことを真摯に気にかけてくれる陣治のような男に出会うこともある。そんな原作者の妄想がこの作品に結実しているようにも感じられたのだ。とはいえ陣治の行動が十和子の幸せにつながっていったのかどうかは微妙なところでもあるのだけれど……。

 ラストに関しては微妙だけれど、登場してくるキャラは色合い豊かで楽しめる作品だったと思う。世間では不倫関係がバレただけでタレントなんかは散々な目に遭うことになっているのに、この作品でのキャラクターのクズっぷりはとんでもない(特に竹野内と松坂の演じた男ども)。世間の共感なんか「クソ喰らえ」とでもいうこの作品の姿勢にはかえって好感を抱く。
 白石監督はロマンポルノのリブート作品『牝犬たち』なんかも撮っているからか、結構艶かしい場面もあった。そんななかで蒼井優も大人になったということなのか、『オーバー・フェンス』以上にかなり際どい場面も演じている。蒼井優が女子高生役だった『リリイ・シュシュのすべて』は15年以上も前の作品なのだなあとちょっと感慨に耽ったりもした。

彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [Blu-ray]


彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [DVD]



彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)


牝猫たち


牝猫たち [Blu-ray]


牝猫たち [DVD]


春琴抄 [DVD]


痴人の愛 [DVD]


月光の囁き ディレクターズカット版 [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2017.11.11 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『日本で一番悪い奴ら』 綾野剛ファンは必見の作品かと

 『凶悪』白石和彌監督の最新作。
 稲葉事件と呼ばれる「日本警察史上最大の不祥事」をもとにした作品。この事件に関しては事件の当事者が書いた本『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』も出版されている。

白石和彌 『日本で一番悪い奴ら』 諸星要一(綾野剛)とその仲間たち。これでも諸星は警察官である。

 「なんで警察官になったんだ?」という村井(ピエール瀧)の問いに、「公共の安全を守るために」と四角四面な返事をしてしまう諸星要一(綾野剛)は真面目なところが取り柄。大学時代は柔道のチャンピオンで、体育会系の作法に染まっていて、先輩の言うことには何でも「押忍」で通す諸星は、組織内での点数を上げるために村井の教えに素直に従うことになる。
 悪い奴らを捕まえるためには、彼らを知る必要がある。諸星は暴力団のなかに協力者(スパイ)を作り、情報を引き出して自分の手柄にする。時代はちょうど警察庁長官狙撃事件などが発生したころ、警察は組織を挙げて銃器の取り締まりに走る。諸星はスパイのルートから銃を手に入れ点数を稼ぐようになると、上司たちも諸星のルートを当てにするようになる。
 この映画で驚くのは、不祥事の発端となる諸星は自分の手段を上司にも逐一報告していること。つまりは諸星が隠れて悪事に走ったわけではなくて、警察組織はそれを知っていたし、むしろ後押しするような方向で動いているということ。しかも悪事が公になったあとは、諸星だけがトカゲの尻尾切りとして使われ、そのほかはうやむやに処理されてしまうというのも日本の組織らしい。

『日本で一番悪い奴ら』 諸星は銃器対策課のエースとして持ち上げられさらに悪事を重ねることになる。

 前作『凶悪』の悪い奴らの所業はあまりに酷いもので、事実に基づいた映画とはいえちょっと理解不能だった。彼らは生まれついてのモンスターなのかもしれないのだけれど、個人的にはピエール瀧とかリリー・フランキーがそうした人物を演じていても、無理に悪ぶって振舞っているようにしか見えず、あまり凄みは感じられなかった。
 本作の主人公・諸星という男は真面目さから組織のために悪に染まっていく。暴力団幹部の黒岩(中村獅童)と対峙する場面では内心ではビビリながらも、度胸のあるところを見せようと虚勢を張る。ここで諸星は突然痰を吐く。無理に悪ぶって突拍子もない行動をしてしまうところが妙におかしい。
 『凶悪』では無理しているように感じられた悪い奴らの造形が、『日本で一番悪い奴ら』では笑いになっているところがよかったと思う。悪ぶって見せる諸星は次第にそれが板についてきて、最初の目的である「公共の安全を守る」という部分は忘れられてしまう。拳銃摘発のためなら覚せい剤は見逃すという無茶苦茶な取り引きも、諸星の真面目さゆえ起きた悲喜劇となっているのだが、もはやこのあたりになってくると笑うに笑えなくなってくる。

 暴力団員の黒岩(中村獅童)や、諸星をオヤジとして慕う山辺(YOUNG DAIS)、パキスタン人ラシード(植野行雄)などのスパイの面々もいい顔をしていたし、濡れ場を演じた矢吹春奈瀧内公美など女優陣も賑やか。それでも「青年」と呼ばれていた時代から、左遷され落ちぶれてシャブ中になるまでの26年間を演じた綾野剛の映画となっていることは間違いない。ヤクザまがいの警察官のやりすぎ感で笑わせておいて、落ちぶれても未だに組織のために働けると考えているあたりに哀愁を感じさせてしまう綾野剛はとてもよかったと思う。『新宿スワン』もそうだったけれど、綾野剛はちょっと愛嬌があるキャラが似合う。

 私が観たときは白石監督のトークショーが行われた日だった。その日のゲストはプロデューサーの方だったのだが、特別ゲストとしてこの映画の諸星のモデルとなった稲葉圭昭氏が電話での参加となった。
 稲葉氏曰く、この映画は事実のかなり忠実に作られているとのこと。事実と異なるとして稲葉氏が指摘したのは、警察署内でのセックスシーンと、諸星が逮捕されるときの二カ所だけ。この二カ所は演出として嘘が交じっているわけだが、そのほかはほとんど事実というのだからまさに波乱万丈の半生。
 白石監督から感想を求められた稲葉氏は、かつての仲間からも反響があったと語っていた。その仲間は「諸星がシャブを打つシーンなんかを見ると、またやりたくなるよね」みたいな感想を漏らしていたとか……。確かに顔を真っ赤にして涎を垂らしながらの綾野剛の熱演は真に迫っているように見えた。

日本で一番悪い奴ら Blu-rayプレミアム・エディション(初回限定生産)


日本で一番悪い奴ら DVDプレミアム・エディション(初回限定生産)


日本で一番悪い奴ら Blu-rayスタンダード・エディション


日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディション



恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫)


Date: 2016.07.10 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR