『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 青臭くても無様でも……

 原作は詩集としては異例のベストセラーになっているという、最果タヒによる詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
 監督・脚本は『舟を編む』などの石井裕也
 新人の石橋静河原田美枝子石橋凌の娘さんとのこと。

石井裕也 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 美香(石橋静河)と慎二(池松壮亮)は東京の街で出会う。


 主人公の看護師・美香(石橋静河)は病院で働きながらも、夜にはガールズバーでバイトをしている。もうひとりの主人公慎二(池松壮亮)は建設現場で日雇いとして働いている。そんなふたりが偶然出会って……。

 冒頭から東京の街の情景に美香の詩がモノローグでかぶさっていく。たとえばこんな感じ。

   都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。
   塗った爪の色を、きみの体の内側に探したって見つかりやしない。
   夜空はいつでも最高密度の青色だ。
   きみがかわいそうだと思っているきみ自身を、誰も愛さない間、
   きみはきっと世界を嫌いでいい。
   そしてだからこそ、この星に、恋愛なんてものはない。


 美香は幼いころに母親(市川実日子)を亡くしているのだが、それが自殺だったのではないかという疑いを抱いている。だとすれば美香は母親から棄てられた娘ということになるというわけで、その辺が美香の屈託となり詩の言葉を紡ぐ要因ともなっているようだ。
 一方の相手役である慎二だが、彼にも抱えているものがあって、慎二は左目がほとんど見えない。慎二の視点へと移行すると、スクリーンの左半分が黒くマスクされ、外界はスクリーンの右半分に開かれた覗き穴から見たような状態となるわけで、こうした視野は慎二が自らの内面に閉じこもっていることを感じさせる。
 そんなふたりが何度かの偶然も重なったりしつつ近づいていくことになるのだが、美香は「この星に、恋愛なんてものはない」とも詠っているだけにふたりの関係もすんなりとはいかずに行ったり来たり繰り返すことになる。

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 新人の石橋静河は池松壮亮を相手にしても存在感があった。

 舞台は東京で、ふたりは身近に「死」を感じつつ生きている。ちなみにウィキペディアによれば原作者の最果タヒ(さいはて・たひ)の「タヒ」とは、漢字の「死」から採られたらしい。看護師の美香は病院で死んでいく患者たちを目の当たりにするし、慎二は友人である智之(松田龍平)や隣人の突然死に遭遇したり、仕事の過酷さにズボンのチャックも上げられない同僚・岩下(田中哲司)の自殺を心配してみたりもする。そして、美香と慎二の最初の共通点というのが、「嫌な予感がする」という部分でふたりが深く納得したことだった。
 おもしろいのはふたりの恋愛(もしくは腐れ縁?)が、いつ成就したのかは描かれないということだ。ふたりの関係がそれなりに確固たるものとなっても、それによって世界がバラ色に変わるわけではないし、「嫌な予感がする」という状態も続いている。ただ、ふたりが一緒にいれば美香の内面の声は減り、慎二の自閉も解消され、自然と対話の場面が多くなる。
 元々詩を詠うことも誰かに何かを伝えたいということなのだろうし、隣に誰かがいれば自分の気持ちをその隣の人に伝えることになるのは当然だろう。そして、ときには予想もしないレスポンスが生まれる場合もある。「嫌な予感」はどんな悪いことでも起きる可能性であると同時に、「いいことだって起こるかもしれない」ことでもあるのだ。これは美香ひとりでは到達できなかったところと言えるのかもしれないし、そこには少しだけ希望がある。
 しつこいくらい何度も登場する路上歌手(野嵜好美)が最後に成功を勝ち取るのは、まさにそんな奇跡なのかもしれない。「それでもみんなガンバレ」みたいな応援歌を恥ずかしげもなく謳い上げる歌手は、その歌声も容貌も「中の下」(『川の底からこんにちは』の登場人物たちと同様に)で、絶対売れることはないという見方がごく普通だろう。しかし、その予想は外れることになるわけで、ふたりの未来だってもしかすると奇跡的ないいことだって起こり得るかもしれないのだ。

 詩から発想された映画ということで、繊細と同時に青臭くも感じられる作品で好みは分かれそう。私自身は青臭いのを自覚しているので、嫌いではない。
 池松壮亮の慎二はその微妙なバランスを醸し出している。弱味につけこまれるのを嫌い、読書で何かから自分を防御しているようでいて、カラオケではなぜか「CHE.R.RY」を歌って呆れられるという浅薄さ。だけどスレてないところが美点だろうか。
 新人の石橋静河は、最近の『PARKSパークス』にも顔を出していて、今の世代とは異質な昭和の女を演じていても違和感がなかった。まだまだ若い人なのだけれど流行りなどには影響されない人なのかもしれない。この作品でもポケットに手を突っ込んで歩くたたずまいが堂々としていて、新人らしからぬ雰囲気があったと思う。

夜空はいつでも最高密度の青色だ


川の底からこんにちは [DVD]



スポンサーサイト
Date: 2017.05.19 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『だれかの木琴』 住まいのセキュリティは万全だが心のほうは?

 監督は『サード』『絵の中のぼくの村』(ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞)などの東陽一
 原作は『つやのよる』『愛してる、愛してない』の原作も書いている井上荒野

東陽一 『だれかの木琴』 海斗(池松壮亮)と小夜子(常盤貴子)のふたり。


 新居に引っ越してきた親海小夜子(常盤貴子)は、知らない土地の美容院で山田海斗(池松壮亮)という美容師と出会う。海斗は顧客獲得のための営業のつもりで小夜子にメールを送るのだが、小夜子は次第に海斗に執着するような行動を見せるようになっていく。

 小夜子には警備機器会社に勤める夫・光太郎(勝村政信)と、中学生の娘・かんな(木村美言)がいる。この家族は新居も手に入れて何不自由のない暮らしがある。その新居には光太郎が勤務する会社の最新セキュリティシステムが導入されていて、外部からの侵入に対して鉄壁の防御をしている。それでも家族の心のなかを守ってくれるわけではなく、小夜子の心には海斗という存在が忍び込んでくる。
 営業メールに返信するくらいは問題ないけれど、ほとんど髪も伸びていないのに美容室へ出かけるのはおかしな兆候だし、会話の情報から海斗の家を調べたりするようになるとちょっと怖い。海斗には唯(佐津川愛美)という恋人もいるし、小夜子とは一回り以上も年齢が離れている。つまりは海斗と小夜子の関係は、美容師とその顧客という以上の間柄にはなりそうもない。それでも小夜子はうつろな目をしたまま海斗の家に現れたりして、海斗と唯を怖がらせたりすることをやめることができない。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『だれかの木琴』 小夜子は雨の中海斗の家へと向かう。常盤貴子は最後まで硬い表情を崩さない。

『だれかの木琴』 何度か登場する踏み切りのシーン。『もう頬づえはつかない』でもそんなシーンがあった。何かしらの境界を示しているのか?

◆だれが異常なのか?
 ストーカーを描いた映画は少なくない。それらの最後はサイコスリラー的な方向へと進んでいくことが多いだろうが、この『だれかの木琴』はちょっと違う。
 確かに小夜子の行動は異常な部分があるだろう。しかし、この作品では小夜子の存在は特別なものとはされていないように思えた。もちろん小夜子の異常さは目立つのだが、そのほかの登場人物も少なからずおかしい部分が垣間見えてくるのだ。
 海斗は今では営業スマイルで取り繕っているが、過去には暴力的な事件を起こしている。小夜子を疎ましく思い旦那の光太郎にまでけんかをふっかける唯の行動だって突飛とも言えるし、趣味であり仕事でもあるらしいゴスロリの服装には何か異様なものを感じる人だっているかもしれない。光太郎だって街娼のような女と遊ぶ程度には破目を外すわけだし、唯一まともなのは中学生のかんなだけかもしれない。
 小夜子が電車のなかで目撃する印象的な風景がある。ひとりの女性が電車のなかで遺影を見つめているという場面だ。人前でのそうした姿は異様なはずだが、電車のシートに居並ぶ客たちのなかではまったく目立たない。誰もがケータイやスマホを目の前に掲げているわけで、遺影を掲げた女性は日常的な風景のなかにうまく溶け込んでしまっているのだ。そういう意味では小夜子の異常さも日常を大きく踏み外すほどではなく、ギリギリその範囲に収まっているとも言えるのだ(唯一踏み外したのは放火魔の男だろうか)。

◆「だれかの木琴」とは
 では小夜子の海斗への執着は何だったのか?
 多分恋ではなくて、夫の振り向かせるための手段だったのだろう(小夜子がそれを意識しているとは限らないけれど)。小夜子は欲求不満からかしばしば夢想に耽る。そのときの相手は決まって夫の光太郎だ。小夜子の白昼夢に海斗が登場しても、海斗は髪をなでるだけの役割で、小夜子の身体をまさぐっているのは光太郎なのだ。
 つまりは小夜子が執着しているのは海斗ではなく、夫の心だったと言えるのだろう。ただ、それだけでは十分な説明ではないのだろうとも思う。小夜子は海斗とのことが終わったあとには、別の対象を見つけることになるからだ。
 そのあたりの小夜子の状況を説明するものとして、かつて小夜子が聴いた「だれかの木琴」についてのエピソードがあるのだろう。調和のとれた音楽には「完璧さ」がある。小夜子はそうした音楽を求めている。と同時に、それがなかなか手に入らないために苛立ちも感じている。
 これは『ボヴァリー夫人』のエンマが抱えていた葛藤とも似ているだろうし、「足るを知る」という金言を弁えない人の振る舞いとも言えるかもしれない。だから小夜子は夫からの愛情を取り戻すだけでは飽き足らず、それ以外の余計なものまで欲しようとする。これは病と言えば病なのかもしれないけれど、誰もがそういう心情は持っているわけで小夜子が特別に愚かだというわけではないのだろうと思う。

 ラストの小夜子の表情は何ともあっけらかんとしている。たっぷり夢を見てすっきりしたかのようで、それまで観てきた映画がすべて小夜子の夢だったかのようにも感じられなくもない。それまでは何かに憑依されたような硬い表情をくずさなかった常盤貴子だが、最後はとても自然な笑顔だった。
 暗くなりそうな題材だけれどラストは能天気だった(サイコスリラーを期待していた人は裏切られたと感じるかも)。夫役の勝村政信が鈍感さを発揮したり、その夫と対峙する唯役の佐津川愛美も大騒ぎをしてみたりと賑やかな部分もあったからか、意外とどんよりした後味にはなっていないのが不思議なところ。

だれかの木琴 [DVD]


だれかの木琴 (幻冬舎文庫)



東陽一の作品
Date: 2016.09.16 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『セトウツミ』 永遠のモラトリアム?

 原作は現在連載中の同名マンガ。
 監督は『まほろ駅前多田便利軒』『さよなら渓谷』などの大森立嗣

セトウツミ

 元サッカー部でお調子者の瀬戸(菅田将暉)とクールでインテリの内海(池松壮亮)のふたりが、代わり映えしない河辺でただしゃべるだけ。それだけなのだがなぜかおもしろい。
 ふたりの名前を並べると「セトウツミ」だが、漢字で書くと「瀬戸内海」。そんなふたりが河辺に留まり続けるのは、社会という海に出る前の半端な状況でありモラトリアムということなんだろう。内海は塾通いまでの空いた時間をつぶすために、瀬戸は部活を辞めてしまった退屈しのぎのために、放課後をしゃべるだけで何となく過ごしている。瀬戸には樫村一期(中条あやみ)という片想いの女の子がいるけれど、その樫村は内海のことが気になっていて……。そんな三角関係があったりしても結局は無駄話ばかりで青春の時は過ぎていく。

 マンガを試し読みすると、セリフはほぼそのまま使っていることがわかる。マンガの愛読者には映画版のキャラに違和感を抱く人もいるのかもしれないけれど、映画版を先に観た者としては、役者ふたりの生み出す“間”とかテンポのいい掛け合いとかがあまりにはまっていてすんなりとその世界に入り込めた。意味不明な遊びを持ち出してくる瀬戸と、乗り気でないようでいてそれに付き合って意外と楽しんでいるらしい内海のコンビがとてもよかったし、タンゴ風の音楽もクセになる。
 この作品は75分と短いけれど、続編も期待できそう。予告編として本編には入ってないネタがいくつか公開されている。『ちびまる子ちゃん』のまる子が永遠に小学3年生であるように、瀬戸と内海はいつまでも高校生であり続け、永遠に河辺でしゃべり続けそう。原作マンガは6巻が今月刊行予定とかで、いくらでも続編用のネタはあるんじゃないかと思う。
 印象としては東宝系の映画館でやっている『紙兎ロペ』とよく似ている。この『セトウツミ』は松竹系の映画館で公開していたが、松竹はこれを幕間上映なんかで使わせてもらえばシリーズ化にもつながるし宣伝にもなるかもしれない。松竹は歌舞伎の印象も強くてちょっと堅苦しいイメージだし、たまにはこんなのがあってもいいかと思う。



セトウツミ 豪華版 [Blu-ray]


セトウツミ 豪華版 [DVD]



セトウツミ [DVD]



『セトウツミ』原作マンガ
Date: 2016.07.06 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『海を感じる時』 セックス、キス、そして告白

 監督は『blue』『僕は妹に恋をする』の安藤尋。脚本は荒井晴彦
 原作は中沢けいが18歳のときに書いた『群像新人文学賞』受賞作。

『海を感じる時』 序盤のシーン。裸で髪が濡れているのは雨に降られたからである。

 原作が描かれたのは1978年で、当時、高校生の性といったスキャンダラスな部分で話題になったのだとか。私は原作を読んでいないが、この映画を観る限り、描かれていることは古臭いものに思えた。
 池松壮亮演じる男は女に手を出しておいて、ぶっきらぼうに「女の身体に興味があっただけ」などと言ってのける。この気取り方がカッコいいとも思えないし、それは古い映画で観た全共闘世代の活動家のそれに似ている。舞台としてはそんな時代はすでに過ぎている70年代後半なわけだし、難しい政治論が交わされるわけでもないわけで、どうしてそんなものが選択されるのかはよくわからない(原作に書かれているのか、脚本の意図か、監督の演出か、演者の役作りなのか)。
 背景とされる時代がノスタルジックに感じられるわけでもない。喫茶店でかかる曲(1976年に三木聖子が歌った「まちぶせ」)はそれらしい雰囲気だったし、毛沢東の名前や三島由紀夫の著作(『天人五衰』)が出てきたりもするのだが、それ以外に外部の世界について知らされることもない。ファザコン気味で母親との関係がうまくいっていない女の素性にも触れられるけれど、基本的にはふたりの関係ばかりに終始していく。
 閉じこもってセックスばかりの日々は、主演・市川結衣のヌードなどもあって退屈とは言わないけれど、度々の長回しに緊張感が漂うわけでもなく、ただただ情感もなく絡み合ったりする姿を漫然と眺めているといった印象。こんなふたりに誰が興味を抱くんだろうかというのが正直なところだろうか。嫌な男に馬鹿な女(市川結衣曰く“イタイ女”)という以上のものを感じられなかったのだ。

『海を感じる時』 高校生のころのふたり。

 序盤早々にふたりのセックスが描かれると、過去の場面を行き来しつつ、初めてのキス、そして告白の場面が描かれる。通常なら「告白⇒キス⇒セックス」という順を踏むところを逆に辿っているのは、男の女に対する関心がそうした順に進んで行ったからなのだろう。
 実際に男は映画の最後に女に告白することになる。そして男はそれまでの身体だけの関係から、ごく普通の同居生活を始めようともする。ご飯を炊いてふたりで食卓を囲んだりもするのだが、そのとき女は平凡な幸せらしきものを受け入れられなくなっている(冷たくあしらわれることが普通になり、被虐嗜好にはまったのか)。
 男と女との違い。求めるものとか、方向性とか、そのタイミングとか、そんなもののズレを描こうとしているのかもしれない(もっと深い何かがあるのかもしれないが、私には感じられなかった)。男が自分のほうを向いた途端に自らの愚かさに気づく女を見ていると、かえって哀れにも思えた。というのも、弄ぶ男はもちろんのこと、狂気を帯びて見える彼女の母親をはじめ、観客の誰もがそれに気づいているわけで、気づいていなかったのは彼女だけなのだから(あるいは気づいていてもどうしようもないのか)。

 ラスト、女が海へと向かう。海を感じて何事かが起きるわけではないが、そこから自分が住んでいた実家(=これまでの想い出なのだろう)を振り返って眺めるのだ。女はカメラに向けて初めて晴れやかな笑顔を見せるのだが、このシーンで意識していると思われるトリュフォー『大人は判ってくれない』みたいな鮮烈さは感じられなかった。

 ※ ラストに唐突に流れ出すのはこの曲。歌詞が妙に映画にマッチしている。


海を感じる時 [Blu-ray]


海を感じる時 [DVD]


海を感じる時・水平線上にて (講談社文芸文庫)


Date: 2014.09.20 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR