FC2ブログ

『夜明け』 疑似父子のゆるやかな共犯

 是枝裕和西川美和の監督助手などを務めていたという広瀬奈々子の監督デビュー作。

広瀬奈々子 『夜明け』 哲郎(小林薫)は川辺で倒れていた青年(柳楽優弥)を助けるのだが……。


 釣りをしようと川へと向かった哲郎(小林薫)は、水辺で倒れている青年を発見する。哲郎の自宅で介抱された青年(柳楽優弥)は「ヨシダシンイチ」と名乗る。自殺未遂を疑った哲郎は、帰ろうとするシンイチを引き止めゆっくりしていくようにと勧めることになる。

 倒れていた青年は明らかに偽名を名乗っているし、自分のことを話そうとはしない。そのまま放り出すのも忍びないという単なる親切心から、哲郎がシンイチに手を差し伸べたということなのだと思っていたのだが、次第にそれだけではないことがわかってくる。というのも哲郎は妻と息子を交通事故で亡くしており、その息子の名前が「真一」だったこともあり、よくある名前を名乗っただけのシンイチのことが気にかかっているのだ。
 哲郎は自分の木工所にシンイチを連れて行き、そこで仕事を覚えさせようとし、始めは戸惑っていたシンイチも次第にやる気を見せるようになっていく。木工所の同僚・庄司(YOUNG DAIS)や米山(鈴木常吉)もシンイチに親切で、哲郎と結婚することも決まっている宏美(堀内敬子)とその娘も含め、家族のような関係に……。

 ※ 以下ネタバレもあり!

『夜明け』 シンイチは哲郎の亡くなった息子と似たような風貌に。

 『夜明け』の主人公はシンイチであるのは明らかなのだけれど、彼に手を差し伸べる哲郎の存在もそれと同じくらい重要になっていく。新たな息子を欲している哲郎と、本当の家族から逃げ出し、行く場所もなく考える時間を必要としているシンイチとの、ゆるやかな共犯関係が成立していくからだ。
 父は息子に過度な期待を寄せ、息子はそれに応えたいと思いつつも、それが重荷になり逃げ出してしまう。これは哲郎と真一の間にもあった関係だし、芦沢光(シンイチの本当の名前)とその父親の間にもある関係だろう。その関係が改めて哲郎とシンイチという疑似父子にも繰り返されることになる(疑似父子が木工所で働くという設定は『息子のまなざし』を思わせる)。

 真っ当な仕事もなく、働いてみればパワハラが酷く、その上司を「死ねばいい」とまで憎んでいたシンイチ(その上司との関係が冒頭のシーンに結びつく)。そんなふうに考えてしまうのは、そもそも「世の中はクソみたいで、そんなところで生きることに意味があるのか」といった厭世観に囚われているからだ。
 そんなシンイチでも、哲郎たちに世話になっていることは理解しているし感謝もしている。だから自ら亡くなった「真一」に合わせるように髪を染めてみたりもする。それでいて家族の茶番劇には耐えられず、結婚式という茶番劇の最たる場面でやってはいけないことをやってしまう。
 ここではその場を適当に取り繕ってやり過ごすことのできないシンイチの未熟さと同時に、善意とは言え自らの期待を押し付けて過ちを繰り返す哲郎の懲りない部分も見えるだろう。
 それでもシンイチは「空気を読めない」若者というわけではないのだろう。あまりにシンイチのことに入れ込みすぎて、ややもすれば再婚相手である宏美を疎かにしがちな哲郎に対し、「このままだと誰も幸せになれませんよ」と説教めいた言葉を発したりするあたり、シンイチの人生に対する真摯な態度が表れているようにも感じられた。考え過ぎるから余計に間違ってしまうということもあるのかもしれない。
 結婚式から逃げ出したシンイチは、あてもなく彷徨い夜明けを迎える。作品冒頭では夜明けのなかで自殺を図った(?)と思われるシンイチは、今度は自らの意志で哲郎の木工所へと戻ってくる。そこから先は描かれることはないけれど、シンイチが戻ってきたのは哲郎やその周囲の人たちに茶番ではないものを感じ取ったからだろうか。

 師匠・是枝作品のようなウェルメイド感はなく、ぎこちない部分もあるし硬すぎる気もする。それでも主演の柳楽優弥が言うように「刺さる人には刺さる」作品だろうと思う。今の一部若者の気持ちを代弁しているところがあるからだ。『ディストラクション・ベイビーズ』とは違って頼りなげな表情を見せる柳楽優弥の姿を、我が事のようにハラハラしながら見守るような気分になった。ラストは何ともカッコ悪いしバツが悪いのだが、それを受け入れろというのが広瀬監督の思いなのかもしれない。

夜明け (特装限定版) [Blu-ray]


【メーカー特典あり】夜明け (特装限定版)(縮刷ポスター(複製メッセージ入り)付) [Blu-ray]



息子のまなざし [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2019.01.26 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『ディストラクション・ベイビーズ』 共感はできないけれど、目を離すこともできない

 監督はこの作品がメジャーデビュー作となる真利子哲也
 暴力的な衝動がモチーフになっているところからも推測されるように、タイトルは村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』を意識しているようだ。そして、“ディストラクション”とはDistraction(気晴らし、動揺)とDestruction(破壊)という似た発音の言葉から発想されたものだとか。

真利子哲也 『ディストラクション・ベイビーズ』 

 泰良(柳楽優弥)は最初から最後までケンカばかりしている。街を徘徊して獲物を狙う目は獣のよう。しかし獣にすらあるはずのケンカのルールも、泰良にとっては関係ない。目的は金でもなければ弱い者をつぶすことでもない。骨のありそうな奴を探しては殴りつけ、殴り返される。血だらけになり這いつくばっても「まだやれるやろう?」と相手に向かっていくことが生きがいらしい。泰良は理解不能のバケモノなのだ。
 ケンカが強い男は人を惹きつけたりもするけれど、泰良はひとり彷徨っている。泰良のケンカは誰かに対する示威行動ではなく、ただケンカそのものが目的なのだ。そして時にはヤクザにこっぴどく打ちのめされても意味のないケンカをやめようとしない。そんな薄気味悪さが相手をたじろがせるのだ。泰良が何のためにケンカをするのか誰にもわからないし、泰良も「楽しければええけん」と言うだけで説明することもない。

 ケンカに明け暮れる泰良の姿を街で見かけた裕也(菅田将暉)は、そんな泰良に取り入って騒ぎを拡大させることになるけれど、そんな裕也でさえ泰良のことを理解できない。裕也は泰良の尻馬に乗ってうっぷん晴らしをするわけだが、泰良にとって裕也は眼中にないのだ。一方で巻き込まれて人を殺すことになったキャバ嬢の那奈(小松菜奈)の行動には興味を抱いている。それは殺人という暴力に対する興味なのかもしれない。裕也はうっぷん晴らしの仲間として共感できる部分があると考えていたようだが、それは泰良のことを見誤っていたに過ぎないわけで、泰良は誰の理解も超えているのだ。

 泰良が松山の中心地でケンカをする場面は、カメラはちょっと離れた位置からそれを捉えている。あまり近づきすぎると巻き添えを喰らうかもしれないが、何だか面白そうで目が離せないという野次馬の目線なのだ。共感はできないけれど、目を離すこともできない。そんな泰良を演じた柳楽優弥の存在感は素晴らしかった。


 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末にも触れているので要注意!

『ディストラクション・ベイビーズ』 泰良は誰もいない細い路地でケンカをふっかける。迫ってくる柳楽優弥が不気味!

 「衝撃作!」というキャッチフレーズも大袈裟ではないくらい、日本映画では珍しく攻めている作品だと思うのだが、途中からその終わり方をどうするのかという点が気になっていた。
 中盤で裕也が加わってからは、泰良のやることはケンカというよりは通り魔として扱われ、世間でも注目を浴びてしまう。犯罪者となったからには最後は社会的制裁を受けることになるというのが一般的だろうが、この作品はそうした終わり方にはしなかった。それは泰良が着地する場所などどこにもないということのようにも思えた。

 冒頭では泰良の弟・将太(村上虹郎)が兄を見つける。そのとき将太は川の向こう岸に泰良を発見する。将太は泰良を追いかけるが捕まえることはできない。ここでは「此岸」に弟がいて、「彼岸」に兄がいる。「彼岸」というのは「あの世」ではないけれど、現実世界である「此岸」からは遊離した場所であるとは言えるかもしれない。
 泰良と将太の養父(でんでん)は、彼らの地元・三津浜にはルールがあると語る。三津浜では毎年恒例の喧嘩神輿では死者が出ることもあるというが、それは「ハレ」の日ということで大目に見られている。ケンカも祭りという行事の最中なら許されるというのが三津浜のルールだが、泰良はなぜかそうしたルールを逸脱して「ハレ」の状態に留まるのだ。これが泰良の居る「彼岸」ということだろう。
 そして、一連の騒ぎのあとのラスト。その日はまさに喧嘩神輿の当日だが、その日に一度は姿を消した泰良が再び姿を現す。今度は養父がその姿を対岸に発見することになる。向こう岸には泰良だけではなく、将太も泰良を思わせる風貌で姿を現すのだ。タイトルの“ベイビーズ”とは泰良と裕也のことだとばかり思っていたのだが、どうやら泰良と将太が“ベイビーズ”であったらしい。
 タガが外れたふたりの子供たちがどうなるかはわからない。けれどもこの作品では最後の最後まで泰良は社会のくびきに囚われることはない。なぜかと言えば、彼らを屈服させ彼らの死によって現実世界に着地させることは、彼らをわれわれの尺度で測ることだからだろう。理解できないバケモノは理解できないままに終わらせるというのがあの結末になったのではないだろうか。作り手としてとても誠実だけれど、それだけにこれまでになく危なっかしい作品となっている。柳楽優弥が演じた泰良と同じように、『ディストラクション・ベイビーズ』という作品も目が離せない魅力がある。それが到底共感できないとしても……。

ディストラクション・ベイビーズ 特別版(2枚組)[Blu-ray]


ディストラクション・ベイビーズ 特別版(2枚組)[DVD]


Date: 2016.05.27 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (6)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR