FC2ブログ

『火口のふたり』 破れかぶれのふたりだったのに

 『この国の空』などの荒井晴彦の監督作。
 原作は『一瞬の光』『ほかならぬ人へ』などの白石一文

荒井晴彦 『火口のふたり』 主役は柄本佑と瀧内公美のふたり。

 原作者の白石一文の本は多分10冊くらいは読んでいるのだが、その感想ということになると複雑なものがある。この作者に対する評価としては「生きることに対する真摯な姿勢が感じられる」などという言い方がされたりする。確かに日常的なアレコレを描いているようでいて、それだけではない何かを探求しているようにも感じられる。その何かは安易に宗教的なものに流れたりはせずに時によって様々だが、「こんなアホみたいな日常だけがすべてなんてやってられないだろう」という感覚には共感できるものがある。ただ一方でとても青臭く感じる部分もあって――それはもしかすると私自身が青臭いからかもしれないとも思うのだが――だからこそ反感を覚える部分もある。
 『火口のふたり』は東日本大震災の後に書かれた作品で、どことなく終末的なものを感じさせるものがある。主人公の賢治は会社の社長だが、その会社は倒産しかけている。つまりは破滅しかけていて自分を見つめ直す休暇中という設定なのだ。そして、もうひとりの主人公である直子はすでに結婚が決まっていて、独身最後に元恋人だった賢治と一夜だけ昔のような肉欲に溺れたいと願う。片や破滅寸前の男と、片や独身最後で羽目を外したい女。どちらにしても破れかぶれのふたりの話ということになる。
 そして、現在公開中の映画版だが、原作では40代くらいの設定なのだが、映画版では30代程度という設定。賢治を演じるのは柄本佑で、直子役は瀧内公美だ。ふたりは久しぶりに再会し結婚式までの短い休暇を誰にも邪魔されずに堪能することになる。何をするのかと言えば当然セックス三昧ということになり、セックスの合間に食事をして疲れたら眠り、起きてはまたセックスを繰り返すという怠惰な時間を過ごすことになる。

『火口のふたり』 ふたりの若いころの写真。火口とは富士山の火口のこと。

 本作では賢治と直子以外の登場人物はおらず、背景程度の人物しか登場しない。それだけにふたりの絡みが中心となってくる。中盤以降はほとんど裸ばかりという作品で、役者陣の頑張りは十二分に感じられるのだが、延々とその行為を見せられるだけだとちょっと退屈だというのは、『ニンフォマニアック』などと同じという感じもする。
 荒井晴彦が雑誌のインタビューで答えていて「なるほど」と思ったのは、ロマンポルノでは女優さんの裸は2人以上という決まりがあったのだそうだ。観客となる男性の好みのタイプが様々ということが一番の理由なのだと思うのだが、同時に本作のようにあまりに閉じた関係だと物語に広がりがなくなるので、それを防いでいたのかもしれないとも思えた。

 映画版と原作とで異なるのは映画では舞台が秋田となっているところと、賢治のキャラがただのフリーターという能天気な男になっているところ。秋田が舞台となっているのは、東日本大震災で被害が大きかった東北を取り上げるということと、秋田の亡者踊りを登場させたかったということがあるようだ。亡者踊りは生者と死者が一緒に踊るという設定で、その祭りは「生と死のあわい」を垣間見させてくれるようなものらしい。
 そして、賢治がただのフリーターになってしまっているという変更もあって、原作が意図していたような破れかぶれの感覚はあまりない。破れかぶれのふたりの間で最後に残ったものがセックスだったというのではなくて、単に官能に溺れているだけのようにも感じられた。
 また映画版のラストでは賢治が子供をつくることを同意したとも思えるような台詞もあり、賢治と直子がその後に正式に結婚したりするんじゃないかとも見えなくもない。いろいろあったけれど最後は日常に回帰してめでたしめでたしという終わりとも思えなくもなかったのだ。
 個人的には原作者の白石はそんなふうに日常的なところへ着地させようという意図はなかったんじゃないかと思っているのだがどうなのだろうか。「子供ができてもいい」という感覚は破れかぶれになっているというよりも、生というものの継続を意識させているように感じられたのだが、荒井晴彦はどういうつもりだったんだろうか。

火口のふたり[Blu-ray]


火口のふたり[DVD]


火口のふたり (河出文庫)


スポンサーサイト



Date: 2019.09.08 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『きみの鳥はうたえる』 輝くクソを眺めること

 原作は『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などの佐藤泰志の同名小説。
 監督は『Playback』『密使と番人』などの三宅唱
 タイトルはビートルズの曲「And Your Bird Can Sing」の直訳。映画のなかではこの曲が使われることもないけれど、登場人物の心情とその歌詞はよく合っている気もする。

三宅唱 『きみの鳥はうたえる』 “僕”(柄本佑)と同居する静雄(染谷将太)。その間にいるのが佐知子(石橋静河)。

 函館郊外の本屋で働く“僕”(柄本佑)と同居する失業中の静雄(染谷将太)。そんなふたりの間に入り込んでくるのが、“僕”の職場の同僚の佐知子(石橋静河)。
 たまたま同じ日に公開となった『寝ても覚めても』が10年近くの長い時間の経過を描いたものだとすれば、『きみの鳥はうたえる』のほうは現在進行形の時間を体験させてくれるような作品だと言える。
 最初に“僕”と佐知子の関係が描かれ、そこに“僕”の同居人の静雄も加わる。3人が集まり、ただ酒を飲み、タバコを吸い、ビリヤードや卓球に興じ、踊る。特にクラブで佐知子が踊るシーンは即興的に撮られているものと思え、それをカメラは延々と捉えていく(佐知子を演じる石橋静河はコンテンポラリーダンサーでもあったらしい)。

『きみの鳥はうたえる』 3人は夜通し飲み歩く。実際に飲んで撮影しているところもあるのだとか。

 三宅唱監督は『映画芸術』でのインタビューではこんなことを語っていた。とてもうまい言い方だと感じたので引用しておく。

誰にでも朝まで飲まなきゃやってられないような夜ってあると思うのですが、だからなのかはわかりませんけど、夜明け頃の街にいる人たちって、なんというか、輝くクソという感じで、僕はそれを眺めるのが好きですね。(下線は引用者)


 作品内でも3人は朝まで飲み歩く。そういう姿は傍目には醜悪なものとも見えるけれど、本人たちにとっては酔いもあってとても楽しそうでもある。延々と続くクラブのシーンなんかは人によっては醜悪なものを感じるのかもしれない。ただ三宅監督はそうした場面を眺めるのが嫌いではないわけで、上記の言葉のあとには「自分もその一部だなあと思える」と語っている。それでもどこか醜悪なものがあることも感じているわけで、だから「輝くクソ」といった表現になるのだろう。

 この作品では3人がひたすら楽しく過ごす時間が描かれ、面倒なことは避けられている。“僕”と佐知子が最初に関係するときも、「面倒くさいことはイヤ」ということを互いに念を押している。それから静雄は飲みすぎる母親(渡辺真起子)との会話のなかでボケたり病気になったりして面倒になることを心配してもいる。
 「遊んだり飲んだりして何が悪いの?」(*1)という台詞通りに3人は楽しく過ごしていくわけだけれど、どうしても避けがたいことに面倒はやってくることになる。佐知子は“僕”と別れて、静雄と付き合うことを宣言するし、静雄には母親の病気の知らせが届く。
 この作品は面倒なことが決定的に始まる前に終わってしまうけれど、ラストを飾るのは佐知子の何とも言えない表情。これまで終始「輝くクソ」を眺めてきた観客としては、この作品に対する評価に関しても微妙なものを感じる瞬間もあったのだけれど(だって輝いていてもクソはクソだし)、最後の佐知子の表情ですべて報われたような気もした。その曖昧な表情からはその後の展開を推測することは難しいけれど、楽しかった時間の終わりを感じさせる絶妙なラストだったのだ。
 “僕”は本屋の同僚店員・森口(足立智充)にその不誠実さを責められる。“僕”は面倒くさくてあまり相手にしないのだけれど、森口は他人が楽しくしているのがうらやましくて耐えられないというタイプ。そんな森口も本屋の店長(萩原聖人)に情けをかけられて飲み歩く夜はとても楽しそう。その姿はまさに「輝くクソ」といった感じで、この作品はそんな時間が捉えられているところが素晴らしいのだ。とにかくラストを観るだけでも映画館に行く価値があるんじゃないかと思う。

 80年代に書かれた原作を現在に時を移しての映画化で、クラブで使われている音楽はヒップホップなのだけれど、3人のたたずまいは昭和のそれっぽい感じもある。路面電車が走っている函館という街も昔ながらの風情があるのかもしれない。
 魅力的に佐知子を演じた石橋静河は、落ち着いたトーンの声といい、すでに貫禄すら感じさせるくらいだったと思う。

(*1) この台詞はどこか「気分が良くて何が悪い?」という村上春樹の本に出てくる言葉を思わせなくもない。原作者の佐藤泰志と村上春樹は同い年だったらしく、その当時の感覚が似たような台詞として登場しているのかもしれない。ちなみに私自身は原作を読んでいないのだけれど、原作ではさらにその続きが描かれているらしい。

きみの鳥はうたえる 特別版 [Blu-ray]


きみの鳥はうたえる [DVD]


きみの鳥はうたえる (河出文庫)


映画芸術 2018年 08 月号 [雑誌]


Date: 2018.09.08 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 思いも寄らぬ人生

 『南瓜とマヨネーズ』『ローリング』などの冨永昌敬の最新作。
 「ウイークエンド・スーパー」「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」といった雑誌の編集長として知られる末井昭。彼の自伝的エッセイ『素敵なダイナマイトスキャンダル』がこの映画の原作となっている。

冨永昌敬 『素敵なダイナマイトスキャンダル』 ダイナマイトで爆発する母親を演じた尾野真千子。撮影は月永雄太。

 この作品は末井昭の半生を追うクロニクル(年代記)である。と同時に、70年代初めから80年代の終わりという昭和の風俗史を描いたものでもある。このころの写真雑誌業界には荒木経惟がいて、そのほかにも南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎などのサブカル業界では名前を知られた人がうろちょろしていたらしい。映画のなかでも荒木経惟をモデルにした荒木さんというカメラマン(演じるのは菊池成孔)が登場したり、実在の誰かをモデルとしたらしき風変わりな人々が顔を揃える(嶋田久作が演じたダッチワイフ職人のキャラがいい)。
 もちろん末井自身も色々逸話を持つ人物だ。タイトルのダイナマイトというのは“ものすごい”を意味する形容詞ではない。末井昭という人の母親は、実際にダイナマイトで自殺したのだという。しかも隣人の不倫相手と一緒に。山奥の小さな村にとってはとんでもないスキャンダルで、末井の家族は村のなかで白い目で見られることになる。そんなこともあってか、末井は東京に出て働くことになり、紆余曲折を経てエロ雑誌業界で生計を立てることになる。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 末井昭(柄本佑)は浮気相手・笛子(三浦透子)との逃避行に。

◆思いも寄らぬ人生
 おもしろいのはこの作品が「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」といった雑誌を世に送り出した男のサクセスストーリーとは違うということだろうか。最初はデザインに興味を持った末井(演じるは柄本佑)は、デザイン系の学校に通い、自らの情念を表現したいといきり立つ。そのころ知り合った近松(峯田和伸)とは朝まで芸術論を語り明かしたりもする。
 そんな末井がエロ雑誌業界へと紛れ込むのは成り行き上で、ピンサロの看板描きの仕事からの人とのつながりによる。与えられた仕事をそれなりにおもしろがってやっていたら、いつの間にかに編集長にまでなり、30万部もの部数を記録するまでになってしまう。
 ただこの成功が末井の望んでいたもので、その仕事が彼にとっての自己表現だったのかというと、そうではないのだろうと思う。末井は成功を手にすると現実逃避的に浮気に走ったりもし、それと同時にわけのわからない行動も増えてくる。投資に大金をつぎ込んで散在してみたりするのはわからなくもないけれど、猥褻物を取り締まる警察官(松重豊)とのやりとりは官憲をおちょくってるようにすら見えるし、小銭をばら撒きながら街を徘徊する様子はちょっと狂気めいているのだ。表現者を目指していた人がいつの間にかそれを諦めたということなのかもしれないのだが、末井の姿には空虚ささえ感じられるのだ。
 考えてみれば末井の周囲の人々も、それぞれに思いも寄らぬ場所にたどり着いている。末井の妻・牧子(前田敦子)はペット相手に寂しさを紛らわす主婦となり、浮気相手・笛子(三浦透子)は精神を病み自殺未遂をする。夢を語り合った近松ですら、自分で描いたポスターのことを忘れてしまっている。そして何より末井の母親(尾野真千子)は、ダイナマイトで心中するという思いも寄らぬ最期を迎えたのだ。

 この作品では、昭和40年代後半から、末井が「パチンコ必勝ガイド」を出版する昭和63年までの約30年間が描かれる。上映時間は138分と結構長いし、時代を順に追っていくという構成はのんべんだらりとした印象を与えるかもしれない。前半はそんなところもあるのだけれど、後半になり浮気相手との逃避行でどこかの湖畔に「夢のカリフォルニア」が流れるあたりからちょっと趣きが変わる。夢は破れ――というよりどこかに雲散霧消し、もの悲しさみたいなものが感じられるようになってくる後半がとてもいい。末井が扱いに困っていた母親のダイナマイト心中も、最後には笑い話のように語ることができるようになり、同時に結核を病み医者からも見放され、ふたりの子供を残して死ぬことになった母親の心残りをも感じさせるのだ。
 もっとも実在の末井昭本人がそんなことを考えたかどうかはわからない。ただこの作品で脚本・監督を務めた冨永昌敬の構成した末井という人の半生の物語はそんなことを感じさせるのだ。末井は空っぽなのかもしれないのだけれど、空っぽだからこそ時代の空気を読むことに長け、エロ雑誌が廃刊になってもめげることもなく新しい鉱脈(パチンコ)を見つけ出してくる。そこにほかの人にはない才能とかエネルギーがあることは確かなんだろうと思う。それでもやはりとらえどころのない人という印象は変わらないけれど……。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 末井の妻・牧子(前田敦子)の後年の姿。最初はもっとかわいらしい姿で登場する。

◆昭和の女たち
 南伸坊曰く「ボーヨーとした人物」であるという末井昭。そんなつかみどころがない人物を、やはりつかみどころがないままに演じてみせた柄本佑もいい味を出しているけれど、彼を取り巻く女性陣も印象に残る。
 妻役となる前田敦子はかわいらしいツインテールで登場するものの、寂しい主婦と成り果てるまでを演じている。仕事などで家に寄り付かない末井に、「あなたがいない間、私が何してるか考えたことある」と問いかける場面が結構怖い。
 愛人役の三浦透子『私たちのハァハァ』では女子高校生役だった人。あのときもちょっと狂気っぽい役だったけれど、この作品では精神病院に入院するほどになってしまう。退院した後に末井の職場に姿を現したのは、一体何を求めてのことだったのだろうか。自殺未遂で身体に残った傷痕を見せにきたわけではないと思うのだけれども、末井の見せるやさしさもホテルに行くことだけというあたりもどこかもの悲しいエピソードだった。
 荒木さんの「芸術だから」という口車で裸になる女性たちを尻目に、浴衣をちょっとはだけただけの末井の母を演じた尾野真千子が一番艶っぽい。母親の登場シーンは回想だからか、尾野真千子にセリフはまったくない。その代わりにエンドロールで主題歌「山の音」(音楽の担当は菊地成孔小田朋美)で歌声を聴かせてくれている。しかもデュエットの相手は末井昭本人。この曲がとても素晴らしく、ふたりの歌声が作品を見事に締めくくっている。



素敵なダイナマイトスキャンダル [Blu-ray]


【早期購入特典あり】 素敵なダイナマイトスキャンダル (ステッカー付) [Blu-ray]


素敵なダイナマイトスキャンダル [DVD]



素敵なダイナマイトスキャンダル (ちくま文庫)



「素敵なダイナマイトスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック


Date: 2018.03.25 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR