FC2ブログ

『孤狼の血』 ヤクザより警察のほうが怖い?

 原作は“警察小説×「仁義なき戦い」”と評判となった柚木裕子の同名小説。
 監督は『凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』などの白石和彌

白石和彌 『孤狼の血』 マル暴のベテラン刑事・大上を演じるのは役所広司。


 暴対法成立前の昭和63年。広島の架空の街・呉原。そこではある失踪事件をきっかけにして、広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と、地場の暴力団「尾谷組」とが抗争になりかけていた。マル暴のベテラン刑事・大上(役所広司)は、新人刑事の日岡(松坂桃李)と組まされて捜査を開始する。

 東映のヤクザ映画は久しぶり。それだけに気合いが入っている。製作陣が「テレビでの放映は考えていない」というように、お茶の間で放映するには問題がありすぎる内容だ。冒頭は養豚場の豚がひり出す糞のシーンだし、放送にはふさわしくない品のない言葉の連発だ。血みどろの暴力行為(最後の殺しの撮り方にこだわりを感じた)はもちろんのこと、腐乱死体に土左衛門、エロもあり、様々な規制の対象となるものばかりなのだ。そんな規制なんぞクソ喰らえとばかりの熱量で生み出された作品は見逃せない1本となっていることは間違いない。

 主人公である大上はマル暴の刑事。暴力団を相手にするマル暴は、自分もそれだけの気構えがなければやっていけない。一昨年の白石作品『日本で一番悪い奴ら』でも、真面目な警察官だった主人公はマル暴となったことで変貌していく。『孤狼の血』の大上も本物の暴力団以上に暴力団らしい風貌と度胸を持っている。
 大上は「警察じゃけ、何をしてもええんじゃ」と言うように、捜査のためには手段を選ばない。そんな大上に翻弄されることになるのが新人の日岡。広島大学出のエリートとしては、違法行為も厭わない大上のやり方には反発を覚えながらも、マル暴としての生き方を学んでいく。

『孤狼の血』 役所広司演じる大上の風貌には凄みがあった。

 久しく見なかった暑苦しい男たちの切った張ったのやりとりは、それだけで十分に見応えがある。いつもはちょっと食傷気味な感もある役所広司だが、今回のヤクザのような刑事という役柄は魅力的だった(役所広司には『シャブ極道』という作品もあるらしいのだが未見)。ただ、いくつか気になる点もあった。
 マル暴の大上は暴力団と癒着しているように見えるのだが、それは暴力団を飼い殺すためだ。対立する暴力団の両方と交渉し、決定的な戦争へと発展することを避けようとする。それが何のためなのかは大上の死のあとになって次第に明らかになる。
 ここが感動的なところでもあるのだが、あまりに大上がカッコ良すぎて、真相が明らかになるにつれて妙に醒めてしまった。大上が暴力団の内部にまで入り込んで彼らを操ろうとするのは、カタギの人間を守るためだというのだ。そのためには暴力団と同じように違法行為も辞さないし、同時に警察上層部に背後から刺されないように彼らの弱味を握り、自分の立場を堅固なものとする。誰に頼まれたわけでもないのに独りで勝手に命を張っているのだ。
 原作者も多大な影響を認める『県警対組織暴力』の主人公の刑事(菅原文太)が広谷(松方弘樹)に肩入れするのは、彼の男気に惚れたからだった。カタギの人間のためなどという正義感よりも、こちらのほうが腑に落ちる気がするのだ。

『孤狼の血』 新人刑事の日岡を演じる松坂桃李と、薬局の店員を演じる阿部純子。阿部純子は以前「吉永淳」という名前で『2つ目の窓』に出ていた人。

 それからもうひとつの違和感は、大上(=狼)の血を受け継ぐこととなる日岡の、その受け継ぎ方だ。日岡はただの新人ではなく、県警から送られたスパイとして大上を監視するのが真の任務だった。そんな日岡が大上の死によって変貌する瞬間がこの作品の見どころでもあり血がたぎる部分でもある(今回も松坂桃李はおいしい部分を持っていっている)。ただ、後になってよく考えてみると、大上と日岡には立場に違いがある。
 大上は暴力団を飼い殺して操ることを選んでいたわけだが、日岡のやり方では決定的に暴力団と対立してしまっている。「暴力団は駒に過ぎない」と言ったのは大上だが、そう言いつつも暴力団を潰そうとはしていなかったわけで、日岡のやり方は警察という権力の手先になっているだけのようにも見えてしまう。大上の正義は暴力団と警察の間でバランスを取ることだったわけだが、日岡の足場は警察のほうにある。しかも警察内部の不正を暴くことこそが仕事であり、最後に吐く捨て台詞は「まだまだ悪徳警官は残っている」という言葉だった。“ヤクザもの”のパッケージで売りに出されている作品だが、実は“警察もの”なのだ。
 暴力団の無軌道なエネルギーの発散こそが“ヤクザもの”の魅力だとすれば、この作品ではそうしたエネルギーは警察という権力によって騙され丸め込まれてしまう。警察が取り締まりに本腰を入れ暴力団員がどんどん減少している時代の趨勢からすれば、そうした結論になるのは致し方ないのかもしれないけれど、映画としてはちょっと寂しいような気もした。

孤狼の血 [Blu-ray]


孤狼の血 [DVD]



孤狼の血 (角川文庫)


仁義なき戦い Blu-ray COLLECTION


県警対組織暴力 [Blu-ray]



シャブ極道 [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.05.16 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『娼年』 松坂桃李、売ってるってよ

 原作は石田衣良の同名小説。
 監督は『愛の渦』『何者』などの三浦大輔

三浦大輔 『娼年』 リョウ(松坂桃李)は男娼となって女たちの欲望の対象となる。


 大学生のリョウ(松坂桃李)はアルバイト先のバーである女性と出会う。御堂静香(真飛聖)と名乗るその女性に誘われるがまま自宅に赴くと、彼女の娘・咲良(冨手麻妙)を抱くように言われ……。

 口のきけない娘のために男を買うセレブ母なのかと思っていると、実は御堂は秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナー。娘とのセックスは情熱を測るためのテストだという。テストに合格したリョウは男娼として働くこととなる。
 “着衣時間はわずか18分半”などと謳った『愛の渦』以上に、『娼年』のセックスシーンは生々しい。男娼の仕事を描く作品ということで、やっていることはアダルトビデオのそれと変わりないのだ。そして、見どころとなるのは女優陣のあられもない姿よりも、主役松坂桃李のおしりと激しい腰使いである。
 とはいえ、あからさまなセックスが描かれるのは、それを通してしか描けない関係性を描くという意図があるのだろう(好意的に解釈すればだけれど)。「セックスなんて手順の決まった面倒な運動」だと澄ましていたリョウが、男娼として様々な女性と会ううちに成長していく。

『娼年』 セックスシーンが大部分を占める作品。人によっては辟易するかもしれない。

 リョウは一流大学に籍は置きつつも学業など意味がないと無気力で、そうした態度は女に対しても同様で、朝まで一緒にいた女性に対しても素っ気ない。そんなリョウが心変わりしたかのように男娼の仕事にのめり込む理由は、後半になって明らかにされる。
 リョウには幼くして亡くなった母親がいて、リョウはその母親と御堂のことを重ねている。つまりはマザコンなのだ。リョウのなかには未だに帰ってこない母親を待ち続ける“少年”の気持ちが残っていて、それゆえにタイトルは“娼年”ということになる。
 この作品では違法な売春も後暗い印象では描かれてはいないし、女性たちの様々な欲望も肯定的に捉えられている。たとえば、好きな男の子の前でおもらししたのが一番のエクスタシーだったイツキ(馬渕英里何)はリョウの前の放尿することで再びエクスタシーを感じることになり、泉川夫妻(西岡徳馬佐々木心音)は自分たちで創作した物語にリョウに加わってもらうことで、よりエキサイティングなセックスを楽しむ。客たちがリョウと過ごす時間は欲求不満の解消というだけではなく、精神的にはカウンセリングのような効果をもたらすのだ。

 原作は小説であり、その後に舞台作品(これも松坂桃李主演)となり、今回映画化されたもの。小説ではもっと内面が探求されることになるのだろうが、舞台や映画ではおのずと違うものとなるだろう。役者陣が目の前で裸になって演じる舞台というのは、観客としても気恥ずかしいんじゃなかろうかと思うのだが、この映画版はどうだったのかと言えば、男と女(あるいは男と男)が必至になってセックスに励む姿はどこか滑稽なものに感じられた。交わる当人たちの感覚はどうであれ、それを客観的に眺めることになる観客としては、彼(彼女)らの欲望に対する情熱が凄すぎて笑ってしまうのだ。上品な老女(江波杏子)がリョウとのセックスのために、バッグにローションまで忍ばせてくるというあたりにいじらしさを感じる。

 松坂桃李はセックス依存症の外科医という役柄でおしりも丸出しにしていた『エイプリルフールズ』あたりで方向転換したのか、『彼女がその名を知らない鳥たち』でもえげつない役柄を楽しそうに演じていた。この作品の体当たりのセックスシーンに劇場に足を運んだ多くの女性ファンがどう思ったのかはわからないけれど、最近の松坂桃李は作品の選び方がおもしろい。

娼年 [DVD]


愛の渦 [DVD]


彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [DVD]



エイプリルフールズ DVD 通常版



松坂桃李の作品

三浦大輔の作品
Date: 2018.04.12 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR