『湯を沸かすほどの熱い愛』 ぬくもり程度では納得できない

 監督・脚本は『チチを撮りに』の中野量太。『チチを撮りに』は、最初は自主制作としてスタートしたものの、映画祭などで評判がよかったために劇場公開された作品とのこと。
 今回の『湯を沸かすほどの熱い愛』が商業映画デビュー作ということになる。

中野量太 『湯を沸かすほどの熱い愛』 双葉という肝っ玉母ちゃん(?)を演じるのは宮沢りえ。


 幸野双葉(宮沢りえ)は娘の安澄(杉咲花)とふたりだけの生活。実は1年ほど前に夫が姿を消し、経営する銭湯も休業状態なのだ。そんなある日、双葉はバイト先で突然倒れる。病院で診察を受けると末期がんとの宣告を受け、一度は茫然とする。しかし双葉は絶望することもなく、残された日々でやらなければならないこと考える。

 よくある「余命宣告もの」である。日本映画にはなぜこうした題材が多いのだろうか。(*1)そんなふうにいぶかしむほどにこの種の作品は多い。これだけ多いとかえって食傷気味で敬遠されそうでもある。実際にこのブログで取り上げたことのある「余命宣告もの」は、『トイレのピエタ』くらいだろうか。奇しくも『湯を沸かすほどの熱い愛』でも重要な役柄を演じる杉咲花が準主役で、脇役として宮沢りえも顔を出す。
 そんなわけで『湯を沸かすほどの熱い愛』という作品もお涙頂戴といった湿っぽい感じになるのを懸念していたのだが、そこはうまく回避していた。主人公の双葉は子供たちには病気のことは一言も告げずに、やるべきミッションを達成していくのだ。
 そうしたことを家族は見てきているから、病気がわかってからも最後まで前向きに双葉の死にも立ち向かうことになる。もちろん色々と泣かせるところはあるのだけれど、やるべきことはやりきったという達成感のほうが強く残る。

(*1) 余命宣告ものの映画が多いのは、実際にがんで亡くなる人が多いという現実から生じているのだろう。この作品にもちょっとだけ顔を出しているりりィは昨日がんで亡くなったそうだ。ちょっと前の『リップヴァンウィンクルの花嫁』でも重要な役柄を演じていたのに……。

◆死ぬまでにこなすべきミッション
 宮沢りえが演じる双葉という主人公は、世間並みの母親からはズレている。娘の安澄に自分を「お母ちゃん」と呼ばせているあたりは野暮ったいし、対人関係ではおせっかいで押し付けがましい。人から嫌われないように相手の気持ちを慮るような態度とも縁がなさそうだ。
 双葉は『死ぬまでにしたい10のこと』のように、自分の欲望に正直になるのではない。多分、そちらのほうが普通なのではないかと思うのだが、双葉は誰かのためにやらなければならないことを数え上げてそれをこなしていくのだ。
 まず旦那の一浩(オダギリジョー)を連れ戻し家業である銭湯「幸の湯」を建て直す。学校でいじめに遭っている安澄にはその対処法を授け、一浩の連れ子である鮎子(伊東蒼)をしゃぶしゃぶの儀式で家族として迎い入れる。たまたま出会ったヒッチハイカー(松坂桃李)にはご丁寧にも目標を設定して奮起を促す。そんなふうにして新しく生まれ変わった「幸の湯」と、そこに集う人たちに今後の道筋をつけていくことになる。


 ※ 以下、ネタバレあり!

『湯を沸かすほどの熱い愛』 新しい幸野家の面々。オダギリジョーはダメ男役がはまっていた。

『湯を沸かすほどの熱い愛』 安澄(杉咲花)は復活した「幸の湯」で番台に座る。

◆双葉の極端な対処法
 いじめから目を逸らそうとする安澄に対し、双葉は「逃げちゃダメ」と諭す。安澄は「何にもわかってない」と反発するのだが、双葉は半ば強引に安澄を学校へと追いやる。
 ここでのいじめに立ち向かうことが大事だという方法論はかなり危険を伴う。逃げ場を失ったことでさらに追い込まれて自殺などというケースなども起こりうるからで、通常ならば逃げ場を与えることが対処法とされているのではないだろうか。
 たとえば『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ(14歳)はいつも「逃げちゃダメだ」を繰り返していた。同じ言葉でもこちらは「逃げること」の効用を理解している。「逃げること」で一時は楽になるし、それで解決することもあるかもしれない。だからシンジは何度も逃げ出してもいる。それでもほかにエヴァに乗れる人は限られているわけで、自ら納得した上で「逃げちゃダメだ」と自分に言い聞かせていたわけだ。ほかの誰かが「逃げるな」と説教しているわけではない。
 そこから考えると双葉のやり方がいかにも極端で無茶があることだとわかるだろう。それでも余命宣告を受けた双葉には時間がないわけで、のんびり時が解決してくれることを待つわけにはいかない。だから双葉の劇薬の役目を果たす必要があったということだろう。

◆「逃げること」の遺伝子
 双葉は「立ち向かうこと」を教えるわけだけれど、それには生い立ちに理由があるのかもしれない。というのも新しい幸野家のメンバーには「逃げること」の遺伝子がまとわりついているからだ。
 旦那の一浩は家業を放って逃げ出していたし、鮎子の母も鮎子を一浩に押し付けて出て行ってしまった。そして安澄の本当の母親は双葉ではなく、自らの障害を理由にして子育てから逃げてしまった女性だったのだ。さらにはダメ押しで双葉自身も母親から捨てられていたことも明らかになる。
 幸野家は頼りないけれど憎めない一浩が生み出してしまった、そんな女性たちの集合体なのだ。幸野家の人々は「逃げること」の遺伝子を受け継いでいるかもしれず、だからこそ双葉は「逃げること」を拒否して「立ち向かうこと」を選んだのかもしれない。
 双葉は一浩にはお玉で一撃を喰らわすし、安澄の母・君江(篠原ゆき子)にも無言でビンタをお見舞いし、さらには自分の母親(りりィ)の家にも石を投げつけるほど、「逃げること」に対しては感情的になるのだ。そういう双葉の姿勢があったからこそ、「逃げちゃダメ」という言葉も単なる処世訓以上の強さで家族のみんなに影響を与えていくことになったのだろう。

 ラストに関しては10人が10人納得するというものではない。人と人のつながりを確認するのにはハグするというのが一番わかりやすい。たとえば『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』はそういった場面で泣かせるのだが、この『湯を沸かすほどの熱い愛』はそんなぬくもり程度では納得できないとでも言うように極端なほうへと突っ走る。これは逃げないで双葉の死に立ち向かったということだし、双葉の熱い愛は家族に十分に受け継がれたことを示していたと思う。

湯を沸かすほどの熱い愛 豪華版 [Blu-ray]


湯を沸かすほどの熱い愛 豪華版 [DVD]


湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]


湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]



湯を沸かすほどの熱い愛 (文春文庫 な 74-1)


チチを撮りに [DVD]


チチを撮りに


スポンサーサイト
Date: 2016.11.12 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『トイレのピエタ』 マリアの穏やかな表情に託したもの

 原案はあの手塚治虫なのだそうだ。手塚治虫が病床で書いた日記の最後のページに「トイレのピエタ」というアイディアがあり、「浄化と昇天、これがこの死にかけた人間の世界への挑戦状なのだ!」と結ばれている。この作品はそれを元に、ドキュメンタリー映画を撮っていた松永大司が脚本を書き上げて監督をした劇映画デビュー作。
 今年6月に劇場公開され、今月14日にソフトがリリースされた。

松永大司 『トイレのピエタ』 園田(野田洋次郎)は病院で真衣(杉咲花)と出会う。


 ビルの窓拭きをしている園田宏(野田洋次郎)は突然の病に倒れ、検査結果を聞きにやってきた病院で真衣(杉咲花)という少女と出会う。園田はそこで余命3カ月を宣告されることになるのだが、それを聞いた真衣は「今から一緒に死んじゃおうか?」と園田を誘う。

 園田は美人でエロい彼女(市川紗椰)とも別れ、画家の夢もあきらめて、何となくバイトで食いつなぐ無為な日々を過ごしていた。そんな日々も突然の余命宣告で一変する。園田はビルにしがみつく自分を虫のようだとは思っていたけれど、虫みたいに儚い命とは思っていなかったわけで、そうなると残り少ない時間をどう過ごすのかを考えるようにもなる。
 というわけでこの映画は闘病ものということになる。よくある話ではあるけれど、それを見守る相手はちょっと変わっている。女子高生の真衣は家庭の事情で「死にたい」と考えているのだ。死んだように生きていた男と、死にたいと考えている少女。そんな組み合わせなのだ。

 もともと真衣は園田に何の関係もない人物だ。たまたま病院で出会い、家族のフリをしてくれる人として園田が誘っただけ。だから見ず知らずの園田が余命宣告を受けても、真衣は同情を寄せることもない。真衣は真衣で自分の直面する現実に精一杯なのだ。真衣はうわべだけを取り繕うようなことはしない。そういったことは世間をうまく渡り歩こうとする人(たとえば園田の元彼女)には必要だが、死にたいと思っている真衣には必要ないからだ。そして園田に対しても「自分で死ぬことも生きることもできないじゃん」と痛いところを突く。
 ただ、ふたりには死を身近に感じているという点では共通点もあったわけで、園田は真衣の姿からがむしゃらな生き方を学ぶことになる。真衣は現実逃避から「死にたい」と言うのだが、それが本心か否かはわからない。プールに忍び込んで金魚を放ち、水泳部の男から追いかけられたときには全力で逃げ出したように、本当に間近に死が迫れば真衣も必死になって生きるかもしれないのだ。園田は全力疾走する真衣の姿をたまたま目撃して、自分もそんなふうに生きたいと感じるのだ。
 園田は残り少ない命を削って、自宅のトイレにピエタを描く。壁も天井もすべてを使って描かれたピエタは、真衣がモデルとなった女性が中心に座る園田を抱きかかえるように包み込んでいる。画家を目指していた園田の最後の作品が「トイレのピエタ」だったのだ。

『トイレのピエタ』 ピエタという題材といい、何となくギドク作品を思わせるような気も。金魚は『悪い女』というギドク作品にも登場していた。

 ギドクの『嘆きのピエタ』では、ピエタの“哀れみ”がクローズアップされていた(実際にイタリア語の「Pieta」は「哀れみ」とか「慈悲」を指すらしい)。一方、『トイレのピエタ』ではミケランジェロ「サン・ピエトロのピエタ」が登場するのだが、亡くなったイエスを見守るマリアの表情がとても穏やかであることが強調されている。園田と同じような境遇の息子を持つ母親(宮沢りえ)は、マリアの表情に「死んだ我が子をどうしてこんなに穏やかな顔で抱えていられるんですかね」と不思議そうにしている。それを考えると、園田のピエタも“哀れみ”とは別の何かを表現していたのかもしれないとも思う。
 園田は自分がその中心となるピエタを描いたわけで、真衣に自分がやさしく抱きかかえられるイメージとなっている。ピエタが“哀れみ”を表現するとなれば、園田が描いていたピエタは自己憐憫となってしまう。もちろんそういう感情もあるだろう(何の因果か若くして病に倒れれば、そんな気持ちにもなる)。ただそれだけではないだろう。死んだように生きていた男が最後にちゃんと生きることができたのは真衣のおかげでもあり、園田のピエタは真衣に対するメッセージとしてあるのだろう。そのメッセージは言葉にすると陳腐なものにもなりかねないが、マリアの穏やかな表情に込められたものだろうと思う。
 園田のピエタに託したものはすぐには真衣には伝わらなかった。ただ、そのインパクトは真衣の脳裏に焼きついたはず。夜を彷徨って明け方に涙したとき、真衣には何かが伝わっていたようにも見えたし、その後の人生において真衣は何度も園田のピエタを思い起こすことになるのかもしれない。

 園田を演じた野田洋次郎(「RADWIMPS」というバンドのヴォーカルとのこと)は醒めた雰囲気がよかった。そして、そんな園田をも熱くさせる真衣役の杉咲花の、自由奔放な振る舞いも見どころだと思う。大人がまだまだ子供っぽい女の子に振り回される感じがふたりの組み合わせによく合っていた。ついでに言えば、リリー・フランキーは相変わらずうまい。

トイレのピエタ 豪華版 [DVD]


トイレのピエタ 豪華版 [Blu-ray]


トイレのピエタ


Date: 2015.10.24 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR