FC2ブログ

『亜人』 永遠の命を授かったら何をする?

 原作は桜井画門の同名コミック。すでにアニメ化もされているらしい。
 監督は『踊る大捜査線』シリーズや『幕が上がる』などの本広克行

本広克行 『亜人』 キレのあるアクションが楽しめるエンターテインメント作となっている。

 “亜人”というのは絶対に死ぬことのない人間の亜種ということらしい。主人公の永井圭(佐藤健)は交通事故で一度は死亡するものの、直ちに生き返り日本国内3例目の亜人であることが判明する。亜人と判明すると日本政府に保護されるというタテマエとなっているのだが、裏では亜人の特殊能力を使って人体実験が繰り返されている。
 「人類の進化の鍵を解明するため」などという調子のいい理由のもとに実験は正当化されるわけだけれど、実験材料となる亜人にとっては堪らない。どのみち生き返るからと腕を切断してみたり足を切断してみたりとやりたい放題なのだが、亜人も人と同じように痛みは感じるわけで、死に至る痛みを何度も体験するという地獄のような状況に置かれることになる。

 死に対する恐怖というのは自分が存在しなくなってしまうことに対する恐怖でもあるけれど、単純に死に至る苦しみが怖いということでもあるわけで、その恐怖を何度も味わう亜人は何ともかわいそうなばかり。不老不死を求める始皇帝のような気持ちもわからないではないけれど、亜人を見る限りあまりいいことはなさそうに思えてしまう。
 原作は読んでないのだけれど、だいぶ端折られているらしい。亜人発生の原因などの前提抜きで、“死なない人間”と“普通の脆い人間たち”とのアクションに展開していくのがスピーディでよかった(後半は亜人同士の闘いとなる)。ゲームのキャラと同じで、亜人は死んだらすべてがリセットされることになる。中途半端にケガをしたりして動きが鈍ったら一度リセットし(=死んで)やり直せばいいということになる。人間側としては動きを止めるために麻酔銃などと応戦するほかなく劣勢が続く。

『亜人』 亜人同士の闘い。永井(佐藤健)と佐藤(綾野剛)のふたりの決着は?

 物語は実験材料となっていた永井を、佐藤(綾野剛)という亜人が助けるところからスタートする。佐藤は人間を殺すことなど何とも思っていない(彼も過去に実験材料となっていたこともあり人類に対しての恨みがあるようだ)。一方で永井は妹の病気を治すために医者を志すような殊勝な若者だから、人類に牙を剥くような佐藤と手を組むことはできずふたりは対決することになる。
 亜人になってしまったことを悩むことになる主人公・永井のキャラよりも、前半から飛ばしまくるテロリストのような佐藤のキャラがとても魅力的。とはいえ佐藤は死なないことをいいことに人間を殺しまくる狂気の持ち主で、悪趣味極まりない厚生労働省への飛行機での自爆攻撃など人間の理解の範疇を超えてもいる。
 佐藤演じる綾野剛はかなり意図的に大袈裟な台詞回しをしているっぽく、「私はねえ、殺すのが結構好きなんだよ」なんて不気味な台詞もかえって笑えてくる。この作品では亜人は何度も自殺をしているようなものだし、結構グロテスクな部分もあるために、あえてマンガチックにしている部分もあるのかもしれない(最後の最後もそんな感じだった)。原作に対しての思い入れもないしエンターテインメントとしてはそれでいいんじゃないかと思えた。
 亜人のなかの紅一点として体を張ったアクションを展開するのは川栄李奈。なぜか厚生労働省の役人・戸崎(玉山鉄二)のボディガードらしきことをしているのだが、戸崎のサドっ気ある態度に惚れ込んでいるような関係がなかなかよかった。

亜人 Blu-ray豪華版


亜人 DVD豪華版


亜人 DVD通常版



亜人 コミック 1-10巻セット


劇場3部作「亜人」コンプリートBlu-ray BOX


スポンサーサイト



Date: 2017.10.06 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『幕が上がる』 ももクロ主演の王道の青春映画

 原作は平田オリザ
 監督は『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行
 主演には人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の5人(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)。

本広克行監督 『幕が上がる』 主演は「ももいろクローバーZ」の5人。<br />

 劇作家が書いた原作というので、勝手に舞台劇を映画化したのかと思っていたのだが、舞台っぽくないので首をひねっていたら、これは平田オリザが書いた初めての小説の映画化とのこと。高校演劇部を題材にした王道の青春映画となっている。
 主役は人気アイドルのももクロということでアイドル映画ではあるけれど、私のようにももクロをほとんど知らなくても楽しめる作品だと思う。もちろん彼女たちのファンにだけわかるネタもあるらしく、百田夏菜子と玉井詩織がベッドで一緒に語り合う場面は、ももクロのシングル曲「シングルベッドはせまいのです」を思わせるのだとか。脚本は『桐島、部活やめるってよ』喜安浩平で、ももクロのメンバーそれぞれにキャラをあてがきをしているので、ファンにはより一層楽しめる作品なのかもしれない。

 某テレビ局が関わっているからだろうか、テレビ番組やCMあたりから引っ張ってきたようなネタも多い。たとえば松崎しげるの白い歯が暗闇で光るとか、天龍源一郎のダミ声が聞きづらいとか、ナイスボイスな志賀廣太郎(平田オリザの舞台では常連だとか)の壁ドンとか。
 これはテレビとの相乗効果でヒット作を生み出してきた本広克行監督としては外せない部分なのだろうか。幅広いウケを狙ったのか、様々な関係先に配慮したことなのかはわからないけれど、やや大衆に迎合しているようにも見えなくもない。まあ平田オリザのお面とか、自分の作品のパロディとかも交じっているので単におもしろがっているだけかも。何だかんだ言っても全体的にはとてもいい映画だったと思う。

『幕が上がる』 教師役の黒木華とさおり役の百田夏菜子。

 年に一度の演劇会も終わって3年生が引退し、そのあとを引き継ぐことになる新3年生たちが主な登場人物だ。なし崩しに部長にされたさおり(百田夏菜子)は、ちょっとした空白の状態にある。あこがれでもあった先輩も去り、顧問(ムロツヨシ)はほとんど名目だけで演劇のことは何もせず、さおりは自分が部長として何をどうすればいいか皆目わからない。そもそも自分がどうして演劇をやっているのかすらわからない。この映画はそんな若い時期にありがちな感覚から始まる。
 そんなとき発奮のきっかけになるのが新任教師の吉岡だ。吉岡は演劇経験があり、指導者のいない演劇部に確かな助言を与える役目を果たす。この教師を演じるのが黒木華で、先日テレビで放映していた『小さいおうち』とはまったく異なる役柄をこなしている。『小さいおうち』では女中として主人たちに控えめに付き従う側だが、『幕が上がる』では高校生たちを先導して全国大会まで引っ張っていこうとする。そんなわけで『幕が上がる』の黒木華は、声のトーンまで低くして高校生たちに威厳を見せるような振舞いをしている。
 予告編なんかでは灰皿を投げまくってキレる演出家みたいなキャラになっているが、あれは演出を担当するさおりが不安のあまりに見た悪夢のなかであり、実際はもっと真っ当で生徒たちを見守りつつ自らも刺激を受けてしまう「学生演劇の元女王」である。黒木華は脇役だがいい味を出している。

 物語としては青春映画にありがちな枠組みだ。ももクロの元気なイメージからか恋愛は省かれているけれど、将来に対する不安とか、仲間内での嫉妬や思いやり、そんなあれこれが描かれる(西新宿の高層ビル群を前にして演劇人の夢を語るところがよかった)。
 とにかく何だか泣けてくる部分があって、それがどんな場面だったかというとまったく思い出せないのだけれど、「若いって素晴らしい」みたいな何かがそこかしこに溢れていたのかもしれない。特によかったのは、ももクロ演じる高校生たちが短い間に目に見えて成長していくところだろう。
 『キネマ旬報 2015年3月上旬号』によれば、この映画は撮影の期間を1カ月半もとったそうだ。忙しい人気アイドルたちとしては破格のことじゃないだろうか。しかもその期間に順撮りで撮影が行われたということだ(これは平田オリザの叔父である大林宣彦が指摘していること)。そんなわけで彼女たちの撮影中での成長も感じられるし、登場人物たちが舞台上での演技に自信を育んでいくところがいっしょくたになったドキュメンタリーのようにも感じられるのだ。 「若いって素晴らしい」というのはそんなところにもあって、もう若くはなく凝り固まって頑固になりがちな者としては、まっすぐに伸びていく彼女たちが羨ましく見えて泣けてきたのかもしれない。

幕が上がる [DVD]


幕が上がる [Blu-ray]



幕が上がる (講談社文庫)


キネマ旬報 2015年3月上旬号 No.1683


Date: 2015.03.05 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR