FC2ブログ

『さよならくちびる』 映画は音楽に嫉妬する

 監督・脚本・原案は『害虫』『どろろ』などの塩田明彦
 劇中の楽曲は秦基博あいみょんの提供したもの。

塩田明彦 『さよならくちびる』 ハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)のふたりでハルレオ。

 インディーズで売り出し中のデュオ「ハルレオ」は全国7カ所を巡るツアーに旅立つところ。しかしハルレオはそのツアーで解散することが決まっていた。
 高架下に停めた車にハルレオのふたりとローディーのシマ(成田凌)が勢ぞろいしたところから険悪な雰囲気。ハル(門脇麦)はレオのことをバカ女呼ばわりし、レオ(小松菜奈)もハルの存在を無視している。シマは改めて解散の意思について確認するものの、それは変わらないらしく、そのまま車はスタートすることに……。

 音楽映画というだけで映画ファンの評価の点数は甘くなるところがあるんじゃないかと常々思っているのだが、それはなぜかと言えばやはり音楽というものが魅力的だからということになる。『ボヘミアン・ラプソディ』があれだけの評判を獲得したのも、クイーンの楽曲の良さにあったことは間違いないだろう。
 この作品も秦基博、あいみょんの提供した楽曲によって魅力度を増している。そして、ハルを演じる門脇麦とレオを演じる小松菜奈は、実際にギターを弾きながら歌っている。ふたりの歌声のハーモニーが思った以上に素晴らしく、映画を観た人の多くがハルレオのCDが欲しくなるんじゃないだろうか。
 特に門脇麦の声は際立っていて、また芸達者な部分を見せてくれたように思う。相方の小松菜奈はマッシュルームカットが涼しげな目とぴったりマッチしていて、カリスマ的な人気を誇るレオにふさわしいビジュアルだった。そんなハルレオのライブを体験できただけでもう十分満足という作品だったと思う。



 映画の感想としてはすでに尽きているとも思うのだが、塩田明彦監督の『映画術 その演出はなぜ心をつかむのか』には本作を理解する上で役に立つかもしれないことが記されていたようにも思えたので、以下その点について書きたいと思う。
 『映画術』では音楽について書かれた章がある。塩田はここで黒沢清監督の言葉として「ただひとつ、映画が嫉妬するジャンルがあって、それが音楽なんだ」というものを挙げている。塩田はその言葉からスタートして「映画が音楽になる」ということはどういうことかという独自の論を展開していく。
 黒沢清がどんな意図でもって映画が音楽に嫉妬していると語ったのかについては塩田は触れていないのだが、ある程度推測することはできる。というのは黒沢清の言葉はウォルター・ペイターの「あらゆる芸術は音楽の状態にあこがれる」というものが元ネタだと推測できるからだ。
 私がこの言葉を知ったのはホルヘ・ルイス・ボルヘスの本(『詩という仕事について』)の引用で、ボルヘスはこの言葉にさらに解説を加えていて、なぜ「あらゆる芸術は音楽の状態にあこがれる」のかを論じている。

 ウォルター・ペイターが書いています。あらゆる芸術は音楽の状態にあこがれる、と。(もちろん、門外漢としての意見ですけれども)理由は明らかです。それは、音楽においては形式と内容が分けられないということでしょう。メロディー、あるいは何らかの音楽的要素は、音と休止から成り立っていて、時間のなかで展開する構造です。私の意見では、分割不可能な一個の構造です。メロディーは構造であり、同時に、それが生まれてきた感情と、それ自身が目覚めさせる感情であります。


 つまりこういうことだろう。何らかの感情なりテーマを表現しようとしたとき、音楽ならメロディーでそれを直接に表現できる。ベートーヴェンが交響曲第5番を作曲したとき、最初にあったのはメロディーであって、それで事足りているはずだ。
 ウィキペディアにあるエピソードによれば、交響曲第5番が「運命」と呼ばれたりするのは、「冒頭の4つの音は何を示すのか」という質問に対し「このように運命は扉をたたく」と答えたことに由来しているとか。ベートーヴェンは問われたからそう答えただけで、そうした説明は蛇足であるとも言えるだろう。
 また、そうしたテーマを言葉で表現するとすれば、物語という形式で伝えることはできるかもしれない。ただ、伝えようとする内容と、表現のための形式は分けられている。何らかの形式を媒介として内容を伝えるということになる。
 映画だって同様だろう。映画は映像メディアであるから映像を使って何かを表現することになるわけだが、伝えようとする内容と表現の形式は常に別個に考えられているんじゃないだろうか。しかしながら音楽だけは何の媒介もなしに表現することができる。だから映画は音楽に嫉妬している、そんなふうに黒沢清は語っているのだと思う。
 塩田が言う「映画が音楽になる」というのもそうした議論があってのこと。塩田が『映画術』のなかで挙げている例としては『曽根崎心中』『緋牡丹博徒 花札勝負』などの台詞回しがある。これらの作品では独特の台詞回しが音楽を感じさせるものとなっているのだ。

 今回の『さよならくちびる』について言えば、ハルレオのギター演奏とふたりの歌声はもちろん一番の見どころなのは間違いないのだが、ほかの部分でも「映画が音楽になる」瞬間があったような気もする。
 この作品は音楽映画と言いつつも使われている楽曲はそれほど多くはないし、よくある音楽映画のような高揚感には欠けるかもしれない。ハルレオのふたりとシマという男の奇妙な三角関係(というか三すくみ状態?)があって、それはほとんど変わらずにライブ会場を回っていく。そんな設定のドキュメンタリーのように見えるところもある。塩田監督はライブシーンではないロードムービーの部分にこそ「映画が音楽になる」瞬間を狙っていたのかもしれない。
 冒頭、シマがハルのアパートから荷物を運び出し、その後、ハルがギターを抱えてゆっくりとしたリズムで歩いていく。その先の車のなかにはレオが居て、三人のギクシャクした雰囲気が生まれる。そうしたシークエンスがとても心地よくて「映画が音楽になる」瞬間があったようにも感じられた。

さよならくちびる [Blu-ray]


さよならくちびる [DVD]



さよならくちびる


【メーカー特典あり】 さよならくちびる【特典:ステッカー付】


映画術 その演出はなぜ心をつかむのか


詩という仕事について (岩波文庫)


スポンサーサイト



Date: 2019.06.10 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『来る』 上のほうの人って誰?

 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などの中島哲也監督の最新作。
 原作は澤村伊智『ぼぎわんが、来る』

中島哲也 『来る』 なかなか豪華な出演陣。小松菜奈はピンクの髪というイメチェンを。

 この作品は3部構成となっていて、主人公は次々と交代していく。
 田原秀樹(妻夫木聡)は調子が良すぎる男でイクメンを自称しているものの、子育ては妻に任せきりで、ブログのなかでは嘘くさいほどの幸せな家族の姿を演じてばかりいる。その妻・香奈(黒木華)は夫の外面のよさと実際とのギャップに苛立ち、娘の知紗にも当り散らすほど追いつめられていく。そして、もうひとりの主人公はオカルトライターの野崎(岡田准一)で、彼は人を愛することができず恋人に堕胎させた過去がある。どの主人公もクズな人間で、中島哲也作品にはよく出てくる種類の人物と言える。
 そんな彼らが苦しめられることになるのが、“ぼぎわん”とも呼ばれる霊的な存在で、それは秀樹と香奈の娘・知紗をどこかへ連れ去ろうとする。秀樹は野崎のツテでキャバ嬢の霊媒師・真琴(小松菜奈)にも助けを借りて“ぼぎわん”と闘うことに……。

 “ぼぎわん”とは何か? なぜ知紗を狙っているのか? そこに具体的な説明はない。真琴も言うように、理由なんかはわからないけれど、何とかそれに対処することだけはできるということらしい。
 3人の主人公たちは子供に対する接し方で間違ってきた部分があることは確かで、最近は児童虐待のことが盛んに話題になったりもしたけれど、そんなのは昔からの話だよというのが民俗学の見解らしい。というか、虐待どころか昔は子供を間引きしてしまうことも度々行われていたとのことで、そうしたものが霊となって姿を現したのが“ぼぎわん”なのかもしれない。
 『渇き。』でデビューした小松菜奈は黒髪に制服ばかりというイメージがだったが今回はかなりイメチェンしているし、黒木華のどす黒い感じも初めて。そのあたりでは楽しめたとも言える。ただ、ラストのお祭り騒ぎはなかなか壮観だったけれど、騒がしいだけだったという気もする。

『来る』 比嘉琴子(松たか子)は日本最強の霊媒師。ラストの闘いでは白装束を。

 気になったのは松たか子が演じる琴子の台詞(以下、私の思い込みである可能性も)。琴子は“ぼぎわん”を秀樹のマンションに呼び込み、祓いの儀式を行うことになる。琴子は警察のお偉いさんまで駆り出し、マンションから住人すべてを人払いしてまで盛大な儀式が行われる。その際の琴子の台詞が、「私がつながっているのはもっと上のほうの人だから」といった内容だった。作品内ではそれ以上その話題が触れられることもなかったし、その人物が登場することもないのだが、“上のほうの人”とは誰のことなのだろうか?
 琴子は日本最強の霊媒師という触れ込み(真琴の姉でもある)。儀式にかき集められているのは、神主や沖縄のユタとか、韓国の祈祷師なんかも混じっている。そうした業界のなかで一番上のほうに居るのは誰かと考えると、それは天皇ということになるんじゃないだろうか。
 天皇は憲法で定められた国事行為というものをすることになっているが、仕事はそれだけではないわけで、本来(?)の仕事は祭祀ということになるのだろうと思う。ウィキペディアによれば、宮中祭祀と言われるものがそれで、天皇は「国家と国民の安寧と繁栄を祈る」ことが仕事ということになる。
 琴子にわざわざ天皇とのつながりを仄めかせたのは、来年で終わる予定の「平成」という時代が意識されていたからだろうか。前作の『渇き。』でも、わざわざ原作とは名前を変更してまで「昭和」風の男を登場させてもいた(役所広司演じる藤島昭和)。
 天皇と近い位置にいるという琴子は、ラストの闘いを最後に姿を消すが、死んでしまったか否かは明らかにはされない。これは生前退位することになる今上天皇と同様の去り方を意識しているのかもしれない。
 本作が「平成」を仄めかすという意図があるとするならば、琴子は“ぼぎわん”を退散させて知紗を取り戻したものの、「こんなみっともない祓いは初めて」だとも語っていたわけで、これが「平成」に対する中島監督の総括ということになるのだろうか。

【メーカー特典あり】来る Blu-ray豪華版(先着購入者特典:オリジナルB5クリアファイル)


来る Blu-ray豪華版


来る DVD通常版



ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)



Date: 2018.12.11 Category: 日本映画 Comments (2) Trackbacks (6)

『溺れるナイフ』 「遠くへ行きたい」という願いを叶えてくれる人

 『おとぎ話みたい』『5つ数えれば君の夢』などの山戸結希監督の最新作。
 原作はジョージ朝倉の同名マンガ。

山戸結希 『溺れるナイフ』 航一朗(菅田将暉)と夏芽(小松菜奈)。ビジュアル的には青春ラブストーリーなのだけれど……。


 東京でモデルの仕事をしていた望月夏芽(小松菜奈)は、親の都合で田舎の家に引っ越すことになる。夏芽たちを歓迎する集まりの退屈さに家を出た夏芽は、立入禁止の海に入り込んでいくと、そこで長谷川航一朗(菅田将暉)と出会う。

 観てきた人の感想を見ると、この作品はあまり評判がよくない。というのは人気マンガの原作の映画化ということで原作ファンから嫌われてしまったということもあるのだろうし、登場人物の見た目のイメージが10代の青春ラブストーリーなのに、中身はそれとはかけ離れていたからかもしれない。
 私自身は原作マンガを読んでいないので原作との違いはわからないけれど、映画を観る限りこの作品の主人公・航一朗のキャラクターは明らかに『火まつり』(柳町光男監督)で北大路欣也が演じた達男の造形を受け継いでいる。どちらの作品も火祭りが重要なモチーフになっていることも共通しているし、『火まつり』の達男が神様のことを親しみを込め“神さん”と呼ぶように、『溺れるナイフ』の航一朗も“神さん”と呼ぶ。達男が神様にかわいがられタブーを恐れることがないように、航一朗も「この町のモンは、全部俺の好きにしてええんじゃ」と豪語し傍若無人に振舞う。
 それから『溺れるナイフ』の登場人物の「広能」とか「大友」のように『仁義なき戦い』シリーズから採られたかのような名前だし、その方言は広島弁っぽい。『火まつり』とか『仁義なき戦い』あたりに影響を受けた原作者が書いた物語だとすれば、そんな甘ったるいラブストーリーになるはずもないのかもしれない。

 夏芽は航一朗に出会った途端に彼に惹かれることになるわけだけれど、そこに介在しているのは恋愛の要素ばかりではない。のちに夏芽は航一朗の気を惹くために写真集や映画の仕事をしてみたりもすることになるけれど、夏芽の心の奥底には広能晶吾(志磨遼平)という写真家が指摘するような「遠くへ行きたい」という願いがある。夏芽が航一朗に惹かれるのも、夏芽にとって彼は最も遠くへ連れてってくれることを感じさせる存在だったからだろう。
 立入禁止の海で初めて航一朗と出会った場面(ここではほかの場面の青い海と違って、限りなく真っ黒な海が広がっているのが印象に残る)。夏芽は鳥居を潜って神様の住む聖域へと入り込んでいく。鳥居の先は異界である。この世ならぬ場所で、この世ならぬ存在(航一朗)に出会ったからこそ、夏芽は「遠くへ行きたい」という願いを叶えてくれる何かを航一朗に感じて一瞬で恋に落ちる。
 夏芽にとってそれは恋であると同時に戦いでもある。航一朗に負けるようでは遠くには行けないだろうし、航一朗と一緒にさらに「遠くへ行きたい」という気持ちも感じている。そんなアンビバレントな感情なのであって、よくあるラブストーリーとはちょっと毛色が違う作品なのだと思う。

『溺れるナイフ』 航一朗(菅田将暉)は火祭りでダイナミックな舞を披露する。

 山戸結希監督の作品は『おとぎ話みたい』の自意識過剰なモノローグとか『5つ数えれば君の夢』の10代の女の子が絶対に言いそうにない小難しい台詞が印象的だった。この作品では山戸監督独自の饒舌な台詞はタイトルバックくらいで抑えられ、長回しで役者を追い続け1回限りでやり直しのきかない青春の瞬間を捉えることを狙っている。だから役者のアドリブのたどたどしい感じが伝わってくるし、台詞をとちってもそれがそのまま使われている。大友(重岡大毅)が体調を崩した夏芽を見舞ったときのやりとりなどはどこまで決められていたものなのかはわからないけれど、やっているうちに意図せざるものが撮れてしまったみたいに思わせる一瞬のキスなどちょっとドキッとする。

 ラストの二度目の火祭りのエピソードは、現実ではなくて夏芽の出演した映画のもの。そんなふうに原作を読んでいない者としては解釈した。ある出来事で全能感を失うこととなったふたりだが、夏芽は自分の過去をモデルにした映画に出演することで、過去の呪縛から逃れることになる。航一朗は航一朗で神様への舞を一心不乱に踊ることで吹っ切れていたようにも思える。
 原作マンガでは二度目のことも現実として描かれているようで、このあたりは原作を圧縮しすぎている感じがしないでもないし、劇中音楽の選曲には首をかしげる部分があるのだけれど、それでも原作ファン以外なら楽しめる部分は多いと思う。

溺れるナイフ コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]


溺れるナイフ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]


溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]



溺れるナイフ コミック 1-17巻セット (講談社コミックスフレンド B)


おとぎ話みたい ~LIVE FOREVER Ver.~ [Blu-ray]


おとぎ話みたい ~LIVE FOREVER Ver.~ [DVD]


5つ数えれば君の夢 [Blu-ray]


5つ数えれば君の夢 [DVD]


火まつり [DVD]


Date: 2016.11.19 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)

中島哲也監督 『渇き。』 バケモノを描くことの難しさ

 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などの中島哲也監督の最新作。
 出演は役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛など。

中島哲也 『渇き。』 主役のふたり。役所広司と小松菜奈。


 元刑事の藤島昭和(役所広司)に離婚した妻(黒沢あすか)から連絡が入る。娘の加奈子(小松菜奈)が失踪したのだという。藤島が娘を探し出すために調査を開始すると、次第に加奈子の周囲には不良グループやヤクザが絡む事件が生じていることが明らかになる。加奈子を追ううちに、藤島も次第に常軌を逸していく。

 「愛する娘は、バケモノでした。」というコピーにも示されているが、加奈子は社会学者・宮台真司の言うところの“脱社会的存在”だろう。宮台によれば反社会的存在とは別に、脱社会的存在がいる。たとえば、ヤクザなどは反社会的勢力などと呼ばれるが、彼らは一応社会のルールは前提としているが、それに対抗するような存在だ。他方、脱社会的存在とは、社会のルールそのものを欠落させたような存在であり、たとえば『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士のようなバケモノなのだ。ヤクザ組織はたかだか金が目当てだから交渉が成り立つかもしれないが、レクター博士の場合そう単純にはいかない。
 中島哲也の前作『告白』でも、“脱社会的存在”がいた。松たか子演じる先生と対決することになる修哉がそうだ。しかし先生自体も娘を殺され、その父親(つまり夫になるべき人)も喪い、脱社会的存在となりつつあった。『告白』では、主要な登場人物は多かれ少なかれ脱社会的存在ではあるが、『告白』という題名にもある通り、誰かに向かって自己弁護をしてくれる程度の社会性は持ち合わせていた。なぜ脱社会的存在となったのかを自ら説明してくれるほど、わかりやすい存在ではあったのだ。
 一方、『渇き。』の加奈子は完全に脱社会的存在となりきっている。加奈子は告白もしなければ、泣き言も言わない。理解不能な存在なのだ。加奈子については、周囲の人物からの間接的な証言はあっても、最後まで彼女自身が父親の前に姿を現すわけではない。これは加奈子が脱社会的存在であり続けるための配慮だろう。加奈子が登場する場面は、細かいカットをつなげてポップな雰囲気で見せるものの、なぜ加奈子が“悪魔”呼ばわりされるほど怖がられ、同時に同級生たちを堕落の道へ引きずり込むほどの魅力があるのかは、いまひとつ伝わってこない。彼女はわかりやすさとは無縁の存在であり、常人の解釈の範疇を超えるような存在でなければならない。長々とスクリーンに登場したり、父親に向かって事情を説明するようなことをすれば、理解可能な範疇に堕してしまう。加奈子が最後まで父親に捕まらないのは、彼女に与えられた役割からして当然のことだろう。(*1)

『渇き。』 加奈子はその魅力で誰でも思いのままに操る。

 もっとも父親の古臭さでは、加奈子の足跡を捕まえることはできるはずもない。父親の役名は、原作と映画では名前がわざわざ変えられているとのこと。「藤島秋弘」から「藤島昭和」へと。この父親が「昭和」的な存在であるのは明らかで、その車とか、麻のスーツとか、瓶ビールを呷り終始汗まみれのあたり、父親が古臭い時代を脱していないことを示している。
 一方で加奈子は新時代の若者と言えるのかもしれないが、それ以上に明確に彼女の自己認識を示す場面もある。加奈子は『不思議の国のアリス』のアリスなのだ。その存在はワンダーランドという異世界の住人であり、その夢のような世界では何でもありなのだ。だから「昭和」という古い社会を未だにひきずっている父親には、そうした異世界に辿り着くことも、加奈子を見つけることもできないのだ。
 ただそんな脱社会的存在である加奈子が魅力的だったかというと、首を傾げざると得ない(演じる小松菜奈の存在はいいと思うが)。加奈子をほとんど異世界の存在にするあまり、彼女が具体的な像として結ばれることがないからだ。作品そのものも共感できる存在は皆無で、加奈子を追い求めて這いずり回る父親のキチガイぶりばかりが目立つ映画になってしまっていたと思う。
 一番の見所は、ほとんど不死身の父親役・役所広司と、シャブ中ゾンビのオダギリジョーとの対決場面だろうか。にやけキャラの妻夫木聡もそれなりにいい味を出していた。

(*1) 加奈子にも理解可能な解釈の仕方があったのかもしれない。仲のよかった緒方を自殺に追い込んだ不良たちへの復讐という物語がそれだ。たしかにそういう面もあるが、緒方のことを殺したとも言っている。次に加奈子に篭絡されるボクについては、緒方亡き後の自殺の手段かとも思えたのだが、結局それすらも否定される。やはりわかりやすい存在ではないようだ。

渇き。 プレミアム・エディション(2枚組 サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]


渇き。 プレミアム・エディション(2枚組 サントラCD付)[数量限定] [DVD]


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]


中島哲也の作品
Date: 2014.06.27 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR