FC2ブログ

『万引き家族』 童貞なのに父になる?

 『そして父になる』『海街diary』などの是枝裕和監督の最新作。
 カンヌ映画祭のパルム・ドール受賞作。これは日本映画としては『うなぎ』(今村昌平監督)以来21年ぶりの快挙。

是枝裕和 『万引き家族』 カンヌ映画祭のパルム・ドール受賞作。

 タイトルにあるように“万引き”をするシーンもあるけれど、中心となる元ネタとしては2010年に明らかとなった年金不正受給問題が扱われている。是枝監督は『海街diary』とか『そして父になる』のように稼ぎたいどこか(テレビ局?)からの持ち込み企画と思わしき作品をやりつつも、『誰も知らない』や本作のように社会問題を取り上げてみたりもする。
 さらにそのどちらも商業作品としてある程度成功させつつも、映画作家としてかねてからのテーマ「家族のあり方」を問う作品ともなっている。商業性と作家性の両輪をうまく回しているあたりは稀有な存在なのかもしれない。この『万引き家族』は泣かせる作品にもできたのだろうがそうはせず、冷静な目で家族の行く末を追っていく作品となっている。

 年金不正受給のような問題がメディアで取り上げられる際には、皮相だけを見て「けしからん奴らだ」という論調になりがちだ。個人的にはそういった怒りよりも、親の死を隠蔽してまでその年金を受け取り続けなければ生きていけない家族があちこちにいることが驚きだった。是枝監督は、もしかしたら実際にはこんな事情があったのかもというところに想像力を働かせてこの作品を作り出している。
 ここで登場する家族は、治(リリー・フランキー)が作品冒頭で拾ってきたリン(佐々木みゆ)を含めて6名。治が祥太(城桧吏)に教えているのは“万引き”だから清廉潔白ではないにしても、子供を冬空のベランダに放り出して省みないリンの親よりはマシな家族だろうという気にもなる。しかし実際には、この家族は偽りの家族であることが次第にわかってくることになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『万引き家族』 亜紀(松岡茉優)と信代(安藤サクラ)は拾ってきたリン(佐々木みゆ)を家族としてかわいがる。

◆なぜ偽りの家族が必要だったのか?
 息子に見えた祥太は治が拾ってきた子だし、治と信代(安藤サクラ)も夫婦ではない。祖母に見える初枝(樹木希林)と、治あるいは信代との間にも血縁関係はない。亜紀(松岡茉優)は初枝の元旦那が新しい奥さんとこしらえた子供だから、ここにも血縁関係はない。結局、6人に血のつながりは皆無ということになる。
 それではなぜ偽家族が必要なのか。亜紀は実家に居場所がなくて初枝のところで暮らしている。そのほかも似たようなもので、居場所がないからそこにいるということになるだろう。治たちが初枝の年金をあてにしているように、初枝自身も亜紀との関係を利用しているフシもあり、その絆は善意だけのものではない。しかし、たとえ偽家族がそれぞれを利用し合うような関係だとしても、祥太が語る絵本『スイミー』のエピソードではないけれど、みんなで身を寄せ合うことで生き永らえているという意味で偽家族は必要とされているのだろう。
 おもしろいのは治と信代の関係。ふたりの過去には信代の元旦那を治が殺したという事件があった。しかしそれでいて治と信代は肉体関係がなかったらしい。ふたりのセックスのあとに、治は「できたな」と驚いている。最初は「久しぶりにできた」という意味かと私は思っていたのだけれど、『キネマ旬報』金原由佳の作品評によれば、治は童貞という設定なんだとか。なぜふたりがそんな関係だったのかと言えば、治は様々なことを学ぶ機会がなかったからなんじゃないだろうか(真っ当な男女関係のことすら学ばなかった)。

◆祥太の学んだこと
 この偽りの家族が崩壊するのは、祥太が起こした事件がきっかけとなる。自分が“万引き”をするところまでは許容できた祥太も、妹のようなリンを巻き込むことはためらいがある。家族のことが外部の大人に知られてしまうと、家族の関係性そのものが崩壊してしまうというのは『誰も知らない』にもあったシチュエーションだ。
 しかし『誰も知らない』の明(柳楽優弥)には、学ぶべき大人の存在がなかった。一方で『万引き家族』の治には、“万引き”しか教えられないダメな偽りの父親だったとしても近くに大人がいた。治のような親でも反面教師になることがあるわけで、祥太は治を見てこのままではいけないということを悟ったのだろうと思う。その意味では『誰も知らない』の明よりは、『万引き家族』の祥太のほうがずる賢く生きる力を学んだということになるだろう。
 世の中には様々な家族の形がある。リンの家族は血縁関係があるけれど、共同生活は機能しておらず、リンは存在を否定されている。信代たち偽りの家族がハグによって「ここに居てもいいんだよ」とリンに教えたのとは対照的だ。どんな家族が正しいのかに答えなどないわけで、ダメな家族なら逃げ出す自由があったほうがいい。それに縛られて苦しむくらいならそれを捨てて、血縁とは別の家族のあり方を模索するのも悪くはないのだろう。

 JK見学店で働く松岡茉優のいつもの笑顔とは違う役柄も印象的だったし、樹木希林のおばあさん役もさすがで毒のあることをやりつつも何となく許せてしまうあたりは独壇場だった。なかでも一番光っていたのは安藤サクラだろうか。後半警察に捕まってからの表情には憑き物が落ちて生まれ変わったような美しさがあった。

【早期購入特典あり】万引き家族 豪華版Blu-ray (A5ミニクリアファイルセット(2枚組)付)



万引き家族 豪華版Blu-ray(特典なし)


万引き家族 通常版Blu-ray(特典なし) [Blu-ray]


万引き家族 通常版DVD(特典なし) [DVD]


万引き家族 豪華版DVD(特典なし) [DVD]



キネマ旬報 2018年6月下旬号 No.1782


スポンサーサイト



Date: 2018.06.20 Category: 日本映画 Comments (12) Trackbacks (8)

安藤サクラ主演 『百円の恋』 「一生懸命って素晴らしい」なんて……

 監督には『イン・ザ・ヒーロー』の武正晴。主役には『0.5ミリ』も公開中の安藤サクラ
 脚本は足立紳で、2012年に新設された第一回「松田優作賞」という脚本賞を受賞しているとのこと。

武正晴監督作品 『百円の恋』 主役の一子を演じる安藤サクラ。

 主人公の一子(安藤サクラ)を中心に、登場人物は負け組ばかりである。弁当屋を切り盛りする母親はともかく、影の薄い父親は仕事もせずに、いまだに「自分に自信がない」などと言ってみたりもする。一子がひとり暮らしのために始めた100円ショップの面々もことごとく負け組だ(脇役キャラがいい味を出している)。文句を垂れつつ何とか底辺に踏み留まるアルバイトたちはもちろんのこと、廃棄弁当を漁る浮浪者までもいる(浮浪者のほうがかえってイキイキしているのがおかしい)。
 そのなかでも一子のダメっぷりは際立っているかもしれない。格闘ゲームをやりながらのコーラとお菓子という生活で身体はダレきっているし、出戻りの姉には嫌味を言いつつも、自らは男性と付き合った経験もない三十路女である。一子は自分でもその価値が100円程度の女だとわかっている。だからこの映画で恋のようなものが描かれたとしても100円程度の価値しかない。貧しくてもつつましい恋というのならいいのだが、この映画の恋はひどくみすぼらしい。『百円の恋』はそんな一子が、恋ではなくボクシングによって、いかに変わっていくかというスポ根ものの映画なのだ。

 一子がボクシングに惹かれたのは、何かに一生懸命打ち込んでいる姿に羨望を覚えたから。三十路を過ぎて家を追い出されたダメ女としては、自分の境遇がどうしようもないということくらいはわかっていたのだ。
 同じころ引退間近だったボクサー・狩野(新井浩文)のデートの誘いを受け入れたのも、ダメな自分を変えたいという気持ちもあったのだろう。それは恋にはほど遠いものだったけれど、一子はボクシングをやることで変っていく。

『百円の恋』 一子はボクシングで贅肉を削ぎ落とすことで、自身もどこか変っていく。

 一子と狩野の関係はロマンスにはほど遠い。一子の羨望の対象でもあったはずの狩野は、一子のボクシングへの情熱を挫くようなことを言う。狩野は総じて斜に構えた態度で、一生懸命やっている者を否定する。どちらも負け組なのだけれど、そのダメさには違いもある。狩野はやってみた上で限界を知り、諦念に囚われているわけだが、一子は何もやらずに負け組だと自己認識していたわけだ。ただ、一子はまだスタートラインに立ったばかりで可能性はある。
 諦め切った狩野でも試合での一子の姿には感じるものがあったのだろうと思う。自分がボクシングに純粋に取り組んでいた時代を思い出したのかもしれない。狩野は一子の元に戻ってきたわけで、一子の姿に感化され、一生懸命に打ち込むことも悪くはないと考え直したのかもしれない(最後の場面はつつましくて微笑ましい)。そんなわけで、この映画は負け組のための応援歌なのだ。もしかしたらふたりの今後には、多少はマシなロマンスがあるかもしれない。そんなことも思わせる。

 一子を演じた安藤サクラの変貌ぶりが見所だ。あんなダメっぷりを見事に体現する女優はいない。それだけでも賞賛に値するが、試合のシーンでの身体の絞り方は別人のようだった(目は完全にイッている)。前半はダメなシーンがグダグダと続く。しかし、トレーニングを始め、贅肉が次第に削ぎ落とされ、ステップが軽やかになるに連れて、映画の調子も上がっていく。最後は狩野でなくても、一子を応援したくなるだろう。試合でのKOシーンは『ロッキー2』のダブルノックダウンのようにも見え、トレーニングシーンの高揚感も『ロッキー』シリーズを思わせた。
 脚本にそれほど奇抜な展開があるわけではない。それだけに一子の変貌していく様子をどのように見せるかが重要になるわけで、安藤サクラはそれをものの見事にやってみせた。「一生懸命って素晴らしい」というあまりに素朴すぎるテーマに説得力を持たせるのは至難の業だが、『百円の恋』は安藤サクラという魂が込められたことで、それに成功していると思う。

百円の恋 特別限定版 [Blu-ray]


百円の恋 [DVD]


安藤サクラの作品
Date: 2014.12.24 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (6)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR