FC2ブログ

『海を駆ける』 海からやってきた男は何者?

 『淵に立つ』『さようなら』などの深田晃司監督の最新作。
 インドネシアを舞台にした作品であり、重要な役柄を演じるディーン・フジオカは奥様がインドネシア系ということでインドネシア語も披露しているのだが、太賀鶴田真由もインドネシア語の台詞をこなしている。特に太賀の台詞は流暢で、風貌までインドネシア風に見えた。

『海を駆ける』 海からやってきた男を演じるディーン・フジオカ。

 海からやってきた男は何者なのか。
 とりあえずは「ラウ(海)」と名付けられることになった男は、記憶喪失なのか自分の名前すらわからない。たまたま日本語に反応したことから日本人である貴子(鶴田真由)に白羽の矢が立ち、貴子の家の居候としてしばらく暮らすことになる。
 作品の発端に登場するラウだが、その物語の中心に位置することはない。存在感を消し、周りを邪魔することもなく、人のよさそうな笑みを浮かべているだけなのだ。中心となるのは若者たちの青春だろうか。
 父親の遺骨を海に撒くために日本からやってきたサチコ(阿部純子)。そんなサチコのことが気にかかるクリス(アディパティ・ドルケン)は、彼女と仲良くなろうと必死。クリスの幼なじみであるイルマ(セカール・サリ)は、2004年の津波によって家族も家も失い、今はジャーナリストとして活動することを目指して勉強中。貴子の息子であるタカシ(太賀)は、イルマのことが気になっているらしい。
 ちょっと変わっているのは、4人の人種や宗教が様々だということ。サチコは日本人だし、タカシは日本とインドネシアのハーフ、ほかのふたりはインドネシア人。さらにイルマはイスラム教徒だが、クリスは違うらしい。そんな4人だけに色々と食い違いも生じる。クリスは日本人のサチコに告白するために、友人であるタカシに相談するのだが、インドネシアでの暮らしが長く、日本の事情に疎いタカシはクリスに変な言葉を教えることになる。
 「月が綺麗ですね」というのがその台詞。これは夏目漱石が「I love you」の日本語訳としたと言われているもの。シャイな日本人がはっきりと告白をするわけがなく、言うことに困ってそんな言葉をつぶやいてしまうということはあり得るだろう。ただ、文化が違う人との間ではそもそもの前提が共有されていないわけで、クリスの想いは通じることがない。月も出ていない晩にそんなことを言われたサチコは、意味がわからぬままクリスの告白をやり過ごすことに……。

『海を駆ける』 左からアディパティ・ドルケン、阿部純子、セカール・サリ、太賀の4人。

 若者たちのコミカルなやりとりの傍らでラウは何をしているのかと言えば、基本は空気のように佇んでいる。『淵に立つ』では、浅野忠信演じる男が消えたあともその存在感に作品が支配されていくようであったのと対照的だ。『海を駆ける』のラウは不思議な男ではあるけれど、目立つ存在ではないのだ。
 ラウは気が向くと死に掛けの魚を生き返らせてみたり、道端で倒れていた女の子に空中から水を取り出して飲ませてやったりもする。最後には海の上を駆けていくという場面もあって、それらの力は奇跡のようにも思える。
 そんなラウのことを「津波の被害者の魂」だと見る人もいた。しかし一方では、ラウは突然貴子の命を奪ったりもし、子供たちを水のなかに誘い込んで溺れさせたりもしたとも噂される。奇跡を行う一方で、見境なく命を奪いもする。それはまさに神ということなのかもしれない(神の御心は測り知れない)し、「ラウ」の呼び名のままに海の擬人化と捉えることもできるだろう。ラウが空気のように目立たないのは、自然そのものであるからなのだろう。
 不思議な作品ではあるのだが、やや食い足りなさも残る。作品の最初と最後をやさしく包み込むようだったディーン・フジオカ演じるラウ。人に害をなす悪いディーン・フジオカの姿が見られれば、さらに良かったのかもしれないとも思う。とは言うもののラウという役柄は、人助けと同じような笑みのまま、人に害をももたらすのだろう。神のことは知らないけれど、自然は何かの意図をもって人に恩恵を与えたり、生命を奪ってみたりするわけではないわけだから……。

【早期購入特典あり】海を駆ける(マグネット付) [DVD]


【早期購入特典あり】海を駆ける(マグネット付) [Blu-ray]


海を駆ける [Blu-ray]


海を駆ける [DVD]



スポンサーサイト



Date: 2018.06.01 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『南瓜とマヨネーズ』 「迷子の誰かさん」って誰のこと?

 監督は『ローリング』などの冨永昌敬
 原作は『strawberry shortcakes』『blue』などの魚喃キリコの漫画。

冨永昌敬 『南瓜とマヨネーズ』 主要キャストの3人。臼田あさ美、太賀、オダギリジョー。


 ツチダ(臼田あさ美)は売れないバンドマンのせいいち(太賀)と暮らしている。バンド仲間とうまくいかず、職もなく、自堕落に過ごしているせいいちのために、ツチダはライブハウスのバイト以外にキャバクラの仕事も始め、尽くす女に徹している。さらにキャバクラで出会った客(光石研)と愛人契約をしてまで稼ごうとするのだが、そのことがバレてけんかになってしまう。その後、せいいちもようやく働き始め、生活も軌道に乗ったかと思うと、ツチダはたまたま出会ってしまった昔の男・ハギオ(オダギリジョー)との関係に夢中になってしまう……。

 ミュージシャンを目指しつつも迷いがあるのか悶々としているせいいちにしても、女にモテすぎるからかヒモみたいな生活をしているハギオにしても、あまり褒められた人間ではないのだけれど、主人公であるツチダのやっていることもまたよくわからない。せいいちに対して尽くす女を演じていたかと思うと、その関係修復もままならぬうちにハギオと一夜を過ごしたりしてしまうのだ。傍から見ていると「何をやっているんだろうか、この女は」と疑問を感じてしまう。
 すると、そんな観客の気持ちを見透かしたかのようにツチダのモノローグが響く。「自分のやってることがわからないよ」と。その後のツチダの行動はちょっと痛々しいものにも感じられる。ハギオとキャバクラの友達・可奈子(清水くるみ)を連れてわざわざ自宅でせいいちの帰りを待つのは悪趣味だし、ツチダはなぜか修羅場となるかもしれない現場で楽しそうな笑いを浮かべているのだ。
 ツチダの行動はせいいちとの関係の息苦しさからなのだろう。ふたりは終わっているのに、それでも居場所がないから一緒に居るしかない。また一方で、ツチダはハギオのことを未だに好きなのも確かなのだけれど、それがいつまでも続くものではないことも理解している。ハギオとの情事は、せいいちとの関係から目をそらすための逃避であり、どちらにも進むことができないツチダの破れかぶれにも映る。計算高くせいいちから別れの言葉を引き出そうというよりは、わけがわからなくてどうでもよくなってしまっているのだ。

『南瓜とマヨネーズ』 ツチダ(臼田あさ美)は売春がバレて、せいいち(太賀)とぶつかることになってしまう。

『南瓜とマヨネーズ』 オダギリジョー演じるハギオはそれほど顔がアップになるわけではないのだけれど、声のトーンやその振舞いでいかにもモテそうに見える。

 『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』『ローリング』などを観ると冨永昌敬は様々な語り口を持つ監督で、観客の興味を惹き付け、作品をリズムにのせることもできるはず。しかし、この『南瓜とマヨネーズ』はどこに向かうのかわからないような感覚がある。というのも、主人公ツチダ自身が自分がやっていることがわからない迷子の状態にあるからなのかもしれない。作品そのものも真っ直ぐに進むわけにもいかずにうろちょろすることになるのだろう。
 冒頭ではいくつかの断片が提示される。誰かが奏でるギターの音、シャワー室の足元のアップとそれに踏みつけられている黒いもの、ショートパンツ姿の女の子たちのおしり、業務用の掃除機の回る様子。これらの断片が何なのかは映画を観始めた観客にはよくわからない。
 断片を散りばめたとしても、たとえば「輝かしい青春の一場面」とか「若者たちの怠惰な日々」とか、何かしらの意味合いを持たせることは可能なはずだが、ここでは意味不明なまま進んでいく。
 ギターを弾いているのが誰なのか不明だし、シャワー室で踏みつけられているものが何なのかもわからない(ツチダが客に着せられたスクール水着だろうか)。これらの断片は作品中の一場面なのだけれど、意味連関もなくコラージュされただけで、この作品が何を描いていくのか、どこに向かうのかまったくわからないのだ。
 もちろんこれは意図的なものなのだろう。作品中には劇伴は排除されているし、せいいちも最後の最後まで歌うことはないし、最後の歌ですらパーカッションのリズムによる“語り”のようにも聴こえるのだ。(*1)美しい旋律を奏でるように作品がスムーズに流れていかないのも、迷子の登場人物を表しているのかもしれない。

(*1) せいいちがギターの伴奏で歌うのは、風呂場でふたつの歌が交差するように歌ったもので、結局きちんと曲を歌い上げることはなかったような気がする。

 最後のせいいちの歌はツチダのためにつくったのではないと語られるのだが、その歌詞のなかに登場する「迷子の誰かさん」はツチダのことを指しているようにも思える。ともかくそれを聴くツチダの泣き笑いは、ツチダがその曲に自分のことが歌われていると感じたからだろう。
 ツチダは独りよがりにせいいちに尽くし、勝手に自滅したわけだけれど、彼の歌が好きなのは本当なのだ。そして、せいいちが自分のこと的確に把握していたことに涙したのだろう。もっとも、迷子なのはツチダの家を出て流浪状態のせいいちも一緒だし、さらに言えばあちこちの女を渡り歩くハギオも同様とも言えるかもしれない。
 途中まではイタい女にしか感じられなかったツチダだけれど、最後にせいいちの歌を聴くころには何ともいとおしい存在に感じられてもらい泣きした(臼田あさ美の泣き笑いの表情がとてもよかった)。何と言うか「迷子の誰かさん」をほかの誰かのことだと思える人はよっぽど満ち足りた人なんじゃないかと思う。とても身に染みた作品。

南瓜とマヨネーズ 豪華版Blu-ray


南瓜とマヨネーズ 通常版DVD



南瓜とマヨネーズ (FEEL COMICS)


冨永昌敬の作品
Date: 2017.11.22 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR