『素敵なダイナマイトスキャンダル』 思いも寄らぬ人生

 『南瓜とマヨネーズ』『ローリング』などの冨永昌敬の最新作。
 「ウイークエンド・スーパー」「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」といった雑誌の編集長として知られる末井昭。彼の自伝的エッセイ『素敵なダイナマイトスキャンダル』がこの映画の原作となっている。

冨永昌敬 『素敵なダイナマイトスキャンダル』 ダイナマイトで爆発する母親を演じた尾野真千子。撮影は月永雄太。

 この作品は末井昭の半生を追うクロニクル(年代記)である。と同時に、70年代初めから80年代の終わりという昭和の風俗史を描いたものでもある。このころの写真雑誌業界には荒木経惟がいて、そのほかにも南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎などのサブカル業界では名前を知られた人がうろちょろしていたらしい。映画のなかでも荒木経惟をモデルにした荒木さんというカメラマン(演じるのは菊池成孔)が登場したり、実在の誰かをモデルとしたらしき風変わりな人々が顔を揃える(嶋田久作が演じたダッチワイフ職人のキャラがいい)。
 もちろん末井自身も色々逸話を持つ人物だ。タイトルのダイナマイトというのは“ものすごい”を意味する形容詞ではない。末井昭という人の母親は、実際にダイナマイトで自殺したのだという。しかも隣人の不倫相手と一緒に。山奥の小さな村にとってはとんでもないスキャンダルで、末井の家族は村のなかで白い目で見られることになる。そんなこともあってか、末井は東京に出て働くことになり、紆余曲折を経てエロ雑誌業界で生計を立てることになる。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 末井昭(柄本佑)は浮気相手・笛子(三浦透子)との逃避行に。

◆思いも寄らぬ人生
 おもしろいのはこの作品が「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」といった雑誌を世に送り出した男のサクセスストーリーとは違うということだろうか。最初はデザインに興味を持った末井(演じるは柄本佑)は、デザイン系の学校に通い、自らの情念を表現したいといきり立つ。そのころ知り合った近松(峯田和伸)とは朝まで芸術論を語り明かしたりもする。
 そんな末井がエロ雑誌業界へと紛れ込むのは成り行き上で、ピンサロの看板描きの仕事からの人とのつながりによる。与えられた仕事をそれなりにおもしろがってやっていたら、いつの間にかに編集長にまでなり、30万部もの部数を記録するまでになってしまう。
 ただこの成功が末井の望んでいたもので、その仕事が彼にとっての自己表現だったのかというと、そうではないのだろうと思う。末井は成功を手にすると現実逃避的に浮気に走ったりもし、それと同時にわけのわからない行動も増えてくる。投資に大金をつぎ込んで散在してみたりするのはわからなくもないけれど、猥褻物を取り締まる警察官(松重豊)とのやりとりは官憲をおちょくってるようにすら見えるし、小銭をばら撒きながら街を徘徊する様子はちょっと狂気めいているのだ。表現者を目指していた人がいつの間にかそれを諦めたということなのかもしれないのだが、末井の姿には空虚ささえ感じられるのだ。
 考えてみれば末井の周囲の人々も、それぞれに思いも寄らぬ場所にたどり着いている。末井の妻・牧子(前田敦子)はペット相手に寂しさを紛らわす主婦となり、浮気相手・笛子(三浦透子)は精神を病み自殺未遂をする。夢を語り合った近松ですら、自分で描いたポスターのことを忘れてしまっている。そして何より末井の母親(尾野真千子)は、ダイナマイトで心中するという思いも寄らぬ最期を迎えたのだ。

 この作品では、昭和40年代後半から、末井が「パチンコ必勝ガイド」を出版する昭和63年までの約30年間が描かれる。上映時間は138分と結構長いし、時代を順に追っていくという構成はのんべんだらりとした印象を与えるかもしれない。前半はそんなところもあるのだけれど、後半になり浮気相手との逃避行でどこかの湖畔に「夢のカリフォルニア」が流れるあたりからちょっと趣きが変わる。夢は破れ――というよりどこかに雲散霧消し、もの悲しさみたいなものが感じられるようになってくる後半がとてもいい。末井が扱いに困っていた母親のダイナマイト心中も、最後には笑い話のように語ることができるようになり、同時に結核を病み医者からも見放され、ふたりの子供を残して死ぬことになった母親の心残りをも感じさせるのだ。
 もっとも実在の末井昭本人がそんなことを考えたかどうかはわからない。ただこの作品で脚本・監督を務めた冨永昌敬の構成した末井という人の半生の物語はそんなことを感じさせるのだ。末井は空っぽなのかもしれないのだけれど、空っぽだからこそ時代の空気を読むことに長け、エロ雑誌が廃刊になってもめげることもなく新しい鉱脈(パチンコ)を見つけ出してくる。そこにほかの人にはない才能とかエネルギーがあることは確かなんだろうと思う。それでもやはりとらえどころのない人という印象は変わらないけれど……。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 末井の妻・牧子(前田敦子)の後年の姿。最初はもっとかわいらしい姿で登場する。

◆昭和の女たち
 南伸坊曰く「ボーヨーとした人物」であるという末井昭。そんなつかみどころがない人物を、やはりつかみどころがないままに演じてみせた柄本佑もいい味を出しているけれど、彼を取り巻く女性陣も印象に残る。
 妻役となる前田敦子はかわいらしいツインテールで登場するものの、寂しい主婦と成り果てるまでを演じている。仕事などで家に寄り付かない末井に、「あなたがいない間、私が何してるか考えたことある」と問いかける場面が結構怖い。
 愛人役の三浦透子『私たちのハァハァ』では女子高校生役だった人。あのときもちょっと狂気っぽい役だったけれど、この作品では精神病院に入院するほどになってしまう。退院した後に末井の職場に姿を現したのは、一体何を求めてのことだったのだろうか。自殺未遂で身体に残った傷痕を見せにきたわけではないと思うのだけれども、末井の見せるやさしさもホテルに行くことだけというあたりもどこかもの悲しいエピソードだった。
 荒木さんの「芸術だから」という口車で裸になる女性たちを尻目に、浴衣をちょっとはだけただけの末井の母を演じた尾野真千子が一番艶っぽい。母親の登場シーンは回想だからか、尾野真千子にセリフはまったくない。その代わりにエンドロールで主題歌「山の音」(音楽の担当は菊地成孔小田朋美)で歌声を聴かせてくれている。しかもデュエットの相手は末井昭本人。この曲がとても素晴らしく、ふたりの歌声が作品を見事に締めくくっている。



素敵なダイナマイトスキャンダル (ちくま文庫)



「素敵なダイナマイトスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック


スポンサーサイト
Date: 2018.03.25 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『南瓜とマヨネーズ』 「迷子の誰かさん」って誰のこと?

 監督は『ローリング』などの冨永昌敬
 原作は『strawberry shortcakes』『blue』などの魚喃キリコの漫画。

冨永昌敬 『南瓜とマヨネーズ』 主要キャストの3人。臼田あさ美、太賀、オダギリジョー。


 ツチダ(臼田あさ美)は売れないバンドマンのせいいち(太賀)と暮らしている。バンド仲間とうまくいかず、職もなく、自堕落に過ごしているせいいちのために、ツチダはライブハウスのバイト以外にキャバクラの仕事も始め、尽くす女に徹している。さらにキャバクラで出会った客(光石研)と愛人契約をしてまで稼ごうとするのだが、そのことがバレてけんかになってしまう。その後、せいいちもようやく働き始め、生活も軌道に乗ったかと思うと、ツチダはたまたま出会ってしまった昔の男・ハギオ(オダギリジョー)との関係に夢中になってしまう……。

 ミュージシャンを目指しつつも迷いがあるのか悶々としているせいいちにしても、女にモテすぎるからかヒモみたいな生活をしているハギオにしても、あまり褒められた人間ではないのだけれど、主人公であるツチダのやっていることもまたよくわからない。せいいちに対して尽くす女を演じていたかと思うと、その関係修復もままならぬうちにハギオと一夜を過ごしたりしてしまうのだ。傍から見ていると「何をやっているんだろうか、この女は」と疑問を感じてしまう。
 すると、そんな観客の気持ちを見透かしたかのようにツチダのモノローグが響く。「自分のやってることがわからないよ」と。その後のツチダの行動はちょっと痛々しいものにも感じられる。ハギオとキャバクラの友達・可奈子(清水くるみ)を連れてわざわざ自宅でせいいちの帰りを待つのは悪趣味だし、ツチダはなぜか修羅場となるかもしれない現場で楽しそうな笑いを浮かべているのだ。
 ツチダの行動はせいいちとの関係の息苦しさからなのだろう。ふたりは終わっているのに、それでも居場所がないから一緒に居るしかない。また一方で、ツチダはハギオのことを未だに好きなのも確かなのだけれど、それがいつまでも続くものではないことも理解している。ハギオとの情事は、せいいちとの関係から目をそらすための逃避であり、どちらにも進むことができないツチダの破れかぶれにも映る。計算高くせいいちから別れの言葉を引き出そうというよりは、わけがわからなくてどうでもよくなってしまっているのだ。

『南瓜とマヨネーズ』 ツチダ(臼田あさ美)は売春がバレて、せいいち(太賀)とぶつかることになってしまう。

『南瓜とマヨネーズ』 オダギリジョー演じるハギオはそれほど顔がアップになるわけではないのだけれど、声のトーンやその振舞いでいかにもモテそうに見える。

 『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』『ローリング』などを観ると冨永昌敬は様々な語り口を持つ監督で、観客の興味を惹き付け、作品をリズムにのせることもできるはず。しかし、この『南瓜とマヨネーズ』はどこに向かうのかわからないような感覚がある。というのも、主人公ツチダ自身が自分がやっていることがわからない迷子の状態にあるからなのかもしれない。作品そのものも真っ直ぐに進むわけにもいかずにうろちょろすることになるのだろう。
 冒頭ではいくつかの断片が提示される。誰かが奏でるギターの音、シャワー室の足元のアップとそれに踏みつけられている黒いもの、ショートパンツ姿の女の子たちのおしり、業務用の掃除機の回る様子。これらの断片が何なのかは映画を観始めた観客にはよくわからない。
 断片を散りばめたとしても、たとえば「輝かしい青春の一場面」とか「若者たちの怠惰な日々」とか、何かしらの意味合いを持たせることは可能なはずだが、ここでは意味不明なまま進んでいく。
 ギターを弾いているのが誰なのか不明だし、シャワー室で踏みつけられているものが何なのかもわからない(ツチダが客に着せられたスクール水着だろうか)。これらの断片は作品中の一場面なのだけれど、意味連関もなくコラージュされただけで、この作品が何を描いていくのか、どこに向かうのかまったくわからないのだ。
 もちろんこれは意図的なものなのだろう。作品中には劇伴は排除されているし、せいいちも最後の最後まで歌うことはないし、最後の歌ですらパーカッションのリズムによる“語り”のようにも聴こえるのだ。(*1)美しい旋律を奏でるように作品がスムーズに流れていかないのも、迷子の登場人物を表しているのかもしれない。

(*1) せいいちがギターの伴奏で歌うのは、風呂場でふたつの歌が交差するように歌ったもので、結局きちんと曲を歌い上げることはなかったような気がする。

 最後のせいいちの歌はツチダのためにつくったのではないと語られるのだが、その歌詞のなかに登場する「迷子の誰かさん」はツチダのことを指しているようにも思える。ともかくそれを聴くツチダの泣き笑いは、ツチダがその曲に自分のことが歌われていると感じたからだろう。
 ツチダは独りよがりにせいいちに尽くし、勝手に自滅したわけだけれど、彼の歌が好きなのは本当なのだ。そして、せいいちが自分のこと的確に把握していたことに涙したのだろう。もっとも、迷子なのはツチダの家を出て流浪状態のせいいちも一緒だし、さらに言えばあちこちの女を渡り歩くハギオも同様とも言えるかもしれない。
 途中まではイタい女にしか感じられなかったツチダだけれど、最後にせいいちの歌を聴くころには何ともいとおしい存在に感じられてもらい泣きした(臼田あさ美の泣き笑いの表情がとてもよかった)。何と言うか「迷子の誰かさん」をほかの誰かのことだと思える人はよっぽど満ち足りた人なんじゃないかと思う。とても身に染みた作品。

南瓜とマヨネーズ 豪華版Blu-ray


南瓜とマヨネーズ 通常版DVD



南瓜とマヨネーズ (FEEL COMICS)


冨永昌敬の作品
Date: 2017.11.22 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『ローリング』 クズどもへ 水戸より愛を込めて

 『パビリオン山椒魚』『亀虫』などの冨永昌敬の作品。
 キネマ旬報ベスト・テンでは、日本映画ベスト・テンの第10位に選ばれている。
 昨年6月に劇場公開され、今月になってソフトがリリースされた。

冨永昌敬 『ローリング』 貫一(三浦貴大)とみはり(柳英里紗)。ショートパンツの柳英里紗がエロかった。


 権藤(川瀬陽太)はかつて水戸で教師をしていたのだが、女子更衣室の盗撮がバレて教師を辞めて東京へと逃げていた。その後、諸事情で東京にも居られなくなった権藤は、キャバクラ嬢のみはり(柳英里紗)と共に水戸へと帰ってくる。

 権藤は教え子の裸を盗撮するようなクズだから、水戸に戻っても居場所があるわけでない。かつての女子生徒たちに追いまわされたりもするのだけれど、意外にも早く地元の生活に馴染んでしまう。というのは権藤もしみじみと語るように、水戸の仲間たちもアホばかりだからだろう。
 歓楽街におしぼりを配達している貫一(三浦貴大)は権藤の元教え子。彼はみはりのことを奪うことになるが、教師への敬意などないとばかりに権藤を小突いたりもするし、権藤は権藤で自分がやったことを「恥ずかしい行い」などと言いつつも罪悪感をさほど感じずに元教え子たちとも付き合っている。教え子たちをアホだと語る権藤自身が一番破廉恥な人間なのだ。
 
 この作品は水戸を舞台にしている。水戸は私もそれなりに知っているところなので、とても懐かしく観た。水戸芸術館のタワー(一応上まで昇ることができるがたいしたものは見えない)や千波湖なども登場するのだが、退屈な地方都市といった風情に収まっているところはやはり水戸らしい。
 中心の舞台となる水戸・大工町は歓楽街だというのだが、私自身はよく知らない(呑み歩くような年齢ではなかったので)。何となくいかがわしい雰囲気はあったかもしれない。ただ、大工町には「水戸パンテオン」という映画館があって、地元の映画ファンは駅から結構離れた場所にあるその映画館までわざわざ通ったはず。(*1)
 監督・脚本の冨永昌敬は水戸短編映像祭が出発点だったとのことで、その関係で水戸を舞台にしてこの作品が誕生したとのこと。地方都市が舞台になれば必ずそこから抜け出したいという若者が登場しそうだが、『ローリング』の登場人物たちは仲間内でそれなりに楽しくやっている。クセのある登場人物が妙におかしくて、ヤクザまがいの連中とのやりとりとか、権藤と隣の巨乳の奥さんとのカラミには笑った。

(*1) 「渋谷パンテオン」ではなく「水戸パンテオン」である。同じ系列の映画館だったのだろうか。どちらもなくなってしまったけれど……。

 ※ 一部、ネタバレもあり!

『ローリング』 真ん中が自らを破廉恥漢だと名乗る権藤(川瀬陽太)。川瀬陽太のダメっぷりが素晴らしかった。

『ローリング』 水戸の仲間たちのマヌケっぷりは笑える。

 公式ホームページによれば、題名の“ローリング”というのは、工場で丸められる“おしぼり”からイメージされているとのこと。工場から配達されるおしぼりは、回収されてキレイになって再び戻ってくる。タイトルバックでカメラがパンしていくあたりにも円環的なイメージを感じさせる。また、冒頭の権藤のナレーションによれば、クズ教師の今の姿は巣の中の雛ということで、さらには輪廻へとつながっていくのだ。
 輪廻は因果応報という考え方に基づいている。悪い行いは自分に返ってくる(自業自得)わけで、権藤のようなクズはいつまでも輪廻のサイクルから逃れることはできないだろう。権藤の最後の言葉は「教え子たちよ、ありがとう。また一からやり直しです」となっているわけで、何度も何度もローリングしていくのだ(生まれ変わって雛となったというのは嘘だったわけだけれど←マウスオーバーでネタバレ)。
 こうした円環のイメージは同じところをぐるぐると回っているようなもので、退屈な地方都市から出ようともせずにグダグダし、成長することもない仲間たちの姿とも重なり合ってくる。かといってそんな権藤や仲間たちを突き放したり非難しているわけではない。権藤のした悪事もタレントとなった元教え子の朋美(井端珠里)には感謝されるわけで、六道輪廻を経巡るわれわれのような他愛ない存在を暖かく見守っているような印象でもあるのだ。

 そんな物語はともかくとしても独特のナレーションで始まるこの作品は、特筆すべき渡邊琢磨の音楽と冨永昌敬の冴えた演出が相まって観るべき価値のある作品になっていると思う。魅力のない県としてしか話題にならない場所から、こんな魅力的な作品が生まれてくるとは思ってもみなかったことで嬉しい発見だった。

ローリング [DVD]


Date: 2016.01.31 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR