『フューリー』 わたしをそんなところに遣わせないでください。

 ブラッド・ピットが製作総指揮と主演を務めた戦争映画。
 『ウォールフラワー』でうぶな高校生役を演じていたローガン・ラーマンが、今回も戦場で成長していくノーマンを演じている。
 監督には海兵隊出身だというデビッド・エアー(『エンド・オブ・ウォッチ』『サボタージュ』など)。

デビッド・エアー監督 『フューリー』 ブラッド・ピットが製作総指揮と主演も。


 1945年4月、第二次世界大戦。5月には降伏するドイツ軍との最後の激闘さなかにある米軍。“フューリー”と名づけられた戦車を自らの家と考える主人公ウォーダディー(ブラッド・ピット)のもとに、先の戦闘で死んだレッドの代わりに、新米兵士ノーマン(ローガン・ラーマン)が配置されてくる。

 戦争映画に詳しいわけではないからよくわからないけれど、戦車という存在は脇役でしかなかったような気もする(雑誌『映画秘宝』には「戦車映画」が特集されていたから、戦車が主役の映画もあるのだろう)。『プライベート・ライアン』では最後に印象的な使われ方をしていたものの、やはり脇役の扱いだった気がする。
 この『フューリー』は戦車がメインとなる戦いが描かれていて、戦車が堂々と主役を張っていると言ってもいいくらいだった。そのくらい戦車バトルは迫力があった。というのも、この映画では本物の戦車を使用しているらしく、ほかの映画とは一線を画しているのだ。
 特にドイツ軍のティーガー(タイガー)戦車というのは6輌しか現存していないそうで、しかも唯一走行可能なティーガー戦車を実際の撮影に使用している。町山智浩によれば、ティーガー戦車は米軍のシャーマン戦車が5台くらい束になって戦わないと敵わないくらい凄かったのだとか。
 この映画でも中盤の見せ場で、ティーガー戦車とシャーマン戦車との壮絶な戦いが描かれている。本当の戦場を知るわけでもないけれど、やっぱり迫力があってスクリーンにくぎ付けになった。私には到底現実の戦場は無理そうで、映画の世界で本当によかったと思う。最初のほうに出てきたオレンジと緑のレーザーみたいなのは、閃光弾と言うらしい。ちょっとSFチックだが、本物なのだろうか?

『フューリー』 本物の戦車。多分、これらは米軍のシャーマンという戦車だと思う。
 
 この映画はノーマンの成長物語としてもある。銃ではなくタイプを打つ訓練をしてきた若者が、次第に“マシン”と呼ばれる兵士となっていく姿を追っていく。第二次大戦のころは、訓練もせずに実地で戦争を学ぶというシステムでやっていたらしく、ノーマンは最初まったく役に立たない。そのせいで子供のように幼いドイツ兵からの銃弾を受け、仲間を失うことになる。
 ウォーダディーは「仕事をしろ」とノーマンを怒鳴りつけ、無理やりドイツ兵を殺させる通過儀礼を行う。そんな非人間的なことでもして、意識の変容をしないと普通の人が人殺しにはなれないということだろう。第二次大戦の米軍の発砲率は15~20%という話もあるようで、多くの兵士が敵を殺さないように狙いを外していたのだとか。
 ベトナム戦争時にはこうした経験があればこそ、『フルメタル・ジャケット』の前半部に描かれたように、訓練で殺人マシンを作り出すシステムが出来上がったのだろう。その甲斐があってか、ベトナム戦争時の発砲率は格段に上がったのだとか。

 『フューリー』という映画では、先ほどの“仕事”という言葉には、神から与えられた“天職”という意味が込められているかのように、兵士たちは神のことを話題にしている。ナチスが救われるか否かなんて話題も世間話として登場する。フューリーに乗る5人は、ドイツ兵を躊躇いなく殺す。しかし、それと同時に信心深い人間もなかにはいるのだ。
 とりわけシャイア・ラブーフ演じるバイブルというキャラはそのいい例だ。ほかの仲間が肉塊となっていくところを目の当たりにし、それでもなぜか生き残っていくという体験は、バイブルの信仰心をさらに強固なものにしている。神に選ばれ、神から遣わされていると考えるからだ。
 同じように生き残ってきたウォーダディーも、バイブルが諳んじた言葉をイザヤ書からのものだと理解するほど聖書に通じている。だから戦争という“天職”を与えられたからには、それが絶望的な仕事でも、「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」というイザヤ書の言葉通り、与えられた職場に踏みとどまることになるわけだ。
 とても感動的な場面ではあるけれど、あまりにヒロイックでちょっと鼻白む感もあった。冒頭ですでに死んでいたレッドは、顔のかけらが戦車内部にこびりつくというリアルさだったのに、ヒーローの死に様のきれいだったことといったらなかった。

FURY / フューリー [DVD]


FURY / フューリー [Blu-ray]


スポンサーサイト
Date: 2014.12.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (14)

ダーレン・アロノフスキー 『ノア 約束の舟』 狂気のノア

 旧約聖書・創世記の「ノアの箱舟」のエピソードを映画化した、ダーレン・アロノフスキーの最新作。
 出演は『ビューティフル・マインド』でも夫婦役だったラッセル・クロウとジェニファー・コネリーや、『ウォール・フラワー』でも共演しているエマ・ワトソンとローガン・ラーマンなど。

ダーレン・アロノフスキー監督 『ノア 約束の舟』 出演陣もなかなか豪華

 旧約聖書では、まず天地創造があって、アダムとイヴが楽園を追われる話があり、人類最初の殺人とされるカインとアベルの話がある。そのあとに続くのがノアのエピソードであり、この映画では天地創造からノアまでを門外漢にもわかるようにさらっと要約してくれている。
 一般的な理解からすれば、「ノアの箱舟」のエピソードは、神が創った人類があまりに堕落しているので、もう一度途中からやり直そうという神の意図を読み込むものだろう。義の人とされるノアの家族と、罪を知らない動物たちだけを助け、リセットした新たな世界を創るというわけだ。
 しかし、この『ノア 約束の舟』のノアはちょっと違う。聖書に詳しいわけではないが、独自の解釈がなされていることは確かなようだ。最初の殺人者カインの末裔たちが暴虐の限りを尽くす輩ということは間違いないのだが、ノアは自分たちも彼らと変らないんじゃないかと考える。箱舟に乗せる人を決めるのはノア自身の選択であり、家族だけを乗せるのは、単にノアのエゴに過ぎず、それはカインの末裔たちが生きたいと願うのと何ら変りはない。そういう考えがさらに進んだのか、ノアは「神は人類がこの世に存在することを望んでいない」とまで思い詰めるようになる。
 箱舟に乗るのはノア(ラッセル・クロウ)とその妻(ジェニファー・コネリー)。長男のセムとその妻イラ(ただし妊娠できない身体)、次男のハムと三男のヤペテ。大洪水を生き延びても子供を産める女がいないために、次代に続かないないわけで、人類は絶滅することになる。また、ノアはカインの末裔たちが無理やり箱舟に乗り込むのを、堕天使たち(石の巨人という妙なキャラ)の手を借りて封じてしまう。ノアが神の名の下に人類を滅ぼそうとしているわけで、ほとんど狂気を帯びているのだ。(*1)

『ノア 約束の舟』 建物のように見えるのが箱舟。大がかりなセットだ。

 人類のその後にとっては、ノアが箱舟に乗せた唯一の部外者イラ(エマ・ワトソン)が重要になる。イラは腹部に傷を負って瀕死のところを、ノアが情けをかけて助けたのだ。そのイラがセムの子供を身ごもることになるわけだが、神に従うことよりも小さな命に情けをかける“慈悲”を選ぶという展開は、ちょっと腑に落ちないところもある。腑に落ちないというのは、旧約聖書の映画化としてはあまりに道徳的過ぎるということだ。
 同じ旧約聖書の「イサクの燔祭」では、一人息子イサクを神に捧げるように命じられたアブラハムは、実際に息子イサクに手をかけようとする。最後の瞬間に神がそれを止めることになるわけだが、アブラハムは自分の選択でそれを止めたわけではないのだ。ノアの選択で人類が存続するのは万々歳かもしれないが、結局、神は姿を見せないし、その啓示はノアの夢だったとなると、ノアは単なる勘違い野郎ということにもなりかねないのだ(実際、そう見えてしまう)。
 ラストでは次男ハム(ローガン・ラーマン)はノアたちの下を去っていく。カインの末裔とハムとの結びつきから、悪の種みたいなものが現代にも受け継がれていくことになるとも思えるのだが、その時点で人類の生き残りはノアたちだけなのだから、ハムはどこでその血統を守るつもりなのかが心配になる。ハムの系統が絶たれれば、世の中は“慈悲”に溢れ住みやすくはなりそうだが、実際にはそうなってはいないわけだから……。

(*1) ダーレン・アロノフスキーの作品群から見ると、今までにない規模の壮大なスペクタクルで金もかかっている感じは伝わるのだが(スペクタクルはいささか退屈だが)、ノアの狂気が伝わって来なかった。アロノフスキー作品の主人公は『ブラック・スワン』にしても『ファウンテン 永遠につづく愛』にしても、たいがい狂っているわけだけれど、その狂気はそれなりに身近なもので、狂気に伴う痛みもあった気がするのだが……。

【Amazon.co.jp限定】 ノア 約束の舟 ブルーレイ DVDセット (Amazon.co.jp限定ブルーレイ特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]



ダーレン・アロノフスキーの作品
Date: 2014.06.16 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR