FC2ブログ

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 「気まずさ」の感覚

 『フレンチアルプスで起きたこと』リューベン・オストルンド監督の最新作。
 カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した作品。

リューベン・オストルンド 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 テリー・ノタリー演じるモンキーマン。一応これもパフォーマンス・アートということになっているのだが……。

 美術館のキュレーターのクリスティアン(クレス・バング)は、次の展示として「ザ・スクエア」という現代美術作品を選ぶ。この正方形のなかでは「すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」という設定だ。
 この美術作品は横断歩道のような役割を持つ。横断歩道では自動車は歩行者に注意をしなければならないとされているように、「ザ・スクエア」のなかでは普段の社会的地位などとは無関係に誰もが平等で公平であるべき。身体が不自由な者がいれば手を差し伸べなければならないし、お腹を空かせている者がいれば食べ物を分け与えなければならない。
 当たり前と言えば当たり前なのだけれど、実際には実行することは難しい博愛精神。「ザ・スクエア」という美術作品は、目に見える形でそうした空間を創り出すことで、今一度普段は見過ごしていることを問題提起しているということになる。
 それを積極的に推すクリスティアンは悪い奴ではない。たとえ偽善的だったとしても、博愛精神という理想を忘れていない程度にはいい奴である。ただ現実にはどうかと言うと、理想ほどうまくはいかない。
 クリスティアンは助けを求める女性を気にかける程度にはいい奴で、だからこそスリの被害に遭ったりもする。ただ、その女性が実際にはスリ集団の一味だと知ると、盗まれたスマホと財布を取り戻すために、突き止めた貧困地区のマンション全戸に脅しの文書を入れるほど、博愛精神からはほど遠い人物でもある。クリスティアンはその脅しの文書によって余計に自分の首を絞めることになっていく。

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 このなかでは「すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」という設定の現代美術作品。

様々な正方形
 みんなで助け合いながら踊るチアリーディングの場面など、タイトルからしてスクリーンのなかの正方形が目に付くことになる。とはいえ一番の正方形はスクリーンという正方形(実際にはビスタサイズだったから長方形だけれど)とも言える。
 この作品では、そのスクリーンの外側を意識させるような演出が何度もなされている。スリの場面でも叫び声が響くのはスクリーンの枠の外側からだし、クリスティアンの脅迫状によって迷惑を被る少年の助けを求める声もスクリーンの外側から聞こえてくる。
 なぜそんな演出が選択されているかと言えば、「ザ・スクエア」の内部だけで博愛主義が意識されればいいわけではないからだろう。「ザ・スクエア」という美術作品によって人々が博愛精神を掻き立てられ、どんな場所においてもそれが意識されることが意図されるのと同様に、スクリーンの外側にいるこの映画の観客もクリスティアンのことが他人事ではないような気持ちになるだろう。

◆「気まずい」感覚
 『ザ・スクエア』はどちらかと言えば散漫なエピソードの集まりのようでもあるのだけれど、共通しているのは「気まずさ」だったような気がする。そして、観客がクリスティアンと共有するのも「気まずさ」だったんじゃないだろうか。
 人が気まずいのは誰かが見ているからで、誰も見ていないところでは「気まずさ」は感じない。前作『フレンチアルプスで起きたこと』では家族のなかで面目を失った父親の姿が描かれていたけれど、『ザ・スクエア』のクリスティアンも途中までは独身貴族を謳歌しているように見えたけれど、突如として娘ふたりが現れ父親の権威が崩れていくところを目撃していくことになる。
 「気まずさ」が誰かに見られているから生じる感覚であるのと同様に、ほかのエピソードでも周囲の人との関係が影響している。女性が助けを求めて叫んでいても周りに人がたくさんいると誰も助けようとはしないという「傍観者効果」のエピソードも、「ミルグラム実験」を思わせるモンキーマン(テリー・ノタリー)のエピソードも、どちらも社会心理学の成果から生まれたものだろう。どちらのエピソードも周りに人がいるからこそ、個人として考えることを放棄してしまうのだ。
 『フレンチアルプスで起きたこと』では最後のバスのエピソードで、みんながバスを降りるなか、ひとりだけ決然と自分の意志を通す女性がいたけれど、普通はなかなかそれができずに「右へ倣え」という行動を選択してしまうのだ。
 そんななかでよくわからなかったのは、アン(エリザベス・モス)という女性とのエピソード。情事のあとに中身の詰まったコンドームの取り合いをするというシュールなおかしさがある作品でもある。一応アンとの情事も、その後の美術館内でのクリスティアンとの「気まずい」会話という点では共通しているわけだけれど、151分の長尺を絶妙な間(というよりそのはずし方)で描くという巧妙な作品でもあった。最後に付け加えておくと、ボビー・マクファーリンの声だけで奏でる音楽もこの作品の雰囲気にとてもマッチしていたと思う。

ザ・スクエア 思いやりの聖域 [Blu-ray]


ザ・スクエア 思いやりの聖域 [DVD]



フレンチアルプスで起きたこと [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.05.01 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『フレンチアルプスで起きたこと』 ベタだけれど「男はつらいよ」と言いたくなるかも

 カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した作品。
 監督はスウェーデンのリューベン・オストルンド。ちなみに原題は「FORCE MAJEURE(不可抗力)」で、「TURIST」という題名で上映されたときもあるようだ。

リューベン・オストルンド 『フレンチアルプスで起きたこと』 いかにもそれらしい家族写真を撮ってみせる4人。


 アルプスの山々を臨むフランスのリゾート地にバカンスにやってきたスウェーデン人一家。仕事が忙しいトマス(ヨハネス・バー・クンケ)にとっては、年1回の家族サービスのときでもある。思う存分にスキーを楽しむ4人だが、2日目のランチで思わぬ出来事に遭遇する。白く聳え立つアルプスから雪崩が発生し、4人のいるレストランのテラス席まで雪崩が押し寄せてきたのだ。突然のことに、トマスは妻と子供たちを置いて逃げ出してしまう……。

 危機的状況に陥ったとき、平時と違う人の本性が見えてしまうということはあるのだろう。この作品のパンフにも資料を提示してそのあたりが詳しく説明されていて、オストルンド監督も「似たようなケースを調べると、生死にかかわる大惨事に見舞われた生存カップルの多くは離婚し、また生死がかかったアクシデントに遭遇すると、男性は女性に比べると、逃げ出して自分を守る傾向があるということがわかりました」と語っている。
 しかし、監督自身が男性に肩入れしてくれるからといって、逃げ出したことが男性の本能に備わっているものだからといった言い訳が通用するとも思えない。作品中では、冷静なマッツというキャラがそうした言い訳役を担っているが、それほど説得力があるわけではない。結局大事には至らずそのままランチの続きになるわけだが、妻も子供も席に戻ってきたトマスにかける言葉もない気まずい空気が流れる。
 町山智浩はこうした状況が「男にしか起こらない」「逆のパターンがない」と指摘していて、それはなぜかと言えば、女子供は守られるべき存在で、たとえ逃げ出したとしても許されることに何となくなっているからだ。それが社会の求める役割というものなのだろう。オスの動物的本能としては逃げ出すことが自然なのに、社会的存在としての父(夫)としてはそんなことは許されないわけで、そのあたりの齟齬がアクシデントによって明らかにされるのだ。

『フレンチアルプスで起きたこと』 人工的に起きたはずの雪崩は予想外に大きくなり、4人のいるテラスにまで襲いかかることに。

 トマスはこっぴどくやられることになる。最初は何ごともなかったかのように振舞うけれど、妻のエバ(リサ・ロブン・コングスリ)から糾弾されると「認識の違い」だと抗弁し、最後には追い詰められて泣きじゃくる。本当にひどいあり様なのだが、この『フレンチアルプスで起きたこと』では男のダメさ加減だけが取り上げられるわけではない。
 その後に生じる出来事は、ことごとく場違いで間が悪い。たとえば仲直りのハグをしたときに電話が鳴り、緊迫した議論の最中には子供の操縦するドローンが飛び込んでくる。後半で男ふたりがスキー後のビールを楽しんでいる場面では、女から誘われていい気分に浸っていると実は人違いだったとか、そんなふうに予測され期待される流れを裏切ることが起きることになる。
 そんなふうに出来事も予想を裏切るが、登場人物たちの振舞いも場違いなものだ。ここで“場違い”だと思うのは、その場に正しい振舞いがあるということが共有されているということだ。リゾートに来た4人の家族としては、それらしい振舞いというものがあって、夫婦や子供たちにもそれぞれ役割がある。しかし、彼ら(彼女ら)は期待された役割を裏切るようなことばかりしてしまう。トマスの逃亡もそうだし、妻のエバが会食の際にそのアクシデントを話題にし、友人たちを何とも言いようのない困った状況に巻き込むのもそうだろう。雪崩というアクシデントをきっかけに、そうした役割に沿わない行動が次々と生み出されていくのだ。

 そんなわけでバカンスは惨憺たるものになるが、シリアスになり過ぎずに笑わせるところがこの作品の雰囲気を決定している。場違いな振舞いはその場を緊張させたりもするけれど、それ以上に周囲を呆れさせる。そんな白々しい空気が漂う部分が妙におかしい。トマスは子供たちに配慮して部屋から出てエバと話し合いをしていると、人の目もある場所にも関わらず「自分が嫌になった」とあられもなく泣きじゃくるのだ。このみっともなさにはもはや笑うしかないのだけれど、その後のエバの対応は結構冷めたもので、それもよく理解できるくらいひどい醜態なのだ。
 そんな妙におかしい部分がある一方で、今にも何か起きそうな雰囲気もある。ヴィヴァルディの響き(「四季・夏」)、人工的に雪崩を起こすための爆破音、今にも止まりそうなリフトはハラハラさせるし、ドローンや電動歯ブラシのモーター音は何かの不気味な予兆のようにも思える。
 だから最後に山を下るバスにも不穏なものを感じてしまう。突拍子がないことが起きてもおかしくないわけで、観客の期待を裏切るように、山からバスが滑落して全員死亡とかいった結末さえあり得るように思えたのだ。実際には、ぎごちない運転に恐怖を感じたエバが騒ぎ出して途中でバスを降りることになり、バスは無事に走り去っていく。エバの過剰な反応は、子供たちを守るという役割への執着から来ている。唯一バスに残って山を下りた女は、妻という役割など気にせずに、自由に不倫の恋を楽しんでいた女だった。その女だけは与えられた枠組みなどに囚われずに、事態を冷静に把握していたということなのだろう。

フレンチアルプスで起きたこと [DVD]


Date: 2015.07.08 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR