FC2ブログ

『ゲティ家の身代金』 じいさんたち頑張る

 『エイリアン:コヴェナント』『悪の法則』などのリドリー・スコット監督の最新作。
 巷で話題になっていたのは、この作品の出演者だったケビン・スペイシーがセクハラ騒動で大問題となって出演シーンが使用できなくなり、その部分を急遽再撮影したということ。代役となったクリストファー・プラマーは、その役でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた。

リドリー・スコット 『ゲティ家の身代金』 一応の主役はゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)なのだが、扱いはちょっと小さい。

 石油王の孫が誘拐されたという実話をもとにした作品。ただ、この作品では誘拐事件よりも、石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)のキャラのほうが目立つ。身代金を払わないとマスコミの前で宣言して、誘拐犯どころか世間まで驚かすことになる。
 とにかく世界一の金持ちとまで言われたゲティじいさんの守銭奴ぶりが見もの。ホテルではランドリー・サービスをケチって自分で下着を洗うし、屋敷にやってくる客のための電話代がかさむからと公衆電話を設置したりする。あげくの果てには身代金を値切ってみたり、身代金を利用して税金対策をしてみたりもする。そこまでやらないと世界一にはなれないということだろうか。守銭奴と資本家は似ている部分があるらしいのだが……。
 そんなゲティじいさんと向かい合うことになるのが、誘拐されたジャン・ポール・ゲティ3世(チャーリー・プラマー)の母親ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)。ゲイルはすでに離婚していてゲティ家の人間ではないが、巨額の身代金を出すほどの金はどこにもなく、元義父であるゲティじいさんを頼るほかなく、何とか金を出させるよう奮闘することになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!


『ゲティ家の身代金』 石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は世界一の大富豪。その孫が誘拐されることになる。

 時代は1970年代だからかちょっとのんびりしている。電話を逆探知するようなこともできないし、犯人たちマフィアの人質の扱いも酷いものではないから緊迫感には欠けるのだ。不思議だったのは誘拐事件自体がマスコミにバレているというのに、マフィアは警察が動いていないと信じ込んでいるあたり。ゲティ3世を解放したあとになって慌てて捜し回るというのは間が抜けている気もする。
 それでもちょっと怖かったのはそのマフィアの描き方で、彼らが町ぐるみでその仕事に取り組んでいるところ。一度は逃げ出したゲティ3世も人のいい警察官に保護されて事件解決かと思われた矢先に、どこからか情報が漏れていて連れ戻されてしまう。その地域のすべてを取り仕切っているのは警察などではなくマフィアなのだ。受け取った身代金は地域のおばさまたちが総動員されて、人力で大金を数え上げる。誰もがそれを仕事として当たり前のようにこなしていて、悪事に加担している風が一切ないのがかえって怖い。マフィアの生き方が地域に根付いているということなのだろう。

 ゲティじいさんは金に関わる交渉では誰にも負けない。アラブの石油を仕切っている地元部族ともうまく交渉して権利を買い取ったのだろうし、身代金を求める犯人との交渉でもゲティじいさんのほうが上手だったと言えるかもしれない。ただ、息子を奪い返したい母親ゲイルや、ゲティの業突張りに嫌気が差したフレッチャー(マーク・ウォールバーグ)のように、金以外のものに突き動かされている人間にはその手腕も通じないらしい。
 ゲティじいさんを急遽演じたクリストファー・プラマーは現在88歳だとか。主演作品『手紙は憶えている』も記憶に新しいところだが、まだまだ頑張っている。監督であるリドリー・スコットももう80歳。この作品でも人質の耳を切り取り血が噴き出してくるシーンを嬉々として描いていて、その悪趣味ぶりも健在だった。

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]


ゲティ家の身代金 [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.05.27 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

『エイリアン:コヴェナント』 エイリアンのつくり方

 リドリー・スコットの最新作にして『エイリアン』シリーズの最新作。
 タイトルの「covenant」とは「契約」の意味。

リドリー・スコット 『エイリアン:コヴェナント』 ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)の格好はリプリーのそれを思わせる。

 『プロメテウス』は『エイリアン』の前日譚だったわけだけれど、この作品はその続篇であり、『エイリアン』のシリーズ第1作目へとつながる作品となっている。個人的にはごちゃごちゃしていて不明点も多かった『プロメテウス』よりも『エイリアン:コヴェナント』のほうが楽しめた。
 監督のリドリー・スコットは、一応の主役であるダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)にはリプリーのパロディのような格好をさせてみたりして楽しそう。前作の生き残りであるアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)にはウォルター(マイケル・ファスベンダーの二役)という瓜二つのアンドロイドを登場させて妖しい雰囲気で戯れてさせてみたりもする。『悪の法則』ほどではなくとも、それなりに嫌な気持ちになるラストも好みだった。

『エイリアン:コヴェナント』 デヴィッド(マイケル・ファスベンダー)誕生の場面。この場面は『プロメテウス』より前の話ということになる。

『エイリアン:コヴェナント』 今回登場するエイリアンの姿。第1作目に登場したエイリアンとよく似ている?

 冒頭はアンドロイドのデヴィッドと、それを生み出した創造主たるウェイランド(ガイ・ピアース)との会話となっている。創造主はデヴィッドにその力関係を見せつけようとしているのだが、その雲行きはあやしい。創造主と被造物の関係がこの作品のキモとなってくる点で『ブレードランナー』にも似通ってくる(『ブレードランナー』では、被造物であるレプリカントが創造主たるタイレル博士を殺すことになる)。
 前作『プロメテウス』では、人類の創造主がエンジニア(=スペースジョッキー)と呼ばれる宇宙人だったということが明らかになった。エンジニアは人類を創造し、人類はアンドロイドを創造した。『コヴェナント』ではそうした関係性のなかにエイリアンの存在も位置づけることになる。
 『プロメテウス』ではエイリアンはエンジニアが生物兵器として生み出したものであることは示されてはいるものの、『エイリアン』に登場したような完成態のエイリアンはまだ登場していなかった。『コヴェナント』ではエンジニアの星に到着したデヴィッドが様々な実験を経て、エイリアンを進化させていったことが語られる(エンドクレジットのなかには「The Selfish Gene(利己的な遺伝子)」と記載があったような気がするから進化論的な考えは前提となっているのだろう)。創造主である人間に「創造すること」を禁じられたはずのアンドロイド・デヴィッドが創造主になるのだ。
 思えば『エイリアン』シリーズの前四部作はエイリアンの退化の過程だったように思えなくもない。リドリー・スコットはこのシリーズの創造主でもあるわけだが、以後の作品の監督はそれぞれその時の旬の監督が担当することになった。雑誌のインタビューでは、『エイリアンVSプレデター』で『エイリアン』シリーズは燃え尽きてしまったなどとも語っているようだ。創造主としては複雑な想いもあったのだろう。
 シリーズの最終章に位置づけられる『エイリアン4』では、リプリーの遺伝子を受け継いだエイリアンが登場することになるのだが、その姿はグロテスクな失敗作にしか見えなかった。リドリーは新たに前日譚をつくることで、燃え尽きてしまった完成態エイリアンを再創造させたかったのだろう。
 実はこのシリーズの次作の製作も噂されているようで、その作品は『プロメテウス』と『コヴェナント』の間の話になるのだとか。今さら時間を遡って何を描くのかは謎だけれど、意外と楽しみな気もする。

エイリアン:コヴェナント 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】エイリアン:コヴェナント ブルーレイ版スチールブック仕様 [Steelbook] [Blu-ray]



『エイリアン』シリーズ
リドリー・スコットの作品
Date: 2017.09.28 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『オデッセイ』 宇宙でひとりぼっち、再び

 『エイリアン』『ブレードランナー』などのリドリー・スコットの最新作。
 アカデミー賞には作品賞・主演男優賞を含む7部門にノミネートされている。
 原作はアンディ・ウィアーが自分のサイトで連載していたという『火星の人(The Martian)』。

リドリー・スコット 『オデッセイ』 マット・デイモン演じるワトニーは火星にただひとり残されて……。


 事故で火星に取り残されてしまったマーク・ワトニー(マット・デイモン)。火星には空気もなければ、水もない。助けを呼ぼうにも通信手段もない。食糧は31日分が残っているけれど、次のロケットが到着するのは4年後。そんな状況でワトニーはどうやって命をつないでいくのか。

 どう考えても絶望的な状況なのだけれど、ワトニーは常に前向きでユーモアを忘れない。パニックになることもなく自らの置かれた状況を冷静に把握し、対策を練って実行していく。意外にもあっさりと食糧問題を解決してしまい、長期的展望を語る様子は地球に戻ることを信じて疑わない楽天的なものすら感じる。
 ワトニーがそんなふうになってしまうのは、残されていた音楽がルイス船長(ジェシカ・チャステイン)の70年代のディスコ・ミュージックばかりだったからなのかもしれない。あのノリではどうにも暗くなりようがないのだ。ドナ・サマー「Hot Stuff」とかデヴィッド・ボウイ「Starman」とかグロリア・ゲイナー「I Will Survive」など、有名な曲がワトニーの気持ちに沿うように配置されていて、困難を乗り越えてサバイブしていくエンターテインメント作品としてとても楽しめる。途中で藪から棒に中国が出てくるのも営業戦略という感じがするし、世界中のみんながワトニーを応援しているというのもハリウッドの超大作らしい雰囲気だった。
 NASAが協力しているということもあり科学的には正しい描かれ方をしているのだろうと推測するのだけれど、細部の説明は宇宙飛行士のひとりが「それを英語で言うと?」と茶化しているように、専門的すぎてよくわからなかった。それにしてもあんな状態のロケット(?)で宇宙に飛び出せるものなのだろうかとワトニーが心配になった。



 この作品はマット・デイモンが主役だが、彼自身がこの役を望んで製作陣にアプローチしてきたとのこと(本屋で立ち読みした雑誌『DVD&ブルーレイVISION』にそんな記事があった)。いつでも“いい人”というイメージが強いマット・デイモンだが、『インターステラー』では宇宙の片隅に置き去りにされて寂しくて狂気に陥るという役柄だった。今回の『オデッセイ』はそれとは正反対なわけで、『インターステラー』の悪役の記憶を上書きするような意識があったのかもしれないなどと感じてしまう(共演のジェシカ・チャステインも『インターステラー』に出ていたし)。
 宇宙の彼方と消え去りそうになるワトニーを仲間がインターセプトするというラストのミッションはとてもハラハラさせるのだけれど、やはり『ゼロ・グラビティ』を思い出してしまうわけで、全体的にどこか既視感もあった。嵐の場面は『プロメテウス』でもやっていたし、火星の造形も『ゴースト・オブ・マーズ』『ミッション・トゥ・マーズ』なんかとさほど変わらない。リドリー・スコット作品としてはもの足りないし、エンタメに徹しているからアカデミー賞の作品賞や主演男優賞とは縁遠いだろうと思う。

 『オデッセイ』とはあまり関係ないのだが、雑誌のインタビューでリドリー・スコットが『悪の法則』に関して語っていた。賛否両論の『悪の法則』だがギレルモ・デル・トロはそれを35回も観たとも噂され、リドリー本人もとても気に入っている作品だということ。楽天的で希望に満ち溢れた『オデッセイ』とは正反対の『悪の法則』だが、個人的にはあの暗さにしびれた。

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)


火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)


火星の人


Date: 2016.02.07 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (17)

リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 奇跡という自然現象

 リドリー・スコット監督が描く「出エジプト記」。
 主役のモーゼ役にはクリスチャン・ベール。ラムセスにはジョエル・エドガートン。ほかにはジョン・タトゥーロベン・キングスレーシガニー・ウィーバーなども顔を出す。
 原題は「Exodus:Gods and Kings」。ユダヤ教は一神教だが、ここでの“神”が複数なのはエジプトの神との対決を意識してだろうか?

リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』  有名なあのシーンは津波として表現される。

 題材は旧約聖書の「出エジプト記」だが、セシル・B・デミルの『十戒』(1956年)のリメイクが狙いだろう。『エクソダス:神と王』が元ネタ『十戒』と違っているのは、神が行った奇跡が自然現象として説明されていることだ。
 『十戒』でも描かれていた“十の奇跡”は、エジプト王・ラムセスに奴隷であるヘブライ人(ユダヤ人)たちの解放を迫るためのものだ。ヘブライ人の神は偉大だから、その気になればエジプトに災いをもたらすことができる。その証明のために、ナイル川を血に染め、カエルや虻やイナゴを大量発生させ、最後には子供の命までを奪う。しかもそれらの被害はヘブライ人には及ばず、エジプトの民だけが酷い目に遭うことになる。
 たとえば、ナイルが血で染まるのは、ワニが狂ったように動物を喰い散らかしたからと理由づけされ、カエルや虻の発生もそうした連鎖反応としてある。子供たちが突然死するところ以外は、ほとんど天変地異の一種とも言えるのだ。
 そして自然現象に人間ごときが手出しできないのと同じように、モーゼはほとんど何もしていない。神の奇跡が進行しているとき、モーゼはただ「見ていろ」と言われ傍観しているだけなのだ。紅海が割れるあの有名な場面は、『十戒』のモーゼは杖を差し出し自らの意志で奇跡を起こしたように見えるけれど、『エクソダス』では隕石(?)落下による津波として表現されている。
 モーゼは道案内をするくらいで積極的に何かをなしたように見えないのだ。唯一の例外は「十戒」の言葉を石板に彫りつけたことだという……。しかもモーゼ以外には神の姿は見えないため、傍目からは狂人の妄想が子供の姿をした神を生んでいるようにも映るのだ。つまり狂人の妄想をきっかけにした、あり得ないほどの偶然の連続がユダヤ人を解放へと導いたとも解釈できるのだ。もちろんそれはユダヤ教を貶める意図ではなくて、神話のように語られる奇跡的な出来事が、今を遡ること約3300年前に実際に生じた、現在と地続きのものとして描くためだろう。
 そんな『エクソダス』のスペクタクルシーンはさすがに技術的な進歩により格段にリアルなものがあった。ただ、そればっかりという印象も否めないわけで、モーゼやラムセスなど人間たちのドラマは霞んでしまい、端的に言えばいささか退屈だった。
 リドリー・スコットの前作『悪の法則』では、“死”という絶対に越えられない深淵を感じたが、この映画でも“神=自然現象”を前にした人間の存在はとてつもなく小さい。そんな感覚は、この『エクソダス』という作品が、自死した弟のトニー・スコットに捧げられているということとも関係しているのかもしれないなどとも勝手に思う。(*1)

(*1) エンディング・ロールの撮影・第二班には別のスコットの名前があった。ルーク・スコットというのがその名前で、リドリーの息子であるのだとか(確かな情報かどうかは不明だが)。


エクソダス:神と王 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


エクソダス:神と王 [DVD]


Date: 2015.02.05 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR