『ニンフォマニアックVol. 2』 “ポルノ”は退屈?

 ラース・フォン・トリアー監督の最新作。先月公開されたVol. 1の続き。全8章の物語の、第6章から第8章まで。

ラース・フォン・トリアー 『ニンフォマニアックVol. 2』 ジョーはソファーに縛り付けられ、激しく鞭打たれる。

 Vol. 1ではジョーが不感症に陥ったところで終わる。ジョー(シャルロット・ゲンズブール)にとって、セックスでの快感が得られないのは耐え難いこと。それはジョーの告白の聞き手であるセリグマンが、読書による愉悦を得られなくなることのように切実な問題だ。
 ここで話は少し過去に戻って、ジョーが初めてオーガズムを経験したときのことへ。草むらで寝転がっていたジョーは、身体が浮かび上がっていくような不思議な感覚を体験する。これはセリグマンの解釈によれば「イエスの変容」の場面ということになる。
 ジョーは自分の性的な体験のすべてを、わけのわからない比喩でもって解釈していくセリグマンに苛立ちを見せる。そして、セリグマン(ステラン・スカルスガルド)には性的な経験がまったくないということに気がつく。セリグマンは童貞で、性に対する具体的な感覚を知らないから、本から得た理屈っぽい解釈にばかり頼っているのだと。ここでジョーにたしなめられることで、セリグマン流解釈は出番を減らし、物語はジョーのさらなる性的な探求へと向かい、ラース・フォン・トリアーらしい痛々しい場面も多くなる。

 ジョーは夫・ジェローム(シャイア・ラブーフ)とのセックスでは満足を得られない。そのためジェロームは、ジョーがほかの男とセックスすることを望む(これは『奇跡の海』にもあった展開だ)。ジョーは不感症の回復のために、さらに苦行のような行動へと突き進んでいく。言葉の通じない黒人との3Pから始まり、SM的な方向へ探求を進める(第6章「東方教会と西方教会(サイレント・ダック)」)。カウンセリングにも通うことになるが、それを治療するべきものとは捉えず自らを肯定する(第7章「鏡」)。それでも次第に日々の仕事にも支障を来たしたジョーは、借金取りという裏稼業の仕事に手を染めることになる(第8章「銃」)。

『ニンフォマニアックVol. 2』 ポスターでは一番イっちゃっているのに、本編では単なるウェイターだったウド・キア。

 『奇跡の海』では主人公ベスは純粋すぎるがゆえに、夫の希望通り街娼のような真似をすることになるわけだが、『ニンフォマニアック』のジョーの場合はどうだろうか。ジョーは夫のためにほかの男と寝ることを選ぶのではなく、自らの性的な探求心ゆえにそうしている。第1章の男漁りでも、女友達が「愛はセックスのスパイス」だとして、純粋な男漁りから離れて愛に向かうのを、ジョーは愉快には感じていないようだった。子供を放置してSMクラブ(?)に通うことを夫に非難されたときも、夫も子育てには向いていないと開き直り、自分の行動を反省するわけではない(というよりも家庭人になってしまったジェロームの変節を非難しているようにも見える)。
 ジョーが何に突き動かされているのかはよくわからない。カウンセリングにおいて最後にジョーがこだわるのは、自らが「ニンフォマニアック」であって、「セックス・アディクト」ではないということだ。これは単に言い替えただけだと思うのだが、ジョーにとっては大事なことらしい。セリグマンが「ニガー」を差別用語だとして非難するのにも耳を貸さないあたりにも、ジョーの依怙地な部分が表れているのかもしれないし、ジョーのセクシュアリティという厄介な部分に触れるものがあるのかもしれない。何にせよ、ジョーが自分の存在を重ね合わせる木(山上で風に吹かれて斜めに傾いでいる)が孤独に立っていたように、ジョー自身もこの世に居場所を見つけることは難しいようだ。

 Vol. 1のときも「冗長な部分がある」と記したが、Vol. 2はさらに冗長だと思う。ポルノというもの自体はそれほど扇情的なものではないのだろう。(*1)たとえばアダルトヴィデオは早送りを前提に製作されているのだという(私は某作家の講演でそんなことを聞いた)。裸や局部が映っているというだけのものならば、単に退屈なものなのだ。
 この映画でも局部は卑猥さを表現するというよりは、主に笑いを担っている(黒人の巨根に挟まれたシャルロット・ゲンズブールがVol. 2で一番笑える)。だから前後編4時間のポルノというのはいささか長すぎる。ディレクターズカット版はさらに長いらしいのだが、性描写が増えるだけなら単に冗長さが増すだけのようにも思えるのだが……。
 ラストのオチはラース・フォン・トリアーらしいところへ落ち着いたという感じだった。「欝三部作」(『アンチクライスト』『メランコリア』『ニンフォマニアック』)などとも呼ばれる作品だけに、心暖まる結末なんてあり得ないのかもしれない。

 期待していたウィレム・デフォーもそれほどの出番はなかったし、ウド・キアに関してはカメオ出演みたいなものだったのは残念。サディスト役でジョーを痛めつけるジェイミー・ベル(『リトル・ダンサー』の少年)はよかったし、シャルロット・ゲンズブールとのレズ・シーンもこなしたミア・ゴス(まだ19歳だとか)はエロかった。

(*1) この『ニンフォマニアック』は、“ポルノ”だと前々から噂になっていた作品だ。しかし風変わりなポルノである。それは『ダンサー・イン・ザ・ダーク』がミュージカルでありながらそれには収まりきらないものがあり、『アンチクライスト』がホラーのようでそれとはやはり違うというように、ラース・フォン・トリアーが撮るとそうなってしまうのだろう。

ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [Blu-ray]


ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [DVD]


奇跡の海 無修正 HDニューマスター版 (〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]


アンチクライスト(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]


メランコリア [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2014.11.07 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『ニンフォマニアックVol. 1』 ラース・フォン・トリアーの悪い冗談?

 ラース・フォン・トリアー監督の最新作。今回公開となったVol. 1に引き続き、来月にはVol. 2が控えている。全8章の物語で、Vol. 1は第5章まで。「ニンフォマニアック」とは“色情狂”のこと。
 出演はシャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフなど。

ラース・フォン・トリアー 『ニンフォマニアック』 クセのある出演陣。


 物語の語り手であるジョー(シャルロット・ゲンスブール)は、ある夜、狭い街路で倒れているところをセリグマン(ステラン・スカルスガルド)という初老の男に助けられる。セリグマンはジョーを介抱し、ようやく話をできる程度に回復したジョーは、自身のこれまでについて語り始める。

 ジョーは性的なものに囚われている女性だ。幼いころにそれに気づき、女友達と一緒に快楽なのかよくわからない性的遍歴を重ねていく。性的遍歴と記したが、第1章から第5章までのVol. 1では、第2章「ジェローム」では愛について語られたり、第4章「せん妄」では父親の死が描かれたりもする。そして、第3章「H夫人」では、H氏とその夫人(ユマ・サーマン)と別のセックスフレンドまで交えた修羅場が、喜劇として描かれる。そんな意味でこの映画はジョーの半生そのものを辿っている。
 性的遍歴という言葉が一番適しているのは、第1章「釣魚大全」である。幼いころの他愛ない性的な遊びから始まり、ジェローム(シャイア・ラブーフ)との素っ気ない処女喪失を経て、旅客車での男漁りの旅が描かれる。(*1)そうした遍歴を「釣魚大全」と名づけるのは聞き手のセリグマンである。プレイボーイのことを漁色家などと言うように、ジョーがやっていることは多くの魚(=男)を獲得することだからだ。聞き手のセリグマンはこんなふうに博識でもってジョーの体験を解釈していく。

 『ニンフォマニアック』 ジョーたちは旅客車で男漁りのゲームに興じる。

 聞き手であるセリグマンは神を信じないユダヤ人である。道端に倒れているジョーを助け、話を聞いてやる親切な人物ではあるが、その告白が彼女にとっては罪の告白と同じであるにも関わらず、「罪の意識なんて共感できないものをなぜ持ち出すのか?」といった具合で、教会での懺悔とはちょっと異なる。そんなのは文学の世界にはありふれていると挑発するようでもある。
 実はセリグマンはおもしろがっているのだ。語り手のジョーは聞き手が眉をひそめ説教をしてくれることを期待していたわけで、調子が狂ったかもしれない。もしかすると処女喪失と、愛について語るときと、最後に不感症に陥るとき、その相手が偶然に導かれるようにジェロームという男になっているのは、セリグマンの挑発に乗ったジョーの脚色なのかもしれない。

 そんなわけでセリグマンはジョーの告白を比喩として置き換えていく。旅客車での男漁りは「釣魚大全」、初体験時のピストン運動の回数は「フィボナッチ数」、性的遍歴のなかの特徴的な3人の男はオルガンの和音(第5章「リトル・オルガン・スクール」)に喩えられる。全篇、比喩に満ちているのだ。ポスターにデザインされた題名「NYMPH()MANIAC」の真ん中にある穴は女性器をイメージしているのだろうし、冒頭で暗闇のなかに響く水の音も性的なものを感じさせる。
 たとえば壇蜜主演・石井隆監督『甘い鞭』では、女子高校生が監禁された部屋のひび割れた壁から水が染み出ていた。この『ニンフォマニアックVol. 1』では、壁の割れ目から水が音を立てて漏れ出している(父親の死の際もそうだった)。これはジョーが告白に入る前であり、本番前の前戯みたいな場面だが、その段階ですでにビショビショに濡れているということなのだろう。言うまでもなくこれは悪い冗談だ。
 観客を鬱々とさせずにはおかないラース・フォン・トリアーにおいてはめずらしいことだが、この映画は喜劇的な要素が多い。ただそうした比喩が単に聞き手がおもしろがっているだけで冗長な部分があることは否めないのだけれど、Vol. 2もあることだし、そちらを楽しみに待ちたいと思う。
 Vol. 1では、ジョーの不感症という苦難を提示したところで終わるわけで、多分これからが本番というところではないだろうか。まだウィレム・デフォーウド・キアも顔を見せていないわけだし、語り手のジョーを演じたシャルロット・ゲンスブールも顔に青あざを作ったままでいいところがなかったわけだから……。

(*1) ちなみに若いジョーはステイシー・マーティンが演じており、語り手のシャルロット・ゲンスブールの濡れ場はVol. 2らしい。その意味でVol. 1の主役はステイシー・マーティンである。それにしてもボカシはなんとかならなかったのだろうかと思う。ジョーが体験する白いモノ、黄色いモノ、黒いモノ、割礼したモノ。そうしたイチモツがもやの向こうにあっては、冗談も台無しである。

ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [Blu-ray]


ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [DVD]


ラース・フォン・トリアーの作品
Date: 2014.10.18 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR