『パパが遺した物語』 何がケイティに起こったか?

 『幸せのちから』ガブリエレ・ムッチーノ監督が贈る新たな親と子の物語。
 今回は試写会にて鑑賞。
 劇場公開は10月3日(土)から。

ガブリエレ・ムッチーノ 『パパが遺した物語』 ラッセル・クロウと子役のカイリー・ロジャーズ。


 小説家のジェイク(ラッセル・クロウ)は事故で妻を亡くしてしまう。事故の後遺症でジェイクも長期の入院をすることになり、娘ケイティ(カイリー・ロジャーズ)の面倒を見られなくなり、亡くなった妻の姉であるエリザベス(ダイアン・クルーガー)にケイティは預けられることになる。

 この映画はラッセル・クロウ演じるジェイクとケイティ(子役)の過去の話と、アマンダ・セイフライドが演じる25年後の現在とが交互に語られていく。
 父親のジェイクは病院からは戻ってきたものの、突然けいれんが起きる後遺症が残っている。そして、しばらくケイティと過ごしたエリザベスは、ジェイクの病気を理由に彼女を養子にもらおうと画策してくる。ジェイクが子供を育てられない状況と認められれば、裁判でケイティを奪われてしまいかねないわけで、ジェイクは敏腕弁護士を雇うために必死になって小説を書き上げる。
 一方、大人になったケイティは大学院で心理学を学んでいる。親を亡くして一言もしゃべらない女の子に真摯に向き合う熱心な学生なのだが、私生活では病んでいる部分もある。ケイティは性依存症であり、行きずりの男とすぐに関係を持ってしまう悪癖を持っているのだ。ケイティはジェイクの小説が好きなキャメロン(アーロン・ポール)と出会うことになり、本気で愛し合うようになるが、それでも性依存症が完治されたわけではなくて……。

 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末にも触れているのでご注意を!


『パパが遺した物語』 アマンダ・セイフライド演じるケイティはなぜか闇の部分を抱えている。

 この作品の最大の問題点は、ラッセル・クロウの過去パートとアマンダ・セイフライドの現在パートがほとんど結びついてこないということだろう。子供時代のケイティを成長したケイティが見ているシーンも一部はあるのだけれど、過去と現在がほとんど分離したままだから、作品の構成自体からして間違っているように感じられてしまう。
 また、邦題『パパが遺した物語』は、父親が遺した最後の小説に何か大事なことが書かれていることを推測させる。それを読んだケイティが滂沱の涙を流すであろうといった内容だと観客に思わせておいて、それは見事に裏切られる。最後の小説『Fathers and Daughters』の中身にまったく触れられないわけで、邦題は完全に観客をミスリードをしている(原題は単純に「Fathers and Daughters」である)。
 邦題に関しては配給会社の売り方の問題だから、それが涙ぐましいほどの酷いやり口だとしてもとりあえずは措くとしても、ケイティの性依存症の原因について何の説明もないというのも謎だろう。ケイティがジェイクから“ポテトチップ”と呼ばれるのに理由がないのと同じで、それにも理由がないという設定なのだとすればそれも変な話だ。
 無理に解釈をすれば、ジェイクが亡くなったあとに養子にもらわれることになるエリザベスとの関係なのかとも思えなくもない(エリザベスのケイティに対する執着はちょっと異常にも見える)。エリザベスの「あのころ私は厳しかったから」みたいな反省の弁あとにくるのが、ケイティがバスタブで胸元だけを隠すというショットだからだ(アマンダ・セイフライドのファンにとってはサービスカット)。ここだけで性的虐待が仄めかされているのかどうかは曖昧なのだが、トラウマの原因としてはありがちな話ではある。とにかく取ってつけたようなハッピーエンドだったけれど、何も解決していないという滅茶苦茶な脚本だったと思う。試写会に呼んでいただいたにも関らず、こんな悪口ばかり書きたくもないのだけれど……。

 主題歌である「Close to You」は、父親を恋しく想う娘の気持ち(あるいは娘を恋しく想う父親の気持ち)を代弁しているわけで、在りし日のふたりがそれを歌う場面は微笑ましい。だから「Close to You(あなたのそばにいたい)」マイケル・ボルトンの声で歌われるのも、成長したケイティがそれに合わせてデュエットするためだとは思うのだけれど、やはりカーペンターズの曲はカレンのあの声でなければとも思う。

 ↓ 以下はカーペンターズの「Close to You」。ついでにお気に入りのひとつ「雨の日と月曜日は」も。





40/40



パパが遺した物語 [Blu-ray]


パパが遺した物語 [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2015.09.30 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

ダーレン・アロノフスキー 『ノア 約束の舟』 狂気のノア

 旧約聖書・創世記の「ノアの箱舟」のエピソードを映画化した、ダーレン・アロノフスキーの最新作。
 出演は『ビューティフル・マインド』でも夫婦役だったラッセル・クロウとジェニファー・コネリーや、『ウォール・フラワー』でも共演しているエマ・ワトソンとローガン・ラーマンなど。

ダーレン・アロノフスキー監督 『ノア 約束の舟』 出演陣もなかなか豪華

 旧約聖書では、まず天地創造があって、アダムとイヴが楽園を追われる話があり、人類最初の殺人とされるカインとアベルの話がある。そのあとに続くのがノアのエピソードであり、この映画では天地創造からノアまでを門外漢にもわかるようにさらっと要約してくれている。
 一般的な理解からすれば、「ノアの箱舟」のエピソードは、神が創った人類があまりに堕落しているので、もう一度途中からやり直そうという神の意図を読み込むものだろう。義の人とされるノアの家族と、罪を知らない動物たちだけを助け、リセットした新たな世界を創るというわけだ。
 しかし、この『ノア 約束の舟』のノアはちょっと違う。聖書に詳しいわけではないが、独自の解釈がなされていることは確かなようだ。最初の殺人者カインの末裔たちが暴虐の限りを尽くす輩ということは間違いないのだが、ノアは自分たちも彼らと変らないんじゃないかと考える。箱舟に乗せる人を決めるのはノア自身の選択であり、家族だけを乗せるのは、単にノアのエゴに過ぎず、それはカインの末裔たちが生きたいと願うのと何ら変りはない。そういう考えがさらに進んだのか、ノアは「神は人類がこの世に存在することを望んでいない」とまで思い詰めるようになる。
 箱舟に乗るのはノア(ラッセル・クロウ)とその妻(ジェニファー・コネリー)。長男のセムとその妻イラ(ただし妊娠できない身体)、次男のハムと三男のヤペテ。大洪水を生き延びても子供を産める女がいないために、次代に続かないないわけで、人類は絶滅することになる。また、ノアはカインの末裔たちが無理やり箱舟に乗り込むのを、堕天使たち(石の巨人という妙なキャラ)の手を借りて封じてしまう。ノアが神の名の下に人類を滅ぼそうとしているわけで、ほとんど狂気を帯びているのだ。(*1)

『ノア 約束の舟』 建物のように見えるのが箱舟。大がかりなセットだ。

 人類のその後にとっては、ノアが箱舟に乗せた唯一の部外者イラ(エマ・ワトソン)が重要になる。イラは腹部に傷を負って瀕死のところを、ノアが情けをかけて助けたのだ。そのイラがセムの子供を身ごもることになるわけだが、神に従うことよりも小さな命に情けをかける“慈悲”を選ぶという展開は、ちょっと腑に落ちないところもある。腑に落ちないというのは、旧約聖書の映画化としてはあまりに道徳的過ぎるということだ。
 同じ旧約聖書の「イサクの燔祭」では、一人息子イサクを神に捧げるように命じられたアブラハムは、実際に息子イサクに手をかけようとする。最後の瞬間に神がそれを止めることになるわけだが、アブラハムは自分の選択でそれを止めたわけではないのだ。ノアの選択で人類が存続するのは万々歳かもしれないが、結局、神は姿を見せないし、その啓示はノアの夢だったとなると、ノアは単なる勘違い野郎ということにもなりかねないのだ(実際、そう見えてしまう)。
 ラストでは次男ハム(ローガン・ラーマン)はノアたちの下を去っていく。カインの末裔とハムとの結びつきから、悪の種みたいなものが現代にも受け継がれていくことになるとも思えるのだが、その時点で人類の生き残りはノアたちだけなのだから、ハムはどこでその血統を守るつもりなのかが心配になる。ハムの系統が絶たれれば、世の中は“慈悲”に溢れ住みやすくはなりそうだが、実際にはそうなってはいないわけだから……。

(*1) ダーレン・アロノフスキーの作品群から見ると、今までにない規模の壮大なスペクタクルで金もかかっている感じは伝わるのだが(スペクタクルはいささか退屈だが)、ノアの狂気が伝わって来なかった。アロノフスキー作品の主人公は『ブラック・スワン』にしても『ファウンテン 永遠につづく愛』にしても、たいがい狂っているわけだけれど、その狂気はそれなりに身近なもので、狂気に伴う痛みもあった気がするのだが……。

【Amazon.co.jp限定】 ノア 約束の舟 ブルーレイ DVDセット (Amazon.co.jp限定ブルーレイ特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]



ダーレン・アロノフスキーの作品
Date: 2014.06.16 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『ニューヨーク 冬物語』 原作は素晴らしかったが果たして?

 アメリカ文学で非常に評判の高いマーク・ヘルプリンの「Winter’s Tale」を原作とした作品。監督・脚本には、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマン
 出演はコリン・ファレル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリーなど。

『ニューヨーク 冬物語』 白馬アサンソーに乗って逃げるピーター・レイクとベバリー

 『冬物語』と言えばシュークスピアの戯曲だが、それを下敷きにしたエリック・ロメールの同名映画もある。『冬物語』はエリック・ロメールのなかでも好きな作品のひとつで、ラストで起きる出来事に心洗われる気がした。(*1)
 この映画の原作「Winter’s Tale」も、シュークスピアの作品が発端にあると思えるが、それとはまったく異なる世界を見せてくれる小説だ。アメリカ現代文学の傑作などとも呼ばれ、チャールズ・ディケンズやガルシア・マルケス、ジョン・アーヴィングなどの作品と比較されるほど素晴らしいのだ。
 ただ、今年に入って登場した新訳『ウィンターズ・テイル』でも、上下巻合わせて約1000ページという大作だから、2時間の映画にまとめるのは至難のわざと思われ、映画化に当たってはそのエッセンスをいかにコンパクトにまとめるかが、脚本家出身で今回初監督のアキヴァ・ゴールズマンの腕の見せ所だろう。

 『ニューヨーク 冬物語』は日本での扱いはかなり地味だが、出演陣には結構な顔ぶれが揃っている。これは原作の知名度もあるのかもしれないが、脚本家として活躍してきたアキヴァ・ゴールズマンからのつながりも大きいようだ。『ビューティフル・マインド』で共演したラッセル・クロウとジェニファー・コネリーが今回も顔を出しているし、ほかにもウィル・スミスやウィリアム・ハート、エヴァ・マリー・セイントなども登場する。
 ただ、サタン役(原作にはない役柄)のウィル・スミスとその子分みたいなラッセル・クロウとの安っぽいやりとりは、原作のユーモラスな部分を取り入れたのかもしれないが、全体のトーンから浮いていて失敗だと思う。逆にとてもよかったのが、ベバリーの妹ウィラ役を演じたマッケイラ・トウィッグス(単にかわいらしかっただけなんだけど)。


 泥棒ピーター・レイク(コリン・ファレル)は、かつての仲間パーリー・ソームズ(ラッセル・クロウ)から追われているところを白馬に救われる。白馬はピーター・レイクをその背中に乗せ、空を翔るようにパーリーたちから逃げ出す。ピーター・レイクは白馬に導かれ、大富豪の娘ベバリー(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と出会うことになるが……。


 ※ 以下、ネタバレもあり。

『ニューヨーク 冬物語』 ベバリーの妹ウィラ役を演じたマッケイラ・トウィッグス

 映画版はピーター・レイクとベバリーのエピソードに的を絞っている。もちろんこれは当然の選択だ。恋愛が成就した途端あっけなく死んでしまうベバリーと、その後何らかの使命を負い100年の時を越えるピーター・レイクの関係が物語の核にあるからだ。ただ、あまりにスリムにしすぎて、原作のオモチャ箱をひっくり返したようなにぎやかな要素はなくなってしまったようだ。
 原作では第1章で消えたピーター・レイクは、第2章ではまったく登場しない。その間、ほかの登場人物たちの冒険やら成長譚やらがあったりして、そうした脇道も楽しい小説なのだ。映画版はそのあたりは割愛されているため、ハーデスティという重要なキャラクターも消え、ピーター・レイクとバージニア(ジェニファー・コネリー)とのつながりも無視されて、偶然に会ったことになっている(だからラストの必然性に疑問符も)。
 終盤では、ベバリーとバージニアの娘アビーを輪廻転生で無理に結びつけて奇跡を演出しているが、時空を越えた成果として納得の行くものとは思えない。結局、ただの不幸な別人を救っただけなのだから。原作では千年王国の到来を感じさせる壮大な展開も同時に進行するが、映画では身近な範囲のごく個人的な奇跡に留まっているために、余計にピーター・レイクが見出す人生の意義が伝わって来ないのだ。
 奇跡の舞台設定もディズニーアニメの『眠れる森の美女』的なものになってしまっているのもいただけない。王子様がキスをすると美女が甦るというやつだが、ピーター・レイク=コリン・ファレルは王子様には見えないし、美女と言うにはまだ早すぎる少女(しかも病のために丸坊主)にキスするのをためらっているように見える。とにかく感動的な奇跡となるはずが、肩すかしを食らわされた印象なのだ。

 こんなふうに悪口ばかり言っていても、それなりに泣けてしまう部分はある。とは言え、それは原作を読んでいたからだとも思う。多分、原作小説を読めば、映画も観たいと思うだろうが、その逆はないと思う。残念ながら、非常に薄っぺらなファンタジーになってしまったようだ。白馬アサンソーにCGで羽が生えて、ペガサスになってしまうのもやりすぎだろう。

(*1) ほかにも原秀則の漫画『冬物語』なんかもあって、これはかつては自分の本棚にもあったはずだが、今ではほとんど記憶にない。同じ原秀則の『部屋においでよ』は覚えているから、『冬物語』はあまりおもしろくなかったのかも……。

ニューヨーク 冬物語 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


ウィンターズ・テイル(上) (ハヤカワepi文庫)


ウィンターズ・テイル(下) (ハヤカワepi文庫)


冬物語―シェイクスピア全集〈18〉 (ちくま文庫)


冬物語 [DVD]


冬物語 全7巻完結(ヤングサンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]


Date: 2014.05.30 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR