FC2ブログ

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 笑えないコメディ

 『ロブスター』『籠の中の乙女』ヨルゴス・ランティモスの最新作。
 カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した作品。
 タイトルはギリシャ神話に基づいているなどとも言われているけれど作品内に説明はないし、公式ホームページにも特段の記載はない。

ヨルゴス・ランティモス 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 影絵のようなバリー・コーガンがこの作品の主役と言えるかもしれない。=


 心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、眼科医の妻アナ(ニコール・キッドマン)とふたりの子供を持ち、悠々自適な生活を送っている。そんなスティーブンはこっそりマーティン(バリー・コーガン)という青年と会っている。マーティンとスティーブンの関係は一体?

 ふたりの関係性に妙なあやしさを感じていると、実は想像しているようなものではなくて、マーティンはスティーブンが担当した患者の息子だったことがわかってくる。その患者だった男は、スティーブンの手術を受けたあとに死亡した。そんなわけで父なし子となったマーティンに対し、スティーブンは負い目があるのだ。スティーブンがマーティンを家族に紹介すると、家族に不思議なことが起きるようになる。
 スティーブン家の誰かひとり犠牲にならなければならない。そんなことをマーティンは語る。最初に足が萎え、次第に食欲を失い、目から血が出て、最後に死に至る。そしてその犠牲者はスティーブンが選ばなければならない。そんなルールがマーティンから告げられることになる。

『聖なる鹿殺し』 長女のキムを演じるのはラフィー・キャシディ。足が萎えてしまった状態。

 ヨルゴス・ランティモスの作品では、独自のルールが設定される。『籠の中の乙女』では子供たちを守るため外界との接触を絶ち、犬歯が生え変わらなければ外に出ることができないとされた。『ロブスター』では独身者は動物にされてしまうという奇妙なものだった。
 『聖なる鹿殺し』ではマーティンが黒魔術でも使ったのか否かはわからないけれど、とにかく独自のルールが設定されるとそれは堅固なものとなる。スティーブンがマーティンの父親を医療事故で殺してしまったために、スティーブン家には呪いがかけられたのような事態が生じるのだ。家族がひとり減ったから、相手の家族からもひとり減らす。これは「目には目を、歯には歯を」的なルールと言える。これについては社会学者の宮台真司の簡潔な説明がわかりやすい。

 原初的な社会では民衆が司法に参加していました。血讐原理といいます。自分の部族の者が殺されたら相手方の部族を殺し返すこと。これは権利であると同時に義務です。報復しないと、対抗意思を表明しなかったので権利を放棄したと見做されるからです。


 この血讐原理で言えば、マーティンの家族はスティーブンに父親を殺されたわけだから、スティーブンの家族をひとり殺さなければならないということになるわけだ。
 一応マーティンはその前段で別の方法も検討している。スティーブンを父親としてマーティン家に迎えるという方法だ。スティーブンが妻アナと子供たちを棄て、マーティンの母親(アリシア・シルヴァーストーン)のパートナーなることを受け入れれば、スティーブン家の誰かが犠牲になることもなかったということなのだろう。マーティンは不気味な存在だけれど、意外と配慮があるのだ(だからこそ自分の行動を“正義”とまで言うことができるのだろう)。
 それでもスティーブンは自分の家に戻ることを選択したことで、マーティンのルールが発動することになる。最初は色々と足掻いてみるものの、そのルールが堅固なものであることが判明すると、犠牲になりたくない家族たちは延命のためにスティーブンに擦り寄っていく。その必至さが滑稽だった。この作品はコメディなのだ。
 ラストは運を天に任せたとも言えるわけだけれど、スティーブンは自分を犠牲にすることをまったく考慮に入れていないあたりがかなりブラックな味わい。アナが言う通り子供はまたつくればいいということなのかもしれないけれど、コメディとはいえちょっと笑えない話だった。

 ものすごいことを仕出かすわけではないのに観客を不安にさせるバリー・コーガンがいい味を出していた。『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』でも共演しているコリン・ファレルニコール・キッドマンは脇に回った印象だけれど、どちらも真っ裸になって奮闘してもいる。長女のキムを演じるのはラフィー・キャシディで、彼女は『トゥモローランド』で美少女ターミネーターみたいな役柄だった子。そのラフィー・キャシディがアカペラで歌うポップミュージックすらなぜか不気味なものに聴こえてくるような作品だった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア [Blu-ray]


聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア [DVD]



籠の中の乙女 [DVD]


ロブスター スペシャル・プライス [Blu-ray]


ロブスター スペシャル・プライス [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.03.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『ロブスター』 設定は抜群におもしろいのだけれど……

 ギリシャ映画『籠の中の乙女』ヨルゴス・ランティモス監督の初の英語作品。
 コリン・ファレルレイチェル・ワイズレア・セドゥベン・ウィショージョン・C・ライリーという豪華な顔ぶれを見ると、この監督の作品がいかに期待されているかがわかる。私は観ていないのだけれど『籠の中の乙女』は評判がいいらしい。

ヨルゴス・ランティモス 『ロブスター』 かなり豪華な出演陣が名を連ねている。今回のレア・セドゥはエロを封印している。


 ルール1 45日以内にパートナーを見つけること
 ルール2 独身は罪
 ルール3 捕まれば動物になって頂きます

 妻に去られ独身になったデヴィッド(コリン・ファレル)は独身者たちが収容されたホテルに送られる。そこで45日間にパートナーを見つけることができなければ動物に変えられてしまう。デヴィッドの連れている犬も兄の変えられた姿だ。デヴィッドは果たして無事にパートナーを見つけて動物になることを回避できるのか?

 設定は抜群におもしろい。この設定は現実世界の姿を誇張したものだ。世の中に独身者など必要ないという世間一般のごく穏当な考えをグロテスクにして表現したものだろう。この作品世界ではカップルであることが自然の姿とされていて、何らかの理由でひとりになったときは強制合コンみたいなホテルへ収容されカップルになることを強いられる。
 ホテルでするべきことと言えばパートナー探しだけなのだが、なぜか森へ人間狩りに出かけることも日課となっている。森に潜む社会不適合者たちを狩ることで動物にされる日付を先送りすることもできる。実はこの森に住む人間はカップルになることを拒否した独身者たちなのだ。

 もちろん現実世界でもカップルであることは推奨される。というのは次世代が生まれてこなければ社会は成り立たないからだ。この『ロブスター』でもカップルの性交渉は望ましいものとされているらしく、そのために独身者はマスターベーションを禁止され、しかもホテル従業員の扇情的な行為で欲望をさらに駆り立てられ、すぐにでもパートナーを見つけることを強要される。しかし、ホテルでは同性愛カップルも認められているので(なぜかバイセクシャルはダメ)、次世代のことを考えているわけではない。ここではカップルであることが強迫観念のようなものになっているのだ。
 カップルになることを拒否すればこの社会では生きられないわけで、そうなると森のなかに逃げ込むしかない。それでも森のなかに自由があるわけでもない。カップルを強制されない代わりに、恋愛やセックスは禁止される。そして社会をつくらないことを前提としているからか、助け合いは禁止され、自己責任で自己完結しなければならない。自分の墓は自分で掘り、死ぬときは自分で墓に入るべしという極端な取り決めもある。
 
 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末にも触れているのでご注意を!

『ロブスター』 デヴィッドは森のなかでレイチェル・ワイズ演じる女と恋に落ちるのだが……。
 
 現実を誇張した作品世界はたしかにおもしろい。そんな世界で登場人物たちはいかにも真面目な顔でバカらしいことをやってのける。そのあたりのギャップが笑いどころなのかもしれない(ベン・ウィショーとジョン・C・ライリーのじゃれ合い以外ほとんど笑えないけど)。
 この作品では設定にしても、登場人物の背景にしても特に説明はない。意味がないことにお付き合いできて楽しめる人ならこの映画には適しているのかもしれないけれど、「なぜなのだろうか」というウブな疑問を持ってしまうような人には合っていないかもしれない(私は後者)。「なぜ動物に変えられるのか」「なぜ人を狩るのか」「なぜカップルに共通点が必要なのか」という疑問は、当然のことと考えられているのかもしれないけれど特段の説明はないのだ。
 主人公デヴィッドがホテルで惹かれる女は、血も涙もない女なのだけれど、そのキャラは背景もなければ意味もないまま放り出される(とても興味が沸くキャラだと思うのだが)。また、カップルたちは互いの共通点探しに夢中になり、共通点を作るために涙ぐましい努力を積み重ねているのだけれど、谷崎潤一郎『春琴抄』的なラストが説得力を持つほど登場人物の内面が掘り下げられているとは思えなかった。
 ちなみに題名はデヴィッドがなりたいと思っていたのがロブスターだったから。本当かどうかは知らないけれど、ロブスターには寿命がなくて生殖能力が落ちることもないのだとか……。

ロブスター [DVD]


籠の中の乙女 (字幕版)


Date: 2016.03.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR