FC2ブログ

『あゝ、荒野 後篇』 ボクシング≒生きること

 寺山修司原作、岸善幸監督の『あゝ、荒野 前篇』の続き。

岸善幸 『あゝ、荒野 後篇』 主役のふたりの身体はさすがに引き締まっている。

◆親と子の関係
 冒頭は競馬のシーン。競馬では血統というものが重要視されるらしい。優秀な血筋の親から生まれた子ならば、子も優秀である可能性が高いということだろう。それでもそうした血に抗おうとする子だっている。鳶(トンビ)から生まれても鷹(タカ)になろうともがくのだ。
 前篇から引き続いてこの後篇でも多くの親子関係が描かれている。新次(菅田将暉)とその母・京子(木村多江)、建二(ヤン・イクチュン)とその父・建夫(モロ師岡)、芳子(木下あかり)とその母・セツ(河井青葉)など。それぞれ親が子を棄てたり、子が親を見棄てたりする関係となっているのだが、クライマックスの試合会場ではみんなが勢揃いすることになる。

◆それぞれの戦う理由
 新宿新次はボクシングを始めるきっかけでもあった裕二との戦いに向けて気持ちを盛り上げていく。新次は勝つためには何でもするといった戦いを展開し、最後は判定で勝つことになるのだが、新次にとってこの勝利は目標達成により目標を見失うことにもつながる。新次は「これで終わりか」と裕二に問いかけるのだが、その後の新次は一種の燃え尽き症候群となってしまう。
 そんな新次の新たな相手として登場するのがバリカン建二だ。ボクシングでは相手を憎まなければ勝つことはできない。しかし建二は最後まで人を憎むことはできない。建二は新次に対する憧れを理由に新次と戦うことになる。
 なぜ建二が新次を相手として選んだのか? 建二は吃音の赤面症で、なぜか歩き方すらぎこちない。そんな建二は前篇において自殺抑止研究会の一員として登場した恵子(今野杏奈)とベッドインまでしておきながら、「あなたとはつながれない」と途中で逃げ出してしまう。建二がつながりたかったのは新次という憧れの男のほうなのだ。
 建二はベッドの上でも女のなされるがままで、何をやっても常にぎこちなさを感じさせる。ただ建二はボクシングだけは人並み以上なのだ。ボクシングならば自然に身体が動くのだ。建二にとって新次と会話するよりもグローブを交えるほうが多くを語れるということなのだろう。

『あゝ、荒野 後篇』 3人で海へ行ってみたりもする。珍しく建二がはしゃいでいる。

◆誰と戦うべきなのか
 この作品においてボクシングとは生きることそのものだ。生きることは戦うこととも言えるのかもしれない。そんな世界を受け入れられない人は自殺していくことになる。クライマックスの試合は壮絶ではあるけれど、無様なものにも感じられた。というのもこの試合はテクニック以上にふたりの生き方の表れたものであって、その戦いは技の応酬ではなくて感情の応酬だからだ。
 だからふたりの試合が終わったときの感覚は、スポ根ものの作品にあるようなカタルシスとは無縁のものとなるだろう。建二は新次とつながろう(=愛されよう)として自殺めいた戦いをすることになるし、新次はそうした意図を知りつつも徹底的に建二を殴り続ける。結果、建二は死んだのかもしれず、新次は呆然としたまま何かを見つめている。
 そもそもふたりは戦うべき相手だったのだろうか。新次にとってボクシングは裕二を殺すためのものだったわけで、建二とやりあう必然性はないはずだ。それから建二にとってボクシングは自分を変えるための手段ではあったかもしれないけれど、憧れである新次と戦う必要があったのかはよくわからない。
 ちなみに試合会場の外では、前篇から登場していたデモ隊が行進している。彼らの敵は徴兵制度を推進しようとする政府なのかもしれないのだが、その政府の姿は作品中ではよく見えない。さらにそのデモ隊を狙ったのか爆弾テロも発生するものの、これもその意図が明らかになるわけでもない。自分が戦うべき相手のことが見えていないようにも感じられるのだ。

『あゝ、荒野 後篇』 クライマックスはふたりの壮絶な殴り合いとなる。

◆負けは必至!
 建二は新次とつながりたいと感じ、新次との試合を切望する。試合会場では新次と建二は観客の声援を受け、ふたりはつながることになったのかもしれない。しかし会場に集合したふたりの家族や仲間たちは、結局バラバラのままだ。
 ベッドで建二とつながろうした恵子はその会場には来ていないし、後篇の途中で新次の元を去ることになる芳子は会場に姿を見せるものの新次とのコンタクトはない。さらに芳子の母もそこにはいるけれど、母娘は互いにそれに気づくこともない。会場に連れて来られた建二の父は建二の姿を見ることはできないし、ジムの社長(高橋和也)とその愛人である京子も会場では別々の席に座っている。つまりはつながっているのは新次と建二だけで、そのほかは会場入りしていてもバラバラのままなのだ。そうなると建二がつながりを求めたこと自体が勘違いだったようにも思えてくる(人は勘違いや思い込みがあるからこそ生きていけるわけだけれど)。
 ボクシングは生きることそのものだと言ったが、生きることは独りで立つことなのだ。ジムの社長は新次に向かってこんな台詞を吐く。「不完全な死体として生まれ、何十年かかって完全な死体となる」と。この戦いでは負けは必至なのだ。そうしたことが受け入れられない人はやはり自殺に走るだろう。でも一方ではそれに抗う人もいる。新次の母・京子は旦那を自殺で亡くすことになるけれど、それでも「生きるって決めたの」と宣言して息子である新次を棄ててまで独りで生きていくことになる。
 人生はルールもよくわからぬまま放り出されたリングのようなものなのだ。定められた目標などない。ただ、その世界で生きていくためには戦わなければならない。だから建二と戦い終えたあとの新次の表情にはやりきれないような憮然としたものが感じられなかっただろうか。新次も建二も誰も彼も、わけもわからぬままに戦わざるを得ないからだ。

 前篇ほどの高揚感はなかったような気もするけれど、やはり今年を代表する作品のひとつになることは間違いないんじゃないだろうか。5時間以上を費やしても未だまとまりきらない部分もあって、サイドストーリーの自殺抑止研究会のエピソードがどこかへ消えてしまったり、クライマックスのふたりの戦いの間に割り込んでくるデモ隊の場面が(誰もが戦っているという意図はわかるとしても)流れを阻害してしまったりと悪い部分も多々ある。それでも暑苦しいほどの菅田将暉ヤン・イクチュンの戦いには涙を禁じえないものがあったと思う。長丁場を気にしている人には、一度見始めればそんなことは一切気にならないとだけは言っておきたい。

あゝ、荒野 (特装版) Blu-ray BOX


あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX



あゝ、荒野 (角川文庫)



寺山修司の作品
スポンサーサイト



Date: 2017.10.26 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『あゝ、荒野 前篇』 昭和95年を生きる

 原作は歌人・劇作家として知られ、いくつもの映画作品も残している寺山修司。この原作は寺山唯一の小説作品とのこと。
 監督は『二重生活』でデビューした岸善幸。『二重生活』には門脇麦演じる主人公の彼氏役で菅田将暉も顔を出していたから今回の主役での起用ということだろうか。もうひとりの主役には『息もできない』のヤン・イクチュン

岸善幸 『あゝ、荒野 前篇』 主役は菅田将暉とヤン・イクチュンのふたり。原作は寺山修司。

 原作は未読なのだが、その時代背景は寺山修司がこの小説を書いた60年代ということになるのだろう。それに対して映画版の時代設定は2021年という未来となっている(どちらも東京オリンピックの後の時代ということにもなる)。ただ、未来の設定とは言え雰囲気的には昭和の匂いが感じられる。というのも舞台が新宿を中心としているからかもしれないのだが、そこでは未だに猥雑で古臭い場所が残っていたりもし、2021年というよりは昭和の時代がまだ続いていて昭和95年というべき世界になっているのだ。この泥臭い感じは寺山修司っぽいと言えるかもしれないし、サイドストーリーの一部には前衛演劇が登場するのも寺山修司を意識しているのだろう。
 この世界では新宿のど真ん中で爆破テロが発生したりもするし、奨学金を返せない貧乏学生は社会奉仕と称して自衛隊に入隊させるといったような物騒な世の中となっている。そのテロがどんな類いの主義主張を持つものなのかは不明なのだけれど、世の中は閉塞感に満ちていて、自殺者も絶えることがない。
 この作品の主人公となるふたりの男もそれぞれに鬱屈を抱えている。親から棄てられた身の上もあり、オレオレ詐欺で高齢者から金を巻き上げていた新宿新次(菅田将暉)。床屋で働く吃音と赤面症のモテナイ男のバリカン建二(ヤン・イクチュン)は、暴力的な父親に反抗することができないでいる。そんなふたりがそれぞれにボクシングに出会うことになる。

『あゝ、荒野 前篇』 かつての新次(菅田将暉)はオレオレ詐欺グループの一員だった。

 直情径行型の新次と、いつもへどもどしてばかりで頼りない建二。対照的なふたりがジムでの共同生活とトレーニングの日々と経るうちに兄弟のような関係となっていく。この作品は前篇だけで2時間37分もある。後篇はさらに2時間以上あり、前後篇合わせて5時間を超える大作だ。それでも少しも退屈するところがないのがすごいところで、前篇が終わるとすぐにでも後篇を観たくなる。そんな作品だ。
 さらに後篇ではふたりの関係にも変化が生じるらしい(前篇終了後に予告編もある)。ボクシングとは要は殴り合いだ。相手を憎むことができなければ勝つことはできない。そのことが何度も強調されている。新次のボクシングを始めるきっかけは、自分が慕っていた男を身障者にしたボクサーの男を殺すためだ。ボクシングをすること自体がそうした衝動から始まっているから、相手を憎むことは当然であり、憎むことが強さにもなる。しかし、バリカン建二は試合相手を憎むことができない。どんなにひどい父親でも反抗することができなかったように……。そんな建二が本気でボクシングをするとすれば、どんなことがきっかけとなるのだろうか。そんな疑問を残しつつ前篇は終わる。

『あゝ、荒野 前篇』 サイドストーリーの自殺抑止研究会の面々。右がリーダーの男。

 ふたりのエピソード以外のサイドストーリーとしては「自殺防止フェスティバルの夜」を開催しようとする自殺抑止研究会の動向も追われていく。この団体のリーダーの男は「自殺防止フェスティバル」を盛り上げようと奔走しているように見せつつ、自分ではそれを「自殺フェスティバル」とも呼んでいて、公開自殺を図るというとんでもない行動に出る。
 彼の目的は自殺の抑止ではなく、何も持たない人間の最後の武器としての自殺の効用を世間に知らしめることであったのかもしれないのだが、このサイドストーリーが本筋にどのように絡んでくるのだろうか。
 リーダーの男・川崎を演じた前原滉は、かつて現実世界の年越し派遣村の村長としても有名になった湯浅誠氏の風貌とよく似ている。弱者に対する味方という表の顔のイメージからこの役者さんが選ばれたということだろうか。
 それから新次の恋人として登場する芳子のスレたキャラもおもしろく、演じる木下あかりの顔も何となく昭和を感じさせる一因となっているような気がしないでもない。この作品がR-15指定となっているのは脱ぎっぷりがいい木下あかりと、これまたほとんど丸出しの菅田将暉の熱っぽいベッドシーンがあるからだ。

あゝ、荒野 (特装版) Blu-ray BOX


あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX



あゝ、荒野 (角川文庫)



寺山修司の作品


二重生活 [DVD]


Date: 2017.10.17 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR