FC2ブログ

『ヴェノム』 話せばわかる奴

 監督は『ゾンビランド』などのルーベン・フライシャー
 “ヴェノム”というキャラはマーベル・コミックスのキャラクターだが、『マーベル・シネマティック・ユニバース』のシリーズとは別物らしくMCUを知らなくても楽しめる。

ルーベン・フライシャー 『ヴェノム』 主人公エディを演じるのはトム・ハーディ。ヒロイン(?)はミシェル・ウィリアムズ。

 スパイダーマンの宿敵だというヴェノムというキャラの単独作品。
 ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)はライフ財団についての噂を聞き、財団社長のドレイク(リズ・アーメッド)にインタビューを試みる。実はライフ財団は宇宙からやってきた生命体を利用して人体実験をしていたのだ。
 この人体実験は、人間が宇宙で生きていくためにシンビオートと呼ばれる地球外生命体を体に取り入れ進化しなければならないという、かなり異常な考えに基づいている。実際には、宇宙からやってきたシンビオート自身が人間に寄生しなければ地球上では生きていけないわけで、彼らにとっても都合がいい。そして、エディはたまたまシンビオートに寄生されてしまうことに……。
 『遊星からの物体X』とか『SF/ボディ・スナッチャー』のように、外側はそれまでと同じで中身は別物になるというわけでなく、寄生した人間のなかでもうひとつ別の意識が働いているという設定。『ザ・ホスト 美しき侵略者』あたりと似ていることからしてもちょっとコミカルになる要素があるわけで、『ヴェノム』にも意外と笑える部分もある。ただ、エディの体からちょっとだけ顔を出したヴェノムが、エディとしゃべっているあたりは『寄生獣』の新一とミギーともそっくりで既視感が著しい。

 ヴェノムがエディを気に入ったのは、似た者同士だから。ヴェノムはシンビオートのなかでは負け犬だったらしい。エディも正義を気取るジャーナリストではあるけれど、近所の強盗はこっそりやり過ごすし、隣の部屋の騒音にも文句を言うことすらできない。それでもヴェノムと共生するようになってからは地球上では無敵の存在となり、エディ自身も気分がよくなり、ヴェノムのほうも居心地がよくなったらしい。
 ヴェノムはあんな顔をしているけれど、「話せばわかる奴」というのが意外と言えば意外。悪なのか何なのかよくわからなかった。『寄生獣』のミギー曰く「私の仲間たちはただ食っているだけ」というわけで、別に悪意のようなものは感じられなかった。
 ヴェノムが大暴れするあたりはそれなりに楽しめるけれど、盛り上がりには欠けたという印象。オマケ映像があったので一応最後まで席を立つことはなかったけれど、エンドロールがやけに長く感じた。

ヴェノム (字幕版)


ヴェノム ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]


スポンサーサイト



Date: 2018.11.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (9)

『ゲティ家の身代金』 じいさんたち頑張る

 『エイリアン:コヴェナント』『悪の法則』などのリドリー・スコット監督の最新作。
 巷で話題になっていたのは、この作品の出演者だったケビン・スペイシーがセクハラ騒動で大問題となって出演シーンが使用できなくなり、その部分を急遽再撮影したということ。代役となったクリストファー・プラマーは、その役でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた。

リドリー・スコット 『ゲティ家の身代金』 一応の主役はゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)なのだが、扱いはちょっと小さい。

 石油王の孫が誘拐されたという実話をもとにした作品。ただ、この作品では誘拐事件よりも、石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)のキャラのほうが目立つ。身代金を払わないとマスコミの前で宣言して、誘拐犯どころか世間まで驚かすことになる。
 とにかく世界一の金持ちとまで言われたゲティじいさんの守銭奴ぶりが見もの。ホテルではランドリー・サービスをケチって自分で下着を洗うし、屋敷にやってくる客のための電話代がかさむからと公衆電話を設置したりする。あげくの果てには身代金を値切ってみたり、身代金を利用して税金対策をしてみたりもする。そこまでやらないと世界一にはなれないということだろうか。守銭奴と資本家は似ている部分があるらしいのだが……。
 そんなゲティじいさんと向かい合うことになるのが、誘拐されたジャン・ポール・ゲティ3世(チャーリー・プラマー)の母親ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)。ゲイルはすでに離婚していてゲティ家の人間ではないが、巨額の身代金を出すほどの金はどこにもなく、元義父であるゲティじいさんを頼るほかなく、何とか金を出させるよう奮闘することになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!


『ゲティ家の身代金』 石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は世界一の大富豪。その孫が誘拐されることになる。

 時代は1970年代だからかちょっとのんびりしている。電話を逆探知するようなこともできないし、犯人たちマフィアの人質の扱いも酷いものではないから緊迫感には欠けるのだ。不思議だったのは誘拐事件自体がマスコミにバレているというのに、マフィアは警察が動いていないと信じ込んでいるあたり。ゲティ3世を解放したあとになって慌てて捜し回るというのは間が抜けている気もする。
 それでもちょっと怖かったのはそのマフィアの描き方で、彼らが町ぐるみでその仕事に取り組んでいるところ。一度は逃げ出したゲティ3世も人のいい警察官に保護されて事件解決かと思われた矢先に、どこからか情報が漏れていて連れ戻されてしまう。その地域のすべてを取り仕切っているのは警察などではなくマフィアなのだ。受け取った身代金は地域のおばさまたちが総動員されて、人力で大金を数え上げる。誰もがそれを仕事として当たり前のようにこなしていて、悪事に加担している風が一切ないのがかえって怖い。マフィアの生き方が地域に根付いているということなのだろう。

 ゲティじいさんは金に関わる交渉では誰にも負けない。アラブの石油を仕切っている地元部族ともうまく交渉して権利を買い取ったのだろうし、身代金を求める犯人との交渉でもゲティじいさんのほうが上手だったと言えるかもしれない。ただ、息子を奪い返したい母親ゲイルや、ゲティの業突張りに嫌気が差したフレッチャー(マーク・ウォールバーグ)のように、金以外のものに突き動かされている人間にはその手腕も通じないらしい。
 ゲティじいさんを急遽演じたクリストファー・プラマーは現在88歳だとか。主演作品『手紙は憶えている』も記憶に新しいところだが、まだまだ頑張っている。監督であるリドリー・スコットももう80歳。この作品でも人質の耳を切り取り血が噴き出してくるシーンを嬉々として描いていて、その悪趣味ぶりも健在だった。

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]


ゲティ家の身代金 [DVD]


Date: 2018.05.27 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR