FC2ブログ

『かごの中の瞳』 あなたしか見えないって?

 監督は『プーと大人になった僕』などのマーク・フォースター
 原題は「All I See Is You」

マーク・フォースター 『かごの中の瞳』 目の見えないジーナ(ブレイク・ライヴリー)は角膜移植によって視力を取り戻し……。

 目の見えない美しい妻ジーナ(ブレイク・ライヴリー)と、彼女を献身的に支える夫ジェームズ(ジェイソン・クラーク)。ふたりはジェームズの赴任先であるタイのバンコクで満ち足りた生活を送っていた。しかし、ジーナが角膜移植によって視力を取り戻すとちょっと事情が変わってくる。
 作品内で詳細な説明はないのだが、ジーナとジェームズが出会ったのは、ジーナが交通事故によって視力を失った後のことらしい。つまりジーナはジェームズの顔を知らずに結婚したということ。だとすればジェームズは最初から角膜移植手術には慎重であってもよさそうな気もするのだが、なぜかジェームズは手術に賛成する。尤もそれはジーナの幸せを願ってのことなのかもしれない。ジェームズは彼女の世話を「自分の特権だ」と言うほど彼女のことを愛してやまないから……。
 そしてジーナの手術は成功し、彼女は次第に視力を取り戻していく。これまでと世界が一変するわけだが、ジーナは様々な色に溢れる世界に驚きつつも、久しぶりに見えるようになった世界は想像していたものとは違っていてちょっと失望したりもする。初めて見るはずのジェームズの顔についても、ちょっと想像と違うというだけであまり触れることもない。ジェームズなしでは不便だった日々の生活も自由になり、着飾ってメイクもするようになったジーナは今までとは違う生活を求めていくことになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり! ラストにも触れているので要注意!!


『かごの中の瞳』 ジーナ(ブレイク・ライヴリー)は近所の子供と一緒に弾き語りをする。それはジェームズに向けた歌でもあった。

 
 ジェームズという支えがいなければ生活もままならなかったジーナは、視力を回復したことで自由になる。自由になった若くて美しい女性が、やさしいけれど堅物で退屈なジェームズから離れていくことは予想通りの展開だろう。
 ジーナはそれまで見えなかった分も楽しみたいという気持ちでいっぱい。それなのにジェームズは彼女のこれまでとは違う行動についていくことができず、彼女が誘ったダンスにも「ダンスなんてバカに見えるじゃないか」と嫌がるのだ。
 その後のスペイン旅行ではジーナの姉夫婦たちと再会するが、姉の旦那はどう見ても“バカ”そのもの。この“バカ”というのは、“バカ”になって人生を楽しむことができるという意味であり、ジェームズは堅物すぎてそれができないのだ。ジーナと姉夫婦の3人が覗き部屋で楽しむとき、ジェームズはそれを断るのも“バカ”になれないジェームズの哀しい本性が出ている。
 というよりはジェームズこそが真の覗き魔であり、覗きと同じように目が見えないジーナを相手にするのがよかったのであって、ジーナに見られていると萎えてしまうのだ。

 そうなるとジェームズは元の状態に戻ることを求めるわけで、ジーナの使う目薬に細工を施すことになる。ラストの展開は様々な解釈があり得るように思えた。ジーナは本当に再び盲目となったのか?
 本当に盲目となることを選んだのなら『春琴抄』的な愛の話ともなるのかもしれない。ジーナは原題にもあるように「あなたしか見えない」と歌っていたわけだし……。あるいは盲目のフリをしているだけだったとしたら、「あなたしか見えない」という意味は「お前を見張っているぞ」というメッセージだったのだろうか。私は前者かと思って見ていたのだけれど(ジェームズが恥じ入っているように見えたから)。どちらにしてもジェームズという男のあまりにも情けない姿には、かえってかわいそうになって同情してしまったくらいだった。

かごの中の瞳[Blu-ray]


かごの中の瞳[DVD]



スポンサーサイト



Date: 2018.10.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『プーと大人になった僕』 「何もしない」ことの効用

 「くまのプーさん」とは、A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気アニメキャラクターのことだが、今回は初めての実写映画化。
 監督は『ワールド・ウォー Z』『主人公は僕だった』などのマーク・フォースター
 原題は「Christopher Robin」

マーク・フォースター 『プーと大人になった僕』 クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)とプー。赤い風船はプーが大切にしているもの。

 ディズニーのキャラの「くまのプーさん」は何となく知っていたけれど、そのほかはほとんど何も知らない状態での鑑賞。なぜプーさんの造形がぬいぐるみがそのまま動いているような映像となっているのかと疑問に思っていたのだけれど、もともとのA・A・ミルンの原作が、子供がぬいぐるみで遊んでいる様子から着想を得ているかららしい。ほかのキャラも同じようにぬいぐるみで、トラのティガーなんかは特に色褪せてしまっているのも実際のぬいぐるみに寄せているからなのだろうと思われる。
 今回の実写版『プーと大人になった僕』は、ぬいぐるみで遊んでいた子供だったクリストファー・ロビンが大人になってからの話。中間管理職として働いているクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、養うべき妻(ヘイリー・アトウェル)と娘(ブロンテ・カーマイケル)もおり、子供時代のころなどすっかり忘れてしまっている。会社では上司から仕事の改善案の提出をせっつかれ、娘と約束していた休日の予定もキャンセルするしかない忙しさで、ノスタルジックな想いに浸る余裕などまったくないからだ。

『プーと大人になった僕』 皺が多くなったなんて言われているユアン・マクレガーだが、笑顔を見せると『シャロウ・グレイブ』のころとあまり変わってないようにも感じられる。

 プーが大人になったクリストファー・ロビンのところへやってきて何をしてくれたかと言えば、はちみつをなめてあちこち家を破壊していっただけのようにも思えるのだけれど、その素朴な質問は大人となったクリストファー・ロビンには深く刺さるものがある。
 プーにとって大切なものは赤い風船だったけれど、クリストファー・ロビンにとっては仕事が大切。プーに「それは風船よりも大切?」と素直に訊かれると、クリストファー・ロビンは答えに窮してしまう。というのも、本来ならば家族を養うための仕事であったはずが、いつの間にか仕事のために家族が我慢するような状態になってしまっているから。
 のんびりしたプーは、かつて「100エーカーの森」で子供だったクリストファー・ロビンと一緒に遊んでいたときのまま。クリストファー・ロビンはそこを離れ、寄宿学校に行き、戦争に行き、会社で働くというように、歳を重ね成長していった。しかし、そのうちに大切なことを忘れてしまってもいたのだ。この作品でプーが教えてくれる大切なこととは、「何もしない」ことがいいことにつながるということ。
 でも改めて振り返ってみれば、これは子供時代のクリストファー・ロビンがプーに教えていたことでもあったのだ。クリストファー・ロビンはいつの間にかにそれを忘れ、再会したプーによって改めてそれを学ぶことになる。
 職場の上司は「何もしないこと」は座して死を待つことにつながると言っていたわけだけれど、この作品ではちょっと立ち止まることで価値の転倒をも生み出すことになっている。たまにはのんびりしてみることもいいことなのかもしれない。プーと仲間のぬいぐるみたちとの世界にほんわかとさせられると、そんな気持ちにもなってくる。

プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー MovieNEXワールド] [Blu-ray]


Date: 2018.09.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR