『サバービコン 仮面を被った街』 輝かしかったあの時代……

 監督は『グッドナイト&グッドラック』などのジョージ・クルーニー
 脚本に名前を連ねているのは、コーエン兄弟とジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴの4人。
 原題は「Suburbicon」で、「Suburb(郊外)」から派生した造語っぽい。

ジョージ・クルーニー 『サバービコン 仮面を被った街』 ガードナー(マット・デイモン)とマーガレット(ジュリアン・ムーア)。閑静な郊外に住む彼らの秘密は?


 時代は1950年代。閑静な郊外の街“サバービコン”。そこに住むロッジ家の平穏な日々は、突然の強盗事件によって一変する。足の不自由なローズ(ジュリアン・ムーア)が殺されてしまうのだ。ローズの夫であり一家の主であるガードナー(マット・デイモン)は、遺された息子ニッキー(ノア・ジュープ)を心配し、ローズの姉マーガレット(ジュリアン・ムーアの二役)に母親代わりを頼むことに……。

 この作品の主な筋は上記のようにまとめられるもので、絵に描いたような幸せの風景が、ひとつの事件をきっかけにして悪い方向へと転がっていくあたりは、『ファーゴ』を思わせるブラック・コメディっぽい。
 ただ、この作品にはもうひとつの筋がある。それが“サバービコン”に引っ越してきたマイヤーズ一家のエピソードだ。それまで白人だけしか住むことのできなかった“サバービコン”に、黒人の一家が現れたから周囲の人々は騒然となる。そしてマイヤーズ家の周囲に壁を建て、騒音による嫌がらせで立ち退きを迫るようになっていく。

『サバービコン 仮面を被った街』 マット・デイモンは体重を増やして50年代風の男に。眼鏡も壊れて血に塗れているのは一体?

 公式ホームページによれば、マイヤーズ一家のエピソードは実話に基づいている。ペンシルベニア州レヴィットタウンで起きた事件がそれで、『Crisis in Levittown』というドキュメンタリー作品もあるらしい。ジョージ・クルーニーと共同脚本のグラント・ヘスロヴがその事件の映画化を検討している際、コーエン兄弟が書いたままお蔵入りとなっていた『Suburbicon』の脚本を思い出し、それらを組み合わせて出来上がったものが『サバービコン 仮面を被った街』らしい。
 この作品の評判がよくないのは、ふたつの筋が全然交わることもなく進行していくという部分にあるようだ。冒頭はマイヤーズ一家の引越し風景から始まり、夜になるとその周囲には物見高い人々が監視を始めている。しかし、主な物語はそれとは関係のない、隣のロッジ家でひっそりと進行していく。マイヤーズ一家に対する立ち退き要求が暴動となり、焼き討ちのような酷いあり様となっている頃、ロッジ家ではまったく関係ない別の騒動が展開している。
 こんなふうにわざわざ別のものを組み合わせた意図を考えると、悪意を感じなくもない。それはロッジ家で起きた災難すらも、マイヤーズたち黒人が“サバービコン”にやってきたから生じたこと違いないという思い込みだ(周囲の人も黒人たちが現れ、かつての輝かしい時代は失われたのだと勝手に信じ込んでいる)。ふたつの出来事に因果関係などありはしないわけだけれど、人はどうしても犯人探しや原因追及をしなければ気が済まないのだ。誰かが悪者にならなければ事が済まないとき、ターゲットとされるのはマイノリティである黒人だったということなのだろう。
 ただ、その仄めかし方があまりうまくいっているとは言えない部分は確かにあるのかもしれない。そう言えば、ニッキーにマイヤーズ一家の一人息子と遊んでくることを推奨したのは、ローズではなくマーガレットのほうだった(もしかしたら記憶違いかも)。ロッジ家の騒動を裏で操っているのはマーガレットであったはずで、その後のロッジ家の趨勢を決めたのは、黒人と付き合うようなタチの悪いことをしたからということが仄めかされているのだろうか。それからロッジ家がユダヤ系であることが仄めかされる(ガードナーは聖公会だと否定するのだが)のも意味ありげにも思えるのだけれど、そのあたりの事情に疎いのでよくわからず……。
 騒動の最中、逃げ回るニッキーの目線でベッドの下から足元だけで格闘シーンを描くあたりとか、その後の「背中に突き刺さるナイフ」や「毒の入ったミルク」などヒッチコックを思わせる演出はなかなか楽しめた。

ジョージ・クルーニーの作品
コーエン兄弟の作品

スポンサーサイト
Date: 2018.05.07 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『グレートウォール』 戦隊ヒーローものとして観れば楽しめる

 『HERO』などのチャン・イーモウ監督の最新作。
 中国・アメリカ合作となっていて、チャン・イーモウにとっては初のハリウッド進出とのこと。

チャン・イーモウ 『グレートウォール』 ウィリアム(マット・デイモン)は弓矢の名手。


 黒色火薬を求めて中国へとやってきたウィリアム(マット・デイモン)は、馬賊に追われて逃げ惑ううちに万里の長城にたどり着く。長城を守る禁軍に捕らわれることになるウィリアムだが、そこで饕餮(とうてつ)というバケモノが襲ってくる場面に遭遇することになる。

 万里の長城は異民族の侵入を防ぐためにつくられたとどこかで習ったような気がするのだが、とすれば本作のなかで60年に一度襲ってくる饕餮というモンスターはそうした夷狄(野蛮人)の一種ということになるのだろう。といっても饕餮の見た目は狛犬か何かのような獣の類いに見える(本作はファンタジーである)。中国人にとっては西洋人もそうした野蛮人と一緒で、中国人は仲間に対する“信頼”というものを理解するが、西洋人であるウィリアムはそれを理解しないことになっている。
 一応の主人公はウィリアムということになっているけれど、彼ら西洋人は野蛮な輩で、当時の先進国である中国から火薬という武器を盗み出そうとする取るに足らない人物として描かれている。そんなウィリアムがリン司令官(ジン・ティエン)たちとの共闘のうちに、中国人から“信頼”というものを学ぶという点では中国を礼賛する映画とも言える。

 本作がアメリカでこけたのは、本作がハリウッド的娯楽作のダメな模倣と受け取られたのかもしれないけれど、長城を舞台にした饕餮との闘いはなかなかおもしろかった。壁の上に陣取って防御する禁軍に対し、『ワールド・ウォーZ』のゾンビ並みの群れで襲撃してくる饕餮たちとの決死戦は楽しい。饕餮のビジュアルが酷いとか色々とツッコミどころも多いのだけれど、バンジージャンプ方式で攻撃する鶴軍とか、壁の間からデカいハサミで饕餮をちょん切るとか、様々なスペクタクルを見せてくれるのだ。

『グレートウォール』 戦隊ヒーローものみたいな出で立ち。

 チャン・イーモウは監督デビュー作『紅いコーリャン』などでも色彩に凝った画づくりをしていて、本作はかつてのような文芸作品といったものからはかけ離れているけれど、禁軍は部隊ごとに武具の色使いを変えて遊んだりもしている。ブルーを基調にした女だけの鶴軍の見映えなどは戦隊ヒーローものっぽい感じもするのだけれど、戦隊ヒーローものとしては金もかかっているし、動員されているエキストラの数も桁外れだ。
 北京オリンピックの演出まで手がけたチャン・イーモウは、中国での超大作を任される立場にあるようだ。一方では『妻への家路』(2015年)のような地味な作品もつくったりもしているわけで、この作品も中国映画界のために一肌脱いだということなのかもしれない。

 チャン・イーモウ作品からはコン・リー(『紅いコーリャン』『紅夢』など)やチャン・ツィイー(『初恋のきた道』など)が輩出された。この作品ではジン・ティエンが一押しのヒロインとして登場する。最近の『キングコング:髑髏島の巨神』でも、髑髏島まで行って何とか生還するもののほとんど顔出しだけといったわけのわからない役を演じていたジン・ティエン。同じ製作会社(レジェンダリー・ピクチャーズ)が関わっているだけに、予告編みたいなものだったのだろうか。
 ほかにもアンディ・ラウウィレム・デフォーなどの大物も顔を出すのだけれど、使い方が結構もったいない。猿ぐつわをかまされたまま最期を迎えるウィレム・デフォーの表情はちょっと笑えたのだけれど、なぜウィレム・デフォーがこんな役柄を引き受けたのかは大いに謎だった。

グレートウォール ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]


チャン・イーモウの作品
Date: 2017.04.15 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (9)

『オデッセイ』 宇宙でひとりぼっち、再び

 『エイリアン』『ブレードランナー』などのリドリー・スコットの最新作。
 アカデミー賞には作品賞・主演男優賞を含む7部門にノミネートされている。
 原作はアンディ・ウィアーが自分のサイトで連載していたという『火星の人(The Martian)』。

リドリー・スコット 『オデッセイ』 マット・デイモン演じるワトニーは火星にただひとり残されて……。


 事故で火星に取り残されてしまったマーク・ワトニー(マット・デイモン)。火星には空気もなければ、水もない。助けを呼ぼうにも通信手段もない。食糧は31日分が残っているけれど、次のロケットが到着するのは4年後。そんな状況でワトニーはどうやって命をつないでいくのか。

 どう考えても絶望的な状況なのだけれど、ワトニーは常に前向きでユーモアを忘れない。パニックになることもなく自らの置かれた状況を冷静に把握し、対策を練って実行していく。意外にもあっさりと食糧問題を解決してしまい、長期的展望を語る様子は地球に戻ることを信じて疑わない楽天的なものすら感じる。
 ワトニーがそんなふうになってしまうのは、残されていた音楽がルイス船長(ジェシカ・チャステイン)の70年代のディスコ・ミュージックばかりだったからなのかもしれない。あのノリではどうにも暗くなりようがないのだ。ドナ・サマー「Hot Stuff」とかデヴィッド・ボウイ「Starman」とかグロリア・ゲイナー「I Will Survive」など、有名な曲がワトニーの気持ちに沿うように配置されていて、困難を乗り越えてサバイブしていくエンターテインメント作品としてとても楽しめる。途中で藪から棒に中国が出てくるのも営業戦略という感じがするし、世界中のみんながワトニーを応援しているというのもハリウッドの超大作らしい雰囲気だった。
 NASAが協力しているということもあり科学的には正しい描かれ方をしているのだろうと推測するのだけれど、細部の説明は宇宙飛行士のひとりが「それを英語で言うと?」と茶化しているように、専門的すぎてよくわからなかった。それにしてもあんな状態のロケット(?)で宇宙に飛び出せるものなのだろうかとワトニーが心配になった。



 この作品はマット・デイモンが主役だが、彼自身がこの役を望んで製作陣にアプローチしてきたとのこと(本屋で立ち読みした雑誌『DVD&ブルーレイVISION』にそんな記事があった)。いつでも“いい人”というイメージが強いマット・デイモンだが、『インターステラー』では宇宙の片隅に置き去りにされて寂しくて狂気に陥るという役柄だった。今回の『オデッセイ』はそれとは正反対なわけで、『インターステラー』の悪役の記憶を上書きするような意識があったのかもしれないなどと感じてしまう(共演のジェシカ・チャステインも『インターステラー』に出ていたし)。
 宇宙の彼方と消え去りそうになるワトニーを仲間がインターセプトするというラストのミッションはとてもハラハラさせるのだけれど、やはり『ゼロ・グラビティ』を思い出してしまうわけで、全体的にどこか既視感もあった。嵐の場面は『プロメテウス』でもやっていたし、火星の造形も『ゴースト・オブ・マーズ』『ミッション・トゥ・マーズ』なんかとさほど変わらない。リドリー・スコット作品としてはもの足りないし、エンタメに徹しているからアカデミー賞の作品賞や主演男優賞とは縁遠いだろうと思う。

 『オデッセイ』とはあまり関係ないのだが、雑誌のインタビューでリドリー・スコットが『悪の法則』に関して語っていた。賛否両論の『悪の法則』だがギレルモ・デル・トロはそれを35回も観たとも噂され、リドリー本人もとても気に入っている作品だということ。楽天的で希望に満ち溢れた『オデッセイ』とは正反対の『悪の法則』だが、個人的にはあの暗さにしびれた。

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)


火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)


火星の人


Date: 2016.02.07 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (17)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR