FC2ブログ

『華氏119』 マイケル・ムーアの懸念するところ

 『ボウリング・フォー・コロンバイン』『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』などのマイケル・ムーア監督の最新作。
 タイトルはジョージ・W・ブッシュを扱った『華氏911』を意識したもの。「119」というのは、トランプ大統領が勝利したのが2016年11月9日だったから。

『華氏119』

 『華氏911』がブッシュ大統領の再選を阻止するための映画だったので、『華氏119』はトランプ大統領に「NOを突きつける作品」となるのだろうと予想していたのだけれど、トランプ大統領を直接叩く作品にはなっていなかった。
 マイケル・ムーアはすでに『マイケル・ムーア・イン・トランプランド』という作品を撮っているようで、この作品は日本未公開なので私は観ていないけれど、トランプ大統領が誕生する直前に民主党のヒラリーを応援しようというものだったらしい(だからこっちの作品のほうがトランプ叩きを意図していたのだろう)。結局、その意図もむなしくトランプ大統領が誕生したわけだけれど、一体なぜこんな事態になってしまったのかとマイケル・ムーアは問いかけることになる。
 まずは選挙人制度というアメリカの選挙制度は、実際の得票数が少ないほうが大統領になってしまうことが多いことからしてもおかしいんじゃないかという点が指摘される。それから民主党のダメなところも糾弾される。民主党の候補者選びではヒラリーではなく、バーニー・サンダースのほうが優勢だったのにも関わらず、一部地域だけ勝ったヒラリーが大統領候補となってしまう。これによって、人によっては選挙そのものに対してやる気を失ってしまう場合もある。
 日本で無党派と呼ばれる人が多いのは知っているけれど、アメリカでも選挙に対して無関心な人が多いらしい(ニュースでは支持者たちの熱狂的な姿しか見ないけれど)。今回の大統領選ではトランプが獲得したのが6300万票で、ヒラリーが6600万票なのに対し、投票しなかった人は1億人もいたというのだ。つまり、一部の極端な人たちによってアメリカが動かされてしまうことにもなるということだ。だからこそ投票しなかった人を動かそうというのが『華氏119』の意図するところということになる。
 マイケル・ムーアの懸念は全面的にもっともだと思うし、後半の新しい変革の波の話は感動的でもあったのだけれど、今回の作品はちょっと強引に感じられるところもあった。トランプの声にヒトラーの映像を合わせる部分にもよく表れているけれど、映画は編集によってどんな意味内容を持たせることも可能になる。
 スナイダー州知事のエピソードなどはマイケル・ムーアの日々の活動の一環としては意義あることだと思うけれど、無理やりトランプに結び付けている感がしなくもなかった(スナイダー州知事の引き起こした水質汚染は信じられないくらい酷いけれど)。ちょっと強引でも訴えるべきことだという判断だったのかもしれないし、現実に中間選挙では民主党の女性議員たちが躍進したとも聞くから、この作品は一定の役割は果たしたとも言えるのかもしれない。トランプ大統領再選の阻止とまで行くのかどうかはわからないけれど……。

華氏119 [Blu-ray]



華氏119 [DVD]



華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]



スポンサーサイト



Date: 2018.11.18 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 ムーアが日本に侵略に来ていたならば……

 『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』などのマイケル・ムーア監督の最新作。

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』


 マイケル・ムーアはある相談のためにアメリカ国防総省に呼ばれる。「アメリカの軍隊は第二次大戦以来負け続けているが、どうすればいいだろうか」というのが相談の内容。ムーアはそれなら自分がひとりで侵略戦争をしようと考える。何の兵器も持たないたったひとりの軍隊であるムーアは、他国に行ってその国の良いところを学び、それをアメリカに持ち帰るのだ。

 侵略の目的が他国の資源や財産を奪うことだとするならば、ムーアがするように他国から何かを学びとって自国に持ち帰ることも侵略の一種という論理らしい。ムーアが今回侵略に向かうのは、イタリア、ポルトガル、フランス、ドイツ、フィンランドなどなど。
 今回の取材は突撃ではなさそうで、各国の有名企業や政治家などから教えを乞うこととなるわけだが、ムーアは各国のシステムの素晴らしさに驚き、アメリカの酷さを確認することになる。たとえばイタリアでは有給休暇が長くて労働者たちはバカンスを楽しむ余裕があるし、毎日のランチは2時間の時間をとって家族と優雅に過ごす。フランスは子供たちの給食にまで美食が行き届いていて、スロベニアでは大学の学費が無料。一方でアメリカはと言えば……。そうして各国を回るうちにムーアが発見するのは、こうしたシステムはかつてのアメリカにその理念があったのではないかということだ。
 『キャピタリズム~マネーは踊る~』では、最後にルーズベルト大統領の訴えた新しい権利章典についての言及がなされている(こちらのサイトを参照)。ルーズベルトはその実現を前にして亡くなってしまったため、結局アメリカではルーズベルトが訴えたような人々の権利――たとえば、「充分な食事、衣料、休暇を得る権利」「適正な医療を受け、健康に暮らせる権利」――が未だに実現されていない。一方で第二次大戦後アメリカは敗戦国であるドイツ・イタリア・日本に新しい憲法を制定したために、アメリカでは実現していないことがそれらの敗戦国では実現しているとまとめている。この結語の部分をわかりやすく示したものが『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』なのだ。
 もっともアメリカにフランスのような美食の文化はないような気もするから、すべてがアメリカ発ということはないのかもしれないが、他国で実現できていることがなぜアメリカではできていないのかという部分がムーアの訴えることなのだ。

 ムーアは英語を話せる国という限定で今回侵略する国を選んでいて、日本はその対象から外れている。もし日本に来たならば、日本ではアメリカが与えてくれた(あるいは押し付けた)“憲法9条”という滅多にない土産を持ち帰ることができたかもしれないのにとも思う。
 さすがにムーアも「アメリカに“憲法9条”を」とまで過激なことを言うのははばかられたのかもしれない。あまりに非現実的だから……。あるいはもしかすると、ムーアはほかの国がアメリカの与えたシステムを発展させているのに、日本では“憲法9条”という理想をダメにするばかりか、それを変えてしまおうとする動きを知っていて、そうした日本の姿勢には学ぶところはないと考えたのかもしれない。

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ [Blu-ray]


マイケル・ムーアの世界侵略のススメ [DVD]



キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]


マイケル・ムーアのその他の作品
Date: 2016.05.30 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR