『夜に生きる』 ベン・アフレックの白スーツが気になる

 『アルゴ』でアカデミー賞作品賞を獲得したベン・アフレック監督の最新作。
 原作は『ミスティック・リバー』などの原作も手がけているデニス・ルヘインの同名小説。

ベン・アフレック 『夜に生きる』 ベン・アフレック監督・主演作。ゆったりとしたクラシカルなスーツが決まっている?

 禁酒法時代末期、ギャングの世界で名を挙げていく男の一代記。戦争から帰ってきたジョー(ベン・アフレック)は、戦場で善人ばかりが死んでいくのを見てきた。ルールを作る奴らはそれを守らない。だから自分は無法者として誰の支配もされずに「夜に生きる」ことを選ぶ。
 そんなふうにカッコつけて無法者の世界を生きるつもりのジョーなのだが、無法者には無法者のしきたりなんかがあったりして、結局、その世界のいざこざに巻き込まれていくことになる。

 最初の舞台はボストンだが、そこではイタリア系とアイルランド系のマフィアの争いに巻き込まれ、よせばいいのにボスの女(シエナ・ミラー)にも手を出したりして酷い目に遭う。それでも父親は警察のお偉いさんということもあって、何とか生き延びると舞台はフロリダ・タンパへと移る。ここは移民たちの街で、白人ばかりではなくキューバ人たちの勢力があったり、その反対にKKKの連中がちょっかいを出してきたりと厄介事は尽きない。

『夜に生きる』 ロレッタ(エル・ファニング)は民衆の聖母のような存在になるのだが……。

 舞台がタンパに移ってからのごった煮感はおもしろい。『ゴッドファーザー』みたいに美学に貫かれているという印象でもないし、エピソードを詰め込みすぎた感があるのだけれど、当時の歴史をジョーという男を狂言回しにして描いたということだろうか。
 クラシックカーでのカーチェイスや、何人かの女とのロマンスとか、最後には壮絶な銃撃戦もあり、なかなかのエンターテインメント作品となっていたと思う。監督・主演のベン・アフレックはおいしいところをすべてさらっていくし、テレンス・マリック風に波打ち際で妻役のゾーイ・サルダナと戯れるという『トゥ・ザ・ワンダー』のセルフ・パロディみたいなことまでやっている。

 登場してくるキャラもそれぞれにいい味を出している。ジョーの父親(ブレンダン・グリーソン)は警察幹部でありながらやっていることは裏家業と似通って凄みがあったし、KKKの手先であるRD(マシュー・マー)の完全にとち狂った感じも秀逸だったし、ジョーを取り巻く3人の女性も賑やかだった。
 ギャングたちの成り上がりとはあまり関係ないのに印象に残るのが、ロレッタ(エル・ファニング)のエピソード。ロレッタはハリウッドで女優になるつもりが、悪い奴らにだまされてクスリ漬けにされてポルノ女優にさせられてしまう(この時代のハリウッドはポルノ産業と裏で結びついていた部分があったらしい)。その後のロレッタは罪悪感から信仰に目覚めたのか、民衆の前で自分の体験を語り、民衆の聖母のような存在になっていく。
 エル・ファニングは総じて澄ました表情をしているのだけれど、最期にジョーの前で一瞬だけとてもあどけない笑顔を見せる。『ネオン・デーモン』でもそうだったけれど、エル・ファニングは大人びて見えるときもあれば子供っぽく感じられるときもあり妙に危なっかしい……。

夜に生きる〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


夜に生きる〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


スポンサーサイト
Date: 2017.05.21 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『ゴーン・ガール』 げに恐ろしきは女なり?

 『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』などのデヴィッド・フィンチャー監督の最新作。
 原作はギリアン・フリンが書いた同名のベストセラー小説で、ギリアン・フリンは脚本も担当している。

デヴィッド・フィンチャー 『ゴーン・ガール』 ニックは失踪したエイミー捜索の協力を訴える。


 5年目の結婚記念日。美しく完璧な妻エイミー(ロザムンド・パイク)は突然姿を消す。自宅リビングには争ったような形跡があり、夫ニック(ベン・アフレック)が警察へ通報すると、警察はすぐに事件として扱うことを決定する。エイミーにいったい何が起きたのか?

 「何を考えてる? どう感じてる?」、冒頭で妻のエイミーにそんなふうに問いかけるニック。これらは結婚生活に必要とされる互いに対する気遣いだが、映画が終わってみるとこの場面に対する観客の感じ方はまったく違ったものとなるだろう。

 失踪事件の当事者としてメディアに登場し世間の協力を訴えたニックは、世間の同情を集め話題の人物となる。しかしすぐに状況は変化する。警察が捜査を進めるとリビングには大量の血を拭き取った痕跡が見つかり、ニックはなぜか警察に秘密にしていることがあることも判明する。一向にエイミーの足取りのつかめない事態に、メディアはニックをエイミー殺害の犯人として疑い始める。

 フィンチャーの演出はやはり手堅い。約2時間半、緊張感を持続し観客を引っ張っていく。『ドラゴン・タトゥーの女』のときにも感じたのだが、派手さはないけれど職人的だと思う。雑誌『キネマ旬報』では、ニックを演じたベン・アフレック(アカデミー作品賞『アルゴ』の監督でもある)がインタビューでこんなことを言っている。

 監督というのは大きく2つのタイプに分かれる。専門的な技術にこだわる、ミュージック・ビデオやコマーシャルの世界から来た人。もうひとつは、役者や脚本家を尊重する人。通常、どちらかに偏るものだけど、デイヴィッドはこれまで会った監督の中で唯一、両方の特徴を持ち合わせた人だった。つまりエンジニアであり、アーティスト。


 フィンチャーはミュージック・ビデオからスタートした監督だが、最近の作品は脚本を尊重して、物語をどう伝えるかに重きが置かれている。この『ゴーン・ガール』も、二転三転する物語にぐいぐい引き込まれる。
 エイミーを演じたロザムンド・パイクはセレブな妻やDV被害者など様々な表情を見せる。一種の“ファム・ファタール”だが、型にはまったそれではなくて場面ごとに別人のように変わってみせるのだ。ロザムンド・パイクにとってこの作品は、決定的な1本になったことは間違いないだろう。

 ※ 以下、ネタバレあり。まだ作品を観ていない方はご注意を!

『ゴーン・ガール』 冒頭の場面。これは最後の場面でもある。ロザムンド・パイクは強烈な印象を残した。

 ※ 以下、ネタバレ危険!!

 ここまで書いたあらすじは全体の約3分の1くらいまで。ここからさらに何度もひねった展開をしていく。まずエイミーは殺されてなどいない。失踪事件は彼女の自作自演だったのだ。一方でニックのダメ男ぶりや、浮気まで明らかになる。5年間の結婚生活のあれこれが火種となって、エイミーはニックを殺人者に仕立て上げる。その用意周到さは男を震え上がらせるだろう。
 エイミーは偽りの殺人現場を作り、自分は姿を消す。髪を切り、色を染めて、眼鏡を付け別人になりすまし、遠くからメディアを通じて事件の様子を確認する。そして計画では自殺することで、その死をニックのせいにし、ニックの犯罪を立証しようとする。
 ここでアクシデントが起きる。隠れ家にしていた別荘で、隣人に身に着けていた大金をまるごと奪われてしまうのだ。計画は変更を余儀なくされる。エイミーはかつての彼氏で、ストーカーもされていたデジー(ニール・パトリック・ハリス)に助けを求める。金持ちで粘着質なデジーは今でもエイミーのことを愛しており、それにつけこんだのだ。彼の防犯カメラ完備の別荘で、その装置を逆手にとって今度はデジーを監禁レイプ魔に仕立て上げる。そして『氷の微笑』シャロン・ストーン的な一撃で男を抹殺し、その返り血を浴びたままニックの元へと向かい、再会の様子をメディアの前で見せ付けることになる。

 エイミーは虚像の“アメイジング・エイミー”という存在と、実像のエイミーの齟齬を感じている(『アメイジング・エイミー』とは彼女の両親が書いた児童文学)。エイミーは虚像のキャラ・エイミーが作品のなかで結婚することになったとき、その虚像を“くそエイミー”呼ばわりしている。しかし、その虚像の結婚パーティーのなかで、実際のエイミーもニックにプロポーズされる。
 エイミーは“アメイジング・エイミー”という完璧な女性になることを求められているわけだが、その相方であるニックは、そんなエイミーを幸せにさせる優しい男を演じることを求められる。だからニックは舞台設定に合うようなプロポーズをしてみせるわけだ。
 こうした場面はほかにもあって、ニックが“失踪した妻を待つ夫”をメディアで演じていたとき、エイミーはテレビ画面に向かって「笑え」とつぶやくと、画面に映し出されたニックは実際に笑ってみせる。また、ふたりで出直しを図るという虚像を演じる場面では、エイミーは耳元でニックに台詞を示してもいる。これはニックがエイミーに操作されているというのではなく、エイミーもニックも世間から見たあるべき夫婦の姿に忠実だということだ。ただ完璧なエイミーはそうした虚像を演じることに長けているのだ。

 家に戻ったエイミーだが、彼女の実像にどんな後ろ暗いものがあるかはニックが一番よくわかっているし、エイミー自身もそれを隠そうとしない。そうした負の部分も含めた共犯関係が夫婦というものなのかもしれない。メディアの目から解放された自宅という閉ざされた空間で、今後どんな夫婦間の闘いがあるのかはわからないけれど、玄関の扉が閉まってふたりきりになる瞬間があんな恐ろしいこともないだろうと思う。
 ただ、ニックが囚われているのは、“監禁状態から戻った妻を守る優しい夫”という虚像に縛られているからだ。もしも離婚したならば、メディアは浮気男が守るべき妻を捨てたとして、世間の目の敵にされるだろう。だが、そんなことを気にしないKYならば、さっさと逃げるかもしれない。それでもエイミーなら追ってくるかもしれないけれど……。だからこれは結婚という世間が認める制度から逃れられないということでもあるのだろう。げに恐ろしきは女か、それとも世間の目か

 『ゴーン・ガール』はとても怖い映画なのだけれど、ダークなユーモアも散りばめられている(アメリカの劇場では爆笑が起きているのだとか)。エイミーは逃亡先の別荘地で無表情のままチャップリンみたいな真似をする(空中で踵を鳴らすというアレ)。夫を懲らしめるのが嬉しくてたまらないのだ(浮かれすぎて金を奪われるのだが)。
 最後に囚われの状況に陥るニックも、殺人犯との結婚生活という特殊性を除けば、“妻の尻に敷かれる夫”というどこにでもありがちな構図なのだ。そのせいか弁護士は「危険は去った」として笑っている。

 ひとつ気になるのは、エイミーの本来の計画だ。エイミーは本当に自殺するつもりだったのか。そうとも思えない。あるいは失踪したまま大金とともにどこかへ姿を隠すつもりだったのか。死体が見つからない場合、計画は完璧なものにならない。そんなわけで、アクシデントのせいで余計に完璧な作戦となったようだ。夫は飼い馴らされ、逃げ場も封じられたのだから。

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]


ゴーン・ガール(初回生産限定) [DVD]


Date: 2014.12.12 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (25)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR