FC2ブログ

『2重螺旋の恋人』 ダブルの妄想

 『婚約者の友人』『17歳』などのフランソワ・オゾン監督の最新作。
 主役には『17歳』のマリーヌ・ヴァクト。初々しい高校生役だった彼女だが、このときすでにいい大人だったらしく、今では一児の母だとか。
 原題は「L'Amant double」

フランソワ・オゾン 『2重螺旋の恋人』 クロエ(マリーヌ・ヴァクト)は原因不明の腹痛で精神科医に……。


 原因不明の腹痛によって精神科を受診することになったクロエ(マリーヌ・ヴァクト)は、その精神科医のポール(ジェレミー・レニエ)と同棲生活を始める。しかしポールには秘密があり、パスポートの名前は苗字が違っている。実はそれは母方の苗字だという……。そのころクロエは街でポールと瓜二つのルイ(ジェレミー・レニエの二役)という精神科医に出会う。

 ポールとルイは実は双子の兄弟だ。しかし、ポールはルイの存在をなかったかのように振舞っている。一方でルイはポールに対抗心を抱いているようでもある。ふたりの過去に何があったのか?
 ふたりは共に精神科医だが、診療方法は対照的だ。黙ってクロエの話を聞くことに徹するポールに対し、ルイは挑発的にクロエに接している。ポールはクロエとの関係が恋愛へと発展することになると、診療はできないという精神科医として誠実な対応をするが、ルイは診察室でクロエに迫るという無茶苦茶なことをやっている。そもそもふたりは性格からして対照的な双子なのだ。クロエはポールと同棲しつつも、なぜかルイの存在のことも気になってしまう。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『2重螺旋の恋人』 マリーヌ・ヴァクトはショート・カットになって一見すると美少年のようにも見える。

 『戦慄の絆』(デヴィッド・クローネンバーグ監督)あたりを思わせる双子の兄弟の間で揺れる女性という三角関係から始まり、双子の間に生じた確執の話へと移行し、さらにその先の予想もつなかいオチへ……。前作『婚約者の友人』「クラシカルな雰囲気を持つ作品」だったと書いたのだけれど、『2重螺旋の恋人』は一転してキワモノ的な作品となっている。
 言ってみれば、ほとんどすべてがクロエの妄想だったというオチになるわけだが、本作はクロエという主人公の妄想以外に、監督フランソワ・オゾンの妄想も交じり合っているんじゃないかとも思えるのだ。
 『17歳』でも美貌が際立っていたマリーヌ・ヴァクトを本作の冒頭でショートカットにさせたのはなぜか。断髪式の際のうらめしいような目付きと、その後の陰部の診察や精神科受診といった展開から性的虐待によるPTSDなのかと思っていたのだけれど、そうではないらしく結局のところは原因不明の腹痛ということらしい(この腹痛が最後のオチへとつながる)。
 マリーヌ・ヴァクト演じるクロエは本作ではほとんどパンツルックで、スタイルもこれ以上ないくらいの痩身で、どこか男性のようにも見える瞬間がある。オゾンは双子という要素に加え、同性愛的なものを付け加えたかったのかもしれない。
 双子のポールとルイはクロエを間に挟んでのセックスのなかで、兄弟同士でキスをするシーンもある。この場面はオゾン自身のかねてからの妄想を映像化したものらしい(どこかでそんなインタビューを読んだ)。同性愛者というのはナルシシズムと親和性が高いということなのだろうか?
 さらに奇妙だったのは、クロエがポールを相手に擬似ペニスまで使ってアナルを攻め立てるというマニアックなシーン。オゾンはこのシーンについて「支配と従属の関係性」を描いたものだと説明している(こちらのサイトを参照)。
 男女関係に「支配と従属の関係性」があるように、同性にだってそういう関係がある。そして、まったく同じ遺伝子を持つ双子にすらも「支配と従属の関係性」があるのだという。この指摘自体はおもしろいのだけれど、ポールとルイの間の「支配と従属の関係性」が描かれたというわけではなく、普通の男女の立場が逆転しているだけとも言える。男女の「支配と従属の関係性」を描くのだったらほかにも手段があるわけで、単純にオゾンのアブノーマルな妄想が映像化されているだけのようにも感じられるのだ。つまりオゾンはおもしろがっているのだ。
 その証拠に、ヒッチコックの『白い恐怖』の扉が開いていく場面のパロディのようなシーンがあるのだけれど、それを女性のアレで表現したりもしている。もちろん悪ノリ以外の何ものでもない。

 すべてが終わったあとのラストでクロエはポールと交わりつつ、その姿をもうひとりのクロエに見つめられている。セックス中の自分を自分が見つめているというシーンは『17歳』にも登場していた。このとき私は「自我の目覚め」といった解釈をしていたのだけれど、オゾンにとってこのシーンはもっと重要な何かが秘められているのかもしれない。キワモノ作品だけれどフランソワ・オゾンを精神分析するとしたら最適な作品なのかもしれない。

2重螺旋の恋人[Blu-ray]


2重螺旋の恋人[DVD]



戦慄の絆 [Blu-ray]


白い恐怖 [DVD] FRT-104


スポンサーサイト



Date: 2018.08.09 Category: 外国映画 Comments (6) Trackbacks (3)

『婚約者の友人』 フィクションのなかで死に、現実において生きる

 『まぼろし』『17歳』『彼は秘密の女ともだち』などのフランソワ・オゾン監督の最新作。
 この作品はエルンスト・ルビッチが1932年に『私が殺した男』として映画化したものと同じ戯曲が原案となっている。
 原題は「Frantz」で、主人公アンナの亡くなった婚約者の名前。

フランソワ・オゾン 『婚約者の友人』 アンナを演じるパウラ・ベーアはオーディションで選ばれた新人だとか。


 第一次世界大戦後のドイツのある村が舞台。アンナ(パウラ・ベーア)はある日、婚約者フランツ(アントン・フォン・ラック)の墓の前で見知らぬ男性を見かける。その男アドリアン(ピエール・ニネ)は敵国のフランス人で、わざわざ墓参りに訪れたらしいのだが……。

 アドリアンは敵国の男である。この時点では戦争は終わっているものの、ドイツの村にはフランス兵に息子を殺された親たちが多く残されていて「フランス憎し」という感情が渦巻いている。そんな場所に現れたアドリアンはフランツの父親ハンス(エルンスト・ストッツナー)からは追い返されるし、村人からも白い眼で見られる。
 しかしアンナはフランツの墓の前で涙を流すアドリアンの姿を見て、勝手に彼をフランツの友人だと信じこんでしまい昔の話を聞きたがる。そして自分の知らなかったフランツの話を聞いていくうちに、アンナはアドリアンに親近感を抱くようになっていく。

 ※ 以下、ネタバレもあり!



『婚約者の友人』 アドリアン(ピエール・ニネ)はフランツアントン・フォン・ラック)にバイオリンを教えたと語る。映画ではカラーとなるシーン。

◆ミステリー?
 アドリアンはアンナにとって婚約者フランツの友人ということになってしまうのだが、実際にはフランツを殺した張本人であるというのが真相だ。ただ、アドリアンの雰囲気は何かしらの秘密めいたものを感じさせるのでそれほど驚くところではないのかもしれない。
 過去のオゾン作品を知っている人はフランツとアドリアンのふたりが同性愛なのかとちょっと疑ってみたりもするかもしれない。バイオリンの演奏シーンなどはそんな妖しさを感じないでもないからだ。
 ちなみにこの作品では登場人物の感情が高揚する部分となると、いつの間にかにモノクロの映像がカラーへと変化する。フランツとアドリアンのシーンもそうだし、アドリアンとアンナが親しくなっていく場面でもスクリーンが色づくことになる。

◆オゾン版とルビッチ版
 アドリアンは真相をアンナに告白する。戦争という非常事態のなかでやむなく敵であるフランツを殺してしまったこと、未だにアドリアンはその罪に苦しんでいる。そして赦しを乞うためにドイツまでやってきたものの、婚約者アンナの勘違いもあってフランツの友人のような形になってしまい、困惑しつつも嘘の芝居を続けることになる。そうするとフランツの友人だったというドイツの男をフランツの両親たちも受け入れるようになり、まるでフランツの代わりとなってアドリアンが現れたかのような不思議な関係性が生まれることになる。
 ルビッチ版は未見なのだけれど、どうやらこの嘘の関係性を続けるところで終わることになるようだ。すでにフランツの死で悲嘆に暮れた両親に対しさらに真相を知らせることで再び悲しみを大きくするよりも、嘘のほうがみんなのためになるということだろう。
 しかしオゾン版ではさらに先がある。アドリアンを追ってアンナがフランスへと渡ることになるのだ。ドイツのなかの異邦人だったアドリアンと同じように、フランスのなかの異邦人となったアンナは、アドリアンの立場を理解し、彼を赦すことになる。
 ドイツに留まっているだけではフランスに対する憎しみは薄れることはないのかもしれないのだが、フランスへと舞台が移行することで立場が相対化される。どちらも国を愛することは変わらないし、敵を恐れ憎む感情も同様だ。そして、どちらも同じくらい愚か。そんな反戦メッセージがあるのだ。

エドゥアール・マネの絵画「自殺」

◆生きる希望が湧くラスト?
 おもしろいのはラストでエドゥアール・マネの絵画「自殺」が重要なアイテムになっていること。(*1)アドリアンもアンナも自殺未遂をすることになるのだが、それは自分勝手なことだったとの反省がなされることになる。反省と言えば、フランツの父親ハンスは自分たちの世代が息子たちを戦場へと駆り立てたことを悔いてもいた。
 国のための戦争に行くことも否定され、自分勝手に自殺することも否定される。「社会と個人との関係」という様々な映画や小説で繰り返されてきた主題がこのあたりに顔を出している。結局、アドリアンの選択もアンナの選択も、親(社会)の願いと自分の希望との間で葛藤した微妙な部分へと着地しているように見えるのは「社会と個人との関係」が介在してくるからだろう。

 ラストではアンナがマネの絵画「自殺」を前にして「生きる希望が湧く」といった意味のことを語るのだが、自殺の絵を前にして語られる言葉としては逆説的な物言いだ。これはゲーテ『若きウェルテルの悩み』を書いたことと似たようなものなのかもしれない。
 ゲーテは実体験を元にその小説を書くのだが、そこで主人公ウェルテルを自殺させることになる。ゲーテは物語のなかで自分の分身たるウェルテルを自殺させることで、現実においてはその後の長い人生を生きることになる。マネの絵画に関してのエピソードはわからないけれど、アンナの気持ちもゲーテと同様のものだったのかもしれない。絵画のなかの自殺した人と自分を重ねることで、現実の自分はそれから先も生きていくことができるのだ。
 モノクロ作品だからというわけではないけれどクラシカルな雰囲気を持つ作品となっていたのは、ピエール・ニネのいかにも整った顔立ちが古風な出で立ちにもよく似合っていたからだろうか。口ひげはちょっと作り物みたいにも見えるけれど……。

(*1) よく見ると手元には銃を持っている。何となくルイ・マル『鬼火』のラストを思い出させるような気もする。

婚約者の友人 [Blu-ray]


婚約者の友人 [DVD]



フランソワ・オゾンの作品


私の殺した男 [DVD]


鬼火 [DVD] (HDリマスター版)


Date: 2017.10.24 Category: 外国映画 Comments (4) Trackbacks (3)

『彼は秘密の女ともだち』 普通の男ではもう物足りない?

 『まぼろし』『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督の最新作。

フランソワ・オゾン 『彼は秘密の女ともだち』 赤毛のクレール(アナイス・ドゥムースティエ)とその向こうにはダヴィッド=ヴィルジニアが。


 主人公クレール(アナイス・ドゥムースティエ)には運命的なものさえ感じたローラという女ともだちがいた。しかし、ローラは病に倒れ、若くして亡くなってしまう。クレールは残された夫ダヴィッド(ロマン・デュリス)と子供を守ることをローラに約束する。しばらくして訪ねたローラの家で、クレールは女装してミルクを飲ませているダヴィッドの姿を見てしまう。

 「彼は女ともだち」という奇妙な題名は、ダヴィッドが実は女装趣味を持つ男だったということからで、この作品はトランスジェンダーを題材としている。監督のフランソワ・オゾンはゲイであることを公表していて、作品にも同性愛がテーマとして取り上げられることも多いが、今回は女装である。ダヴィッドは女装をしていても性的対象としては女性を好むというあたりは、グザヴィエ・ドラン『わたしはロランス』を思わせる。
 同性愛とトランスジェンダーはまったく違うものなのだろうが、「LGBT」といった言い方もあるし、性的マイノリティという意味で近しい位置にあるものなのかもしれない。ただ、この作品でも「女装よりもゲイのほうがマシ」という台詞もあって、同性愛よりも女装のほうがより困難な立場なのかもしれない。
 ちなみに女装趣味に関しては、オゾンの処女短編である『サマードレス』でもすでに描かれている(『海を見る』のDVDに所収で今回初鑑賞)。『サマードレス』では、ゲイカップルの片割れがたまたまサマードレスを着る破目に陥ると、ゲイのふたりがなぜか急に燃え上がってしまうという話だった。『サマードレス』では「Bang Bang」という曲が印象的に使われている。この曲はドランの『胸騒ぎの恋人』でも使われていたわけで、ドランは先輩であるオゾンに対するオマージュとしてこの曲を使っていたのだろうか。

 ※ 以下、ネタバレあり。ラストにも言及しています。

『彼は秘密の女ともだち』 ダヴィッド=ヴィルジニアを演じたロマン・デュリス。

 『彼は秘密の女ともだち』は女装趣味の男が描かれているけれど、それよりもクレールが新しい女ともだちを得ることで変わっていくところがキモだろう。ローラとクレールの関係は、ありがちな金髪と赤毛の関係を踏襲していて、赤毛のクレールは金髪のローラに憧れている(子供時代のふたりの姿はフランス人形みたいだった)。それがローラの死をきっかけに変わらざるを得なくなる。
 クレールは自らの憧れの存在を喪ったけれど、ローラの旦那ダヴィッドが新しい女ともだちになると、クレールのほうが憧れられる存在になっていく。女装趣味のダヴィッドにとって女性は常に先生のようなものだからだ。クレールはヴィルジニア(女装したダヴィッドの名前)という女ともだちを得たことで、クレール自身が女性として輝きを増していくのだ。
 クレールには素敵な旦那ジル(演じるラファエル・ペルソナはいかにも二枚目)もいる。それでもジルはごく普通の異性愛者で、会社で昇進することが喜びというまっとうな社会適合者だ。妻が赤いドレスを着てハイヒールを履いたからって、その姿を女ともだちみたいに関心を持って見てくれるわけではない。クレールにとっては他愛のないおしゃべりができる女ともだちが必要だったということだろう。

 ここまでは女同士は素晴らしいといったことでもあり、それは男なんかいらないという話でもあるのかもしれない(前作『17歳』でも主人公の少女が憧れるのは女性だった)。逆に言えばゲイにとっては、女なんていらないということでもある。ただ、クレールとダヴィッドは女ともだちだけの関係ではない。ダヴィッドは女装好きでも性的対象は女性で、クレールを性的対象としても愛しているからだ。
 クレールとしてはダヴィッドをそのまま受け入れるのは簡単ではない。事故に遭ったダヴィッドがヴィルジニアとして復活するというアクシデントを経て、ラストでその後のふたりの関係が示される。旦那のジルがどうなったのかはわからないのだけれど、ヴィルジニアは女装というかほとんど中性的な印象で、寄り添うクレールと共に自然に地域社会に溶け込んでいる。ふたりの間に入るフランス人形のような子供も、そんな関係をごく当たり前なものとして受け入れているようだった。

 フランスでは同性愛者の結婚が法律で認められたときには、反対する保守的な人々の声も強かったようだ。『キネマ旬報』のインタビューでは、オゾン監督はこの作品はそうしたことに対する政治的なメッセージとしてもあると語っている。ただ闘争的なメッセージというよりは、おとぎ話として楽しめるような作品になっていると思う。
 ダヴィッド=ヴィルジニアを演じたロマン・デュリスは、男くさい感じを完全には消しきれてないのがいい。仕草は女性的なのだけれど、アゴあたりの隠しきれない感じが妙にリアル。

彼は秘密の女ともだち [Blu-ray]


彼は秘密の女ともだち [DVD]


フランソワ・オゾン DVD-BOX


海を見る [DVD]


Date: 2015.08.15 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR