FC2ブログ

『女は二度決断する』 そして、私たちは海に帰る

 『そして、私たちは愛に帰る』『消えた声が、その名を呼ぶ』などのファティ・アキン監督の最新作。
 カンヌ国際映画祭では女優賞(ダイアン・クルーガー)を獲得した。
 原題は「Us Dem Nichts」(ドイツ語で「ゼロから」といった意味)で、英語のタイトルは「In The Fade」

ファティ・アキン 『女は二度決断する』 カティア(ダイアン・クルーガー)と弁護士。第二部は「正義」と題されている。

 主人公のカティア(ダイアン・クルーガー)は獄中で知り合ったトルコ系の夫と家庭を築き、息子にも恵まれた。そんな幸せな日々は突然の出来事によって無残にも崩壊する。何者かの爆弾テロによって夫と息子は帰らぬ人となり、カティアは絶望の淵に追いやられる。
 警察の捜査には偏見が入り混じり、事件はトルコ系の移民同士もしくは麻薬常習者たちのいざこざと推定される(カティアたち夫婦も過去に麻薬をやっていた)。実際の犯人は移民のことを快く思わないネオナチのカップルの仕業であり、カティアの目撃証言によってそのことが示唆されていても、被害者であるトルコ系移民である夫は胡散臭い目で見られ、その妻であるカティアも疑いの目を向けられる。しかも犯人が捕まって裁判となったにも関わらず、証拠が不十分だということでネオナチは無罪放免ということになってしまう。社会において正義が行使されないならば、愛する家族を奪われたカティアはどうするのか?

 『女は二度決断する』はドイツで起きたある事件をモデルとしている。NSU(国家社会主義地下組織)による連続テロ事件だ。2000年から2006年までにドイツ各地で外国人排斥目的のテロ事件が起き、その犠牲者は8人のトルコ系ドイツ人と、1人のギリシャ系ドイツ人だったとのこと。NSUという極右組織の犯行が明らかになるまでに時間がかかったのは、映画のなかでも描かれているように警察の移民に対する差別意識が捜査の方向性を誤らせていたからだ。
 監督・脚本のファティ・アキンはトルコ系ドイツ人であり、その意味ではカティアはファティ・アキンの分身であるとも語っている。それでもこの作品の主人公が白人女性となっているのは、トルコ系移民の主人公だったとすると、観客が移民という特殊な人たちの話であり自分たちには関係ないことだと思ってしまうからだという。だからこの作品は差別に対する闘いであると同時に、愛する人を奪われた者の復讐の物語でもある。

『女は二度決断する』 ラスト近くのカティアの表情。第3部は「海」と題されている。

 カティアが何度決断したかはともかくとして、最後の決断に関しては呆気に取られた。この作品は復讐を遂げて溜飲を下げるといった類いの作品ではないのだ。カティアが夫と息子を殺したものと同じ爆弾をネオナチカップルにお見舞いすることは難しくはなかったはず。それをしなかったのは巻き添えになるかもしれない小鳥のことを慮ってしまったからなのかもしれないし、相手を殺して自分が生き残るという選択は良心の呵責に苛まれるだけだと冷静に判断していたからかもしれない。
 ただ、その冷静さはカティアの身体に平穏さをもたらし、それまで止まっていた生理まで呼び戻すことになる。爆弾テロ事件以来、カティアにとってすべてのことが意味をなさなくなっていた(友人との付き合いですら煩わしいものに感じているようだ)。一度は自殺まで試みるけれど、犯人たちに罪を償わせるために何とか生き永らえてきた。
 そんなふうに日常の時間が止まったようなところにいたカティアだが、身体の調子が戻ってきたように、再び日常の時間が戻ってくるのかもしれない。となると夫と息子のことはどこかへ忘れ去られてしまうことになるだろう(英語のタイトル「in the fade」はこうした事態を指すものだろうか)。それだけは許せないというのがカティアの決断であり、ファティ・アキンの決断でもあったということなのだろう。

 ラスト、爆発の煙と共にカメラはギリシャの青空を映し出していくのだが、それがそのまま海の波間へとつながっていく。天と地がひっくり返ってしまったかのようにも、一度は天に昇った魂が地上に舞い戻ってきたようにも……。あるいは『気狂いピエロ』で引用されるランボーの詩を想い起こさないでもない。一体、ファティ・アキンはラストに何を込めたのだろうか。
 復讐の連鎖という点でカティアの決断は間違っているのではなかろうかと個人的には考えたりもしたのだけれど、カティアと同じような背景を持つファティ・アキンの出した結論は重いものだとも次第に感じるようにもなった。最初の衝撃よりも少し経った今のほうが、ダイアン・クルーガーの暗い表情が脳裏にこびりついて離れないような気がしている。

女は二度決断する [Blu-ray]


女は二度決断する [DVD]



ファティ・アキンの作品
スポンサーサイト



Date: 2018.04.27 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『消えた声が、その名を呼ぶ』 アルメニア人の苦難の歴史をトルコ系監督が描く

 『愛より強く』(ベルリン国際映画祭金熊賞)などのファティ・アキンの最新作。
 原題の「THE CUT」は主人公が負うことになる傷のことだろうか。

ファティ・アキン 『消えた声が、その名を呼ぶ』 ナザレット(タハール・ラヒム)には双子の娘(ルシネとアルシネ)との幸せな生活があったのだが……。

 この映画は歴史上のある出来事に関して描いている。この出来事はウィキペディアでは「アルメニア人虐殺」という項目として記されている。第一次世界大戦中のオスマン・トルコ帝国によるアルメニア人の計画的で組織的な虐殺というのが一般的な見方のようだが、トルコ側はこの出来事を偶発的な事件としているようだ。そんな意味ではトルコではタブー視されているとも言えるのだろうが、トルコ系のドイツ人であるファティ・アキンはそんな厄介な題材に取り組んで、自らのルーツとなる国の負の歴史を見つめていくことになる。
 「アルメニア人虐殺」を扱った映画はほとんどないようで、よく知られているものとしてはアトム・エゴヤン監督の『アララトの聖母』くらいだろう。エゴヤンはアルメニア系のカナダ人で、『アララトの聖母』では現代の映画監督が題材として「アルメニア人虐殺」を扱うことになり、歴史的な出来事である「アルメニア人虐殺」を発見することになる。一方の『消えた声が、その名を呼ぶ』は「アルメニア人虐殺」を現在形で描き、アルメニア人のその後の苦難が追われることになる。

 この作品の視点は被害者側のアルメニア人のナザレット(タハール・ラヒム)にある。だからなぜ「アルメニア人虐殺」という出来事が起きたのかはよくわからない。イギリスとトルコが戦争状態にあり、オスマン・トルコ帝国内にいたアルメニア人たちも兵隊として狩り出されるという噂は語られているのだが、その噂が実行に移されるのはあまりに突然のことだ。
 鍛冶職人だったナザレットは、妻と双子の娘(ルシネとアルシネ)と暮らしていた集落から連れ出される。それ以降家族とは離ればなれにされ、きつい強制労働をさせられる日々が続く。そして「虐殺」という出来事も唐突に始まる。アルメニア人たちは縄につながれたまま、喉をナイフでかき切られるのだ。
 ただ「アルメニア人虐殺」という出来事は、たまたま声を失っただけで生き残ったナザレットの苦難の始まりとも言える。ナザレットはトルコ人たちから逃れるが、行く先々でアルメニア人の女子供が無残に殺された姿を目撃する。そして難民たちがキャンプを張っている場所へとたどり着くが、そこは地獄のようなところだった。

『消えた声が、その名を呼ぶ』 ナザレットを演じるタハール・ラヒムはほとんど出突っ張りで世界各地を旅する。

 ファティ・アキンはこの最新作を『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』と合わせて、「愛、死、悪についての三部作」としているようだ。とはいえ『消えた声が、その名を呼ぶ』はトルコの悪業を殊更に追求するものではない。イギリスに負けたトルコ軍が去って解放されたアルメニア人は、トルコ人たちに石を投げつけるのだが、ナザレットはそれをすることができないのだ。石を投げつけられているトルコ人たちも歴史に翻弄された人々に過ぎないということなのかもしれない。それ以上に焦点が当てられているのは、虐殺を生き延びたナザレットのその後の姿のほうだ。
 ナザレットは唯一の希望である娘たちを探して世界を旅することになる。トルコからレバノン、キューバ、そしてアメリカに渡ってさらに北上していく。(*1)ナザレットの行動はかなり行き当たりばったりだ。とにかく娘に会うために海外に渡り、生きるために働いたり盗んだりしながら前へと進んでいく(このあたりは『愛より強く』の主人公たちの愛の形が行き当たりばったりだったのとよく似ている)。

 世界を渡り歩くことになるナザレットは各地でアルメニア人の同胞とも出会う。オスマン・トルコ内で少数民族として生きていたアルメニア人の多くはトルコを離れ、世界中へ散っていったのだろう。ちなみに『アララトの聖母』を撮ったアルメニア系のエゴヤンは、エジプトのカイロで生まれてカナダに移住したとのことである。
 一方でトルコ系の移民の問題は『おじいちゃんの里帰り』(ヤセミン・サムデレリ監督)にコメディとして描かれていた。ドイツでは1960年代に労働力不足のためにトルコからの移住を受け入れていたようだ。ファティ・アキンがどのようにしてドイツに渡ったのかは知らないけれど、ファティ・アキンにとっても移民の問題は重要なもので、『そして、私たちは愛に帰る』では移民の問題に焦点が当てられている。
 言葉が通じない外国で頼りになるのは民族を同じくする者たちだ(ナザレットは声を失っているからしゃべることはできないのだが)。『消えた声が、その名を呼ぶ』のナザレットはそんな同胞たちに助けられ、最後には生き別れた娘と対面することになる。各地の同胞たちの親切がなければそんなことは不可能だったわけで、その結びつきはとても堅固なものがあるようだ。だからこそなのだと思うが、ナザレットがこの作品のなかで一番怒りをあらわにするのは、娘たちに対してひどい扱いをした同胞のアルメニア人に対してなのだ。

 タハール・ラヒム演じるナザレットはほとんど出突っ張りだが感情をあらわにする場面はあまりない。そんなふうに抑制された感情が、世界各地の風景に合わせて流されるアレクサンダー・ハッケのノイジーな音とよく合っていたように思う。ファティ・アキンはアレクサンダー・ハッケを中心に据えた音楽ドキュメンタリー(『クロッシング・ザ・ブリッジ』)も手がけているとのことで、そっちのほうもちょっと気になる。

(*1) 世界を旅したナザレットが一番危険な思いをしたのはアメリカに渡ってからで、アメリカ人は見知らぬナザレットを見つけると不安に駆られ猟銃を持ち出してくる。ノースダコタで出会う鉄道労働者たちも始末の悪い与太者という感じで、アメリカ人の印象はすこぶる悪いような……。

消えた声が、その名を呼ぶ [DVD]


愛より強く スペシャル・エディション [DVD]


そして、私たちは愛に帰る [DVD]


クロッシング・ザ・ブリッジ ~サウンド・オブ・イスタンブール~ [DVD]


アララトの聖母 [DVD]


おじいちゃんの里帰り [DVD]


Date: 2016.01.09 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (5)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR