FC2ブログ

『グリーンブック』 骨はOK、カップはNG

 監督は『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリー
 アカデミー賞では作品賞と脚本賞と助演男優賞(マハーシャラ・アリ)を獲得した。

ピーター・ファレリー 『グリーンブック』 トニー・“リップ”・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)はドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)という黒人の運転手となる。

 トニー・“リップ”・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)は職を失い困っていたところ、ある人物の運転手としてスカウトされる。ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)というその人物は、カーネギー・ホールの上に住む黒人のピアニストだった。彼は南部への演奏旅行に行くために、運転手兼用心棒のような人物を探していたのだ。

 トニーはイタリア系で腕っぷしが強いガサツな人間。一方でシャーリーは黒人でありながらホワイトハウスでも演奏しているという上流階級。そんなふたりが演奏旅行で旅を続けるうちに、というロードムービー。
 タイトルとなっている“グリーンブック”とは「黒人のために作られた施設利用ガイド」のこと。旅の舞台となるのは1962年のアメリカ南部で、登場人物は実在の人物がモデルとなっている。この時代は黒人は公共施設の利用を禁止されていたために、そうしたガイドブックがなければ快適な旅を過ごすことができなかったのだ。本作のなかでもシャーリーはVIPとして招待されているにも関わらず、黒人だからそのレストランを利用することはできないという理不尽なことが平気でまかり通っている。
 なぜシャーリーは黒人が差別されている南部へわざわざ出かけていくのか? これは作品の後半になって明らかにされることだが、シャーリーは自分の才能を理解しているがそれだけで満足する人間ではなく、人々の心を変えるために勇気を持って行動を起こしているということになる。

『グリーンブック』 トニーはシャーリーに対する差別に怒りを露わにする。

 長い旅を通してふたりもそれぞれに変化していく。トニーはシャーリーから美しい手紙の書き方を学ぶことになり、黒人に対する差別意識を捨て去ることになる。シャーリーはそのピアノの腕前で上流階級のなかで地位を築いたわけだが、逆に仲間であるはずの黒人たちとは距離があった。道中で畑を耕す黒人たちをただ見つめていたシャーリーは、後半では黒人たちが集まるジャズバーで即興を披露する。そして最後にトニーの家に現れることからも、自分から人に歩み寄ることの大切さを学んだということだろう。
 
 監督のピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』などで品性に欠けるコメディ作品が売りだったファレリー兄弟の片割れ。しかし本作はシャーリーの説教が影響したのか、品格を持ってまとめている。情感に訴え過ぎるのではなく、ほどよく抑制が効いているところがアカデミー賞でも評価されたんじゃないだろうか。フライドチキンの骨は捨ててもいいけれど、ドリンクのカップはNGという絶妙な感覚がよかったのかもしれない。
 ただ、アカデミー賞作品賞の受賞には政治的なものを感じさせる部分もある。というのも監督賞においてピーター・ファレリーは無視されていることからすると、作品そのものの出来よりもそのメッセージのほうがハリウッドが思い描くものにほどよく合致していたからなんじゃないかとも思えるからだ。スパイク・リーあたりを筆頭に批判の声も出ているのもわからなくはない気もする。
 とはいえ普通のおじさんになりきったヴィゴ・モーテンセンは見どころだし、澄ました感じで大物の風格を見せるマハーシャラ・アリがフライドチキンのエピソードでちょっとかわいらしく見えたりするあたりなどはにんまりさせる。小ネタが効いた笑いもよかったと思う。

【Amazon.co.jp限定】グリーンブック (非売品プレス付) [Blu-ray]


グリーンブック [Blu-ray]


グリーンブック [DVD]



メリーに首ったけ (完全版) [Blu-ray]


メリーに首ったけ もっと過激に全開(フルスロットル)バージョン(1枚組) [DVD]



ファレリー兄弟の作品
スポンサーサイト



Date: 2019.03.06 Category: 外国映画 Comments (18) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR