FC2ブログ

『ある少年の告白』 変われないなら「フリをしろ」

 『ザ・ギフト』で監督デビューしたジョエル・エドガートンの監督第2作目。
 原題は「Boy Erased」
 原作はガラルド・コンリーの書いたベストセラー小説だが、邦訳は出ていないとのこと。

 舞台となるのは同性愛者の矯正施設。ここでは外部との接触を絶たれ、治療内容について語ることも禁じられる。実際の治療方法は根性論のようなもので、戸塚ヨットスクールのごとくスパルタ式に主人公ジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)を追いつめていくのだが……。

 ※以下、ネタバレもあり!

ジョエル・エドガートン 『ある少年の告白』 ジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は同性愛者の矯正施設に送られることに。

 本作ではジャレッドの過去を振り返りつつ、矯正施設の真実を暴くことになる。確かにこの矯正施設は異常だが、そこは社会のある部分が濃縮されたような場所でもある。
 監督でもあるジョエル・エドガートン演じる施設長サイクスも、実は同性愛者であることが最後に明らかになる。サイクス自身も社会で苦しんだ側だったのだろう。その苦しみを取り除くために、「同性愛は異常である」という誤った考え(嘘)を信じようとしたのかもしれない。そして、年長者の温情として、それを若者にも押し付けようとするのだ(本人はそれが救済になると信じている)。
 だからサイクスの教えの核心にあるのは、変われないなら「フリをしろ」ということだ。グザヴィエ・ドラン演じるジョンも、そうした嘘に付き合うことをジャレッドに勧める。施設の内部ではもちろんのこと、社会に出たとしても、生きてゆくためには嘘が必要なのだ。
 しかしジャレッドは、「王様は裸だ(同性愛は異常じゃない)」とぶちまけてしまう。嘘で固められた施設内では仰天だが、外の社会では誰もが知っていることなのだ。それでも、ジャレッドを診察した医者が、「同性愛は病気ではない」という事実を彼の両親に告げることをしなかったことからもわかるように、その嘘を信じている人にとってはそれが強固な信念となっているのだろう。
 たまたまジャレッドが施設から抜け出せたのは、母親(ニコール・キッドマン)が真っ当だったから(その母親も最初は夫に従おうとするのだが)。ジャレッド以外の施設の少年たちは、矯正施設を抜け出したとしても、両親によってまた施設に連れ戻されるのだろう。だからキャメロンのような犠牲者も出ることになる。
 施設の塀のなかと、その外に広がる社会。その施設が成り立つのは、社会の一部がそれを求めているからで、「同性愛は異常である」という嘘が施設の外でもまかり通っているのも当然のことなのだ。

 本作ではジャレッドが同性愛者であることを受け入れるところまでが中心となっている。しかし、ジャレッドが置かれたような状況では、その先に周囲(特に家族)がその事実を受け止めるという段階があるように思える(施設と社会の関係と同様に)。
 だからジャレッドが牧師である父親(ラッセル・クロウ)を罵倒しただけで終わってしまったのは片手落ちのようにも感じられた。ジャレッドの怒りは正当なものではあるけれど、「産めよ、増えよ、地に満ちよ」という聖書の言葉を信じてきた牧師にとって、その信念を変えるのはなかなか厄介なことのように思え、ジャレッドと父親のその先のことのほうが心配になってしまったのだ。

ある少年の告白 ブルーレイ DVD [Blu-ray]


スポンサーサイト



Date: 2019.04.27 Category: 外国映画 Comments (9) Trackbacks (2)

『アクアマン』 見た目はヒールなヒーロー

 監督は『ソウ』『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン
 『ジャスティス・リーグ』などのDCエクステンデッド・ユニバースの第6作目。

ジェームズ・ワン 『アクアマン』 ジェイソン・モモア演じるアクアマンは、トライデントを手に入れて大見得を切る。

 『ジャスティス・リーグ』で初めてお目見えしたアクアマン。そのマッチョぶりはほかのヒーローたちと比べても際立っていた。というか、ほかのヒーローが様々なコスチュームに身を包んで着飾っているのに対し、アクアマンは半裸だからそんなふうに見えるわけだが……。
 アクアマンを演じるジェイソン・モモアは、ハワイ生まれのアイオワ育ちで先住民の血をひいているのだとか。長髪にタトゥーという風貌はプロレスで言えばヒール(悪役)風でもあり、地元で寄ってくる連中もそうしたいかつい奴らばかりというのもおもしろいところ。
 ブラックマンタ(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)との因縁が描かれるエピソードは、ジェイソン・モモアのマッチョな身体が活かされた場面だった。アクアマンの武器といえば矛なのだけれど、この時点では由緒正しき三叉槍(トライデント)は持っていないわけで、肉体そのものが武器と言わんばかりに海賊たち相手に肉弾戦を展開する。しかもプロレスラーのように“受け”を重視していて、パンチもまったく効かないし、銃弾すらも跳ね返して「何でもない」という表情。雑魚を蹴散らしていく闘いが気持ち良かった。
 物語は海のなかの七つの国を巡ったり、なぜか空を飛んでみたり、シチリアで大暴れしてみたりとあちこちへと飛ぶ。それぞれ独特の世界観を持つ七つの国の造形はそれなりに見せるし、『スター・ウォーズ』のストームトルーパーのような兵隊たち(登場の仕方がいい)とか、『インディ・ジョーンズ』のような謎解きもあって盛りだくさんな内容だった。トライデントを手に入れアトランティス王として大見得を切るあたりが一番の見せ場だろうか。最後に右手を突き上げるシーンはまるで猪木のようでもあった。さすがに140分は長すぎだけれど、楽しめる作品になっている。
 目が覚めるほどの赤い髪のアンバー・ハードも魅力的だし、貫禄で女王を演じたニコール・キッドマンもいい。大物みたいな雰囲気を漂わせつつ何もしなかったドルフ・ラングレンや、仏様のような髪型のウィレム・デフォーなど脇役も賑やかだった。

アクアマン ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]


アクアマン ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ブックレット&キャラクターステッカー付) [Blu-ray]


Date: 2019.02.16 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 ソフィア女子学園の余計なもの

 『ヴァージン・スーサイズ』などのソフィア・コッポラの最新作。
 1971年のクリント・イーストウッド主演の『白い肌の異常な夜』(監督ドン・シーゲル)のリメイク。
 カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品。

ソフィア・コッポラ 『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 女優陣が着こなす白い衣装が印象的。


 南北戦争時代のバージニア州。マーサ・ファーンズワース女子学園に傷を負った北軍兵士マクバニー(コリン・ファレル)がやってくる。敵側の男とはいえ、瀕死の傷を負った兵士を見捨てるわけにもいかず、傷が回復するまで面倒を見ることになる。女だけの学園に闖入した男によって、女だけで保たれていた学園の秩序が乱されていくことに……。

 キノコと一緒にマクバニーを森で拾ってきたエイミー(ウーナ・ローレンス)にとっては彼はペットみたいなものだったかもしれないし、ほかの一部の少女にとっては危険な敵(ヤンキー)でしかないかもしれないし、マーサ園長にとっては厄介事だったのかもしれない。しかし、それと同時に戦争に味方の男を取られた時代にあっては、マクバニーの存在は女たちの欲望を駆り立てるきっかけにもなる。マーサ園長(ニコール・キッドマン)も介抱をしながらも男の肉体になまめかしいものを感じているようだし、ませたアリシア(エル・ファニング)は積極的に迫ろうとする。そして男を知らないらしい教員のエドウィナ(キルスティン・ダンスト)も気が気ではない。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 マーサ園長(ニコール・キッドマン)とエドウィナ(キルスティン・ダンスト)などがひとりの男に翻弄される?

 この作品は一部でホワイトウォッシングだとして批判されているのだという。というのは『白い肌の異常な夜』には登場していた黒人奴隷の存在が省かれているからだろう。ただ、この作品で省かれているのは黒人奴隷だけではない。上映時間は『白い肌の異常な夜』が105分に対し『ビガイルド』は93分。余計なものをそぎ落とした作品になっているのだ。
 『白い肌の異常な夜』から削られたのは多い。園長マーサの過去(兄との近親相姦)もまったく消されているし、マクバニーが絵画のなかのキリストと重ね合わせられる官能的なシーンもない。これらを削ったのは、ソフィア・コッポラが自分の望むように女たちを戯れさせるためには邪魔だったということなのだろう。
 ソフィア・コッポラはもともと社会問題とかよりは、『SOMEWHERE』でも描かれたようなミニマルな自分の世界のほうに関心があるのだろうと思う。『マリー・アントワネット』ですらほとんど歴史を感じさせず、きらびやかな女の子の世界だったし……。
 白を基調とした衣装を身にまとった女性たちが戯れている様子を見ていると、ソフィア・コッポラがやりたかったのは『ピクニックatハンギング・ロック』なんじゃないだろうかとも思えた(振り返ってみると『ヴァージン・スーサイズ』すらその影響下にあるのかもしれない)。白へのこだわりは徹底的で、彼女たちが最後に編み上げることになるある物すらも、かわいらしい純白に仕上げられることになる(『白い肌の異常な夜』のその色とは対照的に)。
 そんな世界では男っぽい男は不要とでもいうのか、普段はもっと男臭いコリン・ファレルもこの作品では好青年といった印象に留まっている。ソフィア・コッポラにとっては女たちの世界こそが重要なのであって、夾雑物を取り除いて彼女好みの統一感を出すことが必要だったのだろう。その分、こじんまりとしてしまった感じは否めないのだけれど……。
 ソフィア・コッポラが自分を重ねていると思われるキルスティン・ダンストはこの作品でも重要な位置にいるけれど、役づくりなのか年増感が著しいような。

ビガイルド 欲望のめざめ


白い肌の異常な夜 [Blu-ray]


白い肌の異常な夜 [DVD]


ピクニックatハンギング・ロック HDニューマスター<コレクターズ・エディション> [Blu-ray]


ソフィア・コッポラの作品
Date: 2018.03.01 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『リピーテッド』 前向性健忘というループに囚われる

 ニコール・キッドマン主演のミステリー。
 監督・脚本はローワン・ジョフィ。原作はSJ・ワトソンのベストセラー「わたしが眠りにつく前に」

『リピーテッド』 ニコール・キッドマン主演のミステリー作品。


 クリスティーン(ニコール・キッドマン)は知らない部屋のベッドで目が覚める。しかも隣には見知らぬ男。一体何が起きたのかわけもわからずにその場を逃げ去ると、バスルームにはクリスティーンが結婚した証拠写真がある。隣に寝ていた男は実は彼女の旦那であり、クリスティーンは記憶障害ですべてを忘れてしまっているのだという……。

 “前向性健忘”という障害を題材として扱った作品には『メメント』がある。この『リピーテッド』のクリスティーンの障害も“前向性健忘”である。『メメント』の場合は10分程度の記憶しか保てなかったが、『リピーテッド』は約1日という設定。夜眠ると次の日にはすべてを忘れてしまう。正確には20代くらいまでの記憶はあるのだが、それ以降の記憶はすべてなくなり、新しく覚えたことを次の日に持ち越すことはできない。
 クリスティーンにとっては毎日が記憶障害と初めて向き合う1日になるわけで、邦題が『リピーテッド』となっているのは、この作品が“ループもの”のように見えるからだろう。“ループもの”は同じ時間が延々と繰り返されるという類いの作品のことだ。
 有名なのは『恋はデジャ・ブ』で、主人公フィルはある1日に囚われ、そこから逃れることができない。フィルの記憶は継続していくわけだが、その世界はいつまでも同じ1日を繰り返す。フィル以外の人間はすべてがリセットされるから、フィルはループする時間を利用して悪事を働いたりもする。それでも次の日には誰も何も覚えていないから問題はない。
 『リピーテッド』もそうしたルールに則っている。ただこの場合すべてがリセットされてしまうのは主人公のクリスティーンのほうで、世界の時間は普通に流れている。だから『メメント』にもあったように記憶障害を利用してクリスティーンに別の記憶を植え込もうとするような悪い人物がいないとも限らない。

 あやしい人物はほとんどふたりに絞られている。まずはコリン・ファースが演じる夫ベンだ。結婚式の写真を見せられ、14年前に結婚したと説明されるわけだが、初めて知った男を急に信用できるわけもない。それでも記憶障害のあるクリスティーンの世話をし、毎日繰り返されているはずの朝の行事(記憶障害であることの告白)にも優しさが感じられなくもない。
 半信半疑のうちに今度は医師を名乗る男ナッシュ(マーク・ストロング)から連絡がある。それによるとクローゼットの奥に記録用のカメラがあるのだという。ナッシュは夫には内緒でクリスティーンを治療しているのだとも語る。そしてカメラに残された映像からは過去のクリスティーンが、その記憶を失ったクリスティーンに語りかけている。

『リピーテッド』 クリスティーンは記録を残すためにカメラに向かって語りかける。

 ※ 以下、ややネタバレな部分あり!

 夫の言葉は本当なのか? 医師の目的は治療なのか? そうした疑心暗鬼が渦巻く設定はとてもおもしろい。“前向性健忘”をうまく使って“ループもの”のジャンルに寄せているのはいいアイディアだと思うのだが、そこから先が何もなかった。『メメント』とか“ループもの”を観ている人には、あらかた予想がつくのではないだろうか。
 結婚式の写真など作ろうと思えばどうにでもなるわけで、『メメント』の主人公が自分の身体に記録を刻み込んでいたのは今さらながらよく考えられていたものだと、別のことに感心してしまう(脚本はジョナサン・ノーラン)。映像から語りかけてくるのが記憶を失う前の自分だというのは、『トータル・リコール』あたりを思わせるのだけれど、映像のなかの自分が今の自分を騙そうとするような予想外の展開があるわけでもなく、真相が明らかにされてもそれほど驚きというものは感じられなかった。
 “ループもの”は同じことが繰り返されるわけで単調になる部分もある。この作品では意味もなく観客を驚かせるような場面が挿入される。たとえばクリスティーンが車に轢かれそうになってクラクションを鳴らされるとか。このあたりは物語の展開でうまく引っ張っていけない苦渋の策みたいにも感じられた。

 ニコール・キッドマンもさすがにもういい年齢だと思うのだが、朝起きたら見知らぬ男に抱かれているという驚きの部分は妙にうぶっぽく見えなくもない。クリスティーンはまだ20代というつもりだからかもしれないのだが、容貌にはやや衰えが見える(本当は40代だし、かすかに殴られた跡もある)のは、ニコール・キッドマン自身の衰えというよりはクリスティーンの驚きを表現したものだろうか。
 『記憶探偵と鍵のかかった少女』でも記憶を探っていたマーク・ストロングは渋くていいのだけれど、ほとんどキャラが同じようにも見えるのが難点か。

リピーテッド [Blu-ray]


リピーテッド [DVD]



わたしが眠りにつく前に (ヴィレッジブックス)


メメント [Blu-ray]


メメント [DVD]


恋はデジャ・ブ [Blu-ray]


恋はデジャ・ブ [DVD]


Date: 2015.06.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR