FC2ブログ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 どこまで高みを目指すの?

 トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが活躍する『ミッション:インポッシブル』シリーズの第6弾。
 監督・脚本は前作と同じクリストファー・マッカリー

クリストファー・マッカリー 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 トム・クルーズ演じるイーサン・ハント。もはや宇宙に飛び出しそうなくらいに……。

 本作は前作を引き継ぐような形となっている。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』で最後に捕まえた悪役ソロモン・レーンが再登場し、同時にそのレーンの部下という設定で敵か味方かでイーサンを惑わせたイルサ(レベッカ・ファーガソン)というキャラも再登場する。さらに第3作で登場し、第4作でもちょっとだけ顔を出していたイーサンの妻ジュリア(ミシェル・モナハン)まで出てくるのもシリーズのファンには嬉しいところ。
 前作の飛行機にしがみつくアクションもすごかったのだけれど、今回はさらにその上を行こうと意気込んでいる。高度7,620メートルからのダイブとか、ヘリにしがみついてみたりとか、これでもかというアクションを堪能させてくれる作品となっている。
 さすがに意気込みすぎたのか撮影中に骨折したりもしたトム・クルーズ。実際にその骨折したシーンも劇中に使用されているのだけれど、その後のシーンではちょっと足を引きずっているフリをしているのはファンに向けたサービスということなのだろう。
 トム・クルーズはハリウッドを代表するスターであり、誰もが認めるルックスだし、適当に仕事をしてもそれなりに地位を維持できそうなものだけれど、それでは自分が納得いかないのかすべてのアクションを自分でこなし、ヘリまで自ら操縦するというプロ意識にはすさまじいものがある。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 トム・クルーズは実際にヘリにしがみつくアクションまでこなしている。写真を見るだけで恐ろしい。

 ヘリで吊るされたりとか、ビルの間を飛び越えたりとか、バイクでパリの街中を逆走したりする危なっかしいアクションは製作陣としてはヒヤヒヤものだろうとも思えるけれど、トム・クルーズ本人がプロデュースも兼ねているからか気の済むまで徹底的にやっているようで、2時間半の長丁場もほとんど感じさせないほど盛りだくさんの内容になっている。
 どのアクションも見応えがあったのだけれど、前半のトイレ内での格闘が一番だろうか。このシーンではイーサン・ハントとウォーカー(ヘンリー・カヴィル)がジョン・ラークとされる男と闘うことになるのだが、ラークとされるアジア系の役者の動きがすごくて、2人を相手に立ち回りを演じて圧倒するのだ(一体この役者さんは誰だったのだろうか?)。
 こうなるとアクション俳優としてトム・クルーズに足りないのはカンフーの技術なのかもしれない。それさえマスターすればジャッキー・チェンになれるかも……。とはいえジャッキー・チェンはカンフーではトム・クルーズに負けないけれど、あのドタバタとした走り方はちょっとこのシリーズには合わないかもしれない。
 本作でもトム・クルーズは敵を捕まえるために全力疾走を披露しているのだが、走る姿がここまで絵になる人もなかなかいないんじゃないかと思う。CGばかりの映画が増えているなかでトム・クルーズは貴重な存在なのかもしれない。アクション映画好きには見逃せない1本。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト ブルーレイ DVDセット<初回限定生産>(ボーナスブルーレイ付き)[Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル/フォールアウト ブルーレイ DVDセット<初回限定生産>(ボーナスブルーレイ付き)(ビジュアルシートセット付き) [Blu-ray]


スポンサーサイト



Date: 2018.08.05 Category: 外国映画 Comments (4) Trackbacks (8)

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トム・クルーズは不死身か?

 トム・クルーズのライフワークみたいなものにもなってきた『ミッション:インポッシブル』シリーズの第5弾。
 監督・脚本は『アウトロー』のクリストファー・マッカリーで、『ユージュアル・サスペクツ』なんかの脚本にも参加していた人とのこと。
 タイトルの「ローグ・ネイション」とは「ならず者国家」で、今回の敵となるシンジケートのこと。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トム・クルーズは実際にこのスタントをやっているという……
 
 タイトル前のごあいさつ代わりのアクションがすごい。急上昇する軍用機にイーサン・ハント(トム・クルーズ)がしがみつくシーンだ。前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では世界一高いビルでヒヤヒヤさせたわけだが、今回はそれより上を行く高度1,500メートルの上空まで到達したわけで、実際に軍用機にへばりつくアクションをスタントなしでこなしているトム・クルーズはちょっとどうかしている。イーサン・ハントは今回も死にかけるが、こんなアクションばかりしていたらトム・クルーズ自身もかなり危険だと……。
 今回もCIAからは見放されてしまったイーサンたちIMFの面々が、多国籍スパイ集団“シンジケート”の存在を突き止めるために奔走する。冒頭の空でのアクションに加え、酸素ボンベなしでの水中でのアクション、第2作目みたいなバイクでの追っかけっこなど、とにかく見どころはいっぱいで131分はあっという間だった。トム・クルーズの走りっぷりは相変わらず気持ちいいし、手錠をかけられ逆さまのまま筋力だけで柱を登るという離れ業までやって見せる。とても50歳を越していている人間とは思えない。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トムはこの後逆さまになって柱を登る! いったいどんな鍛え方をしているのだろうか?

 今回の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』はアクションもあるけれど、サンペンスの要素がより際立っていた。特にオペラ「トゥーランドット」観覧中の要人暗殺の場面では、明らかにヒッチコック『知りすぎていた男』のラストをコピーしている。『知りすぎていた男』ではシンバルの音に合わせて銃弾が発射されることになるわけだが、譜面をカメラが追っていき、シンバルがいつ鳴らされるかを示すカットまでほとんど同じように撮られている。このシリーズはスパイ映画なわけで、やはりヒッチコックのサスペンスには学ぶところが多いということだろう。
 この場面で太腿も露わに要人を狙うイルサを演じたレベッカ・ファーガソンもよかった。イルサはシンジケートに潜入しているイギリス側のスパイで、彼女がイーサンたちの味方なのか、はたまたイーサンを利用するだけの敵なのかという謎を含んだまま展開していく。サスペンスの盛り上げ方は意外にあっさりしているところもあるような気もするのだけれど、楽しめる作品であることは間違いないところだと思う。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ DVDセット(2枚組) [Blu-ray]


『ミッション:インポッシブル』シリーズ


知りすぎていた男 [DVD]


Date: 2015.08.08 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (25)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR