FC2ブログ

『マイ・サンシャイン』 暴動のなかにも楽しさあり?

 『裸足の季節』デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督の最新作。
 原題は「Kings」。これは“王様たち”を意味するわけではなく、作品中で何度も映像が引用される“ロドニー・キング事件”から採られているらしい。

デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 『マイ・サンシャイン』元ボンド・ガールのハル・ベリーと、現007のダニエル・クレイグの共演。


 ロサンゼルス暴動に巻き込まれることになるごく普通の人たちの物語。主人公のミリー(ハル・ベリー)は身寄りのない子供たちを自分の子供として育てている。隣人のオビー(ダニエル・クレイグ)はかなりキレやすいタチで、子供たちの騒音にもうるさいが、意外とやさしいところもある。そんなミリーたちがロサンゼルス暴動に巻き込まれることに……。

 1992年に起きたロサンゼルス暴動のことはニュースで見ていた記憶はあるけれど、黒人と白人との間の対立という認識だった。実際に暴動のきっかけになったのは“ロドニー・キング事件”の理不尽な判決だからそれでも間違いではないのだが、ほかにも住民の間に不穏な空気を醸成した事件があったらしい。それが“ラターシャ・ハーリンズ射殺事件”。これは万引きを疑われた黒人の少女が、韓国系アメリカ人の店で店主に射殺されたというもの。黒人対白人というだけではない様々な人種の対立があったということらしい。
 とはいえ本作はそうした人種間の対立を問題化しようという意図ではなさそう。たとえば1967年に起きた「デトロイト暴動」を描いた『デトロイト』が黒人に同情的だったのとはちょっと趣きが異なるのだ。

『マイ・サンシャイン』 ハル・ベリー演じるミリーは身寄りのない子供たちを育てている。

 ロサンゼルス暴動では、黒人は虐げられて暴動を起こす側にいることになるわけだが、『マイ・サンシャイン』では調子に乗って悪さをしている黒人たちがいることも描かれている。同時にそれを諌めるジェシー(ラマー・ジョンソン)のような黒人もいる。他方で白人警官たちのかなり偏った正義感も見せつつも、暴動でてんてこ舞いの白人警官の大変さも描写されている。どこかにいる悪者を糾弾しようというものではないし、黒人対白人といったわかりやすい対立の話に落とし込もうというものでもないのだ。
 ロサンゼルス暴動はあくまで背景とでも言うかのように、ごく普通の人々が混乱のなかで右往左往する様子が描かれていく。印象に残るエピソードは黒人同士の嫉妬から来る諍いであり、暴動が直接的原因となったわけではない(混乱がそれを誘発したとしても)。さらにミリーの子供たちは略奪に参加してテレビ番組に登場したりもするし、ミリー本人は子供たちを助けるために暴動の只中に入っていくけれど、隣人オビーに助けられてロマンスっぽい雰囲気を醸し出すことに……。
 監督のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンはフランスのトルコ系というマイノリティであり、暴動が起きたロスの黒人たちに共感を抱いている部分はあるようだ。ただ、そんな黒人たちを虐げられる側としてだけではなく、混乱のなかでもずぶとく生きている現実的な人間として描いていると言えるかもしれない。ミリーの子供たちが万引きした食べ物でパーティーに興じる場面など、やっていることは褒められないけれどいかにも楽しそうなあたりに監督の想いが感じられるような気もした。

マイ・サンシャイン[Blu-ray]


マイ・サンシャイン[DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.12.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『裸足の季節』 じゃじゃ馬娘たちの闘い

 監督のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンはトルコ出身の女性。この作品がデビュー作だが、フランス代表としてアカデミー賞の外国語映画賞にまでノミネートされるほどの評価を獲得した。
 原題は「MUSTANG」で、「野生の馬」のこと。公式サイトの監督の発言によれば「溌剌として扱いにくい5人姉妹を象徴」しているとのこと。

デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 『裸足の季節』 ベッドの上でじゃれ合う5人姉妹。

 舞台は黒海沿岸のトルコの小さな村。5人姉妹は男の子たちと一緒になって学校帰りに海でじゃれ合って遊ぶ。それだけならよくある(かもしれない)青春の1ページなのだが、イスラム世界のトルコではそうしたことはあまり好ましくないこととされる。彼女たちを育ててくれた祖母は、はしたない真似をしたとして彼女たちを叱りつけ、姉妹は外出を禁じられて家に閉じ込められてしまう。
 それからその家は花嫁修業の場と化す。姉妹の両親が亡くなって以来、祖母を支えてきたのは、生きている間に5人を嫁にやるという想い。姉妹たちは上から順番に結婚を迫られることに……。

 トルコでは男尊女卑が当たり前の状態であるようだ。この映画でも食卓は男女が別々になっていたりもするし、男女が平等だとは考えられていない。普段は彼女たちに厳しい祖母だが、「傷物になったら結婚できない」として強権的に検査をさせるような叔父からは姉妹を守る立場でもある。叔父が姉妹たちに厳しく当たるときには、祖母は姉妹の側につく。叔父に禁止されていたサッカー観戦も、祖母の涙ぐましい奮闘によってバレずに命拾いしたわけで、祖母は姉妹たちの味方なのだ。
 しかし一方で祖母は古い因習から自由であるわけではない。女にとって結婚することが幸せという考えを当然のものとして押し付けるし、姉妹が「クソ色」と呼ぶ淀んだ色の衣装を強要したりもする。姉妹を閉じ込める家のなかでは祖母が有害と判断したパソコンや携帯電話は取り上げられ、同時に「民衆を導く自由の女神」の絵が捨てられるところからすると、トルコでは「自由」という考え自体もいかがわしいものなのかもしれない。

『裸足の季節』 5人姉妹を演じたのはほとんどが素人だったとか。

『裸足の季節』 次女セルマ(トゥーバ・スングルオウル)は結婚式当日になって涙を見せるのだが……。

 籠の鳥となってしまった5人姉妹だが、それまでは祖母に隠れて楽しんでいた部分もあるようだ。姉妹たちの制服の着こなしはちょっと不良っぽくも見えるし、みんなが腰にまで届くような長い髪をなびかせている。イスラム世界の戒律も国によって違うのだろうと推測するのだけれど、たとえば女性が肌を一切見せなかったイラン映画の『カンダハール』とか、女性にとっては生きづらい社会だろうと思わせたサウジアラビア映画の『少女は自転車にのって』などと比べると、この作品の舞台であるトルコは比較的自由に見える(そもそもあまり宗教的なものを感じさせない)。
 長女ソナイ(イライダ・アクドアン)は駄々をこねて好きな男性と結婚することになるのだけれど、その彼氏とは後ろでしているから未だに処女のままと言ってみせるのにはちょっとビックリする。特に前半はソフィア・コッポラ『ヴァージン・スーサイズ』を想起させる少女趣味なイメージなのだけれど、ところどころにえげつないものをさらりと放り込んでいるのがおもしろい。
 主役でありナレーターでもあるのは末娘のラーレ(ギュネシ・シェンソイ)。姉たちが体験するシビアな現実を目の当たりにしてラーレが起こす行動は希望を感じさせる。ラーレが過去を振り返るようにして挟むナレーションがあるからか、5人が揃ってベッドのなかでじゃれ合っていたころを想い出させ、どことなく物悲しさも残る作品だった。

裸足の季節 [Blu-ray]


裸足の季節 [DVD]



カンダハール [DVD]


少女は自転車にのって [DVD]


ヴァージン・スーサイズ [DVD]


Date: 2016.06.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR