FC2ブログ

『マイ・サンシャイン』 暴動のなかにも楽しさあり?

 『裸足の季節』デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督の最新作。
 原題は「Kings」。これは“王様たち”を意味するわけではなく、作品中で何度も映像が引用される“ロドニー・キング事件”から採られているらしい。

デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 『マイ・サンシャイン』元ボンド・ガールのハル・ベリーと、現007のダニエル・クレイグの共演。


 ロサンゼルス暴動に巻き込まれることになるごく普通の人たちの物語。主人公のミリー(ハル・ベリー)は身寄りのない子供たちを自分の子供として育てている。隣人のオビー(ダニエル・クレイグ)はかなりキレやすいタチで、子供たちの騒音にもうるさいが、意外とやさしいところもある。そんなミリーたちがロサンゼルス暴動に巻き込まれることに……。

 1992年に起きたロサンゼルス暴動のことはニュースで見ていた記憶はあるけれど、黒人と白人との間の対立という認識だった。実際に暴動のきっかけになったのは“ロドニー・キング事件”の理不尽な判決だからそれでも間違いではないのだが、ほかにも住民の間に不穏な空気を醸成した事件があったらしい。それが“ラターシャ・ハーリンズ射殺事件”。これは万引きを疑われた黒人の少女が、韓国系アメリカ人の店で店主に射殺されたというもの。黒人対白人というだけではない様々な人種の対立があったということらしい。
 とはいえ本作はそうした人種間の対立を問題化しようという意図ではなさそう。たとえば1967年に起きた「デトロイト暴動」を描いた『デトロイト』が黒人に同情的だったのとはちょっと趣きが異なるのだ。

『マイ・サンシャイン』 ハル・ベリー演じるミリーは身寄りのない子供たちを育てている。

 ロサンゼルス暴動では、黒人は虐げられて暴動を起こす側にいることになるわけだが、『マイ・サンシャイン』では調子に乗って悪さをしている黒人たちがいることも描かれている。同時にそれを諌めるジェシー(ラマー・ジョンソン)のような黒人もいる。他方で白人警官たちのかなり偏った正義感も見せつつも、暴動でてんてこ舞いの白人警官の大変さも描写されている。どこかにいる悪者を糾弾しようというものではないし、黒人対白人といったわかりやすい対立の話に落とし込もうというものでもないのだ。
 ロサンゼルス暴動はあくまで背景とでも言うかのように、ごく普通の人々が混乱のなかで右往左往する様子が描かれていく。印象に残るエピソードは黒人同士の嫉妬から来る諍いであり、暴動が直接的原因となったわけではない(混乱がそれを誘発したとしても)。さらにミリーの子供たちは略奪に参加してテレビ番組に登場したりもするし、ミリー本人は子供たちを助けるために暴動の只中に入っていくけれど、隣人オビーに助けられてロマンスっぽい雰囲気を醸し出すことに……。
 監督のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンはフランスのトルコ系というマイノリティであり、暴動が起きたロスの黒人たちに共感を抱いている部分はあるようだ。ただ、そんな黒人たちを虐げられる側としてだけではなく、混乱のなかでもずぶとく生きている現実的な人間として描いていると言えるかもしれない。ミリーの子供たちが万引きした食べ物でパーティーに興じる場面など、やっていることは褒められないけれどいかにも楽しそうなあたりに監督の想いが感じられるような気もした。

マイ・サンシャイン[Blu-ray]


マイ・サンシャイン[DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.12.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『ローガン・ラッキー』 この作品で強盗に遭ったのはあなただけ?

 『サイド・エフェクト』(2013年)を最後に引退と謳っていたスティーヴン・ソダーバーグの復帰作。
 脚本は、この作品が最初の脚本だというレベッカ・ブラント

スティーヴン・ソダーバーグ 『ローガン・ラッキー』 ダニエル・クレイグ、ライリー・キーオ、チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァーのローガン一味を演じる出演者たち。

 ソダーバーグが引退した理由は作品のすべてをコントロールできるような環境ではなかったかららしいのだが、今回のカムバック作品は自分の会社などを設立して自分のやり方で映画を撮ることができるようになったようで、それだからかはわからないけれどとてもご機嫌な作品に仕上がっている。
 都会的でシャレている『オーシャンズ11』シリーズとは対照的に、田舎者で野暮ったい登場人物ばかりの『ローガン・ラッキー』。オーシャンたちがプロの犯罪集団だったのに対して、ローガン一味の面々は言ってみれば社会の落ちこぼれ組。そんな面々がNASCARレースの売上金を盗もうと画策するのだけれど、計画は杜撰であちこちでマヌケさを見せるのだが……。

 ジミー(チャニング・テイタム)はアメフトの有望選手だったけれど、ケガでリタイアして建設現場で働いている。弟のクライド(アダム・ドライヴァー)はイラクで片腕(ではなく片手?)を失くして帰還した。金庫破りのジョー・バング(ダニエル・クレイグ)のふたりの弟はとても頭が悪そうだけれど、倫理的に間違っているから犯罪には加担しないと言ってのける(変な理由で義憤に駆られたのか結局に参加することになるのもアホっぽい)。みんな愛国者であり、人がいい奴ばかりなのだ。だからやっていることは犯罪でも痛快なのだ。
 しかもこの事件で損をしたのは誰もいない。カーレースの運営会社は保険会社から被害額以上の金を受け取っているかもしれないし、ローガンたちは欲張らずにそれなりに再スタートが切れるほどの金をせしめたらしいし、協力者たちにもそれなりの謝礼金が届けられる。エンドロールで「この作品で強盗に遭ったのはあなただけ」といった言葉が示されるのも粋だった。
 ジミーの娘が「カントリー・ロード」を歌うシーンが泣かせるのだけれど、懐かしい場所に帰ってきたソダーバーグの心情が反映されているようにも感じられた。
スティーヴン・ソダーバーグの作品
Date: 2017.11.25 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR