FC2ブログ

『アマンダと僕』 エルヴィスはもうこの建物を出ました

 監督のミカエル・アースにとっては第3作目の作品とのこと。ちなみに第2作目の『サマーフィーリング』も公開予定。
 第31回東京国際映画祭の東京グランプリと最優秀脚本賞を受賞した作品。

ミカエル・アース 『アマンダと僕』 ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は姪のアマンダ(イゾール・ミュルトリエ)の面倒を見ることに。


 ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は姉ととても仲がよく、別々に暮らしてはいるものの頻繁に会っている。その姉が突然亡くなってしまい、遺されたのは7歳の姪アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)。ダヴィッド自身も姉の死を受け入れることができないまま、アマンダの面倒を見ることにもなり……。

 予告編を見ていたので姉が死ぬことは知ってはいたのだが、その死がテロによるものとだとわかってちょっとビックリした。『アマンダと僕』は何気ない日常の風景ばかりを描いていて、テロが起きる予兆もほとんど感じられないからだ。
 そして、テロ事件そのものの描写もなく、事件後に傷ついた人を映す程度に留まっている。劇中のニュースではイスラム過激派のことにも触れられたりもするが、それ以上テロの原因や犯人像などを描くこともない。
 本作はテロに対する恐怖や怒りよりも、親しい人を唐突に喪ったことに対する普遍的とも言える感情のほうにフォーカスしていく。ことさらにテロの被害者ということを前面に押し出すことになれば、『女は二度決断する』のように復讐の連鎖を生むことになってしまうわけで、それを超えたもっと前向きな話になっている。

『アマンダと僕』 レナを演じたステイシー・マーティンがとても魅力的。

 この映画で初めて知ったのだが、「Elvis has left the building.」というのは英語では慣用句になっているのだとか。この言葉は英語の先生をしていたダヴィッドの姉サンドリーヌ(オフェリア・コルプ)がアマンダに教えたもの。人気者だったエルヴィスは熱狂的なファンも多く、ファンはライヴが終わってもエルヴィス見たさに会場から帰ろうとしない。そんなときのマイクで呼びかけられたのがこの言葉。「エルヴィスはもうこの建物を出ました」、つまりは「(エルヴィスに会いたくても)もう希望はありません」といった意味で使われるのだとか。
 本作では最後にそれは否定され、希望はあるんだということが謳われることになる。テロ事件の被害者であるアマンダとダヴィッドだが、それに負けることはなくパリの暮らしに戻っていくところにメッセージが込められているのだろう。
 仲のいい姉サンドリーヌとダヴィッドのふたりでの自転車の並走が、ふたりの幸せな時をよく示していて『少年と自転車』を思い出した。後半では悲しみを乗り越えたダヴィッドとアマンダのふたりが自転車で並走することになる。ふたりが並んで自転車を走らすという構図は、それだけでどことなく幸福な一場面と思えるから不思議だ。

 アマンダを演じたイゾール・ミュルトリエがとてもかわいらしい。ちょっとぽっちゃりでシュークリームが大好き。遅刻しそうになっても走りながらもパンをかじっているという食いしん坊ぶりがいい。
 それ以上の見どころは思えたのは、レナを演じたステイシー・マーティン『グッバイ・ゴダール!』もよかった)。役柄としてはあまり重要ではないかもしれないのだがとても魅力的だった。そう言えば、ダヴィッドが突然の悲しみに襲われるのはレナが田舎に帰ってしまってからのことで、支えてくれる人が居なくなると人間は弱いのかもしれない。だからこそダヴィッドはアマンダを支える気になったのかも……。
スポンサーサイト



Date: 2019.06.28 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『グッバイ・ゴダール!』 ゴダールも妻から見ればただの男

 監督・脚本は『アーティスト』ミシェル・アザナヴィシウス
 原作は、ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説。アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝と謳いつつも、この映画は彼女の目を通したゴダールが描かれていくことになる。

ミシェル・アザナヴィシウス 『グッバイ・ゴダール』 ゴダールを演じるルイ・ガレルと、アンヌ・ヴィアゼムスキー役のステイシー・マーティン。

 『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』などでヌーベルバーグの旗手なったジャン=リュック・ゴダール。ゴダールがアンヌ・ヴィアゼムスキーと結婚していたのは、商業映画とは別の方向性を模索していた時代。
 この時期、フランスでは5月革命などと呼ばれた出来事が起き、世界的にも反体制運動が盛り上がっていた。日本では学生運動が最後の盛り上がりを見せた時期として記憶されている。ゴダールはそんな時代のなかで商業映画など撮ってはいられないと考えたのか、政治的な作品へと移行していく。
 ただ、この作品はそうした事実をもとにしつつもコメディ作品に仕上がっている。ゴダール(ルイ・ガレル)は再三再四眼鏡を壊されるドタバタを演じることになるし、アンヌ(ステイシー・マーティン)はゴダールとヌードの必要性について論じながらまったく不必要なオールヌード姿を披露することになる。そんなわけでゴダールを知らなくてもそれなりに楽しめる作品となっていたと思う。もちろんゴダール作品に対するオマージュにも溢れているし、無声映画『裁かるるジャンヌ』にふたりの台詞を重ねたてみたりといった映像と音のコラージュもゴダールのそれを意識しているのだろう。

『グッバイ・ゴダール』 『勝手にしやがれ』っぽい? ステイシー・マーティンがとてもかわいらしくアンヌを演じる。

 ゴダールは「政治映画を撮る」のでなく「映画を政治的に撮る」のだと言っていたのだとか……。なかなか含意のありそうな言葉で映画評論家ならここから様々な論を組み立てることもできるのかもしれないのだけれど、凡人にとっては煙に巻かれたような気にもなる言葉でもある。本作でもゴダールは若者たちの集会で革命について訴えかけるけれど、その言葉は若者たちには通じてはいなかったようだ。道化のようにも見えるゴダールだが、本作に登場するゴダールはアンヌ・ヴィアゼムスキーが見たゴダールということになるからかもしれない。
 アンヌは哲学科の学生でもあり、ノーベル文学賞を受賞したフランソワ・モーリアックの孫という由緒正しい家柄とはいえ、その当時は19歳の女の子である。難しい政治の話よりファッションのほうに興味があるわけで、政治のほうに傾斜していくゴダールとは離れていくことになるのは当然だったのかもしれない。
 時代の寵児として騒がれたゴダールも妻から見ればただの男。才能には溢れているけれど、ちょっとお騒がせで困った男でもあるのだ。しかも嫉妬に駆られたのか自殺未遂騒動まで引き起こすことに……。ゴダールの神話は多いけれど、本作はそんな映画作家を描くというよりは、ひとりの男の悲喜劇を描いた作品ということなのだろう。

 ゴダールを演じたルイ・ガレルは薄くなった頭髪まで再現してゴダールっぽく成りきっている。一方で、アンヌ・ヴィアゼムスキーが主演した『中国女』ステイシー・マーティンによって再現されているけれど、特段本人に似せようとは思っていないようで髪形すら合っていない。何となくゴダールの最初の妻アンナ・カリーナのほうに似ているようにも思えた。とは言うもののステイシー・マーティンはゴダールのミューズとしての魅力はとてもよく体現していたんじゃないだろうか。アブノーマルな女の子を演じた『ニンフォマニアック』のときとは違って、どちらかと言えば等身大の女の子をハツラツと演じているのが印象的だった。

グッバイ・ゴダール [DVD]


Date: 2018.07.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『ニンフォマニアックVol. 1』 ラース・フォン・トリアーの悪い冗談?

 ラース・フォン・トリアー監督の最新作。今回公開となったVol. 1に引き続き、来月にはVol. 2が控えている。全8章の物語で、Vol. 1は第5章まで。「ニンフォマニアック」とは“色情狂”のこと。
 出演はシャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフなど。

ラース・フォン・トリアー 『ニンフォマニアック』 クセのある出演陣。


 物語の語り手であるジョー(シャルロット・ゲンスブール)は、ある夜、狭い街路で倒れているところをセリグマン(ステラン・スカルスガルド)という初老の男に助けられる。セリグマンはジョーを介抱し、ようやく話をできる程度に回復したジョーは、自身のこれまでについて語り始める。

 ジョーは性的なものに囚われている女性だ。幼いころにそれに気づき、女友達と一緒に快楽なのかよくわからない性的遍歴を重ねていく。性的遍歴と記したが、第1章から第5章までのVol. 1では、第2章「ジェローム」では愛について語られたり、第4章「せん妄」では父親の死が描かれたりもする。そして、第3章「H夫人」では、H氏とその夫人(ユマ・サーマン)と別のセックスフレンドまで交えた修羅場が、喜劇として描かれる。そんな意味でこの映画はジョーの半生そのものを辿っている。
 性的遍歴という言葉が一番適しているのは、第1章「釣魚大全」である。幼いころの他愛ない性的な遊びから始まり、ジェローム(シャイア・ラブーフ)との素っ気ない処女喪失を経て、旅客車での男漁りの旅が描かれる。(*1)そうした遍歴を「釣魚大全」と名づけるのは聞き手のセリグマンである。プレイボーイのことを漁色家などと言うように、ジョーがやっていることは多くの魚(=男)を獲得することだからだ。聞き手のセリグマンはこんなふうに博識でもってジョーの体験を解釈していく。

 『ニンフォマニアック』 ジョーたちは旅客車で男漁りのゲームに興じる。

 聞き手であるセリグマンは神を信じないユダヤ人である。道端に倒れているジョーを助け、話を聞いてやる親切な人物ではあるが、その告白が彼女にとっては罪の告白と同じであるにも関わらず、「罪の意識なんて共感できないものをなぜ持ち出すのか?」といった具合で、教会での懺悔とはちょっと異なる。そんなのは文学の世界にはありふれていると挑発するようでもある。
 実はセリグマンはおもしろがっているのだ。語り手のジョーは聞き手が眉をひそめ説教をしてくれることを期待していたわけで、調子が狂ったかもしれない。もしかすると処女喪失と、愛について語るときと、最後に不感症に陥るとき、その相手が偶然に導かれるようにジェロームという男になっているのは、セリグマンの挑発に乗ったジョーの脚色なのかもしれない。

 そんなわけでセリグマンはジョーの告白を比喩として置き換えていく。旅客車での男漁りは「釣魚大全」、初体験時のピストン運動の回数は「フィボナッチ数」、性的遍歴のなかの特徴的な3人の男はオルガンの和音(第5章「リトル・オルガン・スクール」)に喩えられる。全篇、比喩に満ちているのだ。ポスターにデザインされた題名「NYMPH()MANIAC」の真ん中にある穴は女性器をイメージしているのだろうし、冒頭で暗闇のなかに響く水の音も性的なものを感じさせる。
 たとえば壇蜜主演・石井隆監督『甘い鞭』では、女子高校生が監禁された部屋のひび割れた壁から水が染み出ていた。この『ニンフォマニアックVol. 1』では、壁の割れ目から水が音を立てて漏れ出している(父親の死の際もそうだった)。これはジョーが告白に入る前であり、本番前の前戯みたいな場面だが、その段階ですでにビショビショに濡れているということなのだろう。言うまでもなくこれは悪い冗談だ。
 観客を鬱々とさせずにはおかないラース・フォン・トリアーにおいてはめずらしいことだが、この映画は喜劇的な要素が多い。ただそうした比喩が単に聞き手がおもしろがっているだけで冗長な部分があることは否めないのだけれど、Vol. 2もあることだし、そちらを楽しみに待ちたいと思う。
 Vol. 1では、ジョーの不感症という苦難を提示したところで終わるわけで、多分これからが本番というところではないだろうか。まだウィレム・デフォーウド・キアも顔を見せていないわけだし、語り手のジョーを演じたシャルロット・ゲンスブールも顔に青あざを作ったままでいいところがなかったわけだから……。

(*1) ちなみに若いジョーはステイシー・マーティンが演じており、語り手のシャルロット・ゲンスブールの濡れ場はVol. 2らしい。その意味でVol. 1の主役はステイシー・マーティンである。それにしてもボカシはなんとかならなかったのだろうかと思う。ジョーが体験する白いモノ、黄色いモノ、黒いモノ、割礼したモノ。そうしたイチモツがもやの向こうにあっては、冗談も台無しである。

ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [Blu-ray]


ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [DVD]


ラース・フォン・トリアーの作品
Date: 2014.10.18 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR