『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 今、言っとかないと

 『リンカーン』『ブリッジ・オブ・スパイ』などのスティーヴン・スピルバーグの最新作。
 原題は「THE POST」

スティーヴン・スピルバーグ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)とキャサリン(メリル・ストリープ)。やっぱりうまいふたりは初共演だとか。

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンをはじめとして、日本のガンダムとか様々なキャラが賑やかに登場し、おもちゃ箱をひっくり返したような映画になりそうな『レディ・プレイヤー1』が4月20日から公開となるスピルバーグ。それとほとんど同時にアメリカの歴史を振り返る硬派な『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』も公開となった。
 この2作品が同時期の公開となったのは、トランプ政権となり大手メディアが「フェイクニュース」などと呼ばれる異常事態に対する、スピルバーグの返答ということらしい。スピルバーグは『レディ・プレイヤー1』をちょっと脇に寄せてまでこの作品を公開し、早急にメッセージを発したかったのだ。
 “ペンタゴン・ペーパーズ”とは、ベトナム戦争には勝ち目がないという分析がなされた極秘の報告書のこと。アメリカ政府は勝ち目がない戦争と知りながらもそれを続け、若者たちを戦場へ送り出していたということになる。この映画では、その文書を巡ってのワシントン・ポスト紙とニクソン政権との闘いが描かれる。この映画は最後に『大統領の陰謀』で描かれた「ウォーターゲート事件」へとつながっていくことになるけれど、その事件で主役となるニクソン大統領の姿は、そのまま現大統領の姿に重なってくることになる。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 キャサリンは“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を知っていたマクナマラ(ブルース・グリーンウッド)とは親しい仲だったため、彼女の仕事が友人を窮地に追いやることになってしまう。

 中心となる人物は編集主幹のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)と、その雇い主である社主のキャサリン(メリル・ストリープ)。ベンは常にスクープ記事を狙っているやり手の編集者。一方でキャサリンは夫の自殺によって、無理やり担ぎ出されたお飾りの女社長という立場。それでも最終的な決定権はキャサリンにあり、彼女は難しい判断を任されることになる。
 多分、ベンだけに焦点を当てていたならば、それほどドラマチックな物語にはならなかったのだろう。ベンはどちらかと言えば「行け行けドンドン」というタイプだから。しかしキャサリンの視点が入ることで、様々な葛藤がある物語となっている。社会派の作品でありながら、エンターテインメントとしての見せ場もあるのだ。キャサリンは株式公開した会社を守るべき責務と、報道の自由との間で揺れ動くことになる。
 キャサリンの取り巻きの役員連中の男性たちは、それなりに真っ当な考え方をしているのだろうと思う。その分、保守的で何かを変えるということは難しい。ベンですら、かつてケネディと親しかった時代を懐かしみつつ、「今後はそれではダメだ」と自分に言い聞かせるようにしている。
 ベトナム戦争をずるずると続けた理由も、「敗戦という不名誉」を避けるためだとも説明されているのだけれど、これもいかにも男が考えそうな理屈である。そんな凝り固まった男社会をキャサリンはブレークスルーする。報道のあるべき姿は政権にすり寄ることではないと判断し、国民にとって利益をもたらすであろう“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開することを選ぶのだ。

 報道の自由はアメリカでは合衆国憲法修正第1条として定められている。報道機関が仕えるべきは国民であって、統治者ではない。そんな理念が共有されているからだろうか、この作品で描かれる顛末はベンやキャサリンだけの力ではなく、多く人の信念に基づいた行動があって成り立っている。
 文書を盗み出したランド研究所のエルズバーグがいて、それを最初の記事にしたニューヨーク・タイムズ社の記者たちがいて、エルズバーグの存在を捜しだし文書を入手した記者がいた。そんな彼らの行動があってこそ、ワシントン・ポスト紙が大きな仕事を成し遂げることができたのだ。
 どこかの国ではお上の顔をうかがって忖度してみたりとか、組織を守るために文書を隠してみたりとか何でもありといった感じで、理念も何もあったもんじゃない。「アメリカ万歳」とは思わないけれど、自分のところが褒められたものではないのは確かという気はする。

大統領の陰謀 [Blu-ray]


大統領の陰謀 [DVD]



スティーヴン・スピルバーグの作品
スポンサーサイト
Date: 2018.04.05 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (7)

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 プップクプーを飲んでプリプリプーを

 スティーヴン・スピルバーグの最新作。
 原作はロアルド・ダール『オ・ヤサシ巨人BFG』
 『ブリッジ・オブ・スパイ』では信念を持つスパイを演じてアカデミー賞助演男優賞を獲得したマーク・ライアンスが表情豊かにBFGを演じている。

スティーヴン・スピルバーグ 『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 何だか『E.T.』の名場面を思わせないでもない。


 孤児院に暮らすソフィー(ルビー・バーンヒル)は不眠症で、夜中にこっそり本を読んでいると、外の物音に気づく。そこには見たこともないような巨人がいる。それを目撃してしまったソフィーは巨人たちの国へと連れ去られてしまうのだが……。

 この映画は脚本を担当したメリッサ・マシスンに捧げられている。メリッサ・マシスンはあの『E.T.』の脚本を書いた人物で、この作品もソフィーという10歳の少女と巨人(人間とは違う生き物)との出会いを描いている。
 ソフィーをさらったBFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)は巨人たちの秘密を守るために目撃者であるソフィーをさらったのだが、意外にも心根はやさしい。巨人たちの国にはBFG以外にも個性豊かな巨人たちがいる。この巨人たちは人間を丸呑みして食べてしまうような粗暴な輩で、巨人たちのなかでは小さいBFGは彼らにいじめられている。ソフィーは巨人たちが人間狩りを始めることを知り、ある人物の助けを借りることをBFGに提案する。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 中央のチビがBFG。ほかの巨人はかなりデカくてなかなか個性豊か。

 ハラハラドキドキのスリルはほどほどだし、『E.T.』のような感動の涙もないけれど、ナンセンスな楽しさがある映画だった。そもそも「ビッグなジャイアント」というのは冗長だろうし、BFGは巨人たちの間では一番小さくて「チビ」などと呼ばれている。ほかの巨人たちの名前はニクスキー(英語名:ブッチャーボーイ)とか、チダラリン(ブラッドボトラー)とか、ダラリー(ミートドリッパー)などとダジャレっぽい。
 巨人たちにとっておいしい食べ物であるソフィーが「人間豆」と呼ばれているのは「human being」が間違って「human bean」になってしまったものらしい。この映画にはそうした言葉遊びみたいなものがいっぱいあるようだ(ネイティブだったらもっとおもしろいのかもしれない)。BFGは言葉を教わる機会がなかったらしく、しょっちゅう「言いまつがい」をしてソフィーに指摘されてばかりいるというのもおかしい。
 ソフィーが助けを借りることになるのは女王で、その客人であるBFGへの女王のおもてなしの場面がとても楽しい。人間界への危機が迫っているかもしれないのに、意外にのんきに豪華な朝食を食べているのも妙なのだけれど、みんなで“プップクプー(巨人国の炭酸)”を飲んで“プリプリプー(おなら)”を連発するというナンセンスが見所だろうか。ここでは女王やその飼い犬たちもマナー違反をやらかすことになるわけだけれど、しっかり者のソフィーは失敗からは逃れて澄ました顔をしていたような……。
 ラストで巨人の国と人間界と離れて暮らすことになるBFGとソフィーだが、BFGにはアリンコの話し声も聞こえるほどの聴力があり、ふたりは離れていても通じ合っている。ちょっと心温まる終わり方だった。BFGの主食である「おばけきゅうり」はゲテモノで、ゴーヤーはしばらく食べたくなくなるかもしれない。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [DVD]


BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]



オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)


Date: 2016.09.22 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『ブリッジ・オブ・スパイ』 冷戦時代の知られざるヒーロー

 スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作。前作『リンカーン』と同じように歴史的な出来事を題材としている。また、脚本にはコーエン兄弟も名前を連ねている。

スティーヴン・スピルバーグ 『ブリッジ・オブ・スパイ』 ルドルフ・アベル(マーク・ライアンス)とジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)。ソ連のスパイを演じたマーク・ライアンスがとてもよい。


 冷戦時代、アメリカとソ連は互いに核兵器で威嚇し合って身動きがとれない状態。そんなときに暗躍していたのがそれぞれのスパイたちだった。優秀な弁護士であるジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は保険分野を専門に扱っていたが、彼に持ちかけられたのがソ連側のスパイを弁護するという仕事だった。

 アメリカの弁護士がソ連のスパイを弁護するのは、アメリカという国の素晴らしさを世界へ向けてアピールするためだ。スパイとして捕えられた者であっても、アメリカであるならば正当な権利が得られる。ソ連のような共産主義よりも、自分たちの資本主義のほうが優れている。そんなアピールによって勢力争いを優位に進めようと画策していたわけだ。
 ただ、国というものが常に一枚岩の結束があるわけではない。ほかの考えの人も当然存在する。というよりも大半は「スパイなど殺してしまえ」という立場だ。ドノバンは弁護士事務所の上司に請われてその仕事を受けることになるが、家族は反対する。敵国ソ連の弁護をするということは、アメリカ人からすれば裏切り者に見えるわけで、家族の心配は的中しドノバンは国中の嫌われ者になる。
 実際に仕事を始めたものの、敵国のスパイを弁護するのは大変なこと。陪審員によって有罪は決定し、あとは裁判官の決定による量刑だが、ドノバンはそこで策を弄する。スパイを殺してしまうよりも、アメリカ人が敵国につかまったときの切り札として生かしておいたほうが国益になると裁判官を誘導する。その勘は当たり、スパイはソ連の捕虜とされていた男との交換に使われることになる。さらに東ドイツに捕われている学生の問題も持ち上がり、アメリカを代表した形になるドノバンはソ連と東ドイツの2カ国を相手に交渉をすることになる。

『ブリッジ・オブ・スパイ』 築かれたばかりのベルリンの壁。ドノバンはたったひとりでソ連と東ドイツとの交渉に。

 50年代のブルックリンとか、東ドイツがベルリンに壁を建設する場面など、限りなくリアルに撮られている(撮影はヤヌス・カミンスキー)。CGではあそこまでリアルな質感にはならないはずで、実際に街を作り上げているものと思われ、そのあたりはとても丁寧でほかの追随を許さないほどの出来栄えだった。
 そんなリアルな映画のなかで嘘くさいものと言えば、主人公ドノバンの存在そのものであって、彼がなぜあそこまで“不屈の男”であり得るのかは信じられないくらいだった。でもドノバンは実在の人物であり、彼が成した功績に嘘偽りはないはず。ドノバンは普通の人には信じられないくらいの信念の持ち主だったということなのだろう。
 ドノバンはなぜ弁護士としての職業倫理に忠実なのだろうか。CIAとのやりとりのなかで移民の集まりであるアメリカでは、憲法を守ることこそがアメリカ人をアメリカ人たらしめるものだと演説をぶっている。しかし、それを言葉通り守ることはなかなかできることではない。家族を危険に曝しても、あるいは国や会社の利益よりも、もっと大事なものがあるということなのだろう。それは職業倫理といったものを超えた何かであり、それが憲法の示す理念なのかもしれない。
 この『ブリッジ・オブ・スパイ』にはほかにも強固な信念を持つ人間がいて、それはソ連側のスパイとしてアメリカに捕えられるルドルフ・アベル(マーク・ライアンス)だ。アベルもソ連を売ることはしない。スパイは捕まったら殺されるのが当然というあきらめなのか、職業倫理によるものなのかはわからないけれど、どんな状況に置かれてもうろたえることがない。ドノバンに繰り返し「不安に感じないのか」と訊ねられても、アベルの答えは毎度「何かの役に立つか?」というもので、強がっているわけでもなく飄々としているのだ。そんな意味ではふたりはほとんど超人的な存在に見えた。
 2時間半ほどを一気に見せてしまう作品はさすがスピルバーグというところなのかもしれないが、ドノバンにしてもアデルにしてもヒーロー然としているようにも見え、アベルがプレゼントしたドノバンの肖像画のように美化された部分があるんじゃないかとも思ってしまう。

(*1) 町山智浩はこの作品と『リンカーン』『アミスタッド』を合わせてスピルバーグの弁護士三部作だと指摘している。リンカーンにしても『アミスタッド』のジョン・アダムズにしても弁護士出身の大統領だからその仕事ぶりを理解できなくもないのだが……。

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


リンカーン [Blu-ray]



リンカーン [DVD]



アミスタッド [Blu-ray]



アミスタッド [DVD]


Date: 2016.01.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (14)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR