FC2ブログ

『ある少年の告白』 変われないなら「フリをしろ」

 『ザ・ギフト』で監督デビューしたジョエル・エドガートンの監督第2作目。
 原題は「Boy Erased」
 原作はガラルド・コンリーの書いたベストセラー小説だが、邦訳は出ていないとのこと。

 舞台となるのは同性愛者の矯正施設。ここでは外部との接触を絶たれ、治療内容について語ることも禁じられる。実際の治療方法は根性論のようなもので、戸塚ヨットスクールのごとくスパルタ式に主人公ジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)を追いつめていくのだが……。

 ※以下、ネタバレもあり!

ジョエル・エドガートン 『ある少年の告白』 ジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は同性愛者の矯正施設に送られることに。

 本作ではジャレッドの過去を振り返りつつ、矯正施設の真実を暴くことになる。確かにこの矯正施設は異常だが、そこは社会のある部分が濃縮されたような場所でもある。
 監督でもあるジョエル・エドガートン演じる施設長サイクスも、実は同性愛者であることが最後に明らかになる。サイクス自身も社会で苦しんだ側だったのだろう。その苦しみを取り除くために、「同性愛は異常である」という誤った考え(嘘)を信じようとしたのかもしれない。そして、年長者の温情として、それを若者にも押し付けようとするのだ(本人はそれが救済になると信じている)。
 だからサイクスの教えの核心にあるのは、変われないなら「フリをしろ」ということだ。グザヴィエ・ドラン演じるジョンも、そうした嘘に付き合うことをジャレッドに勧める。施設の内部ではもちろんのこと、社会に出たとしても、生きてゆくためには嘘が必要なのだ。
 しかしジャレッドは、「王様は裸だ(同性愛は異常じゃない)」とぶちまけてしまう。嘘で固められた施設内では仰天だが、外の社会では誰もが知っていることなのだ。それでも、ジャレッドを診察した医者が、「同性愛は病気ではない」という事実を彼の両親に告げることをしなかったことからもわかるように、その嘘を信じている人にとってはそれが強固な信念となっているのだろう。
 たまたまジャレッドが施設から抜け出せたのは、母親(ニコール・キッドマン)が真っ当だったから(その母親も最初は夫に従おうとするのだが)。ジャレッド以外の施設の少年たちは、矯正施設を抜け出したとしても、両親によってまた施設に連れ戻されるのだろう。だからキャメロンのような犠牲者も出ることになる。
 施設の塀のなかと、その外に広がる社会。その施設が成り立つのは、社会の一部がそれを求めているからで、「同性愛は異常である」という嘘が施設の外でもまかり通っているのも当然のことなのだ。

 本作ではジャレッドが同性愛者であることを受け入れるところまでが中心となっている。しかし、ジャレッドが置かれたような状況では、その先に周囲(特に家族)がその事実を受け止めるという段階があるように思える(施設と社会の関係と同様に)。
 だからジャレッドが牧師である父親(ラッセル・クロウ)を罵倒しただけで終わってしまったのは片手落ちのようにも感じられた。ジャレッドの怒りは正当なものではあるけれど、「産めよ、増えよ、地に満ちよ」という聖書の言葉を信じてきた牧師にとって、その信念を変えるのはなかなか厄介なことのように思え、ジャレッドと父親のその先のことのほうが心配になってしまったのだ。

ある少年の告白 ブルーレイ DVD [Blu-ray]


スポンサーサイト



Date: 2019.04.27 Category: 外国映画 Comments (9) Trackbacks (2)

『ザ・ギフト』 やってはいけないことをやってしまう男

 『ブラック・スキャンダル』でも役者としていい味を出していたジョエル・エドガートンの監督としてデビュー作。
 ジョエル・エドガートンは『奪還者』や現在公開中の『ジェーン』(ナタリー・ポートマン主演)の脚本も手がけているらしくなかなかの才人である。

ジョエル・エドガートン 『ザ・ギフト』 サイモンとロビンの夫妻を見つめるゴード(ジョエル・エドガートン)。


 サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)はサイモンの故郷に戻り新居を構える。久しぶりに戻った故郷でサイモンとロビンはサイモンの同級生と名乗るゴード(ジョエル・エドガートン)と出会う。その場は社交辞令的にあいさつを交わしたものの、サイモンはゴードのことをよく覚えていない。しかし、ゴードはサイモンの新居に贈り物を届けるようになり……。

 ゴードの贈り物攻撃はそれだけでも不気味である。贈り物には必ず返礼がなされなければならないということは社会において根本的なものだからで、ゴードは贈り物の見返りに何を求めているのだろうかということが気になってくる。
 『ザ・ギフト』は典型的なサイコスリラーといった感じで始まる作品で、こうした作品では後半になるとモンスターが馬脚を露わして暴れ出しという展開になりそうなものだが、そんなふうには進まないのがうまいところ。エドガートン監督自身が手がけた脚本がよくできていて、結末には「なるほど」と唸ることになるだろうと思う。

『ザ・ギフト』 サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)は新居に引っ越してくるのだが……。

 ゴードは迷惑な隣人であることは確かなのだが、それに対するロビンの神経質な反応もちょっと過敏でもある。ロビンの強迫観念がゴードをモンスターだと思い込ませているのかとも思わせる(ロビンはびくついていて物音などにも過剰に反応するものの、結局はほとんど何も起きない)。
 そんな強迫的なロビンの調査が見出すのは、旦那であるサイモンのほうがモンスターであったという事実だ。サイモンは人を蹴落としてでものし上がろうとする人間で、現在の仕事でも他人を追い落とすことで成功を勝ち取ろうとしている。ゴードはサイモンから酷い仕打ちを受け、人生を棒に振ったと考えているのだ。
 しかしサイモンがモンスターだと判明しただけでは終わらない。実は最後の贈り物はすでに仕掛けられているのだが、観客はもちろんのことサイモンもロビンもそれを知らない。

 ゴードは最初にサイモンに接触したときに聖書の言葉を示している。「彼は穴を掘って、それを深くし、おのれの作った穴に落ち込む」というもので、言ってみれば自業自得ということだろう。それでもそう言いつつもゴードは悔い改める機会をも与えている。ゴードが「いいことは悪いことから生まれる」という意味不明な言葉をサイモンに投げかけていたのは、過去にいじめはあったけれどサイモンが態度を改めゴードに謝罪するならば許すということだったのだろう。しかしサイモンはそれを無視することになる。
 ゴードがやったことは一番やってはいけないことのように見えて、実は何もしていないという意味ではスマートだった(不法侵入とかはしているけれど)。それでも最後の贈り物を受け取ったサイモンはことあるごとにイヤな気持ちになるだろうことは推測されるわけで、仕返しとしても決まっている。ゴードのことを気にかけていたロビンの胸のつかえも取れたであろうし、スッキリしないのはサイモンだけで意外に丸く収まったような気もする。

ザ・ギフト[Blu-ray]


Date: 2016.11.06 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR